掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

スタディングで司法試験予備試験合格はできる?合格者の実績や評判

更新日:2022-05-12

司法試験・予備試験の合格を目指す社会人や学生の方の中には、本業があってなかなか勉強時間が取れない方もいるでしょう。

そこでオススメなのがスタディングの司法試験・予備試験講座。

この記事ではスタディング司法試験・予備試験の実績や評判・合格者の声をご紹介!

司法試験・予備試験の勉強を始めようと思っている方はぜひ最後までお読みください!

スタディングはどんな通信講座?

スタディング 実績

2008年にスタートした「スタディング」は忙しい現代人のスキマ時間に着目した「机に座らなくても勉強できる」通信講座です。

スマホ一つあれば勉強を完結できるスリムな学習法は独自のメソッドと組み合わさり非常に効率的な学習方法を生み出しています。

学生から社会人まで、多くの受験生に評判で実績もあるのスタディングは他にも様々な特徴があります。

スタディングについては、以下のページでも紹介しています!

業界随一の低価格を実現

スタディングの一番の魅力はなんといっても講座料金の安さです。

司法試験・予備試験講座は普通100万円程度、オプションをつけるとそれ以上の価格になります。

ところがスタディングの司法試験・予備試験講座は10万円前後で受講が可能。

運営費の削減により低価格が実現し、学習面はしっかり充実しています。

他校講座との料金比較

コース名 料金(低価)
スタディング 予備試験合格コース(総合) 134,200円
アガルート 予備試験1年合格カリキュラム 928,000円
資格スクエア 予備試験講座 合格フルパッケージ 703,780円
伊藤塾 予備試験1年合格コース 1,148,000円

各通信講座、予備校の中で基本的な予備試験講座をピックアップし比較しました。

それぞれ添削や学習支援などのオプションをつけるとこれよりさらに高額になります。

スタディングの料金は他社のおよそ7分の1。

スタディングは他社の講座と比べても圧倒的に安いことがわかります。

圧倒的コスパで司法試験合格 公式HPはこちら

テキストも講義も全てスマホ一つで

スタディングは、講義動画はもちろんのことテキストや問題集もスマホで閲覧することができます。

そのためかさばる紙の冊子を持ち運ぶ必要がなく、どこでも学習ができます。

スマホでの学習に適した環境を用意し、車の運転中は音声での学習に切り替えることも可能です。

スマホを使う時間が多い方とは特に相性がいいでしょう。

スキマ時間での学習に特化した講義

スタディングの講座は1つ30分程度。

通勤、通学時間や家事の合間、寝る前の時間など、日々のスキマ時間に丁度いい長さです。

反復学習をすることにもなり、まとめて学習するよりも記憶の定着に繋がります。

整った環境でストレスフリーな学習

スタディングの司法試験・予備試験講座にはオンラインでの学習を快適にする様々な機能が備わっています。

・倍速機能を搭載したWEB講義
・重要なポイントを網羅したスマート問題集
・短答式重要過去問を厳選したセレクト過去問
・学習状況をグラフ化して管理する学習サポート機能
・複数のレッスンをまとめて復習できる問題横断復習機能

これらの充実したサポートによりオンラインでの学習にも不安なく取り組め、効率的なインプットとアウトプットを可能にしています

スタディング司法試験・予備試験講座の特徴

スタディング 実績

スタディングの司法試験・予備試験講座は必要なものが一つにまとまっていて、それ一つで司法試験・備試験合格まで持っていくことができます。

予備試験から司法試験を狙うルートの他に、法科大学院生のための司法試験合格コースも用意されており、自分にあったコースを選べます。

予備試験合格コース(基礎)[2022年+2023年試験対応]の詳細

こちらの基礎コースは、インプットとアウトプットを並行しながら行い、初学者でも効率的に学べるコースです。

もしも2022年の最終合格に至らなかった場合でも2023年合格のコースを受講することができ、非常にお得です。

講座の詳細
主任講師 小村仁俊 講師
講座内容 ・法律基本7科目
(憲法、行政法、民法、商法
民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法)
・スマート問題集
・セレクト過去問
講座料金 89,100円
受講期限 2022年試験対応版:2022年10月31日
2023年試験対応版:2023年10月31日

予備試験合格コース(総合)[2022年+2023年試験対応]の詳細

スタディング 合格者

こちらの総合コースは基礎コースに加え予備試験論文対策コースががついたパックです。

具体的な問題文の設問から資料の読み方、整理の仕方、知識の使い方など様々な要素をわかりやすく解説。

このコースひとつで合格まで持っていける、最も人気のコースです。

講座の詳細
主任講師 小村仁俊 講師
論文講師 小倉匡洋 講師
講座内容 ・法律基本7科目
(憲法、行政法、民法、商法
民事訴訟法、刑法、刑事訴訟法)
・スマート問題集
・セレクト過去問
・法律実務 基礎科目
・論文対策講座 基本フォーム編
・論文対策講座 予備実践編
講座料金 134,200円
受講期限 2022年試験対応版:2022年10月31日
2023年試験対応版:2023年10月31日

オンラインで司法試験を目指すなら 公式HPはこちら

法科大学院生のための司法試験合格コース総合[2022年試験対応]の詳細

スタディング 評判

こちらのコースは法科大学院生を対象としたコースです。

基礎と論文の両方を学ぶことができ、初めて司法試験の学習をする方に最適のコースとなっています。

講座の詳細
主任講師 小村仁俊 講師
論文講師 小倉匡洋 講師
講座内容 ・短期合格セミナー
・基本講座(ビデオ・音声)
・WEBテキスト
・スマート問題集
・セレクト過去問集
・論文対策講座(ビデオ・音声)
・問題集・参考資料
講座料金 119,900円
受講期限 2022年試験対応版:2022年10月31日

合格お祝い金でますますお得!?

スタディングの司法試験・予備試験講座では合格お祝い金が用意されています。

司法試験合格者に1万円、予備試験合格者も1万円と、最大2万円ものお祝い金がもらえます。

この機会を利用し、モチベーションアップ&超低価格受講を目指しましょう!

スタディングをお得に受講 公式HPはこちら

スタディング司法試験・予備試験の実績

スタディング 実績

破格の安さと充実のオンライン環境が魅力のスタディングですが、気になるのはその実績。

しかしスタディングは現在司法試験・予備試験の合格率を公表していません。

開講して間もないためデータが少なく、完全オンラインの通信講座なので合格者・不合格者ともに統計が取りづらいという実情があります。

しかし合格者の声は多数届いており、それらがスタディング司法試験・予備試験講座の実績と言えます。

スタディングは可能な限り情報をそぎ落としている。 分量に押しつぶされていた私の救世主に。

合格するために必要な知識、自分で線引きするのは不可能に近いくらい難しいです。
そんな中スタディングは分量としても司法試験に合格するという意味で可能な限り情報をそぎ落としてる工夫を感じ、 今まで勉強の分量に押しつぶされていた私としてはとてもありがたかったです。

実績:さたぼうさん 司法試験合格

初学者に最適な学習手段!
分かりやすく、記憶に残りやすい!

スタディングの基本講座は、動画講義の画像とテキスト部分が一体となったような作りで、スマホだけでも受講できます。
「さあ、勉強するぞ」と構える必要がなく、初学者の方が勉強を始めるとっかかりとして利用するのに最適な学習手段だと思います。
動画講義では、当事者の関係や法律論も図表で整理され、講義の進行とともに変化していきますので、とても分かりやすく、記憶に残りやすかったです。

実績:YNさん 司法試験合格

スタディングの論文講座で、「書くべきこと」だけでなく「書かないこと」も学べたのは大きかったです

合格答案の見方や相場観を養い、事例問題にどう対応すればより高い点が得られるかを学べました。
特に有益だったのは、合格答案の省略されている部分を意識させて下さった点でした。
スタディングの論文講座で、「書くべきこと」だけでなく「書かないこと」も学べたのは大きかったです。

実績:K.Fさん 司法試験合格

引用:合格者の声

スタディング司法試験・予備試験の評判

スタディング 評判

それでは、スタディングを実際に利用している方の評判はどういったものでしょうか。

スタディング受講におけるメリットとデメリットの両方をお伝えします!

スタディング司法試験・予備試験の評判①:基礎固めに最適

スタディングのスキマ時間を有効活用したカリキュラムは、基礎を固めるのに最適と評判です。

基礎知識は暗記系も多く、ひたすら復讐をするとなると1日に何回も学習ができる点が大きなメリットになります。

価格も安いので「まずは基礎から」という考えにピッタリフィットしますね。

スタディング司法試験・予備試験の評判②:論文講座の質が高い

論文対策講座は非常に人気が高く、多くの方が論文講座を高く評価しています。

受講生が前のめりになるほどの論文講座を受けるために受講するのもありでしょう。

ちなみに論文対策講座のみ販売しているコースもあります。

論文対策コース
講座内容 ・法律実務基礎科目
・論文対策講座 基本フォーム編
・論文対策講座 予備試験実践編
講座料金 76,780円

論文対策もスタディング 公式HPはこちら

スタディング司法試験・予備試験の評判③:アプリの使い勝手がいい

オンライン学習に特化したスタディングはアプリの使い勝手がいいと評判です。

講義動画をダウンロードすることができるので外出先でも通信量を気にせず視聴でき、バックグラウンド再生にも対応しています。

学習を継続する上で使い勝手の良し悪しは非常に大切なので、スタディングは継続もしやすい通信講座と言えるでしょう。

スタディング司法試験・予備試験の評判④:質問制度がない

スタディングの教材には質問制度がありません。

そのため学習スタイルは独学に近く、自力で問題解決する必要があります。

受講料が大幅に安い要因の一つとなっているので、どちらを選ぶかは好みの問題になりそうです。

スタディング司法試験・予備試験の評判⑤:演習量が少ない

スタディングの教材は合格に必要な情報を厳選しているので、内容が少し物足りないことがあるようです。

とはいえ他の部分の評判はいいので、スタディングを受講しつつ演習は市販の教材でカバー、という手もあります。

スタディング司法試験・予備試験講座が向いている人

スタディング 実績

多くの方々の評判や実績、合格者の実際の声を踏まえた、スタディング司法試験・予備試験講座が向いているのは次のような方です。

・スマホひとつで手軽に学習したい人
・効率的に合格まで辿り着きたい人
・費用を極力少なくしたい人

圧倒的な安さで目を引くスタディングの司法試験・予備試験講座はその値段以上の質を備えた授業を展開し、多くの実績をあげています。

スキマ時間を有効に使えるので忙しい社会人の方にもオススメです。

基礎から学べるので初学者も学びやすく、スタディングなら司法試験・予備試験学習の敷居が低いと言えます。

スタディング司法試験・予備試験講座が向いていない人

逆に、スタディングでの学習が向いていないであろう方は次のような方です。

・手厚いサポートを受けたい人
・まとまった時間でガッツリ勉強した人
・合格実績を重要視する人

スタディングでの学習はどうしても独学に近くなります。

自分で学習のリズムを組む必要があり、講師のフォローもありません。

一人での学習に不安を感じる方、実績をもとに検討したい方には不向きかもしれません。

スタディング司法試験・予備試験講座|まとめ

スタディングの特徴

・低価格で高品質の講座を受講できる!
・使いやすいアプリでスキマ時間有効活用!
・充実の論文対策で実績アリ!

スタディングは現代人の生活サイクルにフィットした、非常に効率的な通信講座です。

合格実績は公表していませんが各種講座の評判は良く、受講者も増加傾向にあります。

スタディングの司法試験・予備試験講座が気になった方はまずは無料お試しから初めて見てください!

オンラインで司法試験に合格 公式HPはこちら

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*