掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

土地家屋調査士に合格に必要な勉強時間は?おすすめの勉強方法をご紹介!

更新日:2023-03-15

「土地家屋調査士になるためには何時間勉強すればいいの?」
「効率的な勉強方法について知りたい!」

土地家屋調査士試験の合格を目指されている方の中には、このようにお考えの方も多いでしょう。

こちらの記事では、合格に必要な勉強方法や勉強時間・勉強スケジュールについて解説しています。

土地家屋調査士の資格取得までにどれくらい時間や労力を要するのか気になっている方は是非ご一読ください!


土地家屋調査士試験におすすめの通信講座

土地家屋調査士試験の内容

アガルート 土地家屋調査士 

土地家屋調査士は全国平均合格率が10%前後の難易度の高い国家資格です。

土地家屋調査士試験は「筆記試験」と「口述試験」に分かれており、特に出題範囲の広い筆記試験が難関とされています。

土地家屋調査士の試験内容と合格率について簡単にまとめましたので、ぜひ参考にしてみてください。

土地家屋調査士は筆記試験が難関

筆記試験を合格することで口述試験に進むことができ、口述試験も通過すれば土地家屋調査士の資格を取得できます。

筆記試験は「午前の部」「午後の部」に分かれており、口述試験は約15分間の面接形式の試験です。

特に「午後の部」の試験範囲がかなり広いため、受験者の多くは「午後の部」で合格点に足りず不合格となっています。

土地家屋調査士試験の詳細は以下の記事をご覧ください。

筆記試験(午前の部)の免除

筆記試験の「午前の部」は測量の計算問題となっており、特定の資格保有者であれば試験の免除が受けられます。

免除を受けるには、以下の資格試験を合格することが必要です。

  • 測量士
  • 測量士補
  • 一級建築士
  • 二級建築士

この中でも測量士捕の資格試験が最も合格率が高いため、ほとんどの受講生は毎年5月に行われる測量士捕試験を合格して「午前の部」の免除を受けています。

免除を受けることで体力を温存して「午後の部」の記述試験に臨めるので、取得がまだの方は免除制度の利用を検討してみてはいかがでしょうか。

午後の部

土地家屋調査士試験の午後の部の試験内容を表にまとめました。

土地家屋調査士試験の午後の部は100点満点の計21問で構成されており、択一式と書式の2つの項目に別れています。

土地家屋調査士試験「午後の部」
項目 試験科目 出題数 配点 合計
択一式 民法 3問 7.5点 50点
不動産登記法 16問 40点
土地家屋調査士法 1問 2.5点
書式 土地の問題 1問 25点 50点
建物の問題 1問 25点

土地家屋調査士試験の合格率は10%前後

法務省の「土地家屋調査士試験ページ」を参考にし、直近10年分の土地家屋調査士の合格率について以下にまとめました。

直近10年分の土地家屋調査士試験の合格率
年度 受験者数 合格者数 合格率
平成24年度 4,986人 418人 8.4%
平成25年度 4,700人 412人 8.8%
平成26年度 4,617人 407人 8.8%
平成27年度 4,568人 403人 8.8%
平成28年度 4,506人 402人 8.9%
平成29年度 4,600人 400人 8.7%
平成30年度 4,380人 418人 9.5%
令和1年度 4,198人 406人 9.7%
令和2年度 3,785人 392人 10.4%
令和3年度 3,859人 404人 10.5%

出典:法務省 「土地家屋調査士試験ページ」

直近10年間の全国平均の合格率は10%前後となっており、かなりの難関試験であることが分かります。

近年では受験者数が減少傾向にあるので、その分合格率がやや上昇しています。

このように土地家屋調査士の試験は非常に難しいため、少しでも合格する可能性を上げるべく免除制度を利用するのが賢明です。

合格までに必要な勉強時間

土地家屋調査士 アガルート

ここまで土地家屋調査士試験の内容をご紹介してきましたが、ここからは合格までに必要な勉強時間について解説していきます。

土地家屋調査士試験は合格率10%前後の難関試験なので、合格までに約1,000時間~1,500時間の勉強時間が必要と言われています。

人それぞれ勉強環境や知識の量が違うので、1,000時間~1,500時間は目安となりますが、必要な勉強時間から勉強スケジュールを立てて計画的に取り組むことが大切です。

1日の勉強時間はどれくらい必要か?

土地家屋調査士試験に合格するには、最低でも毎日2時間~3時間は勉強時間を確保することが理想です。

毎日2時間~3時間の勉強時間でも1,000時間に達するのに1年~1年半年かかります。

社会人の方は働きながら勉強時間を確保することになるので、1日のスキマ時間や通勤時間を利用して学習を進めることが大切です。

土地家屋調査士の勉強時間について、上記のツイートを見つけました。

一部の受験生は勉強時間を管理する学習ツールを使って、自分の進捗状況・勉強時間を確認しているようです。

土地家屋調査士試験合格までの平均受験回数

アガルート 土地家屋調査士試験

この割合から見てわかる通り、土地家屋調査士試験の受験者の中で3回以内に試験に合格できる方は全体の約半数しかいません。

それだけ何度も受験する前提の難関資格ですので、長期戦になることも考慮し、モチベーションを保って試験勉強に取り組むのがいいでしょう。

上記のように土地家屋調査士試験の受験を考えている人の中には、その合格率の低さや平均受験回数に不安を感じる方も少なくないようです。

土地家屋調査士試験に一発合格できる人はほとんどいないのが現実ですので、覚悟を持って試験勉強に臨むことをおすすめします。

自分にあった勉強方法で進められる! 学習サポートが充実の アガルート!

土地家屋調査士試験の勉強方法5つ

ここからご紹介するのは土地家屋調査士試験の勉強方法についてです。

前述した通り、土地家屋調査士は筆記試験がメインの難関試験で、合格率は10%前後となっています。

正しく有効な勉強方法で試験の学習を進めないと、いくら勉強しても不合格になる可能性が高いです。

土地家屋調査士試験に有効な勉強方法をそれぞれの科目ごとにご紹介していきます。

有効な勉強方法5つ

①「民法」の有効な勉強方法
②「不動産登記」の有効な勉強方法
③「土地家屋調査士法」の有効な勉強方法
④「土地」の有効な勉強方法
⑤「建物」の有効な勉強方法

①「民法」の有効な勉強方法

「民法」の有効な勉強方法をご紹介します。

土地家屋調査士試験の民法は「総則」「物権」「相続」の3問しか出題されないので、この3問を重点的に勉強することをおすすめします。

また、土地家屋調査士試験に民法が出題されるようになったのは2004年からで、まだ過去問の量の多くはないことに注意が必要です。

②「不動産登記」の有効な勉強方法

不動産登記の有効な勉強方法としてまず挙げられるのが、配点の高い「不動産登記法」から重点的に学習することです。

土地家屋調査士試験の筆記試験「午後の部」では土地に関する法律についての問題が20問出題されます。

その内の16問は「不動産登記法」に関する問題で、配点は50満点中40点のウエイトを占めています。

また「土地家屋調査士法」のような覚える範囲が広い割に1問2.5点分しか出題されない科目は後回しで勉強することをおすすめします。

③「土地家屋調査士法」の有効な勉強方法

続いて、「土地家屋調査士法」の有効な勉強方法についてご紹介します。

「土地家屋調査士法」は1問しか出題されないので、他の科目と比べて優先度は低い科目です。

もともとの勉強範囲も広くはないので、土地家屋調査士法の勉強をし始めるのは遅くても問題ありません。

有効な勉強方法としては、テキストや参考書などで一通り基礎を抑え、余裕があれば演習・過去問を解いていく方法が挙げられます。

④「土地」の有効な勉強方法

「土地」の有効な勉強方法は土地の計算をマスターすることですす。

書式の問題では「土地の作図」に関する問題が1問出題され、その配点は登記申請書の問題と同じく25点になっています。

出題されるのは土地の分筆や合筆するに関する問題が多いため、高度な土地面積の計算能力や作図能力が求められます。

作図問題の対策は何度も過去問を解いて計算に慣れることに加えて、関数電卓の使い方も同時にマスターすることは高得点を狙う上で必須といえます。

⑤「建物」の有効な勉強方法

「建物」の有効な勉強方法は「登記申請書」の書き方をマスターすることです。

「午後の部」では法律に関する問題以外にも「登記申請書を書く問題」が1問あり、その配点は25点とかなり高いため、登記申請書の書き方をマスターできるかが鍵になってきます。

登記申請には普通建物だけでも「表題登記」「分割登記」「区分登記」「分棟登記」「合併登記」など様々な種類があるため、適切な登記の種類を判別する力が必要です。

最近では登記申請書の書き方に特化したテキストが市販されているので、そちらで対策したり過去問を何度も解いたりして高得点を取れるようにしておくことが重要になります。

土地家屋調査試験の勉強のポイント

予備試験司法試験のポイント

ここまで土地家屋調査士試験に有効な勉強方法をご紹介してきましたが、ここからは土地家屋調査士試験の勉強を進めていく上で気をつけるポイントを説明していきます。

先述の勉強方法はそれぞれ「基礎」⇒「過去問・演習」の流れで行うことで、より理解が深まり知識も定着します。

基礎問題⇒演習・過去問題

土地家屋調査士試験の勉強を進める上で大事なポイントは、まずは全体を把握することです。

テキストや参考書を用いて基礎的な知識を蓄え、過去問や演習問題で知識を定着させながら自分の得意分野・苦手分野を探します。

過去問・演習問題を解いていく中で自分の苦手分野を見つけたら、基礎知識の勉強に戻って苦手分野を勉強し直しましょう。

いつから勉強を始めると良いのか?

アガルート 土地家屋調査士

ここからは土地家屋調査士試験の勉強スケジュールについてご紹介していきます。

一般的に土地家屋調査士試験の勉強は、試験日の1年~1年半前から勉強を始めると良いと言われています。

ただし、これは毎日の勉強時間が2~3時間と仮定した場合の勉強スケジュールです。

勉強時間があまりにもかかてしまう場合は、勉強方法を変えたり、通信講座や通学講座を利用したりすることをおすすめします。

勉強期間の目安

1日に確保できる勉強時間によって1,000時間に達するまでの勉強期間も変わります。

1,000時間に必要な1日の勉強時間それに伴う勉強期間について表にまとめました。

1日の勉強時間 要する勉強期間
2時間 1年半
3時間 1年
4時間 8ヶ月
5~6時間 半年

このように、大体1年半~早くて半年で、勉強時間の合計が1,000時間になります。

表の期間を目安に、1日に取れる勉強時間から逆算した期間で勉強スケジュールを組んでいきましょう。

一週間の学習スケジュールの例

勉強時間1,000時間を目安とした際の、一週間の勉強スケジュールは以下の通りになります。

ご自身の生活リズムを鑑みつつ、下の勉強スケジュールを参考にしてみてください。

平日 休日
1年半 1時間 3時間
1年 2時間 5時間
半年 5時間 6時間

土地家屋調査士試験の本番日の1年半前から始める場合は、今の生活リズムを大きく崩さずとも勉強を進められるので、少ない負担で学習したい方におすすめです。

ちなみにツイッターで土地家屋調査士試験の勉強時間について調べたところ、以下に載せたように平日の勉強時間は1日2時間はかけたという合格者の意見が散見されました。

毎日仕事で忙しい方も、1日2時間ほどは勉強時間を割けるよう心がけると良いですね!

年間の勉強スケジュールの例

続いて、勉強スケジュールを1年間の期間で立てた場合、勉強時間の内訳はどのようになっているか確認していきます。

以下の表は、アガルートアカデミーの土地家屋調査士試験対策講座で推奨される年間の勉強スケジュールになります。

1日2~3時間の勉強時間を目安としている場合、勉強時間の内訳は以下のようになります。

学習計画 初期 前期 中期 後期
  11
12
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
インプット 講義視聴・テキスト熟読 講義・テキスト再インプット 総復習 本試験
アウトプット 択一式   過去問演習
(1週目〜3週目)
過去問演習
(4週目〜5週目)
記述式   過去問演習
(1週目〜3週目)

最初の2ヶ月は基礎知識のインプットに時間をかけます。

その後は過去問演習に入っていきアウトプットと講義内容の再インプットを行いながら学習を進めて、最後の2ヶ月で総復習を行い本試験に臨む流れになります。

学習時間の記録を付けるなど、学習の進捗具合を確認にしながら進めることが大切です。

アガルートアカデミーについて気になる方は、是非以下のホームページより確認してみてください。

アガルートアカデミーのHPはこちら

土地家屋調査士試験の勉強時間が長くなる理由

土地家屋調査士試験の勉強時間が長くなる理由

土地家屋調査士試験に合格するためには約1,000時間ほどの勉強時間が必要だとご説明しましたが、どうして長い勉強時間がかかるのでしょうか。

土地家屋調査士試験の勉強時間が長くなりやすい理由は3つあります。

ここからは土地家屋調査士試験の勉強時間が長くなってしまう理由3つをそれぞれご紹介していきます。

勉強時間が長い理由3つ

①非常に専門性が高い
②作図や書式問題の対策が難しい
③試験対策になる教材が少ない

①非常に専門性が高い

土地家屋調査士試験は専門用語が頻出するので、問題を解く前に用語の意味を覚えるだけでも一苦労します。

例えば不動産登記における「所有者」という言葉一つとっても、不動産の表題部に名前があれば「表題部所有者」、所有権の登記がされていれば「所有権の登記名義人」のことを指します。

他にも「建物」と「建造物」、「1個の建物」と「1棟の建物」など不動産登記の特有の言葉がたくさんあり、かなり専門性が高い試験となっているのです。

実務経験が豊富な人でない限り、専門用語を一通り覚えるだけでも何か月もの勉強時間がかかるかもしれません。

②作図や書式問題の対策が難しい

土地家屋調査士試験は作図や書式問題といった、独学では対策が難しい問題が出されます。

作図用具や関数電卓といった一般的な試験では使われないツールを用いて勉強せねばならず、自分の解答が合っているか自己採点しづらいです。

「どこまでは合っていてどこが間違っているのか」「どこでミスをしたか」といった細かい判断ができず、独学では得点となる解答のポイントを押さえにくく長い勉強時間を要します。

③試験対策になる教材が少ない

土地家屋調査士試験は受験者数が毎年4,000人程度と少ないので、試験対策ができる市販の教材がとても少ないです。

教材の選択肢が少なければ自分の理解度に合っていたり、自分にとって読みやすかったりするものが選べず、思うように学習が進められないでしょう。

市販されている教材で適切なものがないと感じたら、余計な勉強時間をかけないためにも予備校や通信講座を頼るのもおすすめの学習方法の1つです。

最短で合格を目指したいならアガルート

土地家屋調査士試験に出る専門用語や作図・書式問題の解答方法を効率的に覚えられるような教材が欲しい!と思ったら、通信講座のアガルートがおすすめです。

アガルートでは実際に土地家屋調査士試験に合格したプロ講師が監修したフルカラーテキストを用いて、最短の勉強時間で合格に向けて徹底指導をしてくれます。

分かりづらい専門用語には図解がついており、作図・書式問題の解き方のコツもしっかり教えてもらえます。

勉強時間をできるだけ短くして早く試験に合格したい方は、大手の通信講座・アガルートアカデミーで学習しましょう!

資料請求で講義とテキストを体験できる! アガルートアカデミーで 最短合格を目指す

最短合格を目指すなら予備校がおすすめ

アガルート 土地家屋調査士

先述の通り、土地家屋調査士は合格率が約10%の難関資格ですので、独学で合格するのは非常に難しいです。

そのため土地家屋調査士試験の合格を目指す多くの方は、資格の予備校で試験対策をしています。

数ある予備校の中でも通信制の予備校は自分のペースで学習を進められるので、働きながら資格取得を目指される方には向いています!

通信制の予備校のメリット

  • 解答を採点してくれるプロ講師がいる
  • 試験合格に特化した教材で学習できる
  • 通信講座だから、自分のペースで学習を進められる

独学では自分の解答を採点してくれる先生がいないので、信憑性のある解答を書籍やインターネットで探すのにかなり苦労します。

その点、予備校では合格に向けて構成された教材とプロ講師の指導の元で学習できるので、効率良く勉強することが可能です。

最短合格をすることで転職が早まり、その分キャリアアップの速度も早まるので、予備校に支払う受講料金より価値が出てくると思われます。

最近では、資格の予備校を利用して最短の勉強時間で合格を目指す方も増えてきています。

おすすめの予備校について詳しく知りたい方は、下記の記事も是非一読してみてください!

おすすめの通信講座はアガルートアカデミー

アガルート 土地家屋調査士

おすすめの通信講座は「アガルートアカデミー」です!

アガルートは2014年に設立された通信講座型の予備校で、新しい学校でありながらたくさんの人から人気のスクールとなっています。

アガルートの土地家屋調査士試験の対策講座を表にまとめました。

アガルートの土地家屋調査士試験対策講座
学習形式 通信講座
カリキュラム 【2024年 合格目標カリキュラム】
①合格総合講義:162,800円
②一発合格カリキュラム:338,800円
③一発合格カリキュラムライト:272,800円
④ダブル合格カリキュラム:393,800円
⑤ダブル合格カリキュラムライト:327,800円
単科講座 ①新・定規の使い方講座:32,780円
②[中山式]複素数計算:27,280円
③択一式過去問解説講座:65,780円
④記述式過去問講座:65,780円
⑤実戦答練:49,500円/87,780円
⑥書式ひな形対策講座:38,280円
⑦【午前の部】過去問完全解説講座:32,780円
⑧記述式過去問実演講座:47,300円
⑨記述式計算ステップ講座:27,280円
⑩作図特化答練:21,780円
合格率 36.76%(全国平均の3.51倍)
質問制度 Facebookにていつでも質問可能(無制限)
サポート 無料体験
模擬面接
無料添削
受験校相談
Live配信
合格特典割引
無料資料請求
公式サイト 公式サイトはこちら

アガルートアカデミーの特徴3つ

多くの通信講座の中でもアガルートアカデミーをおすすめする理由は、アガルートには強みとも言える3つの特徴があるからです。

ここからはアガルートアカデミーの特徴を3つをそれぞれご紹介していきます。

  • 全国平均3.51倍の合格率
  • プロ講師監修のテキストと講義動画
  • 全額返金の合格特典付き

①全国平均3.51倍の合格率

アガルートアカデミーの特徴はなんといっても合格率の高さです。

令和3年度土地家屋調査士試験におけるアガルートアカデミー受講生の合格率は、初受験生で28.46%、複数回受験生で36.76%でした。

複数回受験生の合格率は全国平均の3.51倍になります。

土地家屋調査士の学習が初めての方でも、受講生にとって最短で合格レベルまで引き上げる勉強スケジュールが設計されているので、一発合格者を数多く輩出できるのです。

②プロ講師監修のフルカラーテキストと講義動画

アガルートでは実際に土地家屋調査士試験合格し、試験に精通したプロ講師が監修したアガルートオリジナル教材を使用します。

テキストはフルカラーで図表が多く使用されており、視覚的にも理解しやすいように工夫されています。

講義動画は単元別に細分化されテキストも同時表示できるので、スマホやPCなどの端末があればどこでもいつでも学習できるようになっています。

講師自身が受験生にどのように説明・表現すれば効率的に理解できるかを熟知しているので、最短の勉強時間で試験合格が目指せるのです。

③全額返金の合格特典付き

アガルート 土地家屋調査士

アガルートでは支払った受講料が全額返金される特典が用意されています。

土地家屋調査士試験に合格すれば受講料が全額返金されるので、金銭面で不安を抱えている方も安心できます。

アガルートアカデミーの合格特典について気になる方は、アガルートの公式ホームページから詳細を確認してみてください。

アガルートアカデミーのホームページはこちら

アガルートアカデミーのリアルな口コミ・評判

アガルートのリアルな口コミでは、テキスト教材の網羅性や担当講師を評価する声が多く挙がっています。

またTwitterでは「アガルートのおかげで合格できた!」という内容も多く見受けられました。

このようにアガルートは合格実績がしっかり出ている通信講座になりますので、土地家屋調査士の予備校を検討されている方には非常におすすめです!

分割手数料ゼロ円キャンペーン開催中!

アガルートでは現在、期間限定で分割手数料ゼロ円キャンペーンを開催しています。

期間中は税抜10万円以上の講座を教育クレジットローンで購入した際に発生する金利手数料が最長12回までゼロ円になります!

とてもお得に受講を開始できるため、アガルートの受講を考えている方は今がチャンスです。

分割手数料ゼロ円キャンペーンは2023年5月31日までとなっていますのでお見逃しなく!

【まとめ】土地家屋調査士の勉強時間・勉強方法

まとめ|土地家屋調査士の勉強時間・勉強方法

・有効な勉強方法は5つある
・必要な勉強時間は1,000~1,500時間
・勉強は試験日の1年~1年半前から始めると良い
・合格までの平均受験回数は3回程度
・勉強時間最短で合格を目指すならアガルートがおすすめ

土地家屋調査士試験に有効な勉強方法は5つあり、科目別に有効な勉強法はそれぞれ異なります。

一般的に必要とされる勉強時間は1,000時間~1,500時間で、勉強期間は1年~1年半が目安とされています。

土地家屋調査士試験は難関資格のため、勉強時間や勉強方法を参考に、長期的な勉強スケジュールを立てて取り組むことが大切です。

試験へ最短の勉強時間で合格を目指すなら、アガルートアカデミーの通信講座がおすすめとなります!

分かりやすい教材や合格特典など魅力満載ですので、気になる方はアガルートアカデミーHPより詳細をご確認ください!

アガルートアカデミーの土地家屋調査士講座の詳細はコチラ

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*