資格広場資格広場

         掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

簡単に取れる資格ランキング!短期間で取得できて使える資格とは?

masman

by MOT

更新日:2021-06-29

短期間で取得できるような難易度が低めな資格で、かつ就職でも有利になるような実用性の高い資格を7つに絞ってランキングで紹介していきます。今後の就職や転職に役に立つような資格を探している人は参考になるはずなので読んでみてください。

       

「資格を取りたいけど、何がいいのかわからない…」
「できれば短期間で取得したい!」

何か資格を取得したいと考えたものの、このような悩みに直面したことはありませんか?

資格には様々な種類があり難易度も大きく異なりますが、中には最短一日や一週間ほどで取得できる資格などもあるため、仕事や家事の合間に学習することが可能です。

そこで今回は、短期間で取れる資格を中心に取り上げてご紹介しますので、挑戦してみてはいかがでしょうか?


取得がおすすめ!人気の資格がコチラ

1.薬事法管理者

e-ランニング講座

広告業・フリーランスにおすすめ!
取得だけでキャリアアップや単価アップを目指せる今後必須のスキルともいえる資格

フリーランスや広告業の方必見!キャリアアップできる資格


2.アガルートアカデミー

アガルートアカデミー通信講座

おすすめNo.1は【行政書士】!
取得難易度は高いものの、圧倒的合格率を誇る
法学知識0でも1年間で合格のための完全カリキュラム!

知識0からでも1年合格を目指せるカリキュラム


3.ブラッシュアップ学び

300種類以上の資格を複数の予備校・通信講座から好みの講座を選んで受講!
無料資料請求で比較しやすい資格取得を目指す方必見のサイト

複数の講座から自分に合った講座を探せるおすすめサイト


自宅で受講!通信講座で資格を取得

資格というと、専門学校や短大へ通わなければいけないイメージですが、最近では趣味系資格をはじめとした簡単に取得できる資格も多くなっています。

中でも、ペン字講座等は簡単に短期間で取得できる資格の一つですが、就職に有利なものや転職の際に優遇される資格なども通信講座で取得することができます。

まずは、自分の気になるジャンルから興味のある資格を探して学んでみてはいかがでしょうか?

ブラッシュアップ学びなら、多種多様な講座から価格や取得期間などをまとめて比較することができます!

資料請求は無料ですので、ぜひこの機会にチェックしてみてください!

短期間で取れる資格ランキング10選

難易度が低い資格

ここでは、短期間で取得しやすい実用性のある資格をランキング形式で紹介していきます。

すぐに資格を取得したい方や何か始めてみたい方などはぜひご参考ください。

1. 薬事法管理者

e-ランニング講座
検定料金 89,800円(税込)
メリット 実用的な広告表現方法を学べる

薬事法管理者は、健康食品や健康器具などに関する法律の知識や適切な広告表現をマスターするための民間資格です。

ネット広告をはじめ、行き過ぎた表現や誇大広告による優良誤認詐欺はIT技術が盛んな現代において大きな社会問題です。

近年では、国が薬機法(旧薬事法)を改正して規制を強化しましたが、誰でも簡単にネット広告を出せることから被害は後を絶ちません。

在宅ワークの需要増加に伴いクラウドソーシングサービスを利用して副業を行う方が増えていますが、正しい薬機法の知識がないと思わぬトラブルに巻き込まれてしまったり裁判に繋がったケースも存在します。

そのため、薬事法管理者の資格取得を通じて正しい知識や適切な表現方法を身に着けることでトラブル回避だけでなく、自身の説得力と信頼感を向上させ業務の幅を広げられるかもしれません。

薬事法管理者の資格は高い?

表現1つで法に抵触する危険性がある現代では、広告業務やライター、会社経営など様々なシーンにおいて薬機法の知識は業種に関係なく必要不可欠です。

この資格を取得するには、薬事法管理者講座の受講が必須条件となるため独学での受験はできませんが、この講座のテキストは非常にわかりやすく、必要な知識を多岐にわたって学べますので効率的です。

受講金額は89,800円と比較的高いものの、たった3ヵ月という短期間で実用的な資格取得を目指せるため、長い目で見て非常にコスパの高い有益な投資と言えるでしょう。

ぜひこの機会に薬事法ドットコムで薬事法管理者を取得して、消費者からも事業者からも信頼される存在になってみませんか?

薬事法管理者の資格取得方法

2. 薬膳マイスター

検定料金 38,700円(税込)
メリット 健康的な薬膳料理を会得できる

薬膳マイスターは、中国の伝統医学に基づいた薬膳料理を通じて体質向上や健康改善を図るべく、効果的な薬膳の組み合わせを会得するための資格です。

薬膳料理は、健康増進はもちろんこと美容効果も期待できることから女性や若年層からも人気があり、近年注目を浴びている実用的な資格の1つです。

この資格を通して中国医学や薬膳の知識を学び、効果的な組み合わせを身に着けることで料理の幅が広がり、より実用的な食事療法を身に着けられます。

薬膳マイスターは、3回にわたり課題を提出して最終課題をクリアすれば合格ですので、きちんと勉強を行えば誰でもすぐに資格を取得することが可能でしょう。

また、申し込みから受験までパソコンのみで完結し、自宅で簡単に資格取得を目指せるため気軽に挑戦できる点も魅力的です。

薬膳マイスターについて詳しく見る

3. 食品衛生責任者

受講料金 306,000円(税込・食肉製品の場合)
メリット 食品業界への就職で活かせる

食品衛生責任者は、飲食店や食品製造業など、食品を扱う施設において施設の衛生管理を担う責任者の資格です。

食品衛生責任者の管轄は各都道府県単位ごとで保健所が担当しており、食品を扱う各施設に必ず一人は必要なため、飲食店や食品製造業をはじめとした食品業界では重要な存在と言えるでしょう。

この資格の取得方法ですが、約6時間の講習を1日で受けた後、実施されるテストに合格できれば無事修了証が発行されます。

比較的簡単に取得できる点に加えて、更新不要で一生の資格として証明できる点がメリットとして挙げられますが、飲食店での勤務経験が無くても受講することができるため初めて資格取得に挑戦する方などにもおすすめです。

また、食品衛生責任者の資格は飲食店を開業する際にも必要となりますので、将来的に実用性があるかもしれません。

4. 簿記検定

検定料金 2,850~7,850円(税込)
メリット 経理や会計の仕事で有利になる

簿記検定は、基本的な計算能力や帳簿記録のやり方、経営分析といった経理に関する幅広い知識やスキルを養う資格です。

簿記検定には、日商簿記・全経簿記・全商簿記の3種類があり、それぞれの検定ごとに級が定められています。

中でも、日商簿記は社会人向けの資格で、3級以上は業種や職種を問わず実務に活用できるため、業務に生かせる資格を取得したい方にはおすすめです。

日商簿記検定の3級は、基本原理や財務諸表の読み方、経営状況の把握など基本的な商業簿記の知識を問う検定ですので、経理関係の仕事に就いている方や銀行員になりたい方は最適と言えるでしょう。

また、この検定で身に着けた知識は自営業の経理や確定申告などの際にも役立つことから、フリーランスを目指している方にも大変人気の資格となっています。

簿記検定の教材はこちらから

5. 初任者研修

受講・検定料金 48,950円(税込)
メリット 就職難になりづらく需要が高い

初任者研修(旧ホームヘルパー)は、長寿大国日本において深刻な人手不足の状況であるため、これからますます需要が求められる職業です。

介護職の資格には大きく分けて4種類に分けられますが、旧ホームヘルパー2級に相当する「介護職員初任者研修」は、最短2週間ほどで取得できる資格なので、就職先を探している方やキャリアップを図っている方にはおすすめです。

数年前までは30時間の実習が義務付けられていましたが、現在では廃止され、その分をスクーリングの授業を受けることでカバーできるようになりました。

自宅学習とスクーリングのカリキュラムを組みわせることもでき、全カリキュラムが終了した時点で1時間の筆記試験を受け合否が発表されます。

また、この初任者研修は、国家資格ではなく厚生省が認定する公的資格であり、9割を超える合格率の資格なので、介護補助などの仕事に就いている人や、カリキュラムを真面目に取り組んでいる人には比較的簡単に取得できるおすすめの資格と言えるでしょう。

初任者研修合格を目指すなら

6. 医療事務

検定料金 7,700円(税込)
メリット 即戦力として採用されやすい

医療事務は平日の決まった時間に出勤することができる点に加え、比較的安定した給与という観点から子供を持つ女性に人気が高い職業です。

そのため、医療事務は女性が従事するイメージを抱きやすいですが、実は男性でも活躍している方が多く存在しています。

この資格は通信教育を利用した学習者が多く、勉強期間としては平均して3ヶ月から4ヶ月、早いペースで1か月半ほどで取得する方もいるため短期間で取得できる資格と言えるでしょう。

また、医療事務の資格には4種類ありそのすべてが国家資格ではなく民間資格ですので、複数の機関や団体独自の試験を通じて資格取得することができます。

加えて、ほとんどの試験では教本やテキストなど参考資料の持ち込みが可能なため、受験勉強のような暗記は不要ですので比較的取得しやすい資格ではないでしょうか。

一口に医療事務といっても、診療報酬請求事務能力認定試験などのより高度な知識を必要とする試験では30%程度という低い合格率に対して、最も取りやすい医療事務認定実務者試験では60%~80%ほどの高い合格率であるため、資格をすぐに取りたい方は後者の取得を目指すと良いでしょう。

医療事務を取得するための通信講座の平均費用は6万円前後で、講座を提供する会社によって期間限定キャンペーンを行うこともありますので、じっくり見比べて自分に適切な講座を選ぶことがコツです。

医療事務講座を無料で資料請求

7. 調理師免許

検定料金 6,400円(東京都)
メリット 飲食店への就職で有利になる

調理師免許の取得方法は主に2通りです。

1つ目は、厚生労働大臣が定める学校や養成施設などで学び、卒業後にお住いの都道府県知事に申請する方法です。

これは、調理試験を受けずに調理免許を獲得できますが、実際に卒業していなければいけません。

2つ目の取得方法として、飲食店などで調理の実務経験を2年以上積み、年に2回程実施される試験を受けることです。

このやり方であれば、専門の学校を卒業せずとも調理師免許を誰でも取得することができます。

一方、アルバイトスタッフでも1日6時間以上かつ、週4日以上のシフトを入っていれば受験することが可能ですので、学生の方も狙えるでしょう。

調理師免許の試験の検定料は各都道府県によって異なります。

また、試験方式は四択方式のマークシートにて行われ6割以上の正解率で合格できますので、飲食店で実務経験を積みつつ独学で取得を目指すのも良いかもしれません。

調理師免許の取得方法はこちら

8. ITパスポート

検定料金 5,700円(税込)
メリット Webの基礎技術を学べる

ITパスポートは、PCの仕組みを基礎から理解して情報処理能力スキルを問う資格です。

まったくのパソコン初心者には難しい資格かもしれませんが、PCに関わるビジネスをしている人にとっては、比較的難易度の低い資格になります。

全都道府県でほぼ毎月試験があり、試験会場によっては1日3回試験を開催している所もあります。

本格的なエンジニアを目指す人にとって、ITパスポートだけではスキル証明になりませんが、Web技術の基礎的な内容であるためPCを扱う事務職に就きたい人にはおすすめです。

専用のスクールや講座もありますが独学で勉強して取得する人も多く、参考書や問題集などは書店で売られているので、必ずしもスクールに通う必要はありません。

ITパスポートの試験はパソコンで行われ、120分で100問の四択問題を解いていく形式になり、1000点満点中600点以上を取れれば合格です。

一見難しそうに思えますが、合格率は初めてIT知識を習得する人で5割程度ですので、実務経験がある人の合格率はさらに高くなるでしょう。

ITパスポートは昨今のセキュリティ事情をはじめとして、メールの仕組みやデータベースとは何か、さらには工数管理や費用等のマネジメント、経営戦略と言った社会人にとって必要な知識を幅広く学習することが出来ます。

出典:高校生でも取れる!簡単な資格ランキング7!就職にももちろん繋がる!|しかくのいろは
しかくのいろは様では高校生からでも取得可能な資格が紹介されていますのでこちらも是非参考にしてみてください。

ITパスポートに挑戦してみる!

9. ジュニアスポーツ指導員

検定料金 10,800 円(税込)
メリット 適切なスポーツ指導ができる

子供と触れ合うことが好きな人・教えることが好きな人・運動神経に自信がある人は、ジュニアスポーツ指導員の資格もおすすめです。

ジュニアスポーツ指導員とは、子供たちの運動遊びやスポーツを通して健康な心と身体の成長を促す職業で、日本スポーツ協会などが中心となり専門のカリキュラムが組まれている民間資格です。

ジュニアスポーツ指導員の合格率は90%以上と比較的高く、しっかりと学習して試験に備えれば簡単に取れる資格です。

共通科目の受講料金は19,800円ですが、専門科目の受講料金は消費税引き上げに伴い東会場と西会場で異なり、前者が21,600円、後者が22,000円となっています。

また、資格取得時に登録料として13,000円かかり、以後4年に一度更新する必要があります。(初回以降は10,000円)

最近では、ジュニアスポーツ指導者の認定資格を求める教室やジムも多いので、就職の幅が広がりやすく、やりがいのある資格だと言えるでしょう。

10. 甲種防火管理者

講習料金 8,000円(税込)
メリット 多くの業界で必要な存在になれる

甲種防火管理者とは、多数の人が利用する建物などで火災による被害を最小限に防止するための責任を担う立場の人で、国家資格であるこの資格には、国家試験が存在せず講習を受けるだけで簡単に取得することができます。

飲食店に限らず、全ての施設で必ず一人は常駐していないといけない立場の資格ですので、どの業界においても重宝されるでしょう。

この資格は各都道府県ごとの消防署が中心となって管理しており、受講料とは別に教材を購入する必要がありますが、2日間の講習と簡単な修了試験を受けるだけで取れるので、すぐに何か資格がほしい方には最適です。

医師や弁護士などの業務独占資格から必ず必要になる必置資格など資格を取る目的は様々です。日本には1,000以上の資格があるのですが、その中には『その変わった資格を取得して何か役に立つの?』『就活に役立つの?』などのちょっと変わった面白い資格も沢山あります。今回はそんなちょっと変わった面白い資格を国家資格から簡単な検定まで一覧にランキングで紹介していきます!国家資格を目指しているあなたに朗報!国家資格の情報はコチラ!国家資格の取得を目指している皆さん、資格取得の勉強って、どのようにやっていますか?学校...
就職を有利に進めるには資格取得が欠かせません。今回は、就職で役立つ大学生に人気の資格を15個ご紹介します。資格にはIT系や英語系など色々なものがあります。ぜひなりたい職業に合ったものを見つけてみてください。

比較的簡単に取れて就職に強い資格ランキングのまとめ

今回は、短期間で取得できる簡単な資格を中心にご紹介してきました。

しかし、一口に簡単と言っても資格により難易度は様々であり基礎知識を求められることが多いので、しっかりと計画を立てて学習を進めるようにしましょう。

通信講座を受講して独学するほかに、資格取得者に勉強方法やコツなどを尋ねることで試験の出題ポイントや傾向などといった生のアドバイスを得られるかもしれません。

資格はあくまでも手段であり目的ではありませんので、就職や転職のために資格取得を目指す方は闇雲に取るのではなく、希望業種に適しているのか吟味することをおすすめします。

何かを始めてみたい方や将来を見据えている方などは時間を有効活用して、ぜひこの機会に資格取得を検討してみてはいかがでしょうか?

/div>
おすすめ記事

コメントを残す

*

*