掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

スタディングの基本情報技術者試験講座の評判や特徴、料金を徹底紹介

更新日:2022-09-20

「これから基本情報技術者の資格を取りたいけどどう勉強したら良いかわからない…」「できるだけお金をかけずに受講したい…」「忙しくてなかなか時間が取れない…」

基本情報技術者の資格取得を目指す方の中には、上記のようなお悩みをお持ちの人も多いかと思います。

実際基本情報技術者試験の合格率は20%〜30%と低く難易度が高めの試験と言えます。

つまり合格には効率の良い学習が不可欠となります!

ここでは基本情報技術者試験を受ける方へおすすめの通信講座「スタディング」の特徴・コース・カリキュラム・料金・評判について解説します!

スタディングの基本情報技術者試験講座の特徴は?

202207_STUDYing_共通999
簡単30秒無料登録で講座10%OFF! スマホで学べるスタディング無料登録はコチラ

スタディング基本情報技術者講座の1番の特徴は、スマートフォンで手軽に学習できることです。

インプットやアウトプットをスマートフォンで完結でき、自分の学習の進捗も簡単に管理することができます。

そしてさらに嬉しい特徴は、リーズナブルな料金です!

どんなに良いサービスでも、手の届かない料金では意味がありませんよね。
ここからは、スタディング基本情報技術者試験講座の特徴を詳しくご紹介します!

スマートフォンがあればどこにいても講義を聞くことができる!

スタディングの1番の特徴は動画の講座を視聴して学習するという学習スタイルです。

自分のスマートフォンに動画をダウンロードすれば通勤・通学中や家事をしている間にも講義を聞くことができます。

基本情報技術者試験講座を担当するのは滝口直樹(たきぐち なおき)講師です。

滝口講師はWebコンサルティング・Webマーケティング・Webサイト制作などIT業界において多くの実績を持っており、信頼の置ける講師です。

手の届く料金で分割払いも可能!

基本情報技術者試験は出題範囲が広いことや人気な資格であることから受講料の相場は10万円前後となっており、挑戦するには少し勇気が必要な料金です。

しかしスタディングはオンライン講座にすることで教室代・人件費・営業にかかるコストを抑え、受講者が受講しやすい5万円以下と比較的安い料金での講座提供しています。

リーズナブルな金額である上分割払いも可能なため、より受講しやすい講座であると言えます。

また、ただ料金が安いだけではなくテキストや講義はわかりやすくまとめられておりスマホアプリの学習ツールとの連携で効率的に学習ができるため、非常に人気の講座になっています。

講座の内容自体は他の予備校に引けを取らないため、「受験費用をできる限り抑えたい!」という方にはピッタリの通信講座です。

復習がしやすくモチベーションも維持できる!

スタディングではスマホゲームの感覚でできる「スマート問題集」があり、楽しみながら学習できます。

スマートフォンやPCで学習の進捗を確認することができる学習レポートではこれまでの学習時間や学習した内容についてグラフで表示されるため、ゴールまでが可視化できモチベーションアップにつながります。

また学習が進んだ実感が得られれば自信を付けられます。

学習レポートの他に勉強仲間機能で仲間たちと一緒に学習することもできるため、この機能もモチベーションの維持がしやすいと評判です。

学習フローを使えば合格まで迷うことがない!

資格試験を受ける時「どのように進めていけば良いのか分からなくて迷子になってしまった」という経験はありませんか?

スタディングではそのように受講生が迷子にならないよう、動画の講義でのインプットと復習問題でのアウトプットができるよう学習フローが組まれています。

こちらに沿って学習を進めていけば合格まで迷うことがありません

なぜなら「いきなり難しい問題に挑戦して挫折してしまった」「インプットとアウトプットのバランスが取れず応用問題が解けない」などの失敗を防ぐことができるからです。

スタディングの基本情報技術者試験講座の詳細と料金

スタディング基本情報技術者試験講座には下記の2コースがあります。

  • 基本情報技術者 合格コース
  • 基本情報技術者 初心者コース

ここからは上記2つのコースについて特徴や料金をご紹介します。

どちらのコースも動画での講義になっているためスマートフォンやパソコンがあればで学習を進めていくことができ、隙間時間に学習することが可能です。

コース・料金詳細ページはコチラ

基本情報技術者|合格コース

こちらは基本情報技術者試験の試験対策に特化したコースです。

試験のポイントを厳選したカリキュラムが組まれているため、合格へ向けて効率良く学習したい人や再試験を受けたい人へおすすめです。

合格コースは午前試験・午後試験対策のカリキュラムと直前対策模試1回分がセットになっています。

そのため午前試験・午後試験対策で基礎を固め、直前対策模試で練習問題にも挑戦することができます。

とにかくまずは基本情報技術者試験に挑戦してみたい!という方はこちらのコースを選んでみてはいかがでしょうか?

講座詳細
主任講師滝口 直樹
講座内容午前・午後試験対策、模試
講座料金36,800円

基本情報技術者|初学者コース

「初学者コース」は、ITに興味はあるけれど知識がなくいきなり基本情報技術者試験を受ける自信がないという人に向いています。

この初学者コースは、基本情報技術者合格コースとより基本的な内容を学習できるITパスポート合格コースがセットになっていることが特徴です。

IT関連の知識がない人でもしっかり基礎を固め基本情報技術者に合格できるカリキュラムを組んでいます。

講座詳細
主任講師滝口 直樹
講座内容午前・午後試験対策、模試、ITパスポート
講座料金43,800円

スタディングの基本情報技術者試験講座の学習方法

スタディングの特徴として、カリキュラムの分かりやすさ効率の良さが挙げられていました。

実際スタディング基本情報技術者試験講座の教材は試験の出題範囲の重要なポイントに絞ったものになっており、効率良く学習ができるカリキュラムが組まれています。

そのためスタディングが設計した順番に沿って学習すれば、短期間で合格を目指すことができます。

効率的な学習サイクルで頭に入りやすい!

スタディングのアウトプット問題は2種類あります。

1つ目は〇×形式のゲーム感覚で基礎を固めることができる「スマート問題集」、2つ目は重要なポイントを絞り込んだ「セレクト過去問集」です。

これらの問題を組み合わせて学習を進めることで、着実に実力を付けながら試験へ向けてステップアップをすることができます。

また間違った問題は「復習モード」を選ぶことで繰り返し説くことができます。

さらに「AI問題復習」を使えば自分が解いた問題の成績に合わせてAIが復習する日を設定してくれるため、復習するタイミングや問題に悩む手間を省けます。

これらの機能は自分の苦手ポイントの確認と共に苦手ポイントの克服にも役立ちますね!

効率的に合格を目指すには学習の進捗管理が重要!

努力次第では資格試験に独学で合格することも可能かもしれません。

しかし独学では試験の全体像を把握するまでに時間がかかったり、忙しくて時間が取れない人には続けることが難しいこともあります。

特に基本情報技術者試験は難易度が高いため、仕事や家事で忙しい人や短期間で合格を目指したいという人にとって独学での合格は難しいです。

合格へ向けて効率的に学習を進めるために、どう学習を進めるかの「学習フロー」と学習の進み具合である「学習進捗」を正確に把握する必要があります。

スタディングにはそんな「学習フロー」と「学習進捗」をわかりやすく管理できるツールがあります。

学習フロー」機能は最適な順番で学習ができるガイド機能です。

この機能を使えば「次は何を学習しよう…」と悩む必要がないため、効率的に学習を進めていくことができます。

また学習進捗を管理する「学習レポート」の機能では、学習時間や進み具合を自動で集計しグラフなどでわかりやすく数値化して表示されます。

この機能によって学習の進捗管理をお任せで進めることができます!

午後試験対策の実戦力が身に付きます!

基本情報技術者試験で受験者の多くがつまづくのが、長文問題が出題される午後試験です。

そんな午後試験のポイントは問題文の中の「解答のカギ」を見極めることです。

スタディングではこの「解答のカギ」を見極めるための問題文読解の力と午前の部の基本知識を応用するための力を身につけるために、学習ポイントを動画でわかりやすく解説しています。

独学では身につけることが難しい応用力を動画で身につけることができます

直前対策模試で実践に向けた準備ができます!

どんな資格試験においても、本番を想定した問題で練習することが重要です。

スタディングの直前対策模試は本試験と同様にパソコンで模試に挑戦することができるため、CBT試験(パソコンで受ける試験)を想定した模擬試験を受けることができます

また、ただ問題を解くだけではなく模試に挑戦した後も練習問題として同じ問題を何度でも解くことができます。

さらに間違えた問題だけを練習問題として絞り込める機能も搭載されているため、苦手な部分も集中的に強化することができます。

隙間時間で学べるから超効率的 スタディングで最短受講お申込みはコチラ

スタディングの基本情報技術者試験講座の口コミと評判

この項目では、スタディング基本情報技術者試験講座に関する口コミや評判をご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

良い口コミ・評判

講義とテストがワンセットになっていて、分野ごとに理解をかためていけた

引用元:基本情報字術者 合格者の声

午後問題は過去問の解説が動画だとスッと理解できるので、何度も見返しました

基本情報字術者 合格者の声

スタディングの良い評判では「仕事の通勤時に勉強ができる」「講義とテストがワンセットになっているため理解を固めることができた」「動画の解説がわかりやすく理解しやすかった」などが挙げられていました。

安価な講座ながらも学習効率が非常に高いことがわかりますね。

動画視聴を通して全体像を把握することで自身の得意な範囲・苦手な範囲を見極めることができ、得意な分野は再生速度を速めて視聴し苦手な範囲はじっくり集中的に学習することで理解度が深まります。

テストというアウトプットが用意されているのも良いポイントですね!

また動画講義のため何度も講義を視聴することができる点もスタディング通信講座の良いポイントです。

対面の講座では聞き逃しがあった場合そのままになってしまいますが、動画講義であればすぐに見直すこともできますし苦手分野を何度も見返すこともできます。

悪い口コミ・評判

スタディングの悪い口コミでは

「初心者向けになっており、必要最低限の知識を学べるため経験者の方には物足りない可能性がある」
「スタディングだけでなくサブ教本として何か別の書籍が必要かもしれない」
「参考書に載ってる内容と大して変わらないうえに、かなり高いので少し後悔した」

などが挙げられています。

既にITに関しての知識がある人には心許ないという評判もあるため、そういった人はスタディングの料金を高く感じてしまうようです。

スタディングの基本情報技術者試験講座に向いている人・向いていない人

アガルート 土地家屋調査士

ここまでスタディングの基本情報技術者講座について様々な情報をお伝えしてきました。

最後にこれまで述べてきたことを踏まえ、スタディング基本情報技術者試験講座に向いている人・向いていない人について解説します。

スタディングの基本情報技術者講座に向いている人

  • 仕事や育児などで忙しい人
  • 効率的・手軽に学習したい人
  • モチベーションの維持が難しい人

スマートフォンに動画をダウンロードすれば通勤・通学などの移動時間にも講義を聴くことができるため、仕事や育児が忙しい方から良い評判を得ています。

またスマホ1台で学習ができるため分厚い参考書を持ち歩く必要もありません。

独学より費用はかかりますが、重たい参考書を持ち歩きたくないという人にはこの点のメリットが大きいでしょう。

また勉強の進捗確認ができることやゲーム感覚で練習問題を解けることから、資格取得のための勉強がなかなか続かないという人にもおすすめです。

スタディングの基本情報技術者試験講座に向いていない人

  • スマートフォンやパソコンが苦手な人
  • 紙のテキストで学習したい人
  • ITの知識が豊富な人

スタディングの基本情報技術者試験講座を受けるにあたって、スマートフォン・パソコン・タブレットなどのデジタルツールは使えることが前提となります。

そのため、デジタルツールが苦手という人や紙のテキストで学習したいという人には不向きという評判もあります。

またスタディングでの学習はITの知識がない人でもわかりやすく取り組める反面、ITの知識が既にあるという人はかえって非効率に感じるかもしれません。

スタディングの基本情報技術者試験講座の特徴・評判まとめ

この記事ではスタディングの基本情報技術者試験講座について、特徴・コース・カリキュラム・料金・評判について解説しました。

社会人になると仕事や家事とプライベートとの両立が難しく、なかなか勉強時間が取れません。

「資格試験に挑もうと参考書を買ったものの受験までに挫折してしまった」という人も多いと思います。

スタディングの基本情報技術者試験講座は初心者でも学習が進めやすいよう緻密に設計されている上、講義も短い時間で倍速機能もついており忙しい人にもおすすめです。

非常に学習がしやすいにも関わらず他の講座に比べて手の届きやすい価格になっているため、仕事や家事で忙しい中基本情報技術者の資格を取ってみたい!という方はぜひ検討してみてはいかがでしょうか?

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*