資格広場資格広場

         掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

土地家屋調査士・測量士補におすすめの通信講座&予備校ランキング5選!

masman

by abe

更新日:2021-08-27

2021年最新版!土地家屋調査士試験は土地家屋調査士になる為に必須の試験です。合格率は9%前後と非常に低く、国家資格の中でも難関の部類に入ります。独学での合格は非常に難しいと言われる土地家屋調査士試験に合格するための通信講座をランキング形式で紹介します!

       

土地家屋調査士になるためにはまず土地家屋調査士試験を受けなければなりません。

8士業に数えられる土地家屋調査士は合格率約9%と非常に低く、国家資格の中でも難関資格の部類に入ります。

この記事では、土地家屋調査士試験に おすすめの通信講座 ランキングや、土地家屋調査士試験の詳細、合格のための対策をご紹介します!


1. アガルートアカデミー

アガルートアカデミー通信講座

0からの学習でも1年間で合格!「必要」だけを選んだテキスト

厳選されたカリキュラムで一年合格へ最短ルート!


>セール実施中!< 公式サイトはコチラ

2. 東京法経学院

東京法経学院 土地家屋調査士試験

圧倒的合格率!経験豊富な講師による魅力的な授業

伝統の講義で合格に確実に近づく!合格率多数の老舗予備校


3. LEC

LEC東京リーガルマインド

インプット・アウトプットで知識を定着させていく!

合格者成績上位多数!大手予備校で安定の受講


当サイトおすすめの土地家屋調査士試験講座はアガルートアカデミーです!

アガルートの特徴は極限まで無駄を省いた洗練されたカリキュラムで、初めて法律の勉強をする方でも1年間で合格するために必要な知識をしっかりと得ることが出来ます。

【2021年版】土地家屋調査士試験おすすめ通信講座ランキング

動画学習

土地家屋調査士試験は難解な専門用語と決まった回答のない記述問題があり、独学で合格するのは難しいと言われています。

他の資格試験に比べて教材が少なく、カバーできない部分が出てきたり、逆に不要な部分ばかり勉強してしまう可能性もあります。

そのため、土地家屋調査士試験合格の近道は通信講座を利用することです。

ここでは、教材の分かりやすさから指導の体制、料金や口コミなどから独断と偏見でおすすめの通信講座をピックアップし、2021年最新版ランキングにしました。

講座簡単比較!

予備校名 料金 わかりやすさ 学習サポート 合格実績
アガルート
東京法経学院
LEC
日建学院
早稲田法科専門学院

1位:アガルートアカデミー

アガルートアカデミー通信講座

アガルートは料金や講座の内容、合格実績など総合的に見て最もオススメしたい通信講座です。

アガルートの魅力は初心者でも1年で土地家屋調査士試験の合格が目指せるところです。

アガルートの教材は専門講師が独自に作成し、内容を厳選してつくられています。

徹底的に無駄を省いたカリキュラムで、1年間で合格するための道がつくられています。

費用も他社と比べ圧倒的に安く、さらに合格特典でお得に受講が可能です。

【主要な口コミ】

  • 手ごろな値段で、ダブル受講できた!
  • チャットで疑問点をすぐ解決できた!
  • オリジナルの教材や考え方が試験に直結した
  • スマホでは動画視聴しかできず、同時にテキストが読みたかった

試験を知り尽くした専門講師

アガルートの講師は平成24年に土地家屋調査士試験を全国1位で合格した中山祐介氏で、分かりやすく受講者に寄り添った講義が特徴です。

自身の体験を元にしたテキストと授業で試験本番を想定した無駄のない講義を展開し、合格まで最短距離で導きます。

土地家屋調査士のほか行政書士の資格も取得しており、まさに法律のエキスパートとも呼べる講師から講義を受けることができます。

必要な情報だけを厳選したテキスト

アガルートの教材は試験合格に必要な情報だけを選び抜いて作られています。

そのため他社の教材よりも薄いのが特徴です。

はじめのうちはその薄さに不安を覚えるかもしれませんが、無駄なく的を絞った学習ができるのでその効果を実感できるはずです。

講義動画も15分~30分ごとに区切られており、隙間時間での勉強や復習したいところだけを抜粋できるのでライフスタイルに合わせた学習が可能です。

通学制にも負けないサポート

アガルートのもう一つの大きな特徴が充実したサポート制度です。

Facebookで受講者のグループが作られ不安や疑問をお互いに解消し合えるほか、講師からの素早いレスポンスも望めます。

別途オプションで講師との定期カウンセリングマンツーマン指導も行うことができ、講師と一対一での相談、学習計画の設定ができます。

通信講座にありがちな、不安点が解決できないまま先に進むことがなく講義を受けることができます。

測量士補の資格も同時に取れる

後ほど改めて紹介しますが、土地家屋調査士試験は特定の資格を所持していると試験の一部を免除できる制度があります。

その一つが測量士補という資格で、アガルートでは土地家屋調査士試験の講座と一緒に測量士補試験の講座を受講することができます。

測量士補の資格を持っていることは土地家屋調査士試験において大きなアドバンテージになるため、先にこの資格の習得を目指す方もいます。

アガルートに用意されている「ダブル合格カリキュラム」一年で両資格とも取得することを目指すカリキュラムで、初学者でも十分に合格を狙えます。

値段も土地家屋調査士試験のみのカリキュラムと大きく変わらないので、非常に人気のあるカリキュラムです。

低下価格&豪華な合格特典

アガルートは業界最低水準の低価格で高品質な授業を受けることができます。

  • ダブル合格カリキュラム 272,800円(税込)
  • 合格総合講義 162,800円(税込)
  • 入門総合カリキュラム 217,800円(税込)

さらにこれらを受講して土地家屋調査士試験に合格すると最大でお祝い金5万円もしくは講座料金全額返金という非常に魅力的な特典も用意されています。

豪華特典で合格までのモチベーションを保てるのもアガルートの魅力ですね。

アガルートの講座を申し込むなら今がお得!

  • 最短で合格できる講座形態!
  • オンラインでいつでもどこでも受講可能!
  • フルカラーで見やすくまとめられたテキスト!
  • 豊富なオンラインサポート!
  • 土地家屋調査士試験合格で講義料金返金orお祝い金!

2位:東京法経学院

東京法経学院 土地家屋調査士試験

東京法経学院は60年の伝統を誇る老舗の法律専門学校です。

通学講座と通信講座の両方を行っており、歴史に裏付けされた確かな合格実績が特徴です。

1年~2年の長期的な学習で合格することを目標にしており、丁寧な学習を受けることができます。

合格者の返金制度も用意されています。

【主要な口コミ】

  • オフライン視聴が可能で通勤中にも勉強できた
  • あらゆる過去問に取り組めた
  • 講座料金が高かった
  • コースが多すぎてどれがいいかわからなかった

圧倒的合格率

東京法経学院のウリはなんと言っても合格実績です。

令和2年度は土地家屋調査士試験全体の合格者392名のうち256名が東京法経学院の受講生と、合格占有率は65.3%でした。
この数字は通学者も含まれますが、それでも圧倒的な数です。

近年登場し数多くの合格者を輩出しているアガルートと合わせて土地家屋調査士試験の二大巨頭と言えるでしょう。

豊富なカリキュラム

東京法経学院には多くのカリキュラムが用意されています。特に、既に土地家屋調査士の基礎を学習している方向けの講座は20近くあり、自分に最も合ったカリキュラムを選択することができます。

1年目は初学者向けカリキュラムで基礎を学び、2年目に経験者向けのカリキュラムで一気に合格を狙う、というのが東京法経学院のスタンダードな学習法と言えるでしょう。

分野に合わせた講師陣

東京法経学院には数多くの講師がおり、全員が土地家屋調査士のエキスパートです。

それぞれのカリキュラムに合わせた講師が幅広くカバーし、不安なく試験に臨むことができます。

3位:LEC東京リーガルマインド

LEC東京リーガルマインド

LECは徹底したインプット・アウトプットの繰り返しで知識を定着させていく学習法が特徴です。

難解な専門用語の多い土地家屋調査士試験とは相性のいい勉強法と言えましょう。

LECの合格者は毎年上位に位置することが多いことも特徴です。

早期割引や合格者の返金制度も用意されており、最初から最後まで手厚いサポートを受けることができます。

【主要な口コミ】

  • 割引の特典が多い
  • 講義の質が高い
  • 合格実績がわからない
  • 通学に比べ通信講座はサポートが手薄

レベルに合わせたオリジナル教材

LECの教材はインプット・アウトプットをベースにしつつ受講者のレベルに合わせた教材が用意されています。

初学者向けには内容の理解を深めるために書き込み式で自分だけのテキストを作り上げていきます。

学習経験者には制限時間を設定した反復練習や実践的な問題で実力をつけていける教材が用意されています。

充実のサポート制度

LECには受講者の不安を解消するサポートが用意されています。

「教えてチューター」は受講中の分からないところを質問できる制度で、通信講座であっても疑問点をそのままにせず解決することができます。

専用サイトが作成されているため詳細に質問することができますが、この面はFacbookで手軽に質問でき、受講者同士でも意見交換できるアガルートの方が優れているかもしれません。

また有料で書式答案を添削してくれるオプションもあり、自己採点が難しい記述式の問題にもしっかり対策することができます。

様々な金銭面の支援

LECには早期申し込みで割引を受けられる制度や合格した際の返金制度など、金銭面でのバックアップが充実しています。

早期割引は最大20%OFF、合格した場合は講座料金の返金がされ、講座説明会に参加すると5,000円割引などもあります。

決して安くはない通信講座の費用を少しでも軽減できるのは非常にうれしいですね。

4位:日建学院

土地家屋調査士 通信講座

日建学院は通学講座と通信講座の両方を行い、高いクオリティの映像が評価されている予備校です。

通学講座も教室か個別で映像を視聴する形式をとっており、直接の指導がない代わりに全国どこで受けても同じ品質の授業が受けられる利点があります。

出張など、普段通っている学校で受講できない場合も最寄りの日建学院で受講することが出来ます。

全国244校あり、映像授業を用いた日建学院ならではのサポートで一定数の支持を保ち長い歴史を誇っています。

  • 初学者向け講座
    本科コース(通学/Web) 410,000円
  • 5位:早稲田法科専門学院

    土地家屋調査士 通信講座

    早稲田法科専門学院は50年以上の歴史を誇り、現在は土地家屋調査士と測量士補を専門に扱う学校です。

    授業形態は通学講座とDVDによる通信講座。通学講座の場合は教室が高田馬場にしかないため通える人が限られます。

    営業活動をほとんど行わず実績と信頼で生徒を呼び、丁寧な授業を提供する、それが早稲田法科専門学院の特徴です。

  • 初学者向け講座
    「入門総合DVDコース」 92,191円→73,753円(20%オフ)
  • 土地家屋調査士とは

    土地家屋調査士

    土地家屋調査士とは、「不動産の表示に関する登記の申請を代理で行える国家資格」です。

    表示に関する登記は義務であり、家を持っている方や事務所を構えている方など、土地を使用しているすべての国民に課せられます。

    資格がなくても表示に関する登記は行えますが、専門知識がないと正しく行えないため土地家屋調査士が代理で行います。

    この業務は土地家屋調査士の独占業務であり、法律で定められている義務なので決して需要のなくならない資格と言えます。

    司法書士や行政書士と比べ人口も少なく、確実に仕事を得ることができるのが強みです。

    土地家屋調査士になるためには

    土地家屋調査士になるためには土地家屋調査士試験に合格する必要があります。

    受験資格は特になく、全国誰でも受験することができます。

    しかし合格率は毎年9%前後と非常に低く、難関な資格の一つと言えます。

    そのため多くの方が調査士の補助として実務経験を得たり、通信講座で十分勉強してから試験に臨みます。

    土地家屋調査士の年収は?

    土地家屋調査士の年収はおよそ600万円前後と言われています。

    年代別だと20代で480万、30代で630万、40代で800万といった具合です。

    都道府県別だと人口の多い東京で1,050万円神奈川で825万円。人口の少ない鳥取や高知では675万円となっています。

    その職務柄都市部の方が仕事が多く報酬も高くなるため、独立開業などして高収入を得たい場合、都市部での仕事がオススメでしょう。

    土地家屋調査士は独占業務です。そのため土地家屋調査士資格+そのほかの資格を取得することで仕事の幅をさらに広げ、高収入を狙うこともできます。

    土地家屋調査士と相性のいい資格

    土地家屋調査士は試験でも、実務でも他資格に関連する内容が多くあります。

    受験時には試験一部免除のメリットが受けられ、実務時には自身の活動の幅を広げられるため土地家屋調査士を取得するならダブルライセンスはおススメです。

    これらの資格をすでに有している方、これから受験を考えている方はぜひ同時に土地家屋調査士試験の受験も検討してみてください。

    司法書士×土地家屋調査士

    土地家屋調査士も行う登記に関する業務は、「表示に関する登記」と「権利に関する登記」に分けることができ、このうち「表示に関する登記」を土地家屋調査士が、「権利に関する登記」を司法書士が担っています。

    つまり司法書士の資格を有していると登記をワンストップサービスで提供できるようになります。

    試験の出題科目も重なる部分があるため、学習を効率的に進めることが出来ます。

    司法書士について詳しく知りたい方は、下記ページも参考にしてください。

  • 【2021年】司法書士ってどんな仕事?資格試験の日程、合格率など
  • 司法書士試験合格者が選ぶ!就職したい人気の事務所ランキング
  • 行政書士×土地家屋調査士

    行政書士の業務も土地家屋調査士が関連する部分があります。

    農地転用・開発許可申請・風俗営業許可申請などの「測量」は土地家屋調査士の領分なので、両資格を有していれば更なる活躍が見込めます。

    民法の知識は行政書士・土地家屋調査士ともに役に立つため学習範囲を絞ることが出来ます。

    行政書士については以下のページでも紹介しています。

  • 行政書士の平均年収は?仕事内容や年齢ごとの年収・なり方も紹介
  • アガルートの『行政書士試験講座』は合格率67%!評判や特徴まとめ
  • マンション管理士・管理業務主任者×土地家屋調査士

    マンションが新築・改築・建て替えされた場合には特殊な登記申請が必要になります。

    その際に土地家屋調査士を有していると的確なアドバイスや登記の代理が可能になります。

    試験範囲もマンションについての問題が両方に出題されるため、試験の難所を難なくこなせるようになります。

    土地家屋調査士試験の詳細

    土地家屋調査士

    土地家屋調査士試験は毎年10月に行われる筆記試験と、翌年1月の口述試験があります。
    筆記試験は午前に2時間、午後2時間半という長丁場になっており、相当な体力も求められます。

    口述試験で落ちることはまずないと言われているので筆記試験への対策が重要になってくるでしょう。

    土地家屋調査士試験の試験内容

    筆記試験と口述試験で構成される土地家屋調査士試験の内容は、以下のようになっています。

    筆記試験午前の部:11問/2時間
    試験科目 平面測量10問
    作図1問
    筆記試験午後の部:22問/2時間半
    試験科目 択一
    民法3問
    不動産登記法16問
    土地家屋調査士法1問

    書式
    土地・建物から各1問
    口述試験:15分
    試験科目 面接
    不動産登記法
    土地家屋調査法

    出典:法務省HP

    土地家屋調査士試験の鬼門は筆記試験の午後の部です。

    後述しますが土地家屋調査士試験は特定の資格を持っていると筆記試験の午前の部が免除される制度があります。

    ほとんどの受験生はこの制度で午前の部を免除しているので午後の部に出題される範囲を重点的に対策ができます。

    午後の部の択一問題と記述問題はそれぞれ一定以上の点数がないとその時点で不合格となるため、幅広い範囲での準備が必要となります。

    土地家屋調査士試験の合格率

    こちらは、法務省が発表した令和2年度の土地家屋調査士試験の結果です。

    令和2年度の土地家屋調査士試験の結果
    出願者数 4,646名
    受験者数 3,785名
    合格者数 392名
    合格率 10.36%
    午前の部受験者 176名

    出典:法務省HP

    例年の合格率平均は9%前後ですが、令和2年度は10.36%と、やや高めの合格率でした。

    土地家屋調査士試験は相対評価なので、合格率が上がったということは受験者が減ったということです。

    土地家屋調査士の資格を狙うなら今がチャンスかもしれません。

    しかし試験の難易度が高いことは変わりなく、10%の合格率を突破するのは非常に難関です。

    また、午前の部を受験した方は受験者全体の5%未満です。受験の負担を減らすためにも、午前の部を免除できた方が合格への近道かもしれません。

    土地家屋調査士試験の対策方法

    合格率10%程度の難関国家資格である土地家屋調査士ですが、土地家屋調査士試験の合格年数はおよそ1~2年と言われており、しっかりと対策を取れば1年での合格も可能です。

    土地家屋調査士試験を1年で突破するための具体的な対策を以下にまとめました。

    複素数を覚える

    土地家屋調査士試験には座標を使用した計算が登場します。

    土地家屋調査士試験では電卓を使用できますが、座標計算の際に複素数を使用することで効率化が図れます。

    さらに電卓を打つ回数も減るため計算間違いも減ります。

    アガルートでは複素数による計算を推していて、複素数についても1から学ぶことができます。

    回答速度を上げていく

    土地家屋調査士試験はスピード勝負です。

    作図3問に申請書が2問、それに加えて20問の択一問題があります。
    土地家屋調査士試験は択一と記述でそれぞれ一定以上の点数を取らなくては合格できないため、全てないがしろにできません。

    効率的に問題を解いていくためには問題を何度も反復し慣れる必要があります。

    測量士補を取得する

    土地家屋調査士試験の筆記試験は午前の部と午後の部がありますが、午前の部は特定の資格を持っていることにより免除することが可能です。

    対象の資格は測量士、測量士補、一級・二級建築士です。

    中でも測量士補の資格は合格率が30%前後と高く、受験資格もありません。
    また、測量士補試験は土地家屋調査士試験の午前の部よりレベルが低く学習内容が土地家屋調査士試験に役立ちます。

    最近の日程改正により、測量士補の資格を取得してから土地家屋調査士試験に臨めるようになったので、多くの方がこの測量士補の資格を取得して土地家屋調査士試験の午前の部を免除します。

    午前の部を免除できれば学習範囲を絞ることができ、試験当日の体力も温存できるので土地家屋調査士の資格取得を目指すならまずは測量士補の資格を取るといいでしょう。

    アガルートをはじめ各種通信講座では両資格を1年で取得するためのカリキュラムも用意されています。

    土地家屋調査士試験は独学で合格は無理って本当?

    土地家屋調査士

    土地家屋調査士試験を独学で合格するのは極めて難しいと言えます。

    実際に独学で合格した方もいますが、そのほとんどが既に関連性の高い資格を有しているか、土地家屋調査士の下で実務をしていた方です。

    そういった方でない限り独学での合格はほぼ不可能でしょう。

    理由①:法律の理解が大変

    土地家屋調査士試験にはかなり広範囲の法律が出題されます。
    不動産に関する法律は他資格では出てこないものも多く、専用の対策が必要になります。

    さらに不動産登記には独特の概念や用語が存在します。

    これらを独りで理解しようと思うと非常に時間もかかり、正しく理解できているかも確かめられません。

    理由②:学習教材が少ない

    土地家屋調査士は司法書士や行政書士と比べマイナーな資格です。

    そのため市販の学習教材は数が少なく、範囲もまちまちです。

    現在出題されている民法も平成16年から出題されるようになったので過去問の数も少なく、対策が立てづらくなっています。

    理由③:記述式問題の自己採点が難しい

    土地家屋調査士試験には複数の記述式問題が出題されます。

    作図や計算の効率的な方法を自分で見つけることは難しく、文章問題は採点の基準が明確でないため自己採点できません。

    これらに対処するためには土地家屋調査士試験に精通した方に頼むのが得策と言えます。

    通信講座と予備校ではどちらがオススメ?

    考える人

    通信講座と予備校ではまず通信講座がオススメです。

    予備校では講師から直接授業を受け、コミュニケーションも取りやすいですがやはり拘束時間と費用がかかります。

    土地家屋調査士試験に臨む方は社会人が圧倒的に多く、まとまった時間を確保するのは難しいことも多いと思います。

    通信講座なら隙間時間での学習が可能で、オンラインのサポートも充実しています。

    日常のルーティーンに取り入れることで少しずつ知識を定着させられ、場所も選びません。

    アガルートの場合は講義動画1本が15分~30分と短く、通勤中も勉強できます。
    オンラインの相談や学習計画サポートもしっかりしており、予備校と遜色ない講義を受けることが可能です。

    忙しい社会人の隙間時間を有効に使い、将来の幅を大きく広げるアガルートの土地家屋調査士試験講座は、通信講座の中でも最もオススメです。

    土地家屋調査士試験通信講座ランキング|まとめ

    アガルートアカデミー通信講座

    土地家屋調査士試験の詳細や対策、オススメの通信講座を紹介させていただきました。

    土地家屋調査士試験の合格率は9%前後、専門知識・技術も豊富に必要なため独学での合格は非常に難しいです。

    そのため通信講座を利用した効率的で短期合格を狙った学習が効果的です。

    エキスパート講師による授業がお手頃価格で受けられるアガルートは、数ある通信講座の中でも特にオススメです。

    気になった講座がありましたら資料の無料請求で、より詳しく比較検討してみてください!

    おすすめ記事

    コメントを残す

    *

    *