トリマーになるには?仕事内容や資格難易度・合格率・年収など紹介!

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2020-08-19

トリマーは犬や猫などのペットを美しくする美容師。トリマーとはどんな仕事をするのか?資格試験の内容や難易度、合格率、気になる年収についてご紹介します。トリマーの現状や将来、独立についても触れていますので、ぜひ最後までご覧ください♪

       

トリマーは、犬や猫などの毛をカットしたり身だしなみを整えたりできる民間資格です。

近年のペットブームにより、愛犬や愛猫のトリミング需要が高まり、定期的にトリミングを行う飼い主が増えてきました。

そこで今回は、ペット分野で注目が高まる「トリマー」の仕事内容や資格難易度、合格率、気になる年収について総合的にご紹介していきます。

YouTubeではストーリー形式で紹介していますので合わせてご覧ください♪

トリマーとは?仕事内容について

トリマーになるには

トリマーとは、犬や猫などの毛をカット・シャンプー・爪切り・耳掃除といった身だしなみを整えるお仕事です。

トリマーにはペットの皮膚病予防などの健康管理を行う側面もあり、動物医療に関する知識も求められます。

また、飼い主の要望を聞きながら、場合によってはカラーをしたり飾りをつけたりして愛犬や愛猫をより魅力的に仕立てます。

トリマーのトリミングによって、本来ペットが持つ魅力が十二分に引き出されると愛犬や愛猫をはじめ、飼い主にとっても嬉しいものです。

そんな可愛らしい愛犬や愛猫を素敵に着飾れるのも、トリマーの醍醐味の1つでしょう。

トリマーとして働くために資格の取得は必要ありませんが、一般的にはトリマーの専門学校を卒業後、ペットショップなどに就職しトリマーになる方が多いです。

しかし、専門学校に通う時間がないという方には、時間コストを掛けずに場所の縛りがないかつ、費用を安く抑えた通信講座をおすすめます。

愛犬や愛猫をトリミングしたい主婦や社会人の方は「トリマー」の資料を無料請求できますので、一度ご覧になってみてください。

無料なので一括で資料請求するのがおすすめ♪

トリマーに向いている人って?

トリマーは、常に犬や猫といった動物と触れ合うため、動物が好きということは大前提となります。

また、お客様の要望に対して適切なアドバイスや新しい提案を加えることもトリマーに求められるスキルです。

見た目の可愛さももちろんですが、その動物の特性や体質をしっかり把握して適切なアドバイスができること、お客様が納得できる説明がしっかりできる人はトリマーに向いていると言えるでしょう。

トリマーは、次のような人におすすめです。

  • 動物と触れ合ったり、世話をすることが好き
  • 人と話すことや説明することが好き
  • 美味しく健康になりたい
  • ヘアースタイルの流行に敏感で好奇心が強い

トリマーの試験内容・難易度・合格率について

トリマーは、素人にはない特別な技術を駆使して、お客様の要望に応えていく職人です。

時には、指を嚙まれたり顔を引っかかれたりと、ケガに繋がるケースもあります。

そうしたトリマーになるための技術や、動物に対する知識を効率的に合格に必要な学習ができる「通信講座」で試験合格の可能性を高めましょう。

資料は無料で請求できますので、一括で取り寄せてご自身に合う通信講座を見つけてみてはいかがでしょうか。

▷▷トリマーの通信講座の詳細はコチラ!
資料請求も【無料で】申し込みが出来ます!

トリマーの試験内容

トリマーの資格試験は、多数の認定団体によって行われ試験内容もそれぞれ異なるのですが、一般的に筆記試験実技試験の2教科となります。

トリマーの専門学校で学んだ後、指定のカリキュラムを修了して試験に合格する場合もあれば、通信講座のカリキュラムを修了後、試験に合格する場合もありますので、各資料を取り寄せて一通り確認することをおすすめします。

また、メジャーな資格である日本キャリア教育技能検定協会(JCSA)の受験料は、5,400円日本ペット技能検定協会(JPLA)の受験料は、15,450円です。

それぞれ、認定団体によってトリマーのランクがA~Cであったり、3級~S級などに分かれており、就職先によっては資格のランクで収入に変動があるケースもありますので、随時更新受験を行うといいでしょう。

トリマーの資格難易度

トリマーの難易度は低く、専門学校や通信通学等で学んだ内容をしっかり理解することで十分取得することができる資格となります。

また養成学校で取得できるのは、あくまでも初級の資格であることが多いようです。

トリマーの資格はその技能のレベルによってランク分けされていますが、どれも勉強と練習をしっかりと行えば合格することができるでしょう。

トリマーの資格合格率

トリマー資格取得試験の合格率は、例年90%以上と非常に高い確率で合格しています。

ですが、この高い合格率も専門学校や通信教育にて専門知識や技能を勉強したことによるものです。

トリマーになるための技術や、動物に対する知識を効率的に合格に必要な学習ができる「通信講座」で試験合格の可能性を高めましょう。

資料は無料で請求できますので、まずは一括で取り寄せてご自身に合う通信講座を見つけてみてください。

無料なので一括で資料請求するのがおすすめ♪

トリマーの年収・将来性・独立について

ペットブームの波に乗って、ペット向けに新しいビジネスは続々と誕生しています。

ペットも人間と同じような水準で美容や健康に気を遣い生活することが珍しくなくなり、トリマーの需要も増々高まるでしょう。

ここでは、トリマーの年収や給料の相場、現状と将来性、独立について説明していきます。

トリマーの年収・給料相場

トリマーの給料は、地域によっても変わりますが、正社員の場合で月に14万~20万円ほどです。

年収ですと約180万円~500万円ともらえる給料額に幅が見られます。

トリマーは個人経営の店に雇われることが多いため、福利厚生が整っていない、収入が不安定というケースも中にはあります。

また下積み期間がある場合が多く、その場合は他の仕事よりも安い給料での生活を強いられるので、好きだけでは続けられないことも多いようです。

トリマーの現状と将来性

今後、少子高齢化がさらに進む中で、ペットをわが子・わが孫同然に育てようとする家族も多いことから、トリマーの役割はますます大きくなっていくと考えられます。

また、ペットと暮らす人の数が増えているので、トリマーの需要も期待できます。

ペットは家族と同じであるという考え方が定着してきているので、その分動物をケアする資格が注目を集めています。

ただしペットと言っても犬や猫などだけではないので、 ペットショップ・動物病院・ペットホテルなどではそれ以外のペット(魚類・鳥類・爬虫類など)も扱うことがあります。

ペット産業全般としてはまだ発展の余地がある分野と考えられますが、トリマーの仕事だけを単独で考えるのではなく、ペットショップやペットホテルなどの広い範囲のサービス業としてとらえる方が将来性が高いと思われます。

トリマーの独立

トリマーの資格を持ち、ある程度経験を積んで固定客を持てるようになると、独立し自分のお店を開いたり、フリーランスとして活躍したりするトリマーもいます。

ですが店でトリミング以外のサービスを提供しようと思った時には、新たな資格が必要になる場合があります。

ペットショップのように動物を販売したり預かったりするためには、都道府県に「動物取扱業」の登録をしなければいけませんで、詳しくは各都道府県の公式HPを確認してみると良いでしょう。

トリマーになるには?仕事内容や資格難易度・合格率・年収|まとめ

トリマーは、犬や猫などの毛をカット・シャンプー・爪切り・耳掃除といった身だしなみを整えるお仕事です。

「愛犬や愛猫を自分でトリミングしたい!」と思っている主婦や社会人の方は、通信講座で資格取得を目指すのがおすすめです!

また、動物医療に関する知識も学べるため、愛犬や愛猫の皮膚や毛の状態で体調変化をチェックできるようになる点も資格取得の魅力となるでしょう。

今後さらにペット業界は拡大していくことが予想されるので、今のうちに手に職を付けておくのも良いかもしれません♪

専門学校に通う時間がないという方には、時間コストを掛けずに場所の縛りがなく費用を安く抑えた通信講座で資格を取得してみませんか?

無料なので一括で資料請求するのがおすすめ♪

おすすめ記事

コメントを残す

*

*