掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

マンション管理士の難易度が難しすぎるって本当?その背景を徹底分析!

更新日:2022-08-17

マンション管理士は、高度な専門的知識を以て不動産管理を行うスペシャリストです。

2021年には国家資格にも認められており、最近では何かと聞くことの多い資格となっています。

ただSNS上だと「思ったより難しいかも…」「難しすぎて独学はきつい」といった声が多く見られました。

そこで今回はマンション管理士試験合格を目指すにあたって、実際の難易度感や有効な対策方法をご紹介します!

マンション管理士の難しさについて

マンション管理士 難しすぎる

そもそもマンション管理士の難易度は、数ある国家資格の中でもどの程度とされているのでしょうか。

またマンション管理士試験の難しさを他の資格と比較したりして、その難易度を詳細に把握していきましょう。

マンション管理士は難関資格

マンション管理士は、平成13年のマンション管理適正化推進法にともなって開始された国家資格で、運営管理は公益財団法人 マンション管理センターが行っています。

結論から言えば、マンション管理士資格は間違いなく難関資格です。

資格の概要に関しては下記の記事でご説明していますが、法令や建築など幅広い知識分野が問われる難関試験となっております。

またマンション管理士は将来性が高い資格としても知られており、取得することで独立開業まで視野に入れられる資格です。

人生を変えるキャリアアップの機会を探している方には絶好のチャンスとなっておりますので、この記事を読んで自分の可能性を広げましょう!

マンション管理士を他の資格と比較

事前の情報として、同領域のポピュラーな資格である宅建士と様々なポイントを比較してみました。

項目 マンション管理士 宅建士
平均合格率 7~8% 15~17%
必要学習時間 500時間 300~400時間
科目数 4科目 4科目

マンション管理士と宅建士の科目数は同じになっていますが、科目当たりの範囲・難易度はマンション管理士の方が上です。

そのため、マンション管理士試験はまごうことなく難関試験と言えます。

そのためインターネット上では「マンション管理士は難しすぎる!」といった声も多く聞こえますが、その理由として何が挙げられるのでしょうか。

マンション管理士の難易度が難しいとされる理由

マンション管理士 難しすぎる

合格率からも難関国家資格であることが伺われるマンション管理士ですが、その要因は何なのでしょうか。

難しすぎると言われる所以をご紹介します。

理由①:法律的な知識が問われる

マンション管理の専門家であるマンション管理士には、民放を始めとして借地借家法や不動産登記法など様々な法の知識を身につける必要があります。

今まで触れたことのない方であればかなりとっつきにくいのが法律であり、専門用語などの解釈にはかなり時間がかかるという声も多いのが現実です。

加えて訴訟や判例などのイメージも掴みにくく、難解な法学に独学で立ち向かうのはほぼ不可能に近いと言えるでしょう。

ただここでしっかりと知識を付ければ他の資格にもチャレンジする土台を作れるので、根気強く勉強を続けてみるのがおすすめです。

理由②:膨大な出題範囲

それに加えて、膨大な試験範囲も合格率を下げている原因となっています。

マンションの管理に関する法令及び実務、管理組合の運営の円滑化、マンションの建物および附属施設の構造及び設備、マンション管理適正化推進法などといった法律系の知識にプラスして、マンションの構造や設備、不動産慣例の会計などについても学ぶ必要があるのです。

それらの問題が四肢択一マークシート形式で出題され、合格率は8%前後と行政書士や社労士と肩を並べるくらいのものです。

事実この学習量を目前にして「ちょっと私には無理かも…」と怖気づいてしまう方も多くいらっしゃいます。

このように広範囲な出題がされるとなると効率的な勉強法で進めていかないと、合格は難しいかもしれません。

理由③:他資格と比較して受験資格がない

マンション管理士の受験者数は、似た業域の資格である宅地建物取引士や管理業務主任者などと比較して合格者が非常に少ないです。

そもそも受験者数から少なくなっており、これには実務経験がない若手には挑戦しづらいというイメージがあるためとされています。

ただ最近では資格を活かせる窓口も広がっており、この現状は近々代わってくるのではないのでしょうか。

少しでもキャリアアップや年収アップのチャンスを掴みたい方は、これからご紹介する理由からもぜひ挑戦してみるのがおすすめ!

マンション管理士の倍率・合格率の真実について

マンション管理士 難しすぎる

確か試験の難易度は高いようですが、その一方で倍率に関してはもっと楽観視できるとの意見が多く聞こえます。

というのも、マンション管理士は国家資格の中でも特殊な位置づけにあるためです。

マンション管理士には受験資格がない

マンション管理士試験には、国家資格ながらも司法試験のような受験資格がありません。

受験料の9,400円さえ支払えばだれでも受験できるので、中にはお試し受験のようなスタンスで受ける方もおり、必ずしも全ての受験者が本気で勉強してきている訳ではないのです。

こういった人の影響で合格率が低下しているというのも事実で、本来の合格率は多少楽観視できるのではないでしょうか。

また裏を返せば年齢や学歴などに捕らわれず受験できる国家資格がマンション管理士なので、まずは気軽に挑戦してみるのもいいかもしれません。

管理業務主任者との関係性

マンション管理士と同じ範囲の資格に、管理業務主任者という資格があります。

この資格に合格するとマンション管理士試験の一部が免除されるという制度が存在するため、まず管理業務主任者に挑戦する方が大半です。

加えてこの試験に合格した方がエスカレーター式でマンション管理士も受験するため、完全に対策できていない受験者層が暑くなっていしまっています

出題される問題の難易度が大きく変わると感じる方も多く、ダブル合格を狙うのであれば効率を重視した勉強法で学習を進めるのが必須です。

どうやって勉強すればよいのか?

試験の出題のバランスを見ると、50問のうち30問以上が法令分野と大きな割合を占めます。

一方の建築関連は難易度が高い割に出題数が少ないのが特徴。建築関連にムダに勉強時間を割くと失敗するので、法令分野で確実に点を取ることがポイント。

基本を覚える程度にセーブして、区分所有者、民法、マンション適正化法などを十分に理解しましょう。

最大効率で合格を目指せる通信講座を使おう!

冒頭でご紹介した合格率について実際にはもっと楽観視できる可能性も出てきたわけですが、それでもマンション管理士が難関資格であることは変わりありません。

おおおそ半年から1年程度の学習期間を要するのですが、独学や書店で買える教材だけで立ち向かうのはかなり分が悪いのが現実です。

そこで、資格広場では最短・最速で合格を目指せるアガルートの通信講座をおすすめしています。

メリット盛りだくさんの内容となっているため、ぜひ最後までごらんください!

マンション管理士合格を目指すならアガルート

マンション管理士 アガルート

ここからは、圧倒的な実績を誇っているアガルートのオンライン講座をご紹介します。

学習方法で迷っていた方にはまさに最適な内容ですので、お見逃しなく!

圧倒的な合格率を誇るカリキュラム

マンション管理士 アガルート

アガルートのと魅力として真っ先に挙げられるのが、全国平均の3.52倍である合格率34.9%という実績です。

講師を担当する不動産資格の「女王」工藤美香氏が直接手を加えた教材や、綿密に練りこまれた学習カリキュラムがこの数字を裏付けしています。

またアガルートは他社と比較して弁護士が多く在籍する法律に強い資格予備校のため、鬼門である法律部分の丁寧な指導に定評があるのです。

そもそも合格率を公表している講座自体が珍しく、アガルートの講座への自信が表れているといっても過言ではありません。

管理業務主任者とのダブル合格も狙える

アガルートでは管理業務主任者とのダブル受験プランも用意されており、管理業務主任者単体の合格率も51.8%と非常に高い水準です。

通常であれば管理業務主任者⇒マン管というルートで勉強を進めますが、アガルートであれば同時並行で一気に二つの資格の合格を狙うことが出来ます。

加えてアガルートでは現在お得なキャンペーンも実施しており、講座を購入すると簿記3級講座が無料でプレゼント!

資格取得で一気にキャリアアップを狙える大チャンスとなっておりますので、ぜひこの機会をお見逃しなく!

いつでも何回でも利用できる質問制度

アガルートが盤石の人気を誇っている背景には、充実した学習サポートが挙げられます。

アガルートの通信講座を受講すると、専用のFacebookグループを通じていつでも回数無制限で質問することができるのです。

学習の中で感じた疑問はもちろんスケジュールに関することまで、講座を担当している講師から変身してもらえるのは非常に心強いですよね!

初学者から既学者の方まで安心して紹介できる頼もしい通信講座をお探しの方は、ぜひこちらからアガルートの通信講座をご検討ください!

マンション管理士はどんな人に向いている?

マンション管理士の仕事は基本的にアドバイザーであり、マンション管理組合や住民たちのトラブルの相談に乗り、解決を目指すお仕事です。

そのため、コミュニケーション能力は絶対不可欠と言えます。

人びとの暮らしに向き合うため、デリケートな問題を処理することも少なくありませんので、柔軟なコミュニケーションが求められるでしょう。

この対人スキルが、すなわちマンション管理士としての能力となり、収入などにも直結してくることになります。

マンションでの生活に関する全般的な知識が得られるため、マンション在住の人や購入を考えている人にもおすすめできる資格です。

マンション管理士になった後は?

試験に合格してマンション管理士になった後はどのような進路が待っているのでしょうか?

年収と将来性の面からご紹介します。

マンション管理士の年収は?

マンション管理士の有資格者の平均年収は400万円前後とされており、一般的なサラリーマンの平均年収と大差ありません。

「マンション管理士」自体の給料や年収は特別に高くはないのですが、プラスアルファとしての知識や経験、ノウハウといったものを持っていたり、評価されるような仕事をたくさんしたり、よいお客さんをしっかりつかまえることができれば、そこそこよい給料や年収も手に入ると考えられます。

マンション管理士の将来性は?

日本人の10人にひとりが分譲マンションに暮らしている現在、マンションの管理に関する仕事は充分にあります。

築30年を超える古いマンションも増えてきたため、修繕や建て替えのためにマンション管理士が活躍する場面も多くなってきました。

震災後にニーズが高まった災害対策や、高齢化社会に適応した住環境改善など、マンションに変化が求められている時期でもありますので、管理士の役割はますます重要になっています。

日本人の10人にひとりが分譲マンションに暮らしている現在、マンションの管理に関する仕事は充分にあります。

築30年を超える古いマンションも増えてきたため、修繕や建て替えのためにマンション管理士が活躍する場面も多くなってきました。

震災後にニーズが高まった災害対策や、高齢化社会に適応した住環境改善など、マンションに変化が求められている時期でもありますので、管理士の役割はますます重要になっています。

まとめ|マンション管理士が難しすぎるって本当?

今回は「マンション管理士が難しすぎる」という噂は本当なのか、その本当の難易度を調査しました。

横断的な法律の知識が求められる難関国家資格であることは変わりないものの受験資格のないため、合格率から厳しさを額面通りに受け止めるのは早計と言えます。

アガルートが提供している通信講座を万全に活用すればイメージが掴みにくい法律知識もしっかりに見つけられるため、ぜひご検討いただけましたら幸いです。

驚異の合格率と万全の生徒サポートを誇るアガルートの講座はこちらから詳細をチェック!

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*