宅建試験に落ちた?宅建試験の難易度と今後の宅建対策を徹底解説します!

masman

by ank

更新日:2020-02-21

宅建試験に落ちてしまい、悩んでいる方は多いのではないでしょうか。そこで本記事では、宅建に落ちた人の原因と解決策を紹介してます。そして、宅建試験に落ちてしまった人におすすめの教材を紹介しています。宅建試験にリベンジしようと考えている人は、ぜひ本記事を参考にしてみてください。

       

「また今年も宅建に落ちてしまった・・・」

「どんな勉強をしたら宅建に受かるんだろう・・・」

毎年10月に行われる宅建試験。宅建は一発で合格できる人がいる一方、何度受験しても落ちてしまう方がいるのも事実です。その差は一体どこにあるのでしょうか?今回は宅建に落ちてしまう人の特徴とその対策をご紹介します。

宅建の合格率は意外と低い?

宅建試験の合格率

気になる宅建試験の合格率は毎年16%ほど。平成26年度には17.53%でしたがここ数年は15%代で推移し、難化傾向が続いています。「受かりやすい」という声もありますが、十分な準備や対策をしなければ受かりません。

宅建試験の合格点ボーダー また、合格点も2012-2015年でボーダーが下がったとはいえ、ここ数年で約7割が合格ボーダーラインになっています。他の資格と比べると難易度も高いので単純に勉強時間を増やすだけでは十分な対策とはいえません。

そもそも宅建とは、不動産取引の専門家を示す国家資格「宅地建物取引士」の略称です。その受験者数は毎年約20万人と、国家資格の中でも根強い人気を誇る資格の一つです。「宅地建物取引士」略して宅建士の資格を取るための試験が宅建試験。宅建試験に合格することで、専門的な知識を用いてお客様に詳しい案内をすることが可能となります。

重要事項の説明や契約書をはじめとする重要書類の記名捺印は宅建士でなければできませんし、宅建士がいなければ不動産屋をはじめとする宅地建物取引業を営めないなど、その重要性はとても高い資格です。

宅建に落ちてしまう人の3つの特徴

そこで、なぜ宅建試験に落ちてしまうのか?不合格者に多く見られる特徴の中から主な3つを挙げて、それぞれご紹介いたします。

計画的に勉強が出来ていない

勝負に勝つためには、相手のことを十分に知っておくことが必要です。スポーツの場合でも、相手の得意な攻撃パターンやその対策法を事前に十分に研究することがあり、その重要性や効果はイメージしやすいのではないでしょうか。

宅建試験も同様で、一口に試験といえども、どのような科目や配点、難易度で問われるのかを把握することが重要です。民法や宅建業法、関連する法令や税法等の科目の中で、自分がどこでどれだけ点を取っていくのか?具体的な計画を立てておくことが大切になります。

やみくもに勉強を重ねるよりも、必要な対策を把握した上で計画的に勉強を重ねることで、より効果的に合格に近づくことができるでしょう。

勉強時間が足りない

やみくもに勉強時間を重ねるだけでは効率的と言えませんが、ある程度の勉強量の確保も、宅建試験の合格には必要です。個人差はありますが、宅建試験の合格には一般的に300時間は勉強時間が必要とされています。

時間をかけるばかりで頭の中に知識が入っていなければ意味がありませんが、宅建試験には覚えるべき内容も多く、その暗記には継続的に時間をかけて取り組まなければならないことも事実。あくまでも目安ではありますが、十分な勉強時間を必要とします。

傾向対策が出来ていない

計画的な勉強が必要という点にも共通しますが、宅建試験には他の資格と同様に、試験の内容や配点には傾向があります。

例えば、試験全体の中で多くの割合を占める(50問中20問)宅建業法を十分に勉強せず、10問にも満たない関連法令(都市計画法や不動産基準法など)にばかり力を入れていても、合格が難しいということが分かるはずです。宅建試験全体を通した傾向に応じた対策が必要となります。

宅建に落ちてしまう勉強法 正しい教材が重要??

宅建に落ちてしまう人の主な特徴を3つ紹介しました。宅建試験全体の傾向を正しく把握し、どの分野により力を置かないといけないのかを計画的に考え、十分な時間をかけ勉強を重ねる。宅建試験に落ちてしまう人の特徴から、逆に合格に必要な勉強法が見えてくるかと思います。

では、必要な勉強法が分かってきたところで、勉強にはテキストや問題集が必要となりますが、合格のためには、どのような教材がよいのでしょうか?

宅建試験の傾向を把握し、知識を身につけていくためには過去の試験問題をまとめた過去問の存在は決して軽視は出来ません。実際の問題を解き宅建試験に慣れていくためにも、過去問への取組みはなるべく早めにスタートしたいところです。

宅建試験に落ちてしまった時の対策

「しっかり勉強をしていたつもりだったのに、今年の宅建試験に落ちてしまった・・・」そんな方も、次の受験に気持ちを切り替えて勉強を再開する必要があります。

宅建試験は毎年10月に一回だけ行われます。つまり、その年の試験に不合格になってしまった場合は、来年以降ではないと受験ができないという事。宅建士の資格を得るために、時間だけがどんどん過ぎてしまいます。

できる限り時間をかけずに宅建試験に合格するためにも、次の受験で必ず合格するという強い気持ちと、より効果的な対策が必要不可欠です。

過去問を解く

効果的な勉強法の一つが、過去問を解くという事。既に案内した勉強法ではありますが、毎年行われている宅建試験は他の資格試験と同様、過去の出題された試験問題と似たような問題が出題されることも多く、過去問への対策が合格のためには重要な要素を占めています。

過去問の詳細は下記の記事で紹介しています。
»宅建合格のための上手な過去問の使い方を紹介!おすすめの過去問題集7選

未来問を解く

そしてもう一つおすすめしたいのが、「未来問」を解くという勉強法。よく聞いたことのある過去問に対して、未来問はあまり馴染みのない言葉だと思います。そこで、少し『未来問』について紹介をしていきたいと思います。

通信講座で宅建を目指す!宅建資格取得

未来問とは?その特徴をご紹介

多くの方にとってはあまり馴染みのないであろう『未来問』とは一体どういったものなのか?『未来問』について詳しく紹介していきます。

AIが作っている

なにより注目すべき点は、AI(人工知能)がその作成を行っているという点。これまでの宅建試験の傾向を分析し、AIによる本番の試験問題の予想に基づいて試験問題を作成しています。

AIが得意とするのはデータの分析や処理。問題の作成にAIを活用することにより、人間が行うよりも膨大な過去の問題や傾向のより詳細にわたる分析が可能になるため、必然的に出題される問題について、予想が的中する割合が高くなる傾向があります。

問題的中率78%超え

では実際どれくらい予想した問題が出題されているのでしょうか?気になるその問題的中率は、平均およそ70%。2018年の本試験ではなんと78%を的中させた!という驚きの的中率を誇っています。

そして、何より宅建の合格率が70%程度ということから、未来問をやっていれば合格点を取ることができるという点が1番の強みです。かなり興味をそそられる内容ではないでしょうか?

過去問と合わせて使えば最強

お伝えしてきたように、宅建試験の対策には過去問への取組みは必要不可欠。ここに高い問題的中率を誇る未来問への勉強を合わせることで、より盤石な宅建試験の対策が完成するといえるのではないでしょうか。

未来問を無料体験してみる宅建の未来問とは

未来問の詳細は下記の記事で紹介しています。

資格スクエアの『宅建未来問』驚異の問題的中率78%!次世代の宅...
『未来問』はAI学習によって作られた問題的中率78%の問題集です。合格率15%と狭き門の宅建に合格するためにも『未来問』を使いこなして効率よく試験対策を進めましょう。

まとめ:宅建に落ちた人の対策

法律資格の中でも簡単な部類に入るとも言われることのある宅建試験ですが、傾向を元に十分な対策をしなければ合格は難しいということがお分かりいただけたと思います。宅建に落ちた人の特徴から、宅建に合格するために必要な勉強法が分かりました。過去問と合わせて「未来問」にも取り組むことで、ぐっと合格を手繰り寄せましょう。

宅地建物取引士の登録について詳しく解説!合格証書を紛失したと...
宅建の試験に合格したら、多くの人は宅建の「登録」というステップに進むでしょう。宅地建物取引士として宅建業に従事するためには、登録をして宅地建物取引士証の交付を受ける必要があります。では、宅建士の登録をするにはどのような手続きをすればいいのでしょう...
宅建士の資格試験のネット・郵送申し込み方法を紹介!申し込みの...
宅建士の受験申込方法、試験概要、受験申込の際注意点をご紹介。余裕を持って受験の準備し、申し込み忘れや不備を無くしましょう。日々の勉強の成果を存分に発揮し、万全の状態で試験を受けるためにも、申し込み方法や注意事項などをしっかり確認してください。
宅建に独学で合格しよう!レベル別におすすめの参考書と問題集を紹介
宅建学習では自分に合った参考書選びが重要になってきます。学習段階によって手に取るべき参考書が変わってきます。また、レイアウトも含めてやり込める参考書を選ぶようにしましょう。学力別に宅建参考書の特徴、使い方をまとめましたので参考にしてください。
宅建に独学で合格するための勉強法はコレ!分野別の傾向と対策を公開
宅建士の資格取得のため、多くの予備校がコースを組み、参考書も書店に溢れています。しかし、宅建は独学でもしっかりと対策すれば合格する資格。独学合格のポイントは勉強時間と戦略です。早速、宅建独学勉強法を紹介していきます。
今話題の宅建とは?宅建士が活躍できる業界は不動産だけじゃない!?
宅建とは宅建士になるために必要な資格です。そのため、宅建と聞くと不動産業を目指している方、不動産業に従事している方が取得する資格だと思っている方も少なくありません。しかし、宅建の資格を持つことで有利になれる業界は不動産業に留まりません。今回は宅建...
【宅建予備校ランキング】宅建おすすめ予備校9選!予備校の特徴と...
宅建資格の取得を目指す上で宅建予備校を考える方は少なくありません。宅建の資格の需要が高まっているため各宅建予備校は多様な宅建コースに力を入れています。今回は9つの宅建予備校を紹介!コースや費用、オススメの宅建予備校を紹介していますのでご自身の勉強ス...
宅建試験の直前期は何をすればいい?勉強方法と本試験直前の過ごし方
宅建の試験は合格率15%と狭き門です。そのため日頃の勉強が重要になってきますが宅建試験の直前まで同じ勉強をするのはおすすめしません。宅建試験の直前になったらより計画的な勉強が重要になってきます。今回は宅建試験直前におすすめの勉強法や活用してほしい問...
おすすめ記事

コメントを残す

*

*