掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

スタディングの社労士講座の評判は?口コミからわかる特徴や料金まとめ

更新日:2022-07-23

国家資格の中でも人気を誇る社労士ですが、その合格率は10%を切る程難しく、独学での合格は厳しいため最近はオンラインスクールを受講検討している方が増えています。

そして、様々なオンラインスクールがある中、最近スタディングという通信講座がその受講料や学習スタイルから注目を浴びています。

そこでこの記事では、スタディングの社労士講座について、料金や特徴、合格率をご紹介し、口コミと評判を参考にそのメリットやデメリットも解説していきます。

社労士試験のための講座を探しているという方は是非ご覧ください。

スマホ1つで学習できる業界最安値通信講座 スタディングの社労士講座無料資料請求はコチラ!

スタディングの社労士講座とは?

スタディングは、「椅子に座って机に向かわなくても勉強ができる」をモットーにした通信講座系の資格スクールです。

その実情はスマホを利用した授業やテキストの提供を始めとする、隙間時間を徹底的に生かす学習スタイルとなっています。

この記事でご紹介する社労士講座でも、忙しい方が無理なく効率よく学習を進められるプランが練られています。

また、スタディング受講者の社労士講座の合格率や受講者数は発表されていませんが、ツイッターや公式の口コミから多くの合格者を輩出していることが確認できています。

口コミ・評判から分かるメリット

まず最初に、スタディングの社労士講座のメリットについて、公式が発表している合格者の声やツイッターを参考に解説していきます。

受講料が安い

隙間時間にいつでもできることかつ受講料が安いということで受講することに決めました。

出典:スタディンHP

スタディングの社労士講座には3つのコースがありますが、最安値は46,800円となっており他のオンラインスクールと比較しても非常に安価になっています。

スクールに通っている方でも市販の参考書を別に購入したり、模擬試験に申し込んだりと費用がかさむ可能性もあるため、この受講料の安さはスタディングを選ぶ決め手にもなっているようです。

スマホひとつで隙間時間に学習を進められる

子どものお昼寝中や就寝後、早朝の時間を利用してコツコツと勉強をしましたが、赤ちゃんを抱っこしたままなど、どんな場所や姿勢でも常に隙間時間で勉強ができました。

育児と仕事でなかなか時間を取れない私にとって、スマホひとつ隙間時間を有効活用できるスタイルはとても合っていました。

出典:スタディンHP

合格者の方の感想を見て行くと、仕事や育児と両立しながら勉強することが出来たという声が多く見られました。

特に、電車通勤などで通勤時間が長い方や、お子さんがまだ小さく目を離すことが出来ないという方にはぴったりのサービスとなっており、他の通信講座では出来ないことを可能にしています。

通信講座といってもPCの前でしっかり学習するスタイルではなく、「スマホ1つ」で学習ができることが、スタディング最大の強みになっています。

勉強仲間の存在を意識できる

ここのコメントやいいねのやり取りは、モチベーションの維持には欠かせないものとなりました。

その仲間達のおかげで、継続して学習ができ、最終的には合格を勝ち取れたのだと確信しています。

途中で心が折れそうになったこともありましたが、勉強仲間の投稿を見たりしてモチベーションを維持しながら進めました。

出典:スタディンHP

オンライン学習のデメリットとして、「モチベーションの維持が難しい」という問題がありますが、スタディングでは他の受講者のコメントやいいねを見ることが出来ます。

これによって、他の受講生も頑張っていると感じることができ、途中で挫折することを防ぐことができるようになっています。

一人で学習することに抵抗を感じる方でも安心して取り組める制度が整っているのは、共に勉強する仲間を見つけにくい社会人や主婦の方にとって魅力的ですよね。

講義のクオリティが高い

いざSTUDYingでの学習を始めると先生の講義は、難解な法令の条文だけでなく助成金や統計調査などの解説も充実していて、しっかり手応えを感じられる内容でした。

今年は労働に関する一般常識が難解な問題となっていましたが、取りこぼしを最小限にできたのも先生のおかげです。

講義の内容につきましては、早苗先生の講義は言葉が平易でとても分かりやすく、話すスピードも適切で、経験談などの具体例も交えており、それぞれの分野に対する全体イメージをつかむことができ、市販テキストでは得られない深い理解につながりました。

出典:スタディンHP

社労士の試験は合格率が6~7%と非常に難易度が高く、市販のテキストで勉強を始めたり、他のオンラインスクールに通ったけれど内容が難しく挫折してしまう方も多くいます。

しかし、スタディングでは分かりやすく色分けされたテキストやプロの講義で、挫折経験のある方でも十分続けられるクオリティの講義を提供しているようです。

また、他の通信講座を取ったり、市販の参考書に手を出すのではなく、スタディングの講義を何度も周回することで合格を掴んだ方もいらっしゃり、講義のレベルの高さが伺えます。

口コミ・評判から分かるデメリット

次に口コミ・評判から分かるデメリットを解説していきます。

前述した通りメリットが多くあるスタディングの社労士講座ですが、どんなデメリットがあるのでしょうか?

質疑応答が無い

スタディングでは質疑応答やメンターのサポートが用意されていません。

受講中に分からないことなどがあった場合は、検索機能を利用してその部分のテキストを調べるという対応になっています。

また、最近の通信講座ではメンター制度を導入している所も多く、「メンターがいたほうが挫折の心配がなく頑張れそう」と考える方も多いでしょう。

すぐにテキストを検索できるため大きなデメリットではありませんが、「直接質問したい」「メンターさんにサポートしてほしい」と考えている方には不向きかもしれません。

紙のテキストが欲しくなる時がある

スタディングはスマホひとつで勉強ができることを売りにしているため、テキストも当然webテキストとなっています。

しかし、勉強時間が全て隙間時間であることはなく、休日など時間がある時はPCの前に座ってがっつり勉強することもあります。

その場合に、紙のテキストがあると勉強しやすいという方も多く、市販の参考書を別で購入している方もいらっしゃるようで、少しもったいない気もしますよね。

ですが、スタディングでも紙のテキストを追加料金2万円で販売していますし、さらにwebテキストを印刷することが出来るようになっています。
どうしても紙のテキストが欲しい方には手段が用意されていますので、手間はかかりますがWebテキストと紙テキスト両方を活用して学んでいくことも可能です。

社労士講座の詳細

ここからは、社労士講座の詳細についてご紹介していきます。

スタディングでは、受講者のレベル別に3つのコースが用意されており、受講者それぞれが自分に合った最適のスタートラインを決めることが出来ます。

未経験者向けのフルコース

3つのコースの中で最も未経験者向けなのがフルコースです。

フルコースでは、まず入門講座から受講を始めます。

この入門講座では、社労士に関する法律などを情報番組のように解説しており、未経験者に法律系の勉強に対する苦手意識が生まれないように配慮されています。

そして、全ての講義が終わった後の「直前対策答練」や「合格模試」といった、スタディングオリジナルの模擬試験もフルコースには含まれています。

また、受講価格は74,800円となっており、入門から試験本番直前の腕試しまで講義に含まれていますので、未経験者の方には是非おすすめしたいコースになっています。

中級者向けの総合コース

総合コースは、「全くの未経験者スタートではないがなるべく面倒を見てほしい」という方向けのコースとなっています。

フルコースとの違いは入門講座が無いことで、法律系の勉強に苦手意識が無い方はこの総合コースがおすすめです。

受講価格は、59,800円とフルコースから15,000円のダウンとなっています。

上級者向けの合格コース

最後のコースは上級者向けの合格コースです。

合格コースは、総合コースから「直前対策答練」と「合格模試」を削除したコースとなっています。

このコースは、元々勉強経験があるなど入門講座の必要性が無く、スタディングの講義だけを受講して模試や答練は市販の参考書や大手の模試を活用する、という方向けになっているようです。

受講価格も46,800円と破格の安さであるため、他のオンラインスクールと併用している方も多くいらっしゃいます。

また、全てのコースに関して合格した場合、合格祝いとして1万円が送られるため、合格すれば受講料が実質1万円オフとなっています。

スタディング社労講座の学習スタイルと特徴

スタディングはそのスタイルに特化してサービスを提供しているため、特徴を理解することで学習効率が大きく上がります。

まず、スタディング最大の特徴はスマホやタブレットひとつでどこでも勉強ができるという点です。

よって学習スタイルは隙間時間をとにかく活用することになり、平日でも以下のような時間が活用できます。

  • 朝少し早く起きて、目覚ましがてらベットの中 30分
  • 通勤電車内 30分
  • 車通勤(音声授業) 30分
  • 会社の昼休み 15分
  • お風呂に入っているとき(音声授業) 30分
  • 寝る前の暇な時間 15分

通勤を往復で考えると、上記の時間を全て合わせた場合、平日でも1日2時間半の勉強時間を確保できます。

スタディングをよりよく活用するために、15分でも時間ができたならスマホやタブレットを持ち出すくせを付けるようにしておきましょう。

スタディング社労講座はどんなひとにおすすめ?

最後にスタディングをおすすめしたい方について解説していきます。

スタディングは費用も安いですし、決定的なデメリットもありませんが全ての人におすすめというわけではありません

スタディングをおすすめしたい方

スタディングをおすすめしたい方は、以下のような方々になります。

  • 社会人や主婦で日常生活が忙しい方
  • 通勤・通学時間が長い方
  • スマホ授業に抵抗が無い方

まず、画面が小さいなどの理由でスマホ学習に抵抗がある場合、スタディングでの学習は難しいでしょう。

スタディングではダウンロード機能が無いため、外でも通信ができる機器でなければ学習が出来ないからです。

しかし、スタディングの特徴を生かせる方や隙間時間しか無い方にとっては、素晴らしい学習環境を提供してくれるためそういった方々におすすめです。

スタディングをおすすめ出来ない方

スタディングをおすすめできない方は上記に当てはまらない方になるわけですが、特に「一定以上の勉強時間を取って集中して勉強したい」という方はやめた方が良いでしょう。

学生の方やテレワークで時間が取れる社会人の方は、PCの前に座ってしっかり時間を作って勉強することになると考えると、紙のテキストがあった方が良い可能性もあります。

勉強時間を作れる方が、隙間時間での勉強を売りにしているスタディングをわざわざ選ぶ必要はありませんよね。

スタディングの社労士講座まとめ

今回、この記事ではスタディングの社労士講座について、料金や特徴、合格率をご紹介し、口コミと評判を参考にそのメリットやデメリットをご紹介してきました。

スタディングの社労士講座の口コミを見て行くと、「隙間時間を有効に活用し勉強時間を確保できた」「講義のクオリティが非常に高かった」といったメリットがあることが分かります。

しかし、デメリットも存在し、テキスト検索機能がある代わりに質疑応答の制度が無かったり、テキストが基本的にwebテキストであるなどが挙げられていました。

社労士講座の詳細としては、受講者が自分のレベルに応じて始められるように3つのコースが用意されており、全くの未経験者でも問題なく学習を始めることが出来ます。

スタディングは隙間時間をとにかく勉強時間として確保することに特化しているため、日常生活が忙しい社会人や主婦の方にうってつけの通信講座となっています。

スマホ1つで学習できる業界最安値通信講座 スタディングの社労士講座無料資料請求はコチラ!
キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*