掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

行政書士事務所でバイトは学生でもできる?土日や在宅勤務は可能?

更新日:2022-08-09

学生が行政書士事務所でアルバイトをすることは可能なのでしょうか?

行政書士を目指すのであれば学生の内から行政書士事務所でアルバイトをし、経験を身に付けることが効果的なように思えます。

しかし、平日は学校がある学生がアルバイトの時間を確保できるのは、土日がメインとなります。

その場合、行政書士事務所の募集はあるのでしょうか?また、在宅ワークでの仕事は可能でしょうか?

この記事では行政書士事務所で学生がアルバイトできるのか、また行政書士を目指す学生におすすめなアルバイト等について解説します。


行政書士試験におすすめの予備校・通信講座TOP3

1. アガルートアカデミー

アガルートアカデミー通信講座

0からの学習でも1年間で合格!「必要」だけを選んだテキスト

厳選されたカリキュラムで一年合格へ最短ルート!


>最大30%OFF!< 公式サイトはコチラ

2. スタディング

行政書士

受講料の安価さと、完全モバイルでの受講が特徴的な通信講座

スマホ一つで受講!圧倒的安価さが魅力!


3. フォーサイト

合格率41.3%!生配信でのLIVE受講が特徴的な通信講座

合格率41.3%の生配信で受講できる通信講座


学生でも行政書士事務所でバイトできる?

学生が行政書士事務所でアルバイトをするのは非常に難しいと言われています。

行政書士事務所の多くは5名以下で運営していることが多く、採用費を多く捻出することはあまりありません。

多くの事務所は自社HPやブログで唐突に募集をしたり、知り合いを通じてスタッフを募集を行っています。

そのため、アルバイトが行政書士事務所で活躍できる場面は飲食業よりも遥かに少なくなっています。

また、学生はテストや課題といった勉学を優先する必要があるため雇用しにくいという現状もあります。

行政書士事務所としては学業優先の学生よりも即戦力となる社会人を雇用したいという思いがあり、かつ採用費をかけずに縁故採用を積極的に活用します。

そのため、学生OKの求人募集を探すことは非常に珍しいのが現状です。

行政書士のアルバイトは土日勤務や在宅勤務可能?

学生が行政書士事務所でアルバイトしにくい理由として、行政書士事務所のアルバイトは土日勤務や在宅勤務ができないという点があります。

行政書士の仕事内容に官公庁への訪問がありますが、土日は基本的に休みとなっており平日も17時前後には閉まります。

そのため行政書士事務所の開業時間も平日は9時~18時、土日祝は休みというパターンが多いです。

学生は授業とのバランスを考えるとまとまった出勤をするのが難しいため、学生が募集要項に含まれてないことも多いです。

ただし、夜間学校に通う学生であったり単位をほぼ取得した学生であれば時間を合わせることもできるため、気になる事務所があれば直接確認してみると良いでしょう。

業務内容によっては在宅勤務も不可能ではない

個人情報保護法に抵触しない書類であれば在宅ワークで作成することができますが、官公庁に提出する書類は機密性が高く在宅ワークで完結は難しいようです。

とはいえ、書類作成と官公庁提出を分業とする場合も多く、簡単な書類やデータ入力だけを募集する内容であれば在宅ワークでも可能なため求人サイトの募集要項をチェックしてみましょう。

行政書士事務所のバイトの内容や必須スキルとは?

行政書士事務所で働く人のアルバイトやパート「使用人行政書士」「補助者」と「一般事務」と区別され、仕事内容と必須スキルが変わります。

使用人行政書士は行政書士免許が必要ですが、補助者と一般事務は必要ありません。

しかし、補助者は行政書士と同じような仕事をするため必須スキルは行政書士と同様になります。

それぞれの仕事内容と必須スキルは以下のようになります。

使用人行政書士の仕事内容と必須スキル

使用人行政書士は行政書士資格を所有しており、行政書士業務を行います

従事の際には行政書士もしくは行政書士法人を記載する必要があります。

事務所の社員であることも多いですが、アルバイトとして使用人行政書士登録をしている人もいるようです。

行政書士にはクライアントの問題を解決し法に適した書類を作成するスキルが何よりも求められます。

そのため、行政書士を既に持っている学生であれば従事可能ですが、一行政書士として働くためアルバイトと言えど肩書に恥じない活動が求められます。

補助者の仕事内容と必須スキル

行政書士の資格を保持していなくても、補助者として行政書士に近い仕事をすることができます。

ただし、行政書士の指示下にあることが条件になります。

具体的な仕事内容は、クライアントの対応業務や申請書類の作成と官公庁への提出です。

仕事内容は行政書士と変わりませんが、業務の責任は行政書士にあります。

そのため平日の日中に活動することが多く、授業に出なければならない学生には難しい勤務形態と言えます。

補助者となる者は行政書士が所属する都道府県の行政書士会に登録が必要となり、補助者証と補助者バッジが交付され携帯義務があります。

尚、行政書士は補助者になれないという特徴がありますので、補助者が行政書士に合格し資格取得した場合は補助者を辞めなければなりません。

一般事務の仕事内容と必須スキル

アルバイトの募集要項で最も多いのが一般事務です。

行政書士会への登録は必要なく、雑務などを中心に事務所の業務を行います。

書類の印刷やお茶出し、データ入力、電話対応といった仕事スキルが必要となり、一般企業の事務とそれほど変わりはありません。

行政書士でアルバイトをする心得とは?

運よく行政書士事務所でアルバイトができるようになったとしても、他のアルバイトのように一から丁寧に仕事を教えてもらえるわけではありません。

行政書士事務所は少数精鋭で運営していることが多いため、アルバイト初日から膨大な仕事を任されることもあります。

そのため、行政書士でのアルバイトはかなりハードになるということを知っておきましょう。

また、忙しい中でも「仕事に取り組む姿勢」はとても重要です。

将来は行政書士となり独立して事務所を構えるための訓練だと思い、積極的に質問や手伝いをするようにしていきましょう。

行政書士事務所での学生バイトはおすすめ?そうでもない?

将来行政書士を目指す学生が行政書士事務所でアルバイトすることは、働ける時間も少なく補助者にならない限りは学べる機会が多くないためおすすめではありません。

しかし、入力作業や単純な書類整理を確実にこなすというスキルは社会人として役に立ちます。

特に行政書士が扱う書類は官公庁に提出されるため、細かな記載方法や提出書類の準備などは一般企業に務める以上に気を使う必要があります。

そのため、行政書士事務所で働いた経験があれば一般企業でも十分に通用する事務スキルを身に付けることができます。

また、膨大な情報を入力するため正確なタイミングスキルやPC知識は必要となり、行政書士業界に留まらず多くの業界で活かすことができます。

行政書士を目指す学生におすすめのアルバイトは?

行政書士事務所でアルバイトが難しいのであれば、将来行政書士を目指すためのスキルを磨けるアルバイト等はあるのでしょうか?

行政書士に必要なスキルを他のアルバイトでも身に付けることができれば、積極的にやるべきでしょう。

ここでは将来行政書士を目指す学生におすすめの職業をご紹介します。

他の士業事務所

弁護士や司法書士、土地家屋調査士事務所などは行政書士と一緒に仕事をすることが多く、間接的に行政書士の仕事を知ることができます。

具体的には、民事的な騒乱を弁護行為によりまとめるのは弁護士ですが、まとまった内容を書類にするのは行政書士です。

相続時に遺産分割協議書を作成するのは行政書士ですが、相続登記を行うのは司法書士になります。

このように行政書士は他の士業と住み分けをしている業務が多く、必然的に様々な士業と一緒に仕事を進めることになります。

そのため、他の士業で働くことにより行政書士という仕事の位置づけを客観的に知ることができ、将来行政書士事務所で働く際にも大きく役立つ知識を得ることができます。

得意先からの依頼が突然なくなったり法改正に対応できないとなると、事務所の存続が危うくなるため、士業はクライアントの動向や法改正に対し常にアンテナを高くしておく必要があります。

士業免許を持っている先生方がどのような努力をし続けているのかを実感するだけでも、将来行政書士事務所で働く際の大きな経験になるでしょう。

接客業

行政書士は依頼を受けた書類を作成するのが仕事ですが、クライアントの納得を得る仕事をするためにはコミュニケーションスキルが必須です。

そのため、飲食やアパレルといった接客業で培われたスキルは非常に重要となります。

法律やルール順守は大事ですが、クライアントの要望を満たす為にはどのような書類を作る必要があるかを把握する必要があります。

クライアントは法律の専門家ではないため、要望を上手く行政書士に伝えることができない場合も多く、中には話すのが苦手なクライアントもいます。

話をしっかり聞いてくれる行政書士には必然的に案件が多く集まるため、接客業を通じてコミュニケーションスキルを磨く事は重要です。

家庭教師や塾講師

官公庁に提出する書類は、少しの間違いで受理できないとされる場合が多いです。

そのため正確な文書作成スキルが必要になりますが、ケースバイケースで書類の内容を変更する場合もあります。

家庭教師や塾講師といった仕事は、生徒1人1人に合わせたスケジュールや教育プランを細かく設定し、定められた受験日に合わせて生徒の学力を上げる必要があります。

伝えるべき内容を正しく伝えられるスキルと膨大な事務処理を並行で実践できるスキルは行政書士においても必須スキルのため、おすすめのアルバイトです。

入力作業、在庫確認をする仕事

行政書士の仕事内容は決して華やかな内容ではありません。

クライアントの話をじっくりと聞き、正確に書類作成を行うことを繰り返す仕事です。

そのため、正確に情報を入力する業務や棚卸業務のように根気よくチェックをするスキルは行政書士の仕事に活かすことができます

単調作業を長時間継続して行う業務は行政書士の仕事にも直結するため、アルバイトの候補先に入れておくと良いかもしれません。

行政書士事務所で学生がバイトするのは可能?まとめ

行政書士事務所で学生がアルバイトをするのは可能ですが、募集人数が少なく勤務時間帯が合わない等の問題があります

そのため、平日の日中にまとまった時間が取れるかどうかをまず確認しましょう。

夜間学校や単位に余裕のある大学4年生であれば、勤務時間を確保できる可能性はあります。

また、行政書士事務所以外でも他の士業事務所や飲食業、家庭教師等といったアルバイトは行政書士に必要な知識やスキルを得ることができます

行政書士の知識やスキルを学生の内から身に付けていきたいのであれば、行政書士以外の色々なアルバイトにも積極的にチャレンジしてみましょう!

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*