掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

行政書士は独学で半年で合格できる?短期間で合格を目指す手段をご紹介!

更新日:2022-08-09

行政書士とは、行政書士法に基づいて業務を行う難易度の高い国家資格となっています。

独学で行政書士の資格を取ろうと考えている方も多いのではないでしょうか。

行政書士の資格を独学で、さらに半年で合格できるのでしょうか?

行政書士は独学で半年で合格することが出来るのか詳しく紹介していきます。


行政書士試験におすすめの予備校・通信講座TOP3

1. アガルートアカデミー

アガルートアカデミー通信講座

0からの学習でも1年間で合格!「必要」だけを選んだテキスト

厳選されたカリキュラムで一年合格へ最短ルート!


>最大30%OFF!< 公式サイトはコチラ

2. スタディング

行政書士

受講料の安価さと、完全モバイルでの受講が特徴的な通信講座

スマホ一つで受講!圧倒的安価さが魅力!


3. フォーサイト

合格率41.3%!生配信でのLIVE受講が特徴的な通信講座

合格率41.3%の生配信で受講できる通信講座


独学が向いている人はどんな人?

行政書士 独学

最初に独学はどのような人に向いているのかご紹介していきます。

自分が独学に対して適正があるのか確認してみて下さい。

目的が明確な人

自分がなりたい者、何を目指しているのかなどの「目的」が明確な人は比較的独学に向いています。

「目的」が明確なので、孤独と戦う独学を長期的にモチベーションを高く取り組めるためです。

目先の物や、目的が明確に画一出来ていない人は独学には向いていない可能性があります。

継続が得意な人

何事でも継続が得意な人は独学に向いています。

独学は一人で学習を進めていくものなので、ずっと同じ作業を継続して行わなければなりません。

また、学校に通う用事や予備校などの縛りがないため、自分を律することができなければ誘惑に負けてしまいこともあります。

それらの誘惑や自分に厳しくして学習を継続することが出来るのであれば、独学に非常に向いている性格です。

マネジメントが出来る人

自分の自己マネジメントがしっかり出来る人は独学に向いている人です。

学習スタイルや、勉強時間などはもちろん、勉強以外の生活習慣なども正しいリズムでマネジメントが出来ている方は独学で合格が狙える方となっています。

自分のマネジメントが苦手な方は独学には向いていないかもしれません。

行政書士は独学で半年で受かる?

行政書士 独学

次に行政書士は半年で受かるのか、半年で受かるにはどのように学習していけばいいのか説明していきます。

行政書士を独学で合格をしようと考えている方は参考にしてみて下さい。

科目毎にしっかり戦略を立てる

行政書士の資格を学習することにおいて、闇雲に勉強するのではなく科目毎の点数戦略を立てて行く必要があります。

以下が科目の配点と基準となっています。

出題科目配点基準点
基礎法学
憲法
行政法
民法
商法
244点122点
政治・経済・社会
情報通信・個人情報保護
文章理解
56点24点
合計300点180点

行政書士は300点中180点、約6割を取れれば合格することが出来るので、どの科目で何点とって180点以上にするか目標、戦略を決めるといいですね。

また、行政書士の試験には足切りがあるので一般知識などの点数を基準に越えるように対策しましょう。

問題演習中心の学習

行政書士の学習は問題演習中心の学習を進めていくのがおすすめです。

ある程度知識のインプットが終わったら、様々な出版社の問題演習を解き実践的な知識や、ノウハウを身に着けていくのが良いですね。

また、過去問は出来るだけ多くの年数を解くのがおすすめで、最低でも5年分は解くようにしましょう。

行政書士を受かるのに必要な勉強時間は?

行政書士を独学で受かるにはどのくらいの勉強時間が必要なのでしょうか。

全ての勉強時間のトータル時間で言うと、ある程度法の知識のある方で500~600時間、法の知識が無い方は約800~1,000時間の勉強時間が必要と言われています。

法の知識がある方で1日約3時間、法の知識がない方で1日約6時間の勉強を継続的に行うことが出来れば半年で行政書士の合格の可能性があります。

行政書士を独学で目指すメリット・デメリットは?

行政書士 独学

先程まで独学について詳しく説明してきましたが、行政書士を独学で目指すメリットやデメリットはどのようになっているのでしょうか?

行政書士を独学で目指すメリットやデメリットについてみていきます。

結論から言うと、行政書士を独学で目指すメリットは非常に少なく、デメリットの方が圧倒的に多いです。

メリット①:コストが抑えられる

独学で学ぶ大きなメリットとしてはコストがかからないことです。

通信講座や予備校に通うとなると、何十万から高いところは数百万かかってしまうことがありますが、独学であればテキスト代などで済むためコストは大幅に抑えることができます。

コストをあまりかけずに学習出来ることは大きなメリットですね。

デメリット①:質問・相談が出来ない

独学は一人で学習を行うので、自分が分からないことが出来た時に誰にも相談できないので自分で解決するしかありません。

質問や相談ができないのは、自分の疑問や問題点を自分で解明していかなければならないので、自分のやり方を明確にすることが必要になってきますね。

一人でもインターネットを上手く活用すれば、質問や相談する相手がいなくても学習を進めていけます。

デメリット②:インプットの効率が悪くなる

先程、質問や相談ができないデメリットがあると説明しましたが、それに関連してインプットの効率が悪くなるというデメリットも存在します。

自分が分からない問題や、疑問をクリアするのに自分で参考書やインターネットなどで理解する必要があるため効率が悪くなっていまいます。

インプットの効率をあげるための工夫を凝らす必要があります。

デメリット③:モチベーションの維持が難しい

行政書士の学習を一人で進めていくので、モチベーションを維持し続けるのが大変というデメリットがあります。

一人で学習していくので、モチベーションを高く保つことは重要になってきますが、周りに一緒に頑張る生徒などが存在しないためモチベーションを維持するのが困難になってきます。

自分でモチベーションを高く持ち続けるために、常に目的を持つようにしましょう。

行政書士対策ならアガルート

行政書士 独学

今まで行政書士の独学について紹介してきましたが、独学での勉強に自信が無い人もいらっしゃるかもしれません。

そんな方は通信講座を利用してみるのも1つの手段です。

アガルート通信講座では、行政書士資格を始めとした司法試験などの国家資格を専門とした通信講座となっています。

レベルに合わせたカリキュラム

アガルートの通信講座は初学者向け、中上級者向け、上級者向けの学習進捗レベルに合わせたカリキュラムが存在します。

最初は独学で学習していて行政書士の知識がある人などに対応できるようになっています。

もちろん、行政書士の知識も無い人もアガルートでは合格を目指すことができます。

圧倒的な合格率

アガルートでは行政書士の資格において圧倒的な合格率を誇っています。

令和3年度の行政書士資格の合格率は46.15%と全国平均の4.13倍となっており、いかにアガルートの通信講座が充実しているのか分かりますね。

高い合格実績があるので安心して、自信を持って講座に取り組むことができますね。

お得な特典も

アガルート通信講座ではお得に行政書士資格の講座を受けることができます。

2022年合格目標カリキュラムは、早割りで30%と大幅に安くうけることができるメリットがあります。

また、他にも改正民法開設動画講座や、20%引きクーポンなどが発行されたりお得な特典が存在するようです。

行政書士は独学で合格できる?|まとめ

いかがだったでしょうか?今回は行政書士は独学で半年で合格できるのかについて紹介しました。

独学が得意な人であれば、1日数時間の勉強で行政書士資格の合格を狙うことができます。

しかし、行政書士が難易度の高い試験であるため独学では厳しいと感じる方は、アガルートの通信講座を利用してみるのがおすすめです。

アガルートの通信講座では自分のレベル別でカリキュラムが組まれていたり、高い合格率を誇っているのでおすすめとなっています。

レベル別カリキュラムで合格を目指せ! アガルートの公式ページはこちら!
キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*