掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

スーパーバイザーの年収は?業界別年収や仕事内容・必要なスキルとは

更新日:2021-05-07

様々な業種に存在するスーパーバイザーですが、スーパーバイザーの年収は一般企業と比べてどうなのでしょうか。

今回は、そんなスーパーバイザーの平均年収・年齢別年収・業種別の年収についてランキング形式で紹介し、業種別の仕事内容や求められるスキルも解説します。

スーパーバイザーとは?

スーパーバイザーとは

スーパーバイザーとは飲食店や小売店・コールセンターなど様々な業種に存在し、指導・監督・管理者としての役割を担っています。役職や肩書として使われることがほとんどです。

スーパーバイザーの代表的な業種ごとの役割は下記のようになっています。

・飲食店や小売店でのスーパーバイザーの役割
複数の店舗を管理し事業の成功に導くためにマネジメントをし、各店舗と本社の橋渡しをする役割を担っています。

・コールセンターでのスーパーバイザーの役割 スタッフたちへの指導や管理がメインの仕事で、対応が難しいクレームなどの案件も迅速に処理します。コールセンターでスタッフの経験を積み、スーパーバイザーになる方が多くなっています。

スーパーバイザーの平均年収・年齢別・地域別年収は?

スーパーバイザー年収

さっそく、スーパーバイザーの平均年収を見ていきましょう。
また、スーパーバイザーの年齢別平均年収・地域別平均年収も解説していきます。

スーパーバイザーの平均年収

スーパーバイザーの平均年収は、いくつかの求人サイトを参考にすると400万円~500万円となっています。
これは日本の一般サラリーマンの平均年収と同じか少し上回る金額です。

全体の給料の幅としては、300万円台~600万円台と振り幅が広く、業種や経験・スキルによって昇給していく形が多いようです。

また、アルバイトの平均時給は約1300円で、派遣社員の平均時給は約1500円となっています。

スーパーバイザーの年齢別年収

スーパーバイザーの年齢別の年収はどのようになっているのしょうか?

20代 400万円前後
30代 500万円前後
40代以上 510万円前後
出典:転職会議

このように、経験を積むことで年収が上がっていきます。

未経験からスーパーバイザーになるのは非常に難しく、その業種の仕事内容や仕組みを理解し経験を積むことで初めてスーパーバイザーになることができます。

マネジメント能力やマネジメント・生産性を考え管理できるスキルが上がれば、年収もアップしていきます。

スーパーバイザーの地域別年収

スーパーバイザーの年収は、地域によって変わってくるのでしょうか?
全国の地方別スーパーバイザーの年収を表にすると、このような形になります。

スーパーバイザー全国年収 出典:求人ボックス

地域別に平均年収の上位3位をランキングにしてみると・・・

1位 九州・沖縄 443万円
2位 北海道・東北 439万円
3位 関西 394万円

意外にも、東京や神奈川がある関東はトップ3に入らない結果となりました。
1位の九州・沖縄の中でも特に高かったのが平均年収490万円の熊本県です。

業種別スーパーバイザーの年収・仕事内容

スーパーバイザー仕事内容

スーパーバイザーは様々な業種がありますが、業種ごとの年収はどのように変わってくるのでしょうか?
業種ごとにランキングをし、その中で上位になった業種の仕事内容や求められるスキルを紹介します。

1位 ファーストフード業界 約500万円~800万円
2位 コールセンター業界 約500万円~700万円
3位 アパレル業界 約500万円~600万円
4位 コンビニ業界 約435万円
3位 外資小売業 約450万円
出典:JobQ

これを見ると、1位のファーストフード業界2位のコールセンター業界が平均を上回った年収となっています。

飲食業界のスーパーバイザー|仕事内容

ファーストフード店を含む飲食業界はチェーン展開が多い業種で競争率が激しいため、従業員の指導や売上のためのサポートなど、スーパーバイザーの活躍する場が多いです。
チェーン展開がある場合1人で複数の店舗を担当することが多いため、体力的にもとてもハードワークになります。

店舗の売上管理やスタッフの仕事内容の監督、サービスに対しての指導やアドバイスを行います。

また、その店舗に合わせた売上向上のためのアドバイスや業績を上げるために今すべきことを、店舗・本社と話し合いながら対策を考え実行します。

コールセンターのスーパーバイザー|仕事内容

コールセンターの場合は、オペレーターの管理や仕事へのアドバイスなど、自分の経験をもとに人材の育成を行います。

コールセンターは直接お客様と接するお仕事なので、オペレーターの対応がとても重要になってきます。
苦情などの困難な内容もへの対応にはスーパーバイザーの応用力が活かされます。

スーパーバイザーがオペレーターを束ね気配りをし、適切な対応を細かく教育することが重要になってきます。

アパレルのスーパーバイザー|仕事内容

アパレル業界のスーパーバイザーの努めは、売上を上げることです。

どのように対応すれば売上が上がるかを考え、ショップのスタッフのマネジメントや接客のアドバイスを行います。
スタッフからの信頼リーダーシップの素質を持った人が業績を伸ばせるスーパーバイザーになれます。

店舗と本社をつなぐ役割も担うので、店舗の売上や課題を本社と話し合い店舗へ指導を行うのもスーパーバイザーの仕事です。

スーパーバイザーになるために持つべきスキル・素質は?

スーパーバイザーになるために必要な資格はありませんが、自分の経験を生かした仕事をする上で必要なスキルを紹介します。

管理能力|必要なスキル

スーパーバイザーに絶対に必要な能力は管理能力です。
働いているスタッフをまとめ、スケジュールを組み、業務の進捗を把握し、数字を追っていくなど、会社の収益を上げるためにとても大切な役割を担っています。

そのためには、スタッフの長所や短所を把握し、何が不足しているのか、どうすれば利益に繋がるのか等を的確に管理する必要があります。

コミュニケーション能力|必要なスキル

管理者・監督者として、スタッフとコミュニケーションを取りながら個人の能力を理解し人材育成したり、個人の業務成績を評価する際など、コミュニケーション能力は非常に重要なスキルです。

褒めるだけでなく、厳しく注意することも躊躇せず行える人は意外と少ないと言われていますので、しっかりと周りをみてスタッフのモチベーションを保つ事も大切です。

また、スタッフの悩みを聞き出し相談に乗りスタッフの仕事への意欲を高め、業績をアップすることに繋がります。

リーダーシップ能力|必要なスキル

スーパーバイザーになる人は、スタッフをまとめ指揮するリーダーシップ能力が求められます。
スタッフを管理するうえで、「この人についていこう!」と思われるリーダーとしての信頼性や、全体を公平に見て評価していく能力も大切です。

スーパーバイザーの平均年収・仕事内容|まとめ

・スーパーバイザーの平均年収:400万円~500万円
・管理、コミュニケーション、リーダーシップ能力が必要

スーパーバイザーの平均年収は400万円~500万円で、日本の平均年収と同じもしくは少し高くなっています。

スーパーバイザーの仕事は経験が必要で、誰でもすぐになれる仕事ではありません。
専門知識が豊富でその業種の経験値が高く管理能力など様々なスキルが求められます。

仕事内容も決して楽なものではなく、何かあったらすぐに対応できる責任感とたくさんのスタッフをまとめる力も必要です。

しかし、自分が筆頭となりみんなで結果を出し業績を上げることができた時は、とても達成感を感じることが出来るでしょう。

おすすめ記事

コメントを残す

*

*