掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

弁護士と年齢の関係はある?年齢制限や就職との関係を詳しく紹介!

更新日:2022-07-16

弁護士は法の専門家として活躍する非常に難易度が高い仕事、資格となっています。

テレビやドラマで弁護士が活躍する姿から弁護士に憧れている方も多くいらっしゃりますよね。

弁護士資格には年齢の制限があるのでしょうか?

今回の記事では弁護士資格の仕事内容や、年齢制限、就職と年齢の関係などについて詳しく紹介して行きます。

弁護士の仕事内容は?

弁護士 年齢

弁護士の仕事内容についてしっかり理解していない人もいらっしゃるかもしれません。

最初に弁護士の主な仕事内容や、概要について紹介していきます。

弁護士の主な仕事内容は?

弁護士の仕事内容は法律相談でのアドバイス・法律関する書面の作成・裁判手続きを行うなど弁護士の仕事内容は多岐に渡ります。

裁判で活躍するイメージが強いですが、それ以外にも多くの活動を行っているようですね。

この紹介した業務内容はあくまで1部なので他にも弁護士の仕事はたくさん存在します。

弁護士のやりがいは?

弁護士には仕事にどんなやりがいを感じているのでしょうか?

やりがいの多くは困っている人を助けることが出来るというもので、弁護士は様々な環境に置かれている方々を法的視点から解決していきます。

実際に助けられることができれば、依頼者はもちろん弁護士も嬉しさからやりがいを感じます。

弁護士資格を取ることのメリットは?

弁護士資格を取得することのメリットは弁護士資格を保有することで業務内容の幅が広がるということです。

弁護士は社労士・弁理士・税理士・司法書士・行政書士・海事補佐のこれらの仕事を全て行うことが出来ます。

このように、弁護士資格1つで6つの国家資格を取得したことになるので、弁護士の凄さや、メリットが分かります。

弁護士と年齢の関係は?

弁護士 年齢

次に本題の弁護士と年齢の関係性について見て行きます。

弁護士と年齢にはどんな関係があるのでしょうか?

弁護士に年齢制限はある?

弁護士自体に年齢制限は一切ありませんが、司法試験の受験回数の制限はあります。

就職活動を考えるなら弁護士資格の取得は30代までが目安となっていますが、弁護士資格保有者の年齢層は高く30代でも若手として扱われます。

あくまで30代までが目安というまでで、30代を過ぎて取得しても遅いことはありません。

中には40代、50代で弁護士資格を取得する方も存在するので、年齢は関係ないと言えます。

弁護士の就職と年齢は関係ある?

弁護士資格は年齢制限がなく、いつでも取得することができますが、弁護士になった年齢と就職にはどのような関係があるのでしょうか?

それは、年齢が若ければ若いほど大規模な企業に対しては有利に働きますが、大規模では無い中小規模の企業であれば年をある程度歳を取っている方が就職しやすくなると言われています。

しかし、弁護士資格はどの年齢でとっても優秀な資格なので就職に困ることはほとんどありません。

高年齢で弁護士になった場合

弁護士資格をもし高年齢で取得した場合の注意点は何があるのでしょうか?

注意点としては、どんなに高年齢で取得しても弁護士としては新人となるので、年齢相応の対応が無い可能性があります。

自分の年齢と対応に乖離があっても、弁護士としての経験が浅いのでしっかり受け入れるようにしましょう。

弁護士になるには?

弁護士 年齢

次に弁護士になる方法について紹介していきますが、弁護士になる方法としては「法科大学院修了」もしくは「予備試験合格」の2種類が存在します。

それらの方法について詳しく紹介していきます。

司法試験合格が絶対条件

弁護士になるためには司法試験に合格することが絶対条件となっています。

また、司法試験をうけるために厳しい課程を踏まなければなりません。

司法試験の受験資格を得るルートは2つ存在します。

法科大学院を卒業する

司法試験の受験資格を得る方法として、1つ目は法科大学院を卒業することです。

しかし、法科大学院に入学出来る環境にある人はあまりいないので、このルートは入学するする余裕がある人には向いています。

仕事しながら合格を目指す社会人などで、法科大学院入学にこだわりたい方は夜間で通えるところもあるので、そちらがおすすめです。

予備試験に合格する

2つ目は予備試験に合格して司法試験の受験資格を得る方法です。

予備試験は受験に制限が無いので、社会人や学生でも誰でも受験することが出来る利点がありますが、予備試験は合格率が3~4%と非常に難易度が高くなっています。

しかし、法科大学院コースの受験生よりも予備試験から司法試験を受けた受験生の方が合格率が圧倒的に高くなっている特徴があります。

高年齢で弁護士資格を取得しようとしている方は予備試験からの司法試験の受験がおすすめです。

こちらの記事もおすすめ!
社会人が予備試験・司法試験に合格する勉強時間の平均や勉強方法を解説

司法試験に突破するならアガルート

弁護士 年齢

弁護士資格を取得するには司法試験を突破するのが絶対条件ですが、司法試験受けるには法科大学院を卒業するか、予備試験を合格しなければなりません。

しかし、すでに仕事をされている方などは、法科大学院に通うほどの時間はないでしょう。

そんな方は予備試験を介しての司法試験の受験となりますが、予備試験も非常に難易度が高い試験となっています。

予備試験に万全の対策をとり、司法試験合格まで目指したい方はアガルートアカデミーがオススメ!

最後に、アガルートアカデミーの通信講座をご紹介いたします。

年齢に関係なく、忙しくても受講できるカリキュラム

アガルートは通信講座であるため通学の必要がなく、自分の学習したい時にいつでも学習できます。

1講義の時間は30分程度で、PDFテキストも用意されているため通勤・通学中や就寝前、休憩の合間など日常のちょっとした時間が学習時間となります

後ほど詳しく紹介しますが、「最短合格カリキュラム」のコーチングオプションは週に20時間以上の学習時間を確保できることが受講の目安となっています。

通勤・通学の1時間と就寝前に1時間、土・日にはそれぞれ5時間の学習時間を確保すれば週20時間の学習となるため、仕事や学業が忙しい方でも無理なく受講できるでしょう。

社会人合格者も多数の合格実績

さらに、アガルートでは業界トップクラスの合格率を誇っています。

司法試験においては、司法試験合格者の47.8%がアガルート通信講座の受講者となっています。

これは、司法試験合格者のうち、およそ2人に1人がアガルートを利用したことになります。

また、予備試験においても全国平均が3~4%のところをアガルートのマネージメントオプション利用者の合格率が約20%と驚異の合格率を誇っています。

合格者の声として社会人の声も多数掲載されているため、アガルートの講座なら年齢に関係なく司法試験合格は目指せることが分かります。

手厚いサポート体制で1人にならない

アガルートは司法試験・予備試験に対して確実に合格に近づけるために手厚いサポート体制が取られています。

基本のプランでも無料で何回でも使える質問制度や、約100通の添削、よくある悩みや学習方法をまとめたホームルームが配信されるなど充実したフォローが受けられます。

さらにコーチングオプションでは進捗管理や課題添削が受けられ、マネージメントオプションならプロ講師による個別指導が受けられます。

これほどのサポートを用意している通信講座は他にないため、対人サポートで安心して学習したい方はアガルートを受講するべきでしょう。

学生でも社会人でも誰でも! 司法試験・予備試験対策こちらから!

予備試験最短合格カリキュラム

アガルートで現在開講している「予備試験最短合格カリキュラム」は、合格までに必要な全ての情報が詰まったパックとなっていて、これ1つで予備試験最短合格を目指せます。

司法試験・予備試験対策講座の相場は100万円と言われていますが、オプションのつかない基本プランは80万円を切りかなりお安く受講できます

基本プランは週に15時間以上の時間を確保できる方向けのカリキュラムとなっていて、指導を受ける余裕のない方はこちらのプランがいいでしょう。

予備試験最短合格カリキュラムの詳細
最短合格カリキュラム コーチングオプション マネージメントオプション
講座内容
(*はオンライン添削有)
総合講義300
論文答案の「書き方」*
重要問題習得講座*
予備試験 論文過去問解析講座
旧司法試験 論文過去問解析講座
短答知識完成講座 短答過去問解説講座Ⅰ
短答過去問解説講座Ⅱ
法律実務基礎科目対策講座
一般教養科目対策講座
選択科目対策講座
予備試験答練*
法律実務基礎科目答練*
論証集の「使い方」
共通サポート オリジナルフルカラーテキスト
音声DL
100通程度の添削
月1回のホームルーム配信
facebookグループ質問制度
オプション 指導主体 × 司法試験合格者
(担任制)
アガルートプロ講師
(非担任制)
指導ペース 30分/隔週 60分/毎週
添削通数 約40通 約150通
個別課題添削通数 1通(4枚答案) 原則2通
オンライン添削
進捗管理
×
コーチング
ティーチング ×
オンライン
チューター利用
×
ラウンジ自習室利用
指導方法 オンライン指導 オンライン指導
ラウンジ指導
「アガルートの司法試験・
予備試験総合講義1問1答」
7科目セット
サポート期間 2023年1月〜
2024年7月末
2022年10月〜
2024年7月末
講座料金 768,460円(税込) 1,384,460円(税込) 3,958,460円(税込)

コーチングオプションでカリキュラムとしっかり向き合う

コーチングオプションは司法試験合格者による学習の進捗管理や課題、添削などが受けられるようになります。

膨大な試験範囲の予備試験は1人でスケジュール管理をするのが難しく、学習の目標を間違えるとそれだけで合格が遠ざかります。

隔週30分のコーチングにより学習に迷うことがなく、カリキュラムをしっかり消化することができます。

ラウンジを自習室として使用もできるため、継続して学習時間を確保でき、どんどん学習を進めていきたい方はコーチングオプションを選ぶと良いでしょう。

合格特典で司法試験にも対策が取れる

アガルート 合格特典

アガルートの「予備試験最短合格カリキュラム」を受講して、見事予備試験合格を果たすと司法試験対策講座に使える20万円分のポイントがもらえます。

司法試験講座はアガルートが指定したものとなりますので、その時の出題傾向などに合わせて必要な講座が選ばれることでしょう。

また、予備試験の論文式試験に合格した時点では口述模試を受けることもできます。

「予備試験最短合格カリキュラム」なら、本当にこれ一つで司法試験合格まで目指すことができるでしょう。

司法試験もアガルートで対策! アガルート公式HPはこちら

弁護士の年齢|まとめ

いかがだったでしょうか?今回は弁護士の概要や弁護士の年齢の関係性について紹介してきました。

弁護士には特に年齢制限はなく、取得するのは若ければ若いほど良いですが、特に年齢による差はほとんど生まれなく逆にある程度を年を取っている方が有利だったりもします。

しかし、司法試験を知識0から突破しようと思うと非常に厳しいので、通信講座の利用をおすすめします。

アガルート通信講座は司法試験・予備試験に対して妥協しないカリキュラムが組まれており、その取り組みから高い合格実績を残しています。

何歳からでも弁護士を目指すことは可能ですので、ぜひアガルートで目指してみてはいかがでしょうか?

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*