掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

行政書士・司法書士・社労士の違いとは?資格取得の難易度も紹介

更新日:2022-07-23

一般的に士業と呼ばれる職業には様々な種類がありますが、行政書士司法書士、そして社労士は士業の中でも特に認知度の高い資格です。

また、行政書士・司法書士・社労士の資格は国家資格としても難易度が高い資格となっています。

これらの国家資格についての違いや難易度や違いについて興味がある方も多いのではないでしょうか。

今回はこれらの資格に関して、それぞれの違いや主な仕事内容や概要、また資格取得の難易度について徹底解説します。

行政書士・司法書士・社労士を目指すならアガルート!

アガルートアカデミー通信講座

アガルートアカデミーは法律系資格を中心に対策を行なっている通信講座です。

いくつもの講座を展開していますが、どの講座にも共通して言えるのはフォロー制度が手厚いことと、合格率が高いことです。

どれも一筋縄ではいかない試験であるため、試験に精通したプロから教わることで効率的に学習を進めていけます

アガルートアカデミーを利用して試験の短期合格を目指しましょう!

高い合格実績を誇るアガルート! 公式HPはこちらから

行政書士・司法書士・社労士の資格紹介

アガルート 国家資格対策

行政書士・司法書士・社労士は立派な国家資格ですがそれぞれの主な業務はどのようになっているのでしょうか?

ここでは、それぞれの主な仕事内容や基礎知識について詳しく紹介していきます。

行政書士の仕事内容は?

行政書士は、①各官公庁に提出する書類の作成及び提出代行業務、②書類作成に関する相談業務、そして③契約書等の代理作成業務の3つが主な業務になります。

まず①に関して、例えばあなたが何か新しい事業を始める際には開業や認可、許可に関する手続きを各官公庁で行う必要があります。

しかし、それらの手続きは素人の方には非常に複雑であるため何から始めたらよいか分からない方もいると思います。

そこで行政書士が代理として提出に必要な書類の作成及び提出手続きを行います。

②③に関して、例えば遺産相続や土地、建物などの不動産賃貸借、その他金銭の非消費貸借を行う際に必要となる契約書の内容をクライアントの意向に合わせるため入念な調査、相談を行い実際の作成業務や手続きを依頼主に代行して行います。

この他にもビジネスコンサルタントとして各企業の会計記帳や決算や権利義務、事実証明に関する書類作成等ありとあらゆる幅広い分野で活躍しています。

司法書士の仕事内容は?

司法書士とは、国家資格の一つで私達の生活に欠かせない大切な財産や権利を守り、それらに関するトラブルや問題解決を専門とする法律のプロフェッショナルです。

同じく法律の専門家である弁護士との違いですが、司法書士は限れた分野での法律相談や問題解決を行うのに対して弁護士は司法書士が行き届かない幅広い分野での業務を行います。

司法書士は、①不動産登記・供託の手続き代理、②裁判所・検察庁・法務局への提出書類の作成、そして③各種法律相談の3つが主な業務になります。

①に関して、会社を興す際や不動産を借りる際に、実際の借り主に代行して登記・供託の手続きや審査請求を行います。

②③に関しては、司法書士が対応できる分野において訴訟事案が発生した際に、依頼人からの聞き取りや相談、また実際に裁判を行うために必要となる裁判所や検察庁への提出書類の作成及び申請が司法書士のメイン業務になります。

これらの全ての業務を司法書士一人で行う場合もありますが、一人でカバーしきれない事案の際は弁護士や行政書士など他の法律の専門家と連携して業務を行うこともあります。

社労士の仕事内容は?

社労士は、①労働社会保険手続き、②労働管理の相談指導、そして③退職後の年金に関する相談の3つが主な業務となります。

「労働及び社会保険に関する法令の円滑な実施、労働者を取り巻く環境や福祉の向上」が社労士の業務目標となり、各企業において労働者の採用から退職、退職後の生活のケアや年金の相談を行うのが社労士の使命となっています。

社労士になるには、年に一度行われている社労士国家試験に合格する必要があります。

受験資格は「短期大学・高専卒以上」となっているため誰でも受験できるわけではありません。

また社労士は国家資格の一つであることから、非常に難易度の高い資格の一つとされており、毎年約4万人ほどが受験しますが過去10年間の合格率の平均は6.5%となっております。

社労士の国家試験は「労働基準法」「雇用保険」「健康保険法」など労務に関する10個の法律分野から出題されるため、十分な時間を確保して対策する必要があります。

行政書士・司法書士・社労士のメリットは?

アガルート 国家資格対策

行政書士・司法書士・社労士の主なメリットについて紹介してきましたが、それぞれの資格の取得することのメリットは何があるのでしょうか。

ここでは、これらの資格のメリットについて詳しくみていきます。

行政書士のメリットは?

行政書士の資格を取得することのメリットは、未経験からでも合格を狙えることです。

他の司法試験などの国家資格と比べて比較的難易度が低い行政書士の資格は、働いている社会人でも合格が可能な資格となっています。

また、行政書士の資格を取得することで、独立して開業することができるのも特徴的な魅力となっています。

司法書士のメリットは?

司法書士の資格を取得することのメリットは、取得すれば独立や開業することが可能という点にあります。

司法書士は合格率が低く、他の国家資格と比べても難易度のかなり高い資格となっていますが、ひとたび取得することができれば、独立・開業に加えて安定した収入も得ることが出来ます。

また、転職や就職にも有利で司法書士の資格があれば困ることはないでしょう。

社労士のメリットは?

社労士の資格も、行政書士や司法書士の資格と同様に取得することができれば独立や開業することは可能となっています。

独立して開業することは簡単なことではありませんが、うまくいけば会社に務めていた時の収入を大きく上回ってくるようです。

転職や就職にも強いので就職、転職先が無いということはほとんどありません。

行政書士・司法書士・社労士の難易度は?

アガルート 国家資格対策

先程はそれぞれの資格のメリットについて紹介しましたが、次に難易度についてみていきます。

同じ国家資格ですが、その難易度や合格率は変わってきます。

行政書士の難易度

以上で紹介した通り、行政書士は私達の快適な暮らしに必要な取り決めや各種公的業務に携わる法律のプロフェッショナルであり、国家資格でもあるため資格取得の難易度は非常に高いといって良いでしょう。

法律関係の資格である弁護士や弁理士、司法書士に比べると国家試験での出題範囲は限られてきますが素人の人間が普段の生活で耳にしないような法律や知識が問われるため合格のためには相当な勉強時間を要することになります。

行政書士の資格を取るためには毎年一度行われている国家試験に合格し、各都道府県で行政書士の申請を行う必要があります。

受験資格は特にありませんが、一般的なルートとしては大学の法学部で専門知識を身につける、もしくは通信講座や専門学校で資格取得を目指します。

司法書士の難易度

国家資格でもある司法書士の試験は、最難関とも呼ばれる弁護士や検事を目指すための司法試験に次ぐ難易度と言われており、合格率も毎回10%を大きく下回るほど難易度の高い試験と言われています。

憲法や民法、刑法などの法律関係全般の知識はもちろんのこと、不動産登記法や商業登記法、司法書士法の知識も必要となります。

司法書士の資格は取得すればメリットは大きい魅力的な資格ですが、難易度は非常に高いものとなっています。

社労士の難易度

社労士になるには、年に一度行われている社労士国家試験に合格する必要があります。

受験資格は「短期大学・高専卒以上」となっているため誰でも受験できるわけではありません。

また社労士は国家資格の一つであることから、非常に難易度の高い資格の一つとされており、毎年約4万人ほどが受験しますが過去10年間の合格率の平均は6.5%となっております。

社労士の国家試験は「労働基準法」「雇用保険」「健康保険法」など労務に関する10個の法律分野から出題されるため、十分な時間を確保して対策する必要があります。

国家資格対策するならアガルート

アガルート 国家資格対策

行政書士・司法書士・社労士の資格も国家資格であり決して簡単では無く、難易度が高い資格となっています。

これらの資格を取得するために専門学校などに通うという手段もありますが、社会人や大学生の方は専門学校に通う暇が無いという方も多いのではないでしょうか。

そんな方は通信講座を利用してみるのがおすすめです。

アガルート通信講座は行政書士・司法書士・社労士はもちろん、多数の難関国家資格を専門に扱う通信講座となっています。

アガルートは忙しい方にもおすすめ 公式HPはこちらから

アガルートの行政書士対策

アガルートの行政書士の対策は初級者・中級者・上級者のそれぞれのレベルに合わせたカリキュラムが組まれています。

また、講座で使われるテキストもプロが監修しており受験者が迷わないように作りこまれています。

さらにアガルート受講者の行政書士の合格率は令和2年度で7.2%と全国平均の6.28倍という驚異の合格率を誇っています。

アガルートの司法書士対策

アガルートでは司法書士の資格も充実しているのが特徴です。

司法書士を合格するために必要な情報だけを学ぶことができ、効率良く学習を進めることが可能になっています。

また、自分で学習を進めていく中で迷ったポイントや、理解できない点はfacebookを利用して質問することができます。

アガルート受講者の司法書士資格の合格率は公表されてはいませんが、高い合格実績になっていることが予想されます。

アガルートの社労士対策

次にアガルートの社労士の対策についてですが、社労士の資格も同様に魅力的なカリキュラムが組まれています。

基礎・入門・過去問から合格に必要な要素が全て揃ったテキストが揃っているので、確実に実力を伸ばすことが出来ます。

そして、アガルート受講者の社労士資格の合格率は令和3年度で25%となっており、これは全国平均の3.16倍の合格率です。

このように、アガルートでは行政書士・司法書士・社労士の資格の対策がしっかりでき、高い合格実績を誇っているのが特徴です。

高い合格実績を誇るアガルート! 行政書士・司法書士・社労士の対策こちらから

行政書士、司法書士、社労士の違いまとめ

今回は行政書士、司法書士、そして社労士の違いやそれぞれの業務内容、試験の難易度について詳しく紹介してきました。

行政書士は主に各官公庁への手続きに必要な書類の作成代行を行います。

司法書士は、一定の分野での法律業務から訴訟業務に携わります。

社労士は主に各企業において、労働者のための福祉や社会保険等のケアを行います。

いずれも国家資格であるため試験の難易度は非常に高くなっています。
これらの資格の取得を実際に検討されている方は、それぞれの違いをしっかり理解した上で十分な時間を確保して試験対策を行いましょう。

独学で厳しいと思った方はアガルート通信講座を利用してみるのもおすすめです。
アガルート国家資格対策は合格に対して妥協しないカリキュラムが組まれており、高い合格実績があります。

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*