掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

司法試験予備試験の英語の出題内容は?難易度なども徹底調査

更新日:2022-08-29

今では幼稚園や小学校から始める英語ですが、この能力は司法試験予備試験でも求められます。

そこで今回は、司法試験予備試験で出題される英語の難易度や内容などを調査しました。

これから試験に挑まれる方にとって必見の内容となっていますので、ぜひご覧ください!

また最後には司法試験予備試験に最短で合格するための通信講座をご紹介します!

最短で合格を目指すなら アガルートの通信講座で司法試験予備試験対策

英語は「一般教養」として出題される

司法試験 予備試験 英語

まず初めに、司法試験予備試験の中で英語がどのように関わってくるのかを解説します。

最近ではこの制度にも動きがあったため、ぜひご覧ください。

英語は「一般教養」科目

司法試験予備試験において、英語は一般教養科目として出題される事になります。

法律的な科目の多い試験の中でも異種的であり、対策が難しい科目とされているようです。

また一般教養は司法試験でなく、司法試験予備試験のみ設置されています。

これには英語を含めた一般教養試験に込められた意味があるのです。

一般教養試験の意味

司法試験を受験するためには、法科大学院に合格するか予備試験に合格するかの2択しかありません。

この中でも、法科大学院に進学するということは大卒資格を有していると判断されます。

一方で予備試験には受験資格がなく一般教養を身につけている人間であるかどうかを判別する必要があるのです。

そういった理由から、司法試験予備試験にのみ英語などの一般教養試験が課されています。

一般教養試験に起きる変化

試験の本懐である法律以外に勉強時間を割く必要性が疑問視されており、論文式試験における一般教養科目が2022年度から廃止となりました。

ただ短答式試験の一般教養科目は健在のため、変わらず対策を行う必要はあります。

詳しくは下記の記事をご覧ください。

実際の出題内容や難易度を深堀してみましょう!

司法試験予備試験で出題される英語は?

司法試験 予備試験 英語

ここからは、試験の内容に即した英語にまつわる情報をご紹介していきます!

どれくらいの本気度をかけるべきなのかも取り上げておりますので、是非ご覧ください!

司法試験予備試験での英語の出題形式と配点

司法試験予備試験において、英語を含めた一般教養科目はマークシート形式の択一問題として出題されます。

一般教養は他の分野と総合して満点中2割というウェイトになっており、軽んじるのは得策ではありません。

また、実際の出題内容は著作権の関係で公開されていません。

例題などを知りたい場合は模試や通信講座を活用するのがおすすめです。

司法試験予備試験における英語の難易度

では、司法試験予備試験で出題される英語の難易度はどのようになっているのでしょうか。

現状では諸説あり、共通テストレベルとする声や大学の二次試験レベルなど様々です。

もちろん中には常識レベルの問題も含まれており、一見難しい問題でもしっかりと読み解けば勝機があるものが多いとされています。

まずはTOEICなどを受験して、自分のレベル感を把握するのもいいかもしれません。

司法試験予備試験における英語の実態

実際に司法試験予備試験を受ける方は、どれほどの時間を英語の対策にかけているのでしょうか。

そもそも司法試験予備試験の本番は法律科目のため、英語に時間を使う方は少なく捨てている方もいらっしゃいます。

といっても英語は一般教養の中でも勉強の効果が出やすい科目のため、多少の対策は行った方が良いです。

英語能力はこれからの時代で武器となるはずですので、有効な勉強用もぜひご覧ください!

司法試験予備試験の英語の対策方法は?

司法試験 予備試験 英語

先ほど軽くご紹介してしまいましたが、司法試験予備試験の英語に関するおすすめの対策方法をご紹介します。

英語にブランクを感じている方は特に入念に行うようにしましょう。

まず英語の問題を解いてみる

共通テストと同レベルと噂される事の多い司法試験予備試験の英語ですが、まずは自分の現状を把握する必要があります。

予備試験の模試が受けられれば越したことはありませんが、受験用の問題集などでも問題はありません。

とにかくご自身の英語の単語・文法能力を把握して、学習計画に当てはめましょう。

また法律分野で〇割、一般教養で〇割といった配分も考えておくとよさそうです。

単語帳や速読力を鍛える

出題される単語レベルとしては、あの鉄壁に載っていない単語すら出題されるという意見もあります。

そのため、確実に落とさない英単語をコツコツと増やす戦略を取るのがおすすめです。

また文法として何かが出題されるというよりも限られた時間の中でどう文意を読み取るかが重要視されているという声もあります。

スピーディーに出題内容を確認し答えを探し出す速読力は、英語得点の確保に欠かせません。

司法試験予備試験合格を目指すならアガルート

アガルート 司法試験 予備試験

ここからは、これから司法試験予備試験の合格を狙う方へおすすめの通信講座をご紹介します。

独学や他の予備校と迷っている方はぜひご覧ください!

最短ルートで合格を目指すカリキュラム

アガルート 司法試験 予備試験

3,000時間から10,000時間の勉強が必要となる司法試験予備試験ですが、アガルートの試験講座は850時間とかなりコンパクトにまとまっています。

これは合格に必要な最低限の事項を圧縮したカリキュラム設計が働いており、とにかく効率性を重要視しているのがアガルートです。

講座で使用するテキストは実際の講師が監修しており、その完成度も抜群。

無料の質問制度など充実した環境で勉強を続けたいという方は、ぜひアガルートの受講をご検討ください!

超充実のオプションで差を作れる

アガルートの通信講座は基礎的な料金が低く抑えられており、そこにオプションを加えることができます。

特に新しくリリースされたコーチングオプションはおすすめで、試験合格者が担任となり親身な指導を受けることが可能です。

一人では難しい学習進捗の管理添削などの全てを任せられ、徹底的な集中を実現したい方におすすめです。

詳細についてはこちらの記事でご紹介しておりますので、ぜひご覧ください!

無料の受講相談実施中

アガルート 司法試験 予備試験

アガルートでは、受講を迷っている方のために無料受講相談を実施しています。

これから学習を始める方が感じやすいカリキュラムや勉強法にまつわる不安を解決できるチャンスです。

試験に精通したアガルートのスタッフに相談できる唯一無二の機会となっているため、ぜひボタンより公式サイトをお確かめください!

無料受講相談はこちらから 司法試験予備試験合格ならアガルート

まとめ|司法試験予備試験の英語について

今回は、司法試験予備試験で出題される英語についての情報をまとめてご紹介しました。

難易度に関する意見は千差万別であり、まずは模試などを受けてみるのがおすすめです。

英語は他の一般教養科目と比較して結果が出やすいため、時間があるなら多少割いた方がいいかもしれません。

またアガルートの通信講座は初学者の方でも安定して合格力が身につく講座となっているため、ぜひこちらから詳細をお確かめください!

合格者中47.8%がアガルート生 アガルートの通信講座で合格を目指す
キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*