掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

行政書士試験が難しすぎるという噂を徹底検証!独学は可能?

更新日:2022-06-20

数かる資格の中でも目指す方の多い行政書士試験ですが、受験者からは「合格が難しすぎる!」との声が続出しています。

試験では法律知識などが問われることは有名なものの、その実際のレベル感はどの程度なのか知らない方も多いはずです。

そこで今回は、行政書士試験が難しいとされる理由やその実態などをまとめてご紹介します!

最後には合格にグッと近づける通信講座もご紹介しているため、ぜひご覧ください!

合格までの最短ルート! 行政書士試験対策ならアガルート

行政書士を取り巻く現状について

行政書士試験 難しすぎる

まずは、行政書士試験に関する現在の状況をまとめてご紹介します。

より詳しい情報は、リンクから別の記事をご参照ください!

ここ最近の合格率は?

まずは行政書士試験の最新の合格率をご紹介します。

年度 受験者数 合格者数 合格率
R3年 47,870人 5,353人 11.18%
R2年 41,681人 4,470人 10.7%
R1年 39,821人 4,571人 11.5%

ご覧のように、試験の合格率は10%前後と非常に低い水準で推移しています。

過去には一桁代の合格率だった年度も存在しており、また毎年受験者も増加していることからライバルは今後増え続けるでしょう。

行政書士試験の合格率などについてのより詳細な情報は、こちらの記事からご確認いただけます。

行政書士試験について

合格率以外の情報として、行政書士試験には受験資格は存在しません。

誰でも平等にチャレンジすることができ、選択式の問題と記述式の問題から6割正解すれば合格する事が可能です。

ただ後述するように試験範囲が広く膨大な知識量が問われることでも知られており、それ故に合格率が低くなっています。

行政書士は間違いなく難関資格

総じて言えば、行政書士試験は間違いなく難関の試験と言えるでしょう。

受験を目指してまずは独学で学習を始める方も多いようですが、インターネット上では「行政書士試験は難しすぎる!」という声が続出しているようです。

といっても行政書士試験の合格はキャリア的にも大きなチャンスであり、難しいからという理由で諦めてしまうのは早計とも言えます。

まずは、難しすぎるとされる理由を解き明かしてみましょう。

行政書士試験が難しすぎる理由

行政書士試験 難しすぎる

実際に試験を受験した方々の意見を参考に「行政書士試験が難しすぎる」と言われる背景を調査しました。

今から対策を始めようとしていた方は、必見の内容となっておりますのでお見逃しなく!

①:幅広い法律知識が問われる

真っ先に挙げられるのは、膨大すぎる試験範囲でしょう。

◯行政書士の業務に関し必要な法令等
~憲法、行政法、民法、商法及び基礎法学並びに試験年度の4/1までに施行されている法令について

◯行政書士の業務に関連する一般知識等
~政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

引用:一般財団法人 行政書士試験研究センター

ご覧のように、本気で合格を狙う場合は綿密な学習計画の元で試験範囲を網羅する必要があります。

こちらの方がおっしゃっているように、学習していない範囲がある状態で試験に臨むのは不安ですよね…。

広すぎる試験範囲は間違いなく、受験者にとっての最初の篩になっているといっても過言ではありません。

②:合格を阻む記述式試験

行政書士試験では、初学者を惑わせる出題形式が難しいポイントとされています。

というのも最悪運で点数が取れてしまう選択問題に加えて、法律に関する記述式問題が出題されるのです。

記述式の問題は独学での学習はかなり危険とされており、点数を上げるには第三者からに採点してもらうのが一番有効です。

また変な癖がついてしまうとそれを直すのも難しいため、行政書士試験の難易度を上げている理由と言えます。

③:足切りラインの存在

受験者数の増加によって年々緊張感が増している行政書士試験には、一定以上の点数を取らないと不合格となる足切りのシステムが存在します。

詳しくご紹介すると、法律科目で50%以上、一般知識等科目で40%取れないと全体で6割取れていた場合でも不合格となるのです。

これによって所謂捨て問を作ることは難しくなっており、広い範囲の勉強がマストとなっているのが行政書士試験の現状となっています。

上記のような理由を見れば「難しすぎる」という意見も納得の行政書士試験ですが、本気で合格を狙うためにはどのような勉強法が有効なのでしょうか。

本気合格を目指すなら通信講座

結論から言えば、本気で合格を狙う方は通信講座を活用するのが間違いなくおすすめです。

独学で勉強を進める場合は学習計画や教材を決める部分で時間を使ってしまうことも多く、そういった無駄を一切排除できるのは大きな魅力ではないでしょうか。

また予備校によっては受講生の合格率を公表しているところもあり、信頼できる実績があるのは安心です。

ここからは、数々の行政書士講座を吟味した中でダントツでおすすめのアガルートのカリキュラムをご紹介します!

資格広場一押しの通信講座! 本気の試験対策ならアガルートの通信講座

合格するならアガルートの「行政書士試験講座」

行政書士試験 難しすぎる

アガルートは近年受講者が急増している資格講座で、信頼できる実績も伴ったトップレベルの指導を受けることが可能です。

「講座を受講してみたいけど何がいいかわからない」という方もぜひご覧ください!

全国平均を大きく超える46.15%の合格力

行政書士試験 難しすぎる

アガルートの講座は、令和3年度の本試験で全国平均の4.13倍である46.15%もの方が合格を掴み取っています。

これはアガルートの講座の完成度の高さが影響しており、講師は元LEC講師の豊村圭太講師が担当してます。

加えてカリキュラムや教材は講師自らが考え抜いたものを使用しているため、講座の質が他の予備校とは段違いなのです。

カリキュラム自体も法学の学習度合いに合わせて「入門総合」「中上級総合」「上級総合」が用意されており、初学者の方でも安心して学習を開始できます!

超充実の合格特典

行政書士試験 難しすぎる

合格率公表についで非常に珍しい特徴として、アガルートではかなり充実した合格特典が存在しています。

その内容は画像の通りお祝い金5万円全額返金という破格の内容となっており、一発で合格できれば実質タダで講座を受講できるようなものです。

ただ出演者インタビューへの出演など諸条件も存在するため、もしこの制度を利用する予定の方は公式サイトで詳細をご確認しておくことをお勧めします!

脅威の出題カバー率と受講生サポート

行政書士試験 難しすぎる

魅力的なポイントはそれだけではなく、令和3年度試験では93.48%もの出題をカバーしていました。

こればかりは講師の力量としか言いようがなく、どれだけ試験に精通した指導が受けられるかはこの数値を見れば一目瞭然です。

加えて受講生サポートも万全であり、専用のFacebookグループで24時間いつでも質問をすることができます。

このように魅力が満点のアガルートの講座を「ちょっと気になるかも…」と思った方は、ぜひこちらから詳細をお確かめください!

驚きの合格率46.15%! 行政書士を目指すならアガルートで決まり

まとめ|行政書士試験が難しすぎるの真実

今回は、聞くことの多い「行政書士試験が難しすぎる」という声の実態を調査しました。

その意見は概ね真実であり、幅広い法律知識や点数に厳格な記述式の問題は独学での対策は困難であるようです。

また最近では優れた通信講座も増えており、中でもアガルートの「行政書士試験講座」はかなりメリットの多い講座となっています。

少しでも気になった方は、こちらから行政書士試験対策をスタートしてみてはいかがでしょうか!

合格までの最短ルート! 行政書士試験対策ならアガルート
キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*