掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

資格スクエアの評判や料金、受講のメリット・デメリットは?

更新日:2021-11-26

「予備校でも通信講座でもない、新世代の学習法」として2013年にスタートしこれまでに多数の合格者を輩出している資格スクエア。

資格取得のための手堅い選択肢として、その頭角を現しています。

資格スクエアはどんな講座なのか、その評判や料金などを紹介しつつ資格スクエア受講にあたってのメリットとデメリットを紹介します。

無料説明会やへの参加でもらえるクーポンや100講義を無料で視聴できるお得な裏技も一挙紹介しますので、是非最後までご覧ください!

資格スクエアの主な特徴
  • 受講料が比較的安い
  • 3つのメソッドによる効率的な学習
  • オンライン視聴に特化した学習スタイル
  • 有名講師によるわかりやすい授業
  • 手厚いサポート体制

資格スクエアの特徴とは?

資格スクエア 料金

資格スクエアとは、「予備校でも通信講座でもない、新世代の学習法」として2013年にスタートしたオンライン学習サービスです。

試験合格に不必要な校舎や広告費などのコストをカットし、テキストや演習、サポートの合格に直結する部分に費用投資をする事で他の通学・通信講座では体験できない独自のメソッドを実現し、非常に質の高く、コスパのいい講座を受けることが出来ます。

資格スクエアの特徴①受講料金が比較的安い

資格スクエアは、他の通信予備校と比較すると講座費用が比較的安く受講ができるという特徴があります。

講座や講師の質は高いものの、効率的な学習を求めたことで相場よりも安くなっています。

この後、相場100万円前後の司法予備試験について、同じく通信予備校として有名なアガルートと比較した料金表をご紹介いたします。

もちろん、講座の料金が安ければ安いほど嬉しいですが、それ以上に講義の質・講師はどうなのか、自分にあっているのか、無料体験講座等で確認してから購入することをおすすめします。

資格スクエアとアガルート、どっちがお得?

資格スクエアと同じく通信講座として有名なアガルートアカデミーと比較したときの講座料金を見ていきましょう。

アガルートは2015年に始まった法律系資格がメインの通信講座です。

アガルートアカデミーについて気になる方は以下のページに詳しく紹介しているので読んでみてください。


資格スクエアの逆算プランとアガルートの予備試験1年合格プランを比較します。

両講座は予備試験合格のためのカリキュラムが1つに詰まったプランで、予備校座試験の基本的なプランです。

横スクロールで表を確認できます
資格スクエア アガルート
プラン名 独学プラン 逆算プラン 逆算プレミアム 予備試験1年合格プラン 予備試験1年合格プラン
マネージメントオプション(通信)
予備試験1年合格プラン
マネージメントオプション(対面)
料金 547,800円 877,800円
643,500
987,800円 1,020,800円714,560円 1,977,800円1,384,460円 2,665,300円1,865,710円
音声ダウンロード 有料 有料 有料 無料 無料 無料
添削 なし 200通 200通 100通程度 最大250通程度 最大250通程度
個別指導 なし 月2回TV電話(15分)
月1回電話(15分)
月1回電話(15分) 月1回電話(30分) 週1回通信指導(1時間) 週1回ラウンジ指導(1時間)

資格スクエアは講義音声をオフラインでも聴ける音声ダウンロードが有料となっています。

音声ダウンロードを購入しようと思うと55,000円かかりますが、こちらは説明会に参加することで音声ダウンロードオプションが無料になるクーポンがもらえます。

説明会の参加に費用はかかりませんので、実質無料で使用できます。

アガルートのマネージメントオプションは週に1回、1時間の指導と魅力的ですが料金が倍ほどに跳ね上がります。

添削数と個別指導のサポート内容、講座料金のバランスを考えるとやはり資格スクエアの逆算プレミアムが最もコスパのいい講座でしょう。

資格スクエアの特徴②新世代の学習法

資格広場 評判

資格スクエアには3つのメソッドがあります。

このメソッドが最新のIT技術と合わさったもので、従来の講座のようなとにかく量をこなす勉強法や質を求めた非常に高額な料金を全て撤廃し、受講者1人ひとりに最適な学習法を提案します。

メソッド1:資格スクエアクラウド

資格スクエアで採用している資格スクエアクラウドは、3つのデータに基づいて学習効率の最適化を図ります。

合格者のデータを使用し合格のノウハウ、短期合格のための勉強法を「見える化」し、 脳科学のデータを使うことで客観的な裏付けの下で最適化を図ります。

さらに学生のデータを集め動画の閲覧履歴やテストの学習履歴から分析、勉強法の指針を示します。

メソッド2:脳科学ラーニング

この機能は東京大学教授で脳科学者の池谷裕二氏監修のもとで開発された人工知能サポートシステムです。

脳科学ラーニングではオンライン上に蓄積されていく学習履歴や理解度を分析することで個人に合わせた問題提起を可能にします。

これにより記憶力に自信の無い方でも着実に知識を定着させていくことができます。

1.理解度チェック
2.確認テスト
3.科目別問題演習
4.進捗&成績管理機能

4段階の理解度チェックにより、合格への学習効率化を図り、それらのデータを提供します。

メソッド3:SQUAREメソッド

これらの最先端IT技術に裏付けられた資格スクエア独自の勉強法SQUAREメソッドにより効率的で継続できる勉強法を提供します。

S=Self-learning
自学自習がしやすい環境を整え、もっとも基本的な自ら学び理解していく姿勢を大切にします。

QU=Question
脳科学ではインプットとアウトプットの最適比率は1:3。インプットの3倍アウトプットすることでで初めて身に付きます。

A=Advice
資格スクエアでは合格者からのアドバイスや個別相談も行っているため、適切なアドバイスを受けることが出来ます。

RE=Repeat
上記のサイクルをひたすら繰り返し、サイクルを速めていくことで効率的に記憶が定着していきます。

資格スクエアの特徴③オンライン視聴に特化

資格スクエア 特徴

オンライン学習に特化し、とことん効率化を追求している資格スクエアでは、受講の環境も効率的に使用できるよう整備されています。

講義動画と同時にオンラインレジュメが表示され、レジュメには直接メモやマーカーを書き込めます。

講義視聴中に質問や疑問がわいた時は、同じ画面にある質問ボタンを押すことでそのまま質問を投げることが出来ます。

この質問制度は回数制限もなく、気になることは好きなだけ質問が可能です。


条文にはリンクが張られているので再確認したい時にその場で確認できます。これで六法全書を持ち歩く時代が終わります。

資格スクエアの特徴④有名講師陣による豪華な授業

資格スクエア 鬼頭政人

資格スクエア代表の鬼頭政人(きとうまさと)氏は弁護士であり投資家、事業家です。

社会と多角的に関わり、書籍の出版もするなど法曹界とビジネス界を牽引していく人物です。

鬼頭氏率いる資格スクエアの講師陣は人気講師、有名講師が揃っていて彼らの授業を受けるために資格スクエアに決める方もいるほどです。

以下に資格スクエアでも特に人気の講師を紹介します。

元大手予備校講師・高野泰衡

資格スクエア 高野泰衡

資格スクエアで予備試験を担当する高野泰衡(たかの やすひら)氏は、大手予備校のLECと伊藤塾で約20年間専任講師を務めてきました。

どちらの時代も看板講師として人気を博していましたが、実は2014年から一度講師を辞めて北海道でパスタ屋を営んでいました。

講師となる以前はカメラマンの助手をするなど、ユニークな経歴の持ち主です。

資格スクエアでも難しい法律用語を図や表を使って分かりやすく解説し、多数の合格者を輩出しています。

受講者の声
・高野先生の講義は非常に簡潔にまとまっていて、今後の講義でどんな目線で進めればよいかという目線で非常に役だちました。
・高野先生のわかりやすい語り口を何度も聴いたので、口述でもすらすらと法律の説明が出てきて、苦手意識なく試験に臨むことができました。

ユニークな講義で大人気・三枝りょう

資格スクエア 三枝りょう

三枝りょう(さえぐさ りょう)氏は資格スクエア以前に多数の大手予備校で司法書士講座を受け持ってきました。

三枝講師の魅力は独特な口調と実務を交えた分かりやすい講義です。これらが受講生の心をとらえ、一躍カリスマ講師となります。

自身の書いているブログもユニークで、日常を綴ったものから司法書士試験に役立つ知識まで載っているので、興味のある方は覗いてみてください。

資格スクエアで取り扱っている資格

資格スクエア 評判

現在資格スクエアでは以下の試験対策講座を取り扱っています。

  • 司法試験
  • 予備試験
  • 司法書士試験
  • 行政書士試験
  • 社会保険労務士試験

試験対策講座以外にも資格取得後の実務につながる講座も開講しており、活動の足掛かりにしたり、幅を広げることが出来ます。

以下が現在資格スクエアで開講中の実務系講座です。

  • 行政書士実務講座
  • 信託財務プランナー講座
  • 相続遺言プロフェッショナル
  • G検定対策講座

資格スクエア受講のメリット

資格スクエア メリット

資格スクエア独自のメソッドや手厚いサポートで高品質の授業を提供する資格スクエアですが、実際に受講している方はこれらをどう思っているのでしょうか。

フォロー制度や授業スタイルなどは好みがあるため体験しないとわかりませんが、時間とお金を有効に活用するためにも、多くの人の意見を参考にしてみてください。

フォローアップが本当に頼れる

資格スクエアの各講座で提供しているフォローアップは親切で分かりやすく、モチベーションが上がると評判です。

孤独な戦いになりがちなオンライン授業も、フォローアップで勉強法やスケジュールを細かく指導してくれることで「気づき」と「成長」が得られます。

添削でモチベーションが上がる

圧倒的数を誇る資格スクエアの添削制度ですが、その返答の速さや内容も満足のいくものとなっているようです。

どうしたら次につながるか、回答内容と精神面の両方を底上げしてくれるので向上心もつきますね。

無料短答アプリが超有能

こちらはカリキュラムではありませんが、資格スクエアでは無料の短答アプリをリリースしています。

このアプリが無料で誰でも使える上に収録問題数も多いと大評判です。

テキストや講座を見る時間はないけれど勉強したい、という時にピッタリの手軽さで、場所を選ばず使用できます。

カリキュラムと併用したり、このアプリを使用してから資格スクエアの受講を検討するのも良いかもしれません。

資格スクエア受講のデメリット

資格スクエア デメリット

資格スクエアは対人サポートが丁寧で分かりやすいという反応が多くありました。

オンライン講座において講師と生徒が直接かかわる場面は限られるため、その時間を有意義に使える資格スクエアの授業はそれだけでも受講の価値がありそうです。

しかし同時に気になるのは資格スクエアの不評、つまり受講のデメリットです。

どんなに優れた講座にも一長一短ありますので、両方を参考にしたうえでご検討ください。

独学プランはサポートがつかない

資格スクエアの講義には独学プランが用意されていますが、このプランは講義動画とテキストを入手できるのみで後はまさに独学で勉強する必要があります。

値段も安く、学習プランを自ら立てられる方や学習経験のある方は活用できるかもしれませんが、そうでない方はそのほかのプランを選択するべきでしょう。

講義のレベルが高い

資格スクエアの授業は初学者には難しいという意見が上がっていました。

資格スクエアでは分からないところはひとまず飛ばすという勉強法を推奨しています。

ちょっとでも躓いたと思ったら次に進み、2週目やふと戻ったときに分かるようになっているということがあるかもしれません。

テキストに誤植が多い

誤植はどんな書物にも付き物ですが、資格スクエアの教材はやや誤植が目立つようです。

しかし講師によっては講義中に修正してくれたり、連絡する事でも訂正が入るようです。

講義やフォローの質が高いことは確かなので、支障が出ない程度の誤植は気にせず勉強するほうがよさそうです。

資格スクエア予備試験講座の料金

資格スクエアの予備試験講座はカリキュラム内容はもちろんのこと、サポートに割引制度、合格特典付きと非常に充実しています。

予備試験の合格を堅実に狙う方なら、資格スクエアの手厚いサポートを受けて学習するのはオススメでしょう。

講座内容

  • 基礎講座
  • 短答対策講座
  • 未来問模試
  • 基礎演習講座
  • 実務基礎科目対策講座
  • 論文過去問演習講座
  • 選択科目対策講座
逆算プレミアム 逆算プラン 独学プラン
視聴期限 2023年7月31日まで
料金 987,000円 877,800円
643,500円
54,7800円
添削 200通 200通 なし
個別指導 月2回TV電話(15分)
月1回電話(15分)
月1回電話(15分) なし

※赤文字は割引後の価格です。

現在、司法予備試験講座の『逆算プラン』では、11月30日12:00までの期間限定27%オフのキャンペーンを実施中!

キャンペーン期間は残りわずかとなっていますので、受講の検討はお早めに!

逆算プレミアムの詳細

資格スクエア予備試験講座で最もおすすめなのがこの逆算プレミアムです。

逆算プレミアムは添削数が業界最多の200通、それに加え月3回の個別指導がつきます。

うち2回はTV電話による個別指導、1回が電話による指導です。

初学者は特に法律専門用語や難解な問題などクリアするべき壁が多く、途中で挫折する方も多くいます。

有名講師の高野講師の授業と手厚いサポートを受けられる逆算プレミアムは、初学者に特におすすめのプランです。

逆算プランの詳細

この逆算プランがスタンダードな講座カリキュラムです。

逆算プランは逆算プレミアムから月2回のTV電話個別指導が無くなったものになります。

値段は少しでも抑えたいがフォローは受けたいと言った方はこちらのプランもありでしょう。

独学プランの詳細

独学プランはその名の通り独学で予備試験突破を目指す方のためのプランです。

料金が最も安く、講座内容や教材は逆算プランと同様ですが添削と個別指導がつきません。

資格スクエアからの直接のサポートが受けられないので予備試験の勉強経験がある方や独学でもやり切る自信がある方以外にはオススメしにくいプランです。

試験合格者の特典

これらの講座を受講し予備試験に合格すると、次の試験につながる特典をもらうことが出来ます。

予備試験論文式試験に合格すると

・後述対策講座
・口述模試

を受けることが出来、予備試験最終合格を果たすと

・司法試験対策講座

を受けることが出来るようになります。

これによりモチベ―ション維持と、更なるステップアップが望めるでしょう。

説明会参加で10万円OFF

資格スクエア予備試験講座ではオンライン受験相談ライブ説明会+個別面談の2種類の説明会があります。

説明会に参加するとお得な特典をもらうことができ、全部で5つも用意されています。

・社会人の方が使える5万円割引クーポン
・学生の方が使える5万円割引クーポン
・どなたでも使える5,000円割引クーポン
・勉強法講座無料
・音声ダウンロードオプション無料

説明会に参加するだけでこれだけの特典がもらえます。

5万円割引は逆算プレミアムと逆算プランに、5,000円割引は独学プランに適用できます。

勉強法講座はもともと49,500円、音声ダウンロードオプションは55,000円するものです。

この2つは受講した際に適用でき、どちらも効率的な勉強には欠かせない物なので積極的に説明会に参加し、お得に予備試験講座を受講しましょう。

オンライン受験相談

オンライン受験相談は毎日開催、所要時間1時間程度で空き時間に自宅などで参加可能です。

事前準備も不要で開始時間の1時間前まで申し込めるので例えば今、この記事を読んでいる時にでもすぐ予約をする事が可能です。

専門スタッフが対応し、個別相談も可能なので受講前の不安を全て相談することが出来ます。

ライブ相談+個別面談

ライブ相談+個別面談は資格スクエア代表の鬼頭政人氏が登壇する、セミナー形式の説明会です。

開催日時はあらかじめ決まっていますが実際に来場するか、ZOOMで参加するか選べます。

オンラインで簡単に申し込みが出来、どちらの参加方法を選んでも専門スタッフとの個別面談が可能です。

説明会参加でもっとお得に! 資格スクエア説明会参加はコチラから

資格スクエアの講座料金

過去問題集

ここからは司法予備試験以外の資格スクエアの講座料金を簡単に紹介します。

資格スクエアはコスパを考えると非常に安い料金設定と言えます。

先ほど紹介した独自のメソッドや有名講師の授業からは講座料金以上の恩恵を受けることができ、合格に必要なすべてを一つのカリキュラムで賄うことが出来ます。

資格スクエア公式サイトから料金を確認する

資格スクエア司法試験講座の料金

資格スクエア司法試験講座は現在司法試験講座の販売を行っていません

現在販売をしていないため金額や講座プランの詳細については不明ですが、参考として2021年版を掲載します。

横スクロールで表を確認できます
プラン 料金(税込)
司法試験 秒速・完全パック 225,000円
司法試験 秒速・攻略パック 195,000円
令和2年単年度版 司法試験過去問解説講義 15,000円
秒速・総まくり2021 150,000円
令和2年司法試験 短答過去問完全解説講義 15,000円
秒速・過去問コンプリート 150,000円
秒速・過去問セレクト 100,000円

資格スクエア弁理士講座の料金

資格スクエア 弁理士

資格スクエア弁理士講座では2021年7月より2023年度合格向けのプランがリリースされました。

弁理士試験の学習経験がある方は2022年の最終合格も目指すことが可能なプランです。

弁理士講座の受講を考えている方は、誰よりも早いスタートダッシュで合格まで走り抜けましょう。

横スクロールで表を確認できます
講座名 【2023年向け】基礎・短答・論文パック 【2021年向け】論文対策パック 2021夏期論文添削ゼミ
(現在募集停止。
7月下旬に直前ゼミリリース予定)
講座内容 基礎講座:約110時間
青本講座:約50時間
短答対策講座:約95時間
論文対策講座:約100時間
青本講座
書き方講座
解き方講座
実践講座
改正法講座
解説講義動画
6回分の添削指導
視聴期限 2023年7月末 2021年7月末 2021年8月末
担当講師 菊池徹(基礎・短答対策講座)
林哲彦(青本・論文対策講座)
林哲彦(改正法講座:菊池徹) 菊池徹:講義動画
林哲彦:答案添削
通常価格 265,000円 159,000円 33,000円
配信日程 2022年向け講座からスタートし、
2023年向けに更新されるものは
追加で視聴可能
全講義配信済み

資格スクエア司法書士講座の料金

資格スクエアの司法書士講座は初学者にも分かりやすいと評判で、合格からの逆算カリキュラムで受験者をサポートします。

2021年度向けの司法書士講座の販売は終了しており、次期の講座販売は公式サイトで告知が行われるようですので、興味のある方は公式サイトをチェックしてみてください。

下記表は2021年度向けで販売されていた時の料金表となっています。

横スクロールで表を確認できます
講座名 逆算プレミアム 逆算プラン 独学プラン
講座内容 基礎講座
記述対策講座
直前対策講座
担当講師 三枝りょう
添削 全10問 全10問 なし
学習支援 月2回の個別指導(15分)
月1回のフォローアップ(15分)
随時のメール質問
月1回のフォローアップ(15分)
随時のメール質問
随時のメール質問
通常価格 547,800円 382,800円 327,800円
視聴期限 2022年7月31日まで

資格スクエア行政書士講座の料金

資格スクエア行政書士講座の2021年版はすでに販売終了となっています。

来年度版は価格の変動があるかもしれませんが、参考として2020年版を掲載します。

横スクロールで表を確認できます
プラン 料金
【2020年向け】行政書士合格パック 99,700円

資格スクエア社会保険労務士講座の料金

資格スクエア社会保険労務士講座の2021年版はすでに販売終了となっています。

来年度版は価格の変動があるかもしれませんが、参考として2021年版を掲載します。

横スクロールで表を確認できます
プラン 料金(税込)
【2021年向け】逆算プレミアム 206,800円
【2021年向け】逆算プラン 173,800円
【2021年向け】独学プラン 107,800円
音声ダウンロードオプション 33,000円

資格スクエア宅地建物取引士講座の料金

資格スクエア宅地建物取引士講座の2021年版はすでに販売終了となっています。

来年度版は価格の変動があるかもしれませんが、参考として2021年版を掲載します。

横スクロールで表を確認できます
プラン 料金(税込)
【2021年向け】逆算プレミアム 195,800円
【2021年向け】逆算プラン 151,800円
【2021年向け】独学プラン 107,800円

資格スクエアが向いている人

資格スクエア 料金

資格スクエアの用意しているメソッドやカリキュラム、また受講生からわかるメリットとデメリットを踏まえて資格スクエアの受講が向いている方は次のような方です。

・オンラインでも手厚くサポートを受けたい人
・最新技術で効率的に学習をしていきたい人
・オンラインに適した環境で勉強したい人

オンライン学習に特化した資格スクエアは、短い時間でも効率的に学習できる環境を整えています。

すでに社会人として働いている方や時間のない学生の方は、資格スクエアでの勉強が最も無駄がなくコスパが高いと言えるでしょう。

向いていない人

逆に資格スクエアでの受講が向いていない方は以下のような方です。

・自分で学習ペースを作りたい人
・神経質な人
・対面での学習がしたい人

資格スクエアでは学習計画マップフォローアップでの勉強法相談があり、自身の進捗を確認しながら講師と一緒に学習計画を立てていきます。

初めて資格の勉強をする方やその分野に詳しくない方には親切なサポートですが、自らのペースで学習を進めたい方には独学プラン以外オススメできません。

また日常から誤植が気になる方、対面で学習するほうが肌に合う、といった方も資格スクエアは向きません。

資格スクエアの評判や料金まとめ

資格スクエアの特徴や講座料金、評判を実際の口コミとともに紹介しました。

資格スクエアの特徴・デメリットをまとめると以下の通りです。

・最新のIT技術と脳科学で自分に合う学習ができる
・オンラインに特化しているのでかさばらない
・有名講師×映像の分かりやすい講義
・丁寧なフォローと添削でやる気アップ
・講義のレベルが高い
・テキストに誤植が多い

どんな講座にもメリットとデメリットがあり、どう受け取るかは個人によります。

資格スクエアに少しでも興味がある方は是非一度会員登録や説明会への参加をする事をオススメします。

会員登録するだけで100講座が無料で視聴でき、予備試験講座は説明会に参加するだけでクーポンを受け取れます。

実際に体験してみて自分に合っていると感じたら、是非資格スクエアの受講を検討してみて下さい。

来年度合格の講座受講はお早めに! 資格スクエアで合格を目指す!公式サイトはコチラ
おすすめ記事

コメントを残す

*

*