掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

行政書士の勉強は時間の無駄?資格取得の価値や役に立つ場面をご紹介!

更新日:2022-08-06

行政書士の資格について、ちまたでは「時間をかけてまで取る意味はない」「勉強するだけ時間の無駄だ」と不安を煽るような意見が多数あるようです。

行政書士は国家資格の一種ですので、持っていても何の役にも立たないという訳はないのですが、そのような噂を聞いてしまうと心配になりますよね。

そこで今回は「行政書士の勉強は時間の無駄だと言われる理由」を、複数挙げたうえで徹底解説します。

もちろん、行政書士資格の価値や役立つ場面・将来性についても説明しますので、勉強をしようか悩んでいる人は是非とも最後までご覧ください。


行政書士試験におすすめの予備校・通信講座TOP3

1. アガルートアカデミー

アガルートアカデミー通信講座

0からの学習でも1年間で合格!「必要」だけを選んだテキスト

厳選されたカリキュラムで一年合格へ最短ルート!


>最大30%OFF!< 公式サイトはコチラ

2. スタディング

行政書士

受講料の安価さと、完全モバイルでの受講が特徴的な通信講座

スマホ一つで受講!圧倒的安価さが魅力!


3. フォーサイト

合格率41.3%!生配信でのLIVE受講が特徴的な通信講座

合格率41.3%の生配信で受講できる通信講座


行政書士資格の取得は時間の無駄?

行政書士資格を取る意味がないと言われている主な理由は、以下の5点です。

  • 行政書士の数が増え飽和状態となっているから
  • 独立開業が前提の資格職業であるから
  • AI等の人工知能の発達により仕事量が減るといわれているから
  • 就職活動でアピールポイントにならないから
  • 比較的に取得しやすい国家資格であるから

それぞれの理由について細かく解説しながら、実際にこれらの理由が事実なのかどうかをご紹介していきます。

理由①行政書士の数は増加している

行政書士資格の取得は時間の無駄と言われている1つ目の理由は「行政書士の数が増加傾向にある」からです。

行政書士試験研究センターが公表している「受験者・合格者の属性」を見ると、2021年度~2023年度にかけて受験者数が増加しており、行政書士資格を持つ人が増えていることがわかります。

このまま行政書士資格取得者の増加が続けば需要に対して供給が上回るため、行政書士として就職・転職することが難しくなると言えます。

ただし実際は行政書士として成功している人もいるため、必ずしも時間の無駄になるとは言い切れないでしょう。

理由②独立開業が前提の資格

行政書士資格の取得は時間の無駄と言われている2つ目の理由は「独立開業が前提の資格」ということが挙げられます。

行政書士試験合格後はどこかの士業事務所にて雇われて働くパターンと、個人事務所を構えて独立開業するパターンがあります。

前者の場合は、「求人ボックス」の調べによると正社員でも平均年収394万円と低い傾向にあり、雇われている状態では稼ぐのが難しいと言えます。

一方後者の場合では1,000万円以上稼いでいる行政書士も多くいます。

以上のことから、行政書士は独立開業が前提の資格だと言われているのです。

いきなり独立開業して成功するのは難しい

ただし、行政書士資格を取得してから、いきなり独立開業をするのはおすすめできません。

まずは士業事務所にて雇われ行政書士」として勤務し、ひたすら実務経験を積むことから始めましょう。

資格取得後3年以内に自分の得意分野や専門的なスキルを身に着けることができれば、独立開業後も結果を出すことができるでしょう。

理由③AIなどの人工知能の発達

行政書士資格の取得は時間の無駄と言われている3つ目の理由は「AIの発達により行政書士の仕事が奪われてしまう」という意見があるからです。

確かに、1万種類以上ある行政書士の業務の中でもパターン化しやすい単純な書類作成や手続きはAIが活躍できる仕事です。

しかし、法人や個人に対して個別の書類作成やコミュニケーションが必要とされる業務に関しては、AIが人間に代替して臨機応変に対応するのは難しいと言えます。

AIは今後も発達していくことが見込まれるため、行政書士の単純作業を減らしサポートしてくれる存在となるでしょう。

理由④就職活動でアピールポイントにならない

行政書士資格の取得は時間の無駄と言われている4つ目の理由は「就職や転職時にアピールポイントにならない」からです。

例えば簿記・MOS・キャリアコンサルタント・ファイナンシャルプランナーといった資格を持っていれば、職場で即戦力になったり、将来性が明確だったりするので、面接官から高評価を受けやすいです。

ところが行政書士の資格だけ持っていても、実務で役立てられる機会はほとんどないため、強固な武器とはなりえないと言われています。

ただ資格を有しているからといって天狗にならず、「行政書士の資格取得のためにどのような努力をしたのか」「その努力が実務でどう活かせそうか」など、アピールを工夫する必要があるでしょう。

理由⑤比較的に取得しやすい国家資格である

行政書士資格の取得は時間の無駄と言われている5つ目の理由は「行政書士は国家資格の中では取得しやすい部類に入る」ためです。

日本三大国家資格に数えられる医師・弁護士・公認会計士に比べると、どうしても行政書士の試験の難易度は低く感じられる傾向にあります。

また、国または地方公共団体の公務員や、行政執行法人の役員や職員として行政事務を一定年数経験すると、無試験で行政書士登録ができます。

他の士業と比較すると勉強時間が短くても試験に挑めたり、取得までの難易度が低かったりすることから、行政書士の資格には価値がなく無駄であると言われがちです。

行政書士資格が役に立つ場面

優れた資格を保有していたとしても、使う場面がなければ無駄となってしまうでしょう。

行政書士資格が役に立つ場面として以下の3つをご紹介します。

  • 就職や転職
  • 事故や相続などトラブルが起きた場面
  • 社会的信用を示す場面

具体例を織り交ぜながら、これらの場面でどのように行政書士資格が役立つのか詳しくご紹介します。

就職や転職

行政書士資格は適切にアピールできれば、就職や転職で役に立つ資格といえます。

例えば、法学部の大学生が行政書士資格を取得することで「合格率10%台の難関資格を合格できる頭脳・集中力・忍耐力がある人」と判断され、就職・転職時に有利に働くケースがあります。

ただし、資格を保有していたとしても必ずしも行政書士として就職・転職できるわけではないので注意してください。

特に行政書士への転職は実務経験が重要視される傾向があるため、あくまで面接時のアピール材料の1つとして考えると良いでしょう。

事故や相続などトラブルが起きた場面

行政書士の仕事には、手続きや書類作成の際に幅広い法律の知識が必要とされます。

具体的には、民法・行政法・会社法・商法が挙げられます。

これらの知識は、自分・家族・友人が会社を立ち上げる時や交通事故を起こしてしまった時、また相続問題の当事者になった時など、トラブルに巻き込まれた場面で活かすことができます。

また、行政書士資格は仕事のためだけでなく、教養としても活きる知識と言えるでしょう。

社会的信用を示す場面

行政書士の資格を持っていることを示せれば、大きな社会的信用が得られます。

行政書士として会社の顧問になれば、社長や役員といった高い地位の人から深い信頼を寄せてもらえるでしょう。

プライベートで資格を活かせる最大の場面といえば、結婚が挙げられます。

「難関試験に合格できる頭脳がある人」「トラブルに巻き込まれた際に助けになってくれる人」という信頼があれば、結婚相手として選ばれやすくなったり、結婚に反対される可能性が低くなったりするでしょう。

資格を取得して行政書士として活躍しよう! アガルートで 行政書士試験1発合格を目指す

行政書士資格の価値を高めるには

行政書士資格をただ保有しているだけでは、就職転職市場ではあまりアピールポイントになりえません。

そこで、この項目では行政書士資格の価値を上げる方法を以下3つに分けてまとめました。

  • 他の資格と組み合わせる
  • 独立開業して成功する
  • 専門分野を極める

以下で1つずつ詳しくご紹介します。

他の資格と組み合わせる

行政書士資格と他の資格を組み合わせることで、付加価値を持った行政書士として優位に立つことができます。

ダブルライセンスを持っている行政書士はかなり希少ですので、時間をかけて取得した行政書士の資格が無駄になることはありません。

行政書士資格と親和性の高い資格について以下の表にまとめましたので、参考にしてみてください。

資格名 概要 どのような場面で活きるか
中小企業診断士 中小企業の経営課題に対する診断やアドバイスができるようになる国家資格です。
企業と行政等のパイプ役としての専門的知識やスキルが求められます。
法務コンサルティング
ファイナンシャルプランナー(FP) お金に関する悩みをサポートし、その解決策をアドバイスできるようになる民間資格です。
将来の収支に基づき、最適な資産設計を提案し実行までサポートします。
相続・事業継承のコンサルティング
社会保険労務士 社会保険労務士法に基づく国家資格です。
労働や社会保険に関する申請書作成・提出を代理で行います。
労働契約の労働保険の手続きや社会保険の加入手続きなど
税理士 税の専門家として税務代理・税務署作成・税務相談を行えるようになる国家資格です。
税金の知識を活かし、中小企業から大企業に対して会社経営に関するアドバイスを行います。
経営コンサルティング
司法書士 法務局・裁判所・検察庁などに提出する書類の作成や登記の手続きを行えるようなる国家資格です。
その他、債務整理や相続に関する業務まで担い、権利や財産の番人として活動します。
登記や法務局への申し立てなど
宅地建物取引士 宅地や建物を公正に取引できるようにサポートをする国家資格です。
不動産契約時の重要事項説明や捺印・記名を行います。
不動産の取引や運用コンサルティングなど
弁理士 知的財産やその権利を守るための国家資格です。
特許庁への特許・意匠・商標の出願をしたり、不正利用を防止したりします。
知財コンサルティング

これらの資格を取得できれば、IT化やAIにより職を失うといった心配も少なくなるでしょう。

独立開業して成功する

行政書士資格の価値を高める1番の近道は、実務経験をたくさん積んでから独立開業して成功することでしょう。

実際、安定した収入を得ている多くの行政書士は、自身で事務所を構えて独立しています。

独立開業するメリットとして、書籍の出版・講演会の出演依頼・メディアへの出演オファーなど仕事の幅が広がることが挙げられます。

また独立開業すると定年がなくなり、一度獲得した顧客とも長く付き合うことができるので、安定した収入源に直結しやすくなります。

行政書士の成功モデルケースは、本やWebサイトで紹介されているので参考にするとよいでしょう。

専門分野を極める

行政書士は取り扱うことができる書類だけでも1万種類以上あると言われており、幅広い仕事を経験できる職種です。

そのため、専門分野を極めることで他の行政書士と差別化を図ることができ、安定した稼ぎを得ることが出来ます。

例えば遺産について調査を頼みたい時、遺産・相続に特化した行政書士事務所と、幅広く何でも対応している行政書士事務所の2つの選択肢がある場合、より知見や経験がある前者を選ぶでしょう。

専門分野を決める際は、近所の企業や競合となる事務所、住民の特徴を事前に調査して時代やその地域に合ったニーズを把握することから始めましょう。

今なら期間限定で行政書士講座が最大30%オフ! アガルートアカデミーで 行政書士試験最短合格を目指す

行政書士資格の将来性

行政書士資格を取得したものの、将来的に活かすことができるのか不安という方も多いのではないでしょうか。

しかし、行政書士は以下の3つの傾向や場面において今後は需要が高まり、社会的価値の上昇が期待されます。

  • 少子高齢化により相続案件が増える
  • 外国人労働者や移住者が増加する
  • ネットで集客できればかなり有利

行政書士として長く活躍するためにはどうすれば良いか、どのように活動すれば仕事が増やせそうか、未来予想をしながら読んでみましょう。

少子高齢化により相続案件が増える

日本では毎年出生率が減少しており、さらに2025年には団塊世代が全員75歳以上となり少子高齢化に歯止めが効きません。

そこで今後増加する問題として挙げられるのが、遺産・相続に関する案件です。

全国的に少子高齢化が進むので、どのような場所で活動していても行政書士の需要は高まるはずです。

また、少子高齢化はすぐさま解決する問題ではないため、長期的に継続して相談が舞い込むことが予想されます。

特に、独立開業をお考えの方は遺産・相続分野を究めておくことで行政書士として優位性を得ることができるでしょう。

外国人労働者や移住者が増加する

日本の少子高齢化が進む中、政府を中心に外国人労働者や移住者を受け入れることで、人手不足を解消しようとする動きが盛んになっています。

そこで、就労ビザ取得のための入管手続き代行や労働・社会保険関連手続き等の外国人向けサービスを専門とする行政書士の需要が増えることが予想されます。

新しく外国人労働者や移住者を相手にするビジネスは今が狙い目ですので、社会情勢や法制度をよくチェックしたうえで始めましょう。

ただし、日本の企業や人を相手にする場合とは異なり、集客の方法を工夫する必要があります。

英語・中国語・韓国語・スペイン語など多言語で書いたWebサイトの開設やSNSでの発信、また異文化交流会への参加など、海外の人に向けた積極的なアプローチをして仕事の依頼に繋げましょう。

ネットで集客できればかなり有利

スマートフォンが広く普及したため、近年では多くの行政書士がインターネットで集客することで案件獲得に至ってます。

そのため、今後、行政書士の収入を大きく左右するのはインターネットを利用した集客が成功するか否かだと言えます。

街頭ポスターやチラシ配布といった従来の方法よりも圧倒的に多くの人に認知してもらえるので、初期投資が高くてもネットでの集客には力を入れることがおすすめです。

独立開業を目指すのであれば、インターネット・リテラシーを身につけて、集客を効率よく行いましょう。

行政書士資格を取得して市場価値を高めよう! アガルートアカデミーで 行政書士最速合格を目指す

まだまだ需要の高い行政書士を目指すならアガルート!

アガルート_行政書士

行政書士は合格率10%前後の資格ということもあり、難関国家試験の1つです

行政書士試験に独学で合格される方も中にはいらっしゃいますが、3~5年の長い時間がかかってしまったり、教材を毎年買い揃えると結局通信講座よりも費用が高くかかってしまうというデメリットがあります。

資格広場が最もオススメしている行政書士の通信講座は「アガルート」です
アガルートがオススメの理由は大きく3つあります。

  • 最短半年合格のスピード感のある講座
  • 豊村講師をはじめとする実力派講師による講義
  • 合格特典が豊富

最短半年合格のスピード感のある講座

アガルートは初学者でも1年で合格レベルまでもっていくスピード感のある通信講座で、受講者の多くも勉強を始めて半年~1年の期間で行政書士試験に合格しています

法律に全く触れたことのない初学者の方でも1年をかけてじっくり知識を身に付けられるカリキュラムが用意されているので、勉強についていけないという心配はいりません。

令和3年度の合格率は初受験者が37.9%・複数回受験者が46.15%と全国平均の3~4倍近い合格率を誇っており、実績も申し分ない行政書士講座です。

豊村講師をはじめとする実力派講師による講義

アガルートでは9名の行政書士講座担当講師が、質の高い分かりやすい講義をしてくれます。
中でも豊村講師は実績や受講生からの人気が高く、アガルート行政書士講座の看板講師として多くの方に支持されています

豊村講師はLEC・アガルートで合計17年以上の講師歴があり、これまで6,000人以上の受験生を指導してきたベテラン講師で、 初学者でもわかりやすいように法令問題では具体例を使って受講生がイメージしやすくなるような工夫が随所に見られます。

また講座当初からアウトプットとして問題と解くことを徹底的に行うことで、問題に触れる時間を増やす実践的な指導方針も支持を集めています。

合格特典が豊富

アガルートでは講座受講生の合格特典として「お祝い金5万円贈呈」もしくは「受講料全額返金」のどちらかを選ぶことができます。

インタビューの参加などいくつかの条件はありますが、実質無料でアガルートの講座を受講できるのはかなりお得です

合格特典があることで勉強のモチベーションも上がりますし、合格後の目標も設定できるため挫折などがしずらいというメリットもあります。

アガルートでは現在期間限定で講座が30%OFFで受講できるキャンペーンを実施しています

検討中の方はぜひ下記から自分に合ったコースを選んでみてはいかがでしょうか。

まとめ|行政書士資格の取得は時間の無駄?

今回は行政書士資格の取得は時間の無駄と言われている理由をはじめ、行政書士の将来性について解説してきました。

行政書士の数は年々増加傾向にあり、単に資格を保有していても就職・転職に活かすことが難しくなってきています。

そのため、相続を専門的に取り扱ったり、外国人を相手にサービスを展開したりすることで、行政書士として付加価値を上げることが重要です。

行政書士の資格取得後は、他の国家資格も取ったり、独立開業してインターネットでの集客や行ったりして成功し、資格を得たことが時間の無駄だと思わないように日々精進していきましょう。

今なら期間限定で行政書士講座が最大30%オフ! アガルートアカデミーで 最短半年で行政書士合格を目指す
キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*