掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

アガルートと資格スクエアはどっちがオススメ?講座内容を徹底比較!

更新日:2022-12-01

司法試験・予備試験のオンライン通信講座を検討している方なら『アガルートアカデミー』と『資格スクエア』で悩んでいる方も多いのでは?

オンライン講座の2大巨塔とも言えるアガルートと資格スクエアはそれぞれ異なる特徴を持っていていて、受講者の好みも分かれます。

そこでこの記事ではアガルートと資格スクエアの司法試験・予備試験講座を8つの観点から徹底比較します。

この記事を読めば、どちらの講座が自分に合うかわかるはず!

アガルートアカデミーの特徴

アガルート 予備試験

アガルートの主な特徴

合格率が圧倒的に高い

通信講座なのに対面指導も受けられる

サポートが豊富で継続しやすい

合格特典が豪華でやる気が続く

スマホでの受講環境は特徴が少ない

アガルートは2015年より開校したオンラインによる通信講座です。

高い合格率やユニークなCMが話題を呼び、多くの受験生がアガルートで司法試験・予備試験対策を行っています。

アガルートは通信講座の範疇を超えた手厚いサポートが多数あり、初めて法律の勉強をする方でも無理なく学習をしていくことができます

一方、スマホで学習する際は少し利便性に欠けるとの意見も見受けられます。

アガルートについては、以下のページでも詳しく紹介しています!

資格スクエアの特徴

資格スクエア 予備試験

資格スクエアの主な特徴

高野講師率いる有名講師が揃う

スマホでもストレスなく学習できる

学習計画を立てやすい教材が揃っている

IT技術で効率的な学習が可能

合格率は公表されていない

資格スクエアは2013年より始まった、「予備校でも通信講座でもない、新世代の学習法」です。

講義は全てオンライン上で完結し、スマホ一つあればいつでもどこでも学習ができます

受講生でなくでも使えるアプリやIT技術により設計されたカリキュラムは非常に人気で、効率的な学習が期待できます。

資格スクエアを利用した合格者は多数いますが、その合格率は公表されていません。

資格スクエアについては、以下のページでも詳しく紹介しています!

アガルートと資格スクエアを徹底比較

アガルート 資格スクエア 比較

それでは、アガルートと資格スクエアの司法試験・予備試験講座を9つの観点からそれぞれ比較していきます。

比較したポイントは以下の通り。

比較観点 アガルート 資格スクエア
価格 講座受講にかかる費用を比較
実績 合格率や特別な実績を比較
講師 在籍講師の人数や経歴を比較
講義 講義時間や内容が効果的かを比較
教材 使用教材の質を比較
サポート 学習サポートなどを比較
快適度 受講環境の利便性を比較
合格特典 合格特典の充実度を比較

それぞれ力を入れている部分が違うので上記のようになっていますが、総合的に見てどちらの講座も司法試験・予備試験合格のために優れた講座であると言えます。

それでは、各項目を詳しく分析していきましょう。

アガルートと資格スクエアの比較①:価格

アガルート
コース 予備試験1年合格カリキュラム
(ライトカリキュラム)
予備試験最短合格カリキュラム
オプション無し コーチングオプション マネージメントオプション
価格 614,460円(税込) 768,460円(税込) 1,384,460円(税込) 3,958,460円(税込)
比較 ×
資格スクエア
コース 合格フルパッケージ 合格フルパッケージ
製本テキストなしプラン
価格 703,780円(税込) 659,780円(税込)
比較

司法試験・予備試験講座の価格相場はおよそ80万円~100万円です。

アガルートの講座はオプション無しプランだと相場より安く受講できますがオプションをつけると価格が上がり、マネオプはなんと相場の4倍ほどです。

しかしアガルートでは頻繁にセールを開催しているため、タイミングが合えば最大で30%OFFなどの大幅割引で受講することができます。

一方資格スクエアのプランは100万円を切り、タイミングを問わず比較的安価に受講できます

資格スクエアでは基本オンライン教材が用意されていますが、オプションとして製本テキストを付けることができます。
オンラインの教材だけで十分という方はコチラの方がお得ですね。

価格面ではどっちがおすすめ?

基本講座の料金はどちらも大きく変わらず、アガルートの予備試験1年合格カリキュラムが最も安く受講できます

しかしこのカリキュラムは2023年合格目標であるため、時間をかけて2024年以降に合格を目指したい方は最短合格カリキュラムを選ぶべきです。

後ほど比較する観点も踏まえると、価格面でおすすめは資格スクエアです。
製本テキストなしプランの659,780円は他社の予備試験対策講座比較しても安く、紙のテキストがいらない方、少しでも費用を抑えたい方にピッタリです。

アガルートのオプションは定価が高いですが上述の通りセール開催中は大幅に安くなり、頻繁にセールを開催しています。

タイミングを見計らえば、アガルートもかなりお得に受講できることでしょう。

期間限定セール開催中! アガルート公式HPはこちら

アガルートと資格スクエアの比較②:実績

アガルート 資格スクエア
合格率 令和3年度司法試験
合格者667名
合格者占有率47.8%
2019年度合格者147名
論文1位合格者輩出
比較
アガルート 合格率

アガルートは合格率の高さが評判なだけあって、老舗予備校の伊藤塾にも並ぶ高い合格率を出しています。

特にマネージメントオプションを利用した受講生の予備試験最終合格率は合格率は20.29%と、全国平均の4.9倍です。

資格スクエアは合格率を公表しておりませんが、2019年度の予備試験合格者数は147名です。

論文1位を輩出していることからも講義の質は高いことがわかりますが、合格率を重要視する方には不安点かもしれません。

実績ではどっちがおすすめ?

合格実績で選ぶならアガルートがいいでしょう。
司法試験合格者のうち半数近くはアガルートの受講生である事実には驚きを隠せません。

毎年合格率が公表されている点も好感が持てます。

資格スクエアは2019年こそ合格者の3.2人に一人が資格スクエア生という華々しい成果をあげていますが、2020年度以降は実績が非公表です。

公開していない=実績が悪いというわけではありませんが、確かな実績で判断するならアガルートです。

アガルートと資格スクエアの比較③:講師

アガルート 資格スクエア
在籍講師 工藤北斗 講師
谷山政司 講師
丸野悟史 講師
渥美雅大 講師
渡辺悠人 講師
石橋侑大 講師
東浩作 講師
林裕太 講師
富川純樹 講師
笠井佳樹 講師
一之瀬和彦 講師
小島武士 講師
小林達雄 講師
若杉咲良 講師
岡大貴 講師
船戸久史 講師
田中耕一 講師
豊崎章央 講師
寺岡拓也 講師
井上絵里子 講師
冨士川健 講師
高野泰衡 講師
下地謙史 講師
千葉貴 講師
宮武広 講師
比較

アガルートの司法試験講座には現在、21名もの講師が在籍しています。

講師数が多いということは講義がそれぞれの得意分野で展開されることになり、多角的な視野から講義を受けることができます。

全員が新司法試験の合格者でもあり、自身の経験にも基づいた授業は非常に効率的でしょう。

講師数の少ない資格スクエアの評価が○なのは、高野泰衡講師の存在です。

高野講師は司法試験・予備試験講師の圧倒的カリスマで、高野講師の授業を受けるために資格スクエアを受講する方も多くいます。

図表を使った講義はオンラインにもマッチし、難解な専門用語をわかりやすく噛み砕いた丁寧な講義は受講生から超人気です。

高野講師は資格スクエアから移籍

資格スクエアの看板講師であった高野泰衡講師ですが、2022年3月より資格スクエアから加藤ゼミナールへと移籍しました。

現在開講中の8期講座は既に収録した高野講師の講義を配信するため問題なく視聴できますが、9期からは新たな講師となる可能性があります。

加藤ゼミナールは資格スクエアの司法試験対策講座を担当していた加藤喬講師が開校した司法試験・予備試験対策のオンライン予備校です。

高野講師の授業を受けるために資格スクエアの受講を検討していた方はご注意ください。

講師で見るとどっちがおすすめ?

資格スクエアは高野講師の存在あってこその評価であったため、授業は受けられるが在籍していない現状では判断が難しいと言えます。

高野講師が脱退し、資格スクエアの講師陣に優れた方が入ってこない場合アガルートに軍配が上がるでしょう。

以前まで資格スクエアの予備試験講座を担当していた講師は軒並み脱退したため、新たに講師が参入する可能性は大いにあります。

資格スクエアで高野講師の授業が受けられるのは今だけ! 資格スクエア公式HPはこちら

アガルートと資格スクエアの比較④:講義

アガルート 資格スクエア
講義内容 ・総合講義300
・論文答案の「書き方」*
・重要問題習得講座*
・予備試験 論文過去問解析講座
・旧司法試験 論文過去問解析講座
・短答知識完成講座 ・短答過去問解説講座Ⅰ
・短答過去問解説講座Ⅱ
・法律実務基礎科目対策講座
・一般教養科目対策講座
・選択科目対策講座
・予備試験答練*
・法律実務基礎科目答練*
・論証集の「使い方」
(*はオンライン添削付きの講座)
・入門講義(高野講師)
・基礎講義(高野講師)
・基礎問講義
・論文過去問講義(高野講師)
・短答重点講義(高野講師)
・短答過去問講義
・口述対策講義
・基礎講義(実務基礎)
・論文過去問講義(実務基礎)
・基礎講義(選択科目)
・論文過去問講義(選択科目)
総講義時間 約850時間 約520時間
比較

アガルートは講義時間がやや長く、合計で880時間以上となります。

しかしその分掘り下げた講義が特徴で、特に論証集の「使い方」はアガルートオリジナルのテキストを用いた工藤北斗講師による講義で、わかりやすいと評判です。

予備試験で非常に大切な論証の力を身につけたいなら、アガルートがオススメです。

資格スクエアはコンパクトにカリキュラムをまとめ、アガルートより300時間以上短い講義時間です。

資格スクエアの未来問はAIにより問題を予想して出題される模試で、2019年度の予備試験は的中率60%でした。

講義はどっちがおすすめ?

講義に関しては好みや相性によりおすすめは変わりますが、記述力をつけたいのであればアガルート未来問などを駆使しより効率的に学習を進めたいなら資格スクエアがおすすめといえます。

講義の内容よりも、講義を受け持つ講師や教材で選ぶといいでしょう。

アガルートと資格スクエアの比較⑤:教材

アガルート 資格スクエア
テキスト ・フルカラー
・講師作成のオリジナルテキスト
・媒体のテキスト
・二色刷り
・オリジナルテキスト
・紙・WEBテキスト
問題集 ・オリジナルテキスト
・二色刷り
・紙媒体のテキスト
・オリジナルテキスト
・二色刷り
・紙・WEBテキスト
その他の教材 ・学習スケジュール ・合格読本
・合格ロードマップ
・レベル別学習シート
比較

アガルートの教材は講師が作成したオリジナルテキストなので講義との齟齬が生まれません。

試験合格に必要な情報だけを厳選し掲載しているので無駄がなく、薄めなので持ち運びも容易です。

資格スクエアは基本書と論文答案用紙を除き、全ての教材をPDFで使用することが可能です。

アガルート 予備試験

教材はどっちの講座がおすすめ?

教材についてはアガルートの方がおすすめできます。
講師作成のオリジナルテキストは学習の効率化につながり、フルカラーなので視覚的にもわかりやすく設計されています。

小さなことですが、テキストのサイズがA5となっている点も持ち運びの容易さからおすすめポイントです。

資格スクエアは勉強の手助けをする教材が充実しており、進め方に迷った時などは非常に役立つでしょう。

資格スクエアの基本テキストは市販のものを使用しています。

アガルートと資格スクエアの比較⑥:サポート

アガルート 資格スクエア
質問制度 facebookグループによる無制限質問制度 講義画面からワンクリック質問
添削 オプション無し:100通程度
コーチングオプション:100通+75通程度
マネージメントオプション:100通+150通程度
全205通
定期サポート 1年合格カリキュラム:月1回30分のカウンセリング
最短合格カリキュラム:無し
コーチングオプション:隔週30分のコーティング
マネオプ:毎週60分のプロ講師による個別指導
月1回15分の試験合格者による電話フォローアップ
進捗管理 1年合格カリキュラム:無し
最短合格カリキュラム:無し
コーチングオプション:オンライン管理
マネオプ:有り
学習状況と他受講生の平均学習状況を毎週メールで配信
個別指導 コーチングオプション:司法試験合格者による隔週30分の指導
マネオプ:プロ講師による毎週60分の指導
なし ×
比較

アガルートと資格スクエアに共通するサポートは上記4つ。

全体として見るとアガルートの方がサポートは手厚く、充実しているといえます。

質問制度

アガルートの用意しているfacebookグループは、受講生と講師が参加し、講師への直接質問が回数無制限で可能です。

他の受講生の質問も閲覧できるので新しい発見があったり、意見を交わし合うこともできるでしょう。

資格スクエアは講義画面に質問コーナーが設置されているためわからないことがあったらその場ですぐに質問が可能です。

質問には試験合格者が迅速に対応するため、学習の滞りが少なくなるでしょう。

添削

アガルートは基本添削数が100通程度で、オプション利用なら最大250通ほどの添削が可能です。

講師が行う添削は手厚く細かく、踏み込んだ内容で行われるため満足度が非常に高いです。

資格スクエアの添削数は全205通。
資格スクエアは添削数は多いですが添削のレベルはアガルートには及ばず、大きな特徴は見受けられません。

定期サポート

どちらの講座も月に1度電話やビデオ通話を通して学習のサポートが行われています。

アガルートの定期サポートは予備試験1年合格カリキュラムでは月1回30分、コーチングオプションでは隔週30分、マネオプなら毎週60分のサポートが受けられます。
アガルートに在籍する専門スタッフから直接指導が行われ、丁寧に学習状況の相談やアドバイス、講義の解説などを受けることが可能です。

一方、資格スクエアは司法試験・予備試験に合格した卒業生から、1回15分フォローアップが行われます。
時間が短いため深い内容まで踏み込む時間はありませんが、ペースメーカーとして利用することができるでしょう。

進捗管理

アガルートの進捗管理は、オプションの利用で受けられるようになります。

受講生に合わせた学習スケジュールを組み、カリキュラムを完全にこなせるように課題や添削が行われます。

資格スクエアの進捗管理は自身の試聴した講義、演習問題数がメールで配信されます。

さらに他の受講生と上位10%の平均試聴コマ数も送られるため自分が今どれくらいにいるのか、他者と比較して客観的に分析することができます。

個別指導

アガルートの個別指導はオプションで利用可能です。

コーチングオプションでは主に進捗管理と添削課題が行われ、担当の司法修習生と二人三脚で合格に向かいます。

マネージメントオプションではプロ講師による個別指導で、添削指導や講義の解説など唯一無二の指導を受けられます。

資格スクエアでは、2022年に発表された講座プランの中に個別指導を行っているという内容は見つかりませんでした。
以前あった個別指導も月2回のテレビ電話による指導だけでしたので個別指導としての優位は圧倒的にアガルートといえるでしょう。

学習サポートではどちらがおすすめ?

学習サポートし関してはその豊富さを謳っていることからも、アガルートの方がおすすめと言えます。

学習中の質問に対する回答速度は資格スクエアは同日中の返信率が高く優れていますが、内容に関してはアガルートも優れています。

アガルートは資格スクエア以外の予備校・通信講座と比較しても特に優れた学習サポートを提供しています。

アガルートと資格スクエアの比較⑦:快適度

アガルート 資格スクエア
講義画面 講義動画
PDFテキスト
講義動画
オンラインレジュメ
質問
倍速機能 0.5〜3.0倍の8段階 1.0〜3.0倍の21段階
音声ダウンロード 無料 有料
USBオプション 有料 無し
学習サポート Facebook質問 条文リンク
単語帳
質問
マイレジュメ
音声切り替え
アプリ 無し あり
比較

快適度は、オンラインで学習する際に活用できる機能をもとに、いかに自分好みの環境で学習できるかでまとめています。

アガルートの快適度

アガルート 予備試験

アガルートの学習環境は基本的にシンプルです。

倍速機能があり、PCの場合講義動画とテPDFキストを同時に表示できますがスマホの場合講義動画のみになります。

音声ダウンロードは無料で行うことができ、通信環境のない場合や運転中などにも学習することができます。

USBオプションは有料となりますが講義動画もオフラインで視聴できるようになります。

資格スクエアの快適度

資格スクエア 予備試験

資格スクエアの講義画面には講義動画とオンラインレジュメが表示されます。

オンラインレジュメには加筆・修正を行えてマーカー、付箋も書き込めてカスタマイズできます

条文をすぐに参照でき、自分だけのレジュメを作ることができます。

スマホ視聴の場合は書き込みなどができなくなりますが、資格スクエアなら学習の全てをオンラインで行うことが可能です。

資格スクエアのオリジナルアプリ

資格スクエア 予備試験

資格スクエアはオリジナルの短答演習アプリを配信しています。

資格スクエアユーザーでなくても利用することができ、無料で問題演習を行えます。

このアプリを使えばいつでもどこでも演習を行うことができ、多くの受験生に評判です。

快適度ではどっちがおすすめ?

オンライン学習における快適度は資格スクエアが頭一つ抜けています

自由度の高いレジュメ、ワンクリック質問などオンラインのみでもストレスのない学習環境を実現し、快適な受講が可能です。

まとまった時間に勉強できない方、日々移動が多い方などは資格スクエアならいつでもどこでも学習できます。

アガルートと資格スクエアの比較⑧:合格特典

アガルート 資格スクエア
合格特典 ・口述模試
・司法試験講座20万円分
・口述対策講座
・口述模試
・司法試験対策講座
比較

アガルートでは論文式試験に合格すると口述模試を無料で受けられ、予備試験合格で司法試験講座に利用できる20万円分のクーポンをもらえます。

司法試験講座はアガルートの指定講座となり、合格発表後に指定されます。

資格スクエアは論文式試験合格で述対策講座と口述模試をプレゼント、合格率90%の口述試験をさらに手堅くできます。

予備試験合格者には法律基本7科目を学習できる司法試験対策講座をプレゼントしています。

合格特典はどちらがおすすめ?

合格特典についてはどちらを選んでも大きな違いはないでしょう。

多くの予備校・通信講座が同じような合格特典を用意し、予備試験最終合格、司法試験合格までをサポートしています。

資格スクエアは今まで、加藤喬講師という人気講師が司法試験対策講座を受け持っていましたが現在は所属していません。

資格スクエアではどなたが司法試験対策講座を受け持っているかわからないため、講師がはっきりしているアガルートの方がややおすすめと言えます。

アガルートアカデミーの強み

アガルート 予備試験

アガルートは資格スクエアと比較して、対人サポートが多いのが強みです。

オプションによるコーチングや個別指導、カリキュラムの進め方やよくある質問をまとめたホームルームなどで学習をサポートし、講師と直接つながる質問制度で受講生をほったらかしにしません

通信講座でありながら通学型の予備校にも劣らないサポートが揃っているアガルートは、独りきりだと学習を維持できるか不安な方や、協力して試験突破を目指したい方にオススメでしょう。

新たな「コーチングオプション」で無理なく学習を継続

予備試験最短合格カリキュラムの「コーチングオプション」は今回新たに始まったコースとなります。

コーチングオプションでは隔週で進捗管理や添削課題などを受けることができ、ラウンジを利用することもできるためメリハリのついた学習が可能となります。

学習の方向性を決め、答案の作成習慣を作ることで学習を継続させ、挫折しがちな予備試験学習を合格までサポートします。

マネージメントオプションとは異なり「個別指導」という形では有りませんが、費用対効果に優れ、通信講座としては破格のサポート体制と言えるでしょう。

オプションで手堅く予備試験合格 アガルート公式HPはこちら

アガルートの弱み

資格スクエアと比較した場合のアガルートの弱みは、紙のテキストを使用しておりオンラインのみで学習を完結できないところでしょう。

オンラインだけで学習することが必ずしもメリットとはなりませんが、通信講座としての利点を一つ失っているとも言えます。

しかしアガルートは紙のインプットテキストをフルカラーで提供することによる定着率の向上、問題掲載NO.1の徹底したアウトプット主義による教材で差別化を図っています。

アナログだからこそできる学習がどこでもできるというハイブリットな学習方法という面では優れています。

アガルートの評判

アガルートは教材・カウンセリング・サポートの質全てにおいて高評価を得ています。

学習支援が優れているとそれだけモチベーションアップにもつながり、効果的な学習が継続できるようになりますね。

アガルートへの信頼も増し、安心して予備試験合格を目指していけます。

資格スクエアの強み

資格スクエア 予備試験

資格スクエアはオンラインでの学習環境が整っていることが強みです。

オンラインレジュメは自分好みのカスタマイズで最も効率的なテキストが作れる上、講義動画をみながら作成、質問もできます。

スキマ時間にストレスなく効率的な学習をしていきたいなら、資格スクエアは非常にオススメです。

IT技術による効率的な学習提案

資格スクエア 予備試験

資格スクエアは脳科学データに基づいて受講生や合格者のデータを集め、効率的な学習法や勉強法の指針を提案します。

個人の学習履歴・理解も蓄積され、個人に合わせた問題提起もされるため、自分に合った勉強をすることができます。

予備校でもここまで個人を分析して提案するところは多くなく、まさに現代の社会環境、ネット環境にフィットした講座と言えるでしょう。

最新技術による効率化されたカリキュラム 資格スクエア公式HPはこちら

資格スクエアの弱み

資格スクエアは対人サポートが手薄な点が弱みと言えます。

電話サポートは月に一回使えますが15分とやや短い時間設定で、論文添削は数こそ優れているもののその内容が良くないという意見も見受けられます。

資格スクエアの学習環境はとても整っているので、自分でしっかりと進めていける方は資格スクエアでなら効率的に学習できることでしょう。

資格スクエアの評判

資格スクエアは短答アプリや未来問といった現代ならではの学習システムが高評価を得ています。

短答アプリと未来問はどちらも講座を受講しなくても利用できるので、資格スクエアが気になる方はまずはこの二つを試してみるといいかもしれません。

どちらも効率的な学習をサポートする画期的なシステムです。

アガルートと資格スクエアはどっちがオススメ?

アガルート 資格スクエア

それぞれの講座に特徴がありますが、学習の際に求めるものによって、オススメの講座は変わります。

アガルートがオススメの人

アガルートでの学習がオススメの人は以下のような方です。

アガルートがオススメの人

合格率の高さでわかるハイクオリティ講義を受けたい人

手厚いサポートで講師と一緒に学習を進めていきたい人

各種割引制度で安く受講したい人

アガルートは対人サポートの豊富さと、それに伴う圧倒的合格率がウリです。

自分のペースで学習したいけど学習計画をきちんと立てられるか不安な方問題解決に迅速な対応を求める方はアガルートでの学習がオススメです。

ここで紹介した以外にもグループで受講した場合や他校講座で学習をしていた人への割引制度などもあり、時折開催するセールと併せて大幅割引も狙えます。

高コスパな学習で司法試験・予備試験合格を目指したい方はぜひアガルートをご検討ください。

資格スクエアがオススメの人

資格スクエアは、以下のような方にオススメです。

資格スクエアがオススメの人

日々の学習を効率的に行いたい人

スキマ時間を有効に活用したい人

カリスマ講師の授業を受けたい人

資格スクエアは、スキマ時間に学習するならこの上ない講座です。

スマホ一つでもノンストレスで学習でき、自分好みの学習環境を整えることができます。

通勤・通学時間や家事の合間など、机に向き合うほどの時間はないが学習をしたい人は資格スクエアなら無駄なく学習していくことができます

また、高野泰衡講師は講師歴20年の大ベテランで、数々の受講生を合格に導いたカリスマ講師です。

今後の講義がどうなるかは不明ですが、高野講師を信じて合格を目指すのもアリでしょう。

どっちか迷ったならアガルート!

アガルートと資格スクエアはそれぞれ特徴が異なり一長一短ですが、総合的に判断するとおすすめはアガルートです。

アガルートは紙のテキストで学習することがメインとなりますが、学習サポート、教材、実績がどれも一級品です。

予備試験に初めて挑戦する方も、今年こそ予備試験に合格したい方もアガルートなら安心して学習を進めていくことができるでしょう。

資格スクエアの強みである未来問と短答アプリはスクエア受講生でなくても使えるため、いいとこ取りの学習が可能です。

どちらの講座も魅力的で決められないという方は、ぜひアガルートで予備試験最短合格を目指してください。

アガルートで予備試験に最短で合格! アガルート公式HPはこちら

アガルートと資格スクエアはどっちがオススメ?講座内容を徹底比較!|まとめ

アガルートと資格スクエアはどちらも使いやすく、しっかりと合格を目指せる通信講座です。

司法試験・予備試験合格を狙うなら絶対に自分に合った講座を選ぶべきです。

アガルートの「予備試験1年合格カリキュラム」「予備試験最短合格カリキュラム」資格スクエアの「合格フルパッケージ」が気になった方はまずは無料の受講相談や資料請求をしてみてください!

豊富なサポートで合格を目指すならアガルート
アガルート公式HPはこちら

効率的に学習していきたいなら資格スクエア
資格スクエア公式HPはこちら

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*