資格広場資格広場

         掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

スタディングで司法書士!合格率や実際の口コミ、勉強スケジュールは?

masman

by tsuka

更新日:2021-08-27

司法書士試験の合格率は4%と狭き門。司法書士になるために必要な勉強時間は3000時間ともいわれております。ここでは、実際スタディングで行政書士に合格することはできるのか?についてご紹介します。業界最安値の受講料と内容の充実をみると、最もコスパの高い講座です。司法書士を短期間で合格したい方は必見です。

       

資格取得オンライン通信予備校を考えているという方は『スタディング』を目にしたこともあるのではないでしょうか。

CMも放送され、近年さらに知名度を上げてきているオンライン予備校です。

受験料が大手資格予備校の3分の1以下、隙間時間にスマホで勉強ができるなど
よい評判が多いですが

実際にスタディングで勉強して司法書士に合格できるのか気になりますよね。

今回は、スタディングの合格率や実際の口コミ、勉強スケジュールについてもご紹介します。

スタディングとはどんな予備校?

司法書士

スタディングは、2008年にサービスを開始し今年で13年になるオンライン通信講座です。

スマホ一つで学べる画期的なオンライン学習システムが口コミで評判になり、2020年には登録者が9万人を突破し、さらに増加中の人気を集めている資格講座です。

スキマ時間を活用できるオンライン講座

旧来の資格勉強は、資格スクールに通学したり、参考書で勉強するのが一般的でした。

一方で、「教室に通えない」「テキストだけではわかりにくい」「受講料が高い」という声があり、

スタディングはそういった悩みを解決するオンライン講座として、
いつでも学習でき、わかりやすい動画で、安価に受講できる予備校として支持を集めています。

スタディングが対象とするのは、司法書士試験をはじめとする難関資格の対策講座です。

難関資格をスキマ時間にスマホで学習したいという社会人には人気が高く、その圧倒的な安さと手軽さから受講者の数も伸び続けています。

スタディング司法書士講座はこんな人にオススメ!

スタディングは、難関資格試験に独学合格を目指す方にオススメです。

スタディングの司法書士講座は、短期間で合格した人々の勉強法を徹底的に研究し、
誰でも短期間で合格できるように開発された講座です。

「誰でも」合格できる秘訣は、スタディング独自開発の『AI学習プラン』にあります。

これは、AIが受講者一人ひとりに最適な学習プランを立ててくれるというもので、さらに、

勉強時間を増やした場合の合格率をシミュレーションすることもできます。

スタディング司法書士講座はこんな人にオススメ!

  • スキマ時間を資格試験の勉強に充てて合格したい人
  • 通学型の予備校に通えない人
  • 短期間で合格を目指す人
  • 勉強計画を立てるのが苦手な人

  • 司法書士とは?|業務の魅力と試験の仕組み

    司法書士資格取得の難易度は?試験情報・報酬相場を徹底分析

    スタディング│司法書士講座のメリット

    通信講座

    スタディング司法書士講座のメリットについて、他の大手予備校や通信講座と比較しながらご紹介します。

    スマホだけで学習が完結する

    スタディングの一番の強みは、スマホさえあれば参考書や筆記用具などが必要なく、
    インプット→アウトプットまでの流れがスムーズであることです。

    短期間での資格合格を目指すためにはインプットも必要ですが、確実に問題が正解できるようになるための十分なアウトプットが必要不可欠です。

    大手予備校や他の通信講座ではテキストの質や講義の分かりやすさを重視しているところもありますが、インプットの質だけが高くても、自分で解けるようになっていなければ合格することはできません。

    それに比べ、スタディングは、問題演習を中心とするアウトプットに重点を置き、集中的に繰り返すことで記憶に定着させます。

    インプット→アウトプットまでの流れをスムーズにし、従来型の紙ベースの教材よりも効率的に学べるようになっているのがスタディングの良さです。

    スタディング│学習機能一覧はこちら

    圧倒的に安い授業料

    他の資格予備校の金額と比較してみましょう。

  • スタディング 99,000円(税込)
  • 資格スクエア 198,000円(税込)
  • クレアール 340,000円(税込)
  • 伊藤塾 476,000円(税込)
  • LEC東京リーガルマインド 559,450円(税込)
  • 他の予備校と比較すると分かるのですが、スタディングの司法書士講座は授業料が業界最安値となっています。

    講義スライドがわかりやすい

    スタディングでは、講義スライドが分かりやすいと評判です。


    他の通信講座では、担当教師の手元にカメラが置かれており、テキストに書き込む様子を映しながら講義が進むパターンが多かったりしますが、
    スタディングでは、講師が大きなモニターを使って講義をします。

    アニメーションを用いることで視覚的にインプットされ、静止画に比べて理解のスピードが早くなります。

    司法書士講座の選べる3コース

    スタディングの司法書士講座は3コースあります。

  • 司法書士総合コース 「合格コース」+「記述式コース」
  • 司法書士合格コース「合格コース」のみ
  • 司法書士講座各コース (以前の対象講座を既にお持ちの方)

  • 「合格コース」とは、基礎・択一式・雛形学習を中心に学ぶコースで、
    「記述式コース」とは、実戦的な記述式解法を学ぶコースです。

    『司法書士総合コース』は、初学者におすすめのコースで、基礎から合格レベルまで一貫して学習が進められるのがポイントです。

    『司法書士合格コース』は、基礎学習と択一式対策を中心に学習したい方におすすめで、大手予備校に通う前にする事前学習といった使い方も可能です。

    『司法書士講座各コース』は、以前コースを購入した方を対象にした更新版となっています。

    司法書士コース一覧はこちら から確認できます

    スタディング│司法書士講座のデメリット

    ここでは、スタディング司法書士講座のデメリットについて紹介します。

    人によってデメリットと感じない点もありますが、受講しようと思っている方は参考にしてみてください。

    質問対応サービスがない

    スタディングのデメリットの1つ目は、質問対応サービスがないという点です。

    司法書士講座では講義内容に関して質問することができません。

    難易度が高い司法書士試験の学習過程で、質問をすることができないのは不安に思う方もいるかもしれませんが、
    講座やテキストがかなり分かりやすく噛み砕いて説明されているため、質問が必要な機会はかなり少ないと言われています。

    また、質問が生まれやすい記述の回答については、添削指導もついているのであまり困ることはなさそうです。

    ※記述式回答の添削は、司法書士総合コースのみ

    キャッシュバック制度が少額

    資格予備校や通信講座の多くは、難関試験に合格すると「合格お祝い金」がもらえます。

    スタディングでもキャッシュバック制度がありますが合格お祝い金は10,000円で、他社と比べると少額です。

  • スタディング お祝い金10,000円
  • アガルート 支払金額全額返金+お祝い金30,000円
  • 資格スクエア 支払額返金80,000円~100,000円
  • クレアール 全額返金
  • 伊藤塾 なし
  • LEC東京リーガルマインド なし

  • 予備校によっては全額返金制度があるので、予備校を選ぶ際に合格特典も参考にしてみてください。

    冊子テキストが別売り

    スタディングでは、webテキストは授業料に組み込まれていますが、冊子版のテキストが欲しい場合はオプションとして別購入する必要があります。

    そのため、テキストに書き込みながら勉強したいという方にとっては、授業料+22,000円(税込)=121,000円になります。

    テキストを含めても業界最安値であることには変わりませんが、購入するか迷っている方は後から購入することが出来るので、テキストが必要だと感じたタイミングで買うといいでしょう。

    またwebテキストはPDFで提供されるため、必要な単元やページのみ自宅で印刷するという使い方もできそうです。

    スマホだと見づらいときがある

    問題演習によっては、スマホで表示すると見えにくい時があるというデメリットがあります。

    スマホ学習も一長一短で、テキストを持ち歩く必要はないけれど、スマホは表示できる面積に限りがあるので、拡大して見るのが面倒くさく感じてしまいます。

    スタディングは、タブレット端末での学習も対応しているので、持っているという方はタブレットで進めるのもおすすめです。

    スタディング|司法書士試験の合格者

    スタディングでは、実際の合格率を公表していないため、実績は分かりません。

    実績を公表しない理由として、スタディングはオンライン講座であり、通学する予備校のように全ての受講生から合否報告をもらっているわけではいからです。

    合格者数や合格率の公表はされておりませんが、スタディングの公式サイトから合格者の合格体験談が見ることができます。

    働きながら1年で合格しました

    働きながら1年で合格しました。80%の得点なら合格する可能性の高い試験なので、択一は午前午後7問ずつ間違えることを意識して戦略を組み立てました。この戦略と、要点を絞ったスタディングの講座は相性抜群です。
    また基礎講座がそのまま記述対策となっているものとお見受けしました。模試や答練も必要ありません。
    寝っ転がってダラダラ勉強できるのも魅力です。短期合格を目指すのであればこれ以上ない講座だと思います。(自営業)

    スタディングの司法書士講座では、解くべき問題や合格に必要な過去問の範囲が絞られています

    やみくもに勉強するのではなく、スタディングの司法書士講座では、解くべき問題や合格に必要な過去問の範囲が絞られています。
    なのでそれを信じて、用意された問題に取り組むだけで合格のために必要な力が鍛えられます。合格に必要な範囲の勉強を繰り返すことが合格への1番の近道です。(パート・アルバイト)

    よくあるご質問:スタディングの合格実績を教えてください
    スタディング 司法書士講座 合格者の声

    お得に受講できるキャンペーンや割引情報

    リクルート2

    スタディングでは、多数のキャンペーンや割引クーポンを行っています。

    キャンペーンには2つの種類があり、①常に実施されているもの②期間限定で登場するものがあります。

    スタディング│司法書士講座の割引情報

    常に実施されているキャンペーンは、「スキルアップ割引制度」というものです。

    これは、過去または現在スタディングの講座を受講していれば新たに講座を申し込む際に、受講料を割引されるという制度です。
    スタディングスキルアップ割引制度については、こちら からどうぞ。


    期間限定で登場するキャンペーンでは、受講料が割引になる、合格特典が増える、テキストがついてくるなどといった特典があります。

    現在司法書士講座で行われているキャンペーンは、冊子テキストがついて11,000円OFFというものです。
    スタディング司法書士講座のキャンペーン情報はこちら から確認できます。
    他にも開催中のキャンペーンは、キャンペーン一覧 から確認できるのでぜひチェックしてみてください。

    フリートライアルがある

    いくら他の資格講座と比べて安いからといって、スマホ学習やテキストが自分に合っているかどうか確かめたいですよね。

    スタディングでは、受講するかどうか決める前に、無料セミナーと無料講座を受講することができます。


    登録すると3時間分の無料講座が受けられるので、
    どんなものか見てみたいという方は、ぜひお試ししてみてください。


    再受講割引がある

    スタディング「司法書士コース」では再受講割引コースが提供されています。

    再受講割引とは、2021年度版以前(2018年~)に「司法書士総合コース」を購入した方
    であれば、32,890円で2022年度版への更新ができるというものです。


    司法書士は難易度も高いですが、とにかく出題範囲が広く、主要科目とマイナー科目の比重を考えて戦略的に勉強する計画性がポイントです。

    仕事をしながら司法書士を目指している方は、2年間を見込んで受講したり、いずれ予備校に通学して取得しようと考えている方は、まずは基礎を網羅するために使ったり、


    再受講割引があることで、とりあえずやってみよう!と挑戦できるのもスタディングの魅力です。


    スタディング司法書士講座の申し込み方法は?

    スタディングの申込み方法は、ネット申し込みとなっています。

    また、支払い方法については4種類から選ぶことができます。

    ・クレジットカード
    ・ペイジー支払
    ・コンビニ支払
    ・銀行振込
    ・ローン(分割払い)※ご利用条件があります
    ・後払い(こんど払い byGMO)

    スタディングだけで合格できるのか?

    実際に合格された人は、スタディングだけで合格しているのでしょうか?

    合格した人がスタディングをどのように活用していたのかについても見ていきましょう。


    合格されている方の勉強法を見てみると、スタディングをメイン教材として使いながら

    司法書士オートマチックシステム(通称、オートマ)というテキストを補助教材として使っている方が多いようです。

    ちなみに、13冊全部揃えると合計36,850‬円で、スタディング+オートマの併用だと、135,850円になります。

    スタディングを使った勉強スケジュール

    司法書士

    8:00  通勤中に、スマートフォンで、音声講座を聞いて学習。(1時間)
    9:00  仕事
    12:00 昼休みにスマートフォンを見て知識を整理。(30分)
    13:00 仕事
    16:30 移動時間に、スマートフォンで2倍速のビデオ講座を視聴して復讐。(30分)
    17:00 仕事
    19:00 帰りの電車で、スマートフォンで、過去問演習。(1時間)
    20:00 夕食・休憩
    22:00 自宅で過去問練習。復習モードで間違った問題を繰り返す。(1時間)

    このように、普段無意識のうちにスマホを触っている時間をスタディングに置き換えるだけで、合計4時間もの学習時間を確保できます。

    スタディングの講座時間は150時間なので、6か月で一通りの知識を得ることができます。

    スタディング|司法書士講座の口コミ・評判

    司法書士

    では、実際にスタディングの講座を受講している方の評判から、メリットを見ていきましょう。

    無駄のない講義動画

    スタディングの動画講座は、インプットの時間をかなり短縮できると好評です。

    スタディング『司法書士総合コース』の授業時間は150時間であり、
    講義動画の時間が短いことが特徴です。

    スタディングは講義動画が短い


    難関試験なのにこれで足りるの!?と不安に思う受講生もいらっしゃるようです。

    他の資格予備校と比較しても、

    ・スタディング 約150時間
    ・アガルート 約350時間
    ・LEC東京リーガルマインド 約390時間
    ・資格スクエア 約401時間
    ・Wセミナー 約462時間
    ・クレアール 約545時間
    ・伊藤塾 約510時間


    スタディング以外の6社が300時間以上あるのに対し、スタディングの講義時間は150時間と半分程度です。

    これに対しては「スタディングの講義は短すぎる」という口コミもありますが、

    続けやすさと分かりやすさにウェイトが置かれているからこそ短く設定されており、スタディングを使っているから合格できないということはありません。

    ・スタディングの講義は初学者が挫折しないように、モチベーションを維持できる受講時間になっている
    ・短い受講時間でも合格に必要な知識は盛り込まれている

    まとめ│スタディング司法書士講座

    今回は、スタディングの講座の特徴や料金、実際に受講した方々の口コミを紹介しました。

    スタディングの「司法書士講座」には、まとめると次のようになります。

    ・スタディングでは合格率を公開していない
    ・良くも悪くも講義時間が短く、試験科目の大枠を把握するには最適
    ・受講料が業界最安値の99,000円で、市販参考書を購入しても135,850円
    ・フリートライアルで、スマホ学習が自分に合っているかが確かめられる
    ・再受講割引もあるから、再チャレンジもしやすい
    ・1日4時間の勉強時間を確保できれば、6か月で一通りの知識がつく

    スタディングはとにかくお金をかけずに取得したい方、スキマ時間に効率よく勉強したい方、法律初学者で挫折せずに貫徹したい方にはオススメのオンライン講座です。

    また、スタディングは、リピーターが多いというのが特徴です。

    自分はスマホ学習に向いているのかな?と分からない方や忙しくて参考書を選んでいる時間がないというは、とりあえずフリートライアルで試してみることをお勧めします!


    おすすめ記事

    コメントを残す

    *

    *