掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

宅建士のココが辛い!仕事をする上で最も大変なことは一体?

更新日:2022-09-22

最近取得を目指す方が多く見られるのが宅建士です。

法律に則って様々な書類を作成するのが主な業務になりますが、他にも営業マンとしての外勤も考えられます。

そこで今回は、宅建士ならではの大変なことやその反対にメリットなども調査しました。

これから宅建士を目指している方に向けておすすめの通信講座もご紹介しているため、ぜひ最後までご覧ください!

アガルートアカデミー
合格したら全額返金サポート! 宅建士資格取得ならアガルートで!

宅建士のココが辛い!というポイントは?

宅建士辛い

宅建士として実際に働かれている方の声を分析すると、どのような辛いポイントがあるのでしょうか。

インターネット上の声を調査しました。

宅建業務と説明の難しさ

まず第一に、宅建士の業務は一般人の方にとって難解な重要事項説明書を分かりやすく説明することです。

単純に法律的な知識が求められるだけではなく、高額な金銭が動くため責任も重大になってきます。

契約の成功は宅建士に掛かっているとする声も多く、顧客一人一人に丁寧に対応して慎重に契約締結まで持っていく必要があるのです。

また来客も多いわけではないため、失敗してしまうとかなり痛手というプレッシャーも存在しています。

どうしようもないことも宅建士の責任となる

また、時としてどうしようもないようなことでトラブルになることもあります。

物件に関する重要事項の説明は、どれだけ丁寧にやってもやり過ぎではないと宅建士の間で言われているほど大変なことです。

少しでもお客様が、「説明足りないんじゃないの…」と思ったらそれは宅建士の仕事の欠陥となってしまいます。

実際の契約を交わす瞬間まで綿密に備えるのも業務も宅建士の仕事の大変なことの一つとなっています。

説明不足になってしまう例

一つどうにもならない辛い例を挙げてみましょう。

お客様は静かに住める物件を希望していました。とある宅建士はそのお客様に、車も少なく静かに住めそうな物件を仲介しました。

最初はお客様はその物件を気に入ってくれましたが、1か月後…。

近くで大規模な高層ビルの建築工事が始まってしまい、辺り一帯は工事による騒音が酷い所となってしまいました。

お客様からは、工事が始まるって知ってたら買わなかったよ!どうしてくれるんだ!というクレームが入りました。

静かに暮らしたいという条件を満たすためには現在が静かであることはもちろん、近いうちに騒音が発生するようなことが起きることは予定されていないか?予測できないか?

という所も関わってきます。

今回のこのような例でも、辛い話ですが宅建士の調査不足であり、宅建士の責任となってしまうのです。

景気によって振り回される

3つ目の大変なことは不動産業界の宿命ともいえることで、景気に大きく振り回される事です。

不動産業で扱っているモノはどうあがいても高額なお買い物となるため、景気の悪い時には不動産取引自体が減ってしまいます

かといって、取引が無いから何もしないという訳にもいかないので損を覚悟しなければならない取引が増えてしまうのです。

また景気がよくなりすぎてしまうと、休日返上で忙しくなりすぎてしまうという大変さも存在します。

宅建士取得後も勉強を続ける必要がある

常に気が抜けないというのも、宅建士の大変なポイントです。

宅建士の資格でカバーされている法律の範囲はかなり広く、宅建業法以外にも民法や不動産登記法などと関わっています。

それらは社会の流れに沿って変わっていくもので、宅建士は法改正の度にその変更点などを学び続ける必要があるのです。

宅建士として働く以上企業の研修などで学習を続けなければならないのは宿命であり、それが顧客の幸福にも繋がります。

大変なだけじゃない!宅建士のメリットは?

宅建士 大変

これまでの情報を見て「宅建士って大変な仕事なんじゃ…」とネガティブなイメージが膨らんでしまったかもしれません。

ただそれは違っており、宅建士資格は非常に取得することのメリットが大きい資格となっているのです。

宅建士は確実なキャリアアップが狙える

大変なことが多いかもしれない宅建士ですが、不動産業界では無類の需要を誇っている資格です。

資格手当が受け取れる企業が多いのはもちろん、管理職などへの昇進も期待できます。

実際社内で「宅建士の資格が必須」としている企業も多く、人事的な評価は間違いなく引き上がると考えていいでしょう。

部下を率いてマネジメントを経験したい方にとって、宅建士は取得するべき注目資格なのです。

転職や独立開業でも重要

宅建士の価値はそれだけではありません。

転職時には有資格者として優遇してもらえるのはもちろん、独占業務で独立開業も可能になっています。

転職で年収アップやキャリアアップが狙えるのは大きな魅力で、メリットを超えた夢もつ負ける資格となっているのです。

まだそれ以外にも宅建士資格には様々な活かし方も存在しています。

副業としてもかなりおすすめできる

実は、副業として週末だけ宅建士として働くというワークスタイルも存在します。

平日は本業をこなして副業として宅建士の独占業務を行うことで、かなりの年収アップが期待できるでしょう。

クラウドソーシングサービスでは宅建士の有資格者へ向けた案件も多く募集されており、すぐに仕事に取り組むことが出来るはずです。

宅建士として不動産業界に転職する以外にも、幅広い範囲が活かせるのがこの資格なのです。

宅建士狙うなら通信講座を

宅建士を狙う方にお伝えしたいことなのですが、今の時代に独学で合格を狙うのはお勧めできません。

というのも試験問題には法学の問題が多く出題されるため、初学者の方にとって難易度が高いのです。

また膨大な試験範囲から自分で学習計画を立てるのは至難の業で、それに時間を使ってしまうのは無駄でしかありません。

総合的な観点から見ると通信講座の受講は大きなショートカットとなるため、ご検討してみてはいかがでしょうか。

宅建士取得ならアガルート「宅建試験講座」

かなりリターンの大きい宅建士試験ですが、法学が関わってくる以上初学者の方は十分な対策が必要です。

そこでこちらでは、当サイトがもっともおすすめしている宅建士合格のための通信講座をご紹介します!

圧倒的な43.7%の合格率

アガルートの宅建試験講座の最大のメリットは、43.7%という圧倒的な合格率となっております。

これは全国平均の2.47倍の数値となっており、それだけ講座が安定した分かりやすさを持っているということです。

実績を公開している資格講座は少なく、またその中でもこの数値は圧倒的でありおすすめになっています。。

他にも様々なメリットが存在しているため、この後の情報もお見逃しなく!

分かりやすい講義とテキスト

アガルートの講座で使用されるカリキュラムはやテキストは、その資格のプロである講師地震によって考えられています。

法律のプロが考え抜いた最短で合格を目指すためのルートが示されており、他の資格講座とは段違いの完成度です。

難しい法律用語が分かりやすく解説されているだけでなく、テキストもフルカラーで見やすさも抜群になっているのは嬉しいポイント。

一発合格を狙う方こそ、アガルートの講座で合格を狙ってみてはいかがでしょうか。

盤石な受講生サポート

最近では様々な通信講座が販売されており、価格だけで選んでしまうと後悔するケースが増えています。

というのも受講生サポートがしっかりしていないと、学習の疑問が解決できないなど大きなデメリットがあるのです。

そんな中でもアガルートはFacebookでの専用グループで無制限に質問をすることが可能になっています。

初学者の方でも安心して受験できるアガルートの宅建試験講座は、ぜひこちらから詳細をお確かめください!

宅建士のココが辛い!仕事で大変なことまとめ

宅建士の仕事で辛いところ、大変なことをまとめてみましたがいかがでしたでしょうか。

確かに辛いと思わせる要因はいくつかありましたが、それ込みでも宅建士は取得するバリューの多い資格です。

宅建士を取得したことで資格手当なども期待できる上に、後の転職時などでも必ず良い影響を及ぼしてくれるはずです。

もし宅建士を目指すのであれば、ぜひアガルートの「宅建士講座」をご検討してみてはいかがでしょうか!

圧倒的な受講生満足度 アガルートで宅建士を目指す!
キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*