掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

LEC土地家屋調査士講座の評判は?メリットやデメリットもご紹介!

更新日:2022-08-10

LECは多くの難関資格の対策に強い大手資格予備校で、土地家屋調査士講座も用意されていますが、LECの土地家屋調査士講座はどのような内容なのでしょうか。

今回こちらの記事では、LECの土地家屋調査士講座の特徴やメリット、デメリットについてご紹介していきます!

また、LECの口コミや評判もご紹介しているので、どの予備校を選ぼうか迷っている方は是非参考にしてみて下さい!


土地家屋調査士試験におすすめの通信講座

LECの土地家屋調査士講座の特徴

LEC_土地家屋調査士講座

LECの土地家屋調査士講座は自分に合った学習がしやすく、無理なく合格に必要な得点力を磨くことができます。

LECは通学型・通信型と双方の学習形態を用意しており、全国に50か所以上に校舎があるため通学しやすい予備校としても有名です。

ここからはLECの土地家屋調査士講座の特徴について下記内容を深掘ってご紹介していきます!

LECの土地家屋調査士講座の特徴

・徹底した相互学習
・学習レベルに合わせたコース選択
・選べる学習形式
・学習レベルに合わせたテキスト

最大30%OFFキャンペーン実施中! LECの土地家屋調査士講座はこちら

徹底した相互学習

LECは徹底したインプット、アウトプットを行い知識を定着させる学習方法が特徴です。

この学習方法は難しい専門用語が多い土地家屋調査士試験と相性のいい学習方法となっており、専門用語の理解と問題の解き方を身に着けていくことができます。

また、講座の内容は初学者と学習経験のある方で異なる学習カリキュラムを設置しているため、学習度に合わせて効率良く学習を進めることができるのもポイントです。

学習レベルに合わせた幅広いコース

LECの講座は「初心者用の向けの講座」「学習経験者向けの講座」の講座が用意されています。
また、合格までの講座だけでなく、本試験に向けた総仕上げを行う「直前対策・答練」講座もあり、学習レベルに合わせた講座の選択ができます。

その他、LECの蓄積された膨大なデータと正確な分析によって作成された解説講義や添削、成績表付きの模試を受験できるコースもあり、受講者のニーズに幅広く応えたラインナップも特徴的です

講座別に異なるテキスト

講座に使用されるLECのテキストは長年にわたる試験傾向の徹底的な分析により作成されています。

テキストは初心者向けの「ベーシックテキスト」と学習経験がある方向けの「スーパー特訓テキスト」と学習レベルに合わせたテキストが用意されています

「ベーシックテキスト」は効率を重視したテキストで、「スーパー特訓テキスト」は図表を用いた解説で理解の難しい内容に対応している、理解のしやすいテキストとなっています。

テキストは出題傾向が要約されており、重要なポイントが見やすく記載されているので知識を効率的に定着させ、理解をより一層深めることができます。

選べる学習形式

LECは好きな場所で自分のペースで学習を進める通信講座と、全国各地に設置されている校舎に通う通学講座の2種類の学習形式が選べます。

また、通信講座にはWeb講座DVD講座の2種類があります。

校舎に通えない方は通信講座を受講し、自宅での学習が捗らない方は通学講座を受講する自分の生活に合わせた学習形式を選ぶことが可能です。

また、仕事をしており時間が取れないが自宅での学習は捗らないという方には、提携校通学もあり学習ブースを活用し集中して学習を行う学習形式もあります。

LECの土地家屋調査士講座のコース一覧

LEC_土地家屋調査士講座_コース一覧

こちらではLECの土地家屋調査士講座のコースについて確認していきましょう。

LECの土地家屋調査士講座では、初心者向けの方の講座学習経験のある方向けの講座が用意されています。

そのため個々のニーズに沿った最適な講座を選ぶことが可能です。

以下では初心者向けのコースと学習経験のある方向けのコースについてご紹介をしていきます。

初心者向けコース

初心者向けのコースでは「必要十分な量のインプット(知識習得)」と「試験の出題傾向に即したアウトプット(問題演習)」、「早期からの徹底した書式対策」の3つの要素をLECのカリキュラムに沿って学習していきます。

初心者向けコースの内容は以下の通りです。

初心者向けコース一覧
コース おすすめな方
土地家屋調査士&測量士補ダブル受験コース 土地家屋調査士と測量士補を並行して学習をしたい方
土地家屋調査士&測量士補ダブル受験 民法既習者向けコース 午前の部の免除資格を持っていない法律科目の学習経験がある方
土地家屋調査士試験 特化コース 午前の部の試験免除を受けられる方で「午後の部」に特化した学習をしたい方
はじめての土地家屋調査士講座 初めて土地家屋調査士の学習をする方で
数学・作図・関数電卓・六法などに不安を感じる方
測量士補合格パック 午前の部の試験免除を受けたい方

初心者向けコースでは効率よく基本的な内容から学習することができ、測量士補などの午前の部の免除資格を持っているかなど自分の状況に合わせたコースを選ぶことができます。

学習経験者向けコース

学習経験のある方向けのコースでは自分の弱点や課題点である部分を補うことができるコースが用意されています。

学習経験者向けコース一覧
コース おすすめな方
フルコース 択一と書式の得点が不安定な方
コンパクトコース 択一と書式の解答をスピードアップさせたい方
書式強化コース 作図・計算スピードをスピードをアップさせたい方
ベースアップコース 知識不足を痛感していて基礎から学び直したい方

自分の苦手分野について学び直すことができるため、効率の良い学習を行うことができます。

また、これらのコースに含まれる以下の単科講座やオプション講座をそれぞれの用途に合わせて受講することも可能となっています。

LECの土地家屋調査士講座の料金

LEC_土地家屋調査士講座_料金

上述では土地家屋調査士講座のコース内容について説明をしてきました。では、LECの土地家屋調査士講座の料金体系はどのようになっているのでしょうか。

こちらではコースごとの料金と割引制度について表でまとめたので確認してみて下さい。

初心者向けのコース料金と学習経験のある方向けのコース料金と割引制度は以下の通りです。

初心者向けコースの料金

初心者向けコース料金
コース 料金(税込)
土地家屋調査士&測量士補W合格コース(通信) 379,500円
土地家屋調査士&測量士補W合格コース(通学) 451,000円
土地家屋調査士&測量士補W合格コース 民法既習者向け(通信) 330,000円
土地家屋調査士&測量士補W合格コース 民法既習者向け(通学) 385,000円
土地家屋調査士合格コース(通信) 320,100円
土地家屋調査士合格コース(通学) 376,200円
土地家屋調査士合格コース 民法既習者向け(通信) 270,600円
土地家屋調査士合格コース 民法既習者向け(通学) 310,200円
はじめての土地家屋調査士講座 24,750円

講座の価格設定は20万円前半〜40万円台となっています。

「はじめての土地家屋調査士講座」は、土地家屋調査士について学習する前で行う定規の使い方や数学が苦手だという方向けの基礎を学ぶ講座のため、料金が24,750円となっています。

学習経験がある方向けコースの料金

学習経験向けコース料金
コース 料金(税込)
フルコース 379,500円
コンパクトコース 204,600円
書式強化コース 226,600円
ベースアップコース(通信) 352,000円
ベースアップコース(通学) 407,000円

こちらも初心者向けコースと同様に20万円前半〜40万円台の価格設定となっています。
通信形式だと通学に比べて料金が安くなっているため、費用を安く抑えたい方にもおすすめです。

割引制度

LEC_土地家屋調査士講座_割引制度

LECの土地家屋調査士講座には初心者向けの講座と学習者経験のある方向けの講座の両方で、割引制度が用意されています。

割引制度を活用することでお得にLECの土地家屋調査士講座が受講することが可能です。

下記にはそれぞれの割引制度と受験料返還制度について説明をしていきます。

初心者向け講座の割引制度

初心者向けコース
割引制度 割引内容 割引対象者
資格説明会参加者割引 一般価格から5,000円割引 無料講座・資格説明会などのイベントに参加した方
他資格合格者割引 一般価格から20%割引 測量士・測量士補などの対象資格を取得している方
LEC受講生割引 一般価格から20%割引 過去にLECの有料講座を申し込んだ方
測量士補試験受験者割引 一般価格から20%割引 測量士補試験を受験された方
他社乗り換え受講割引 一般価格から20%割引 過去にLEC以外の予備校で土地家屋受験
対策コースを受講したことのある方
学生割引 一般価格から30,000円割引 大学、短大、専門学校などに在学している学生

上記のようにLECの土地家屋調査士講座では割引制度が用意されているので、申し込みをする際には自分がどの割引制度を受けることができるかをしっかりと確認をして申し込みをしましょう。

学習経験者のある方向け講座の割引制度

学習経験向けの講座
割引制度 割引内容 割引対象者
早期申込割引 一般価格から10%割引 期間中に対象コースお申込された方
公開講座参加者割引 5,000円割引 公開講座などのイベントに参加した方
LEC再受講割引 一般価格から20%割引 過去にLEC土地家屋調査士の有料講座を申し込まれた方
他社乗り換え受講割引 一般価格から15%割引 過去にLEC以外の予備校で土地家屋調査士受験対策コース
パックを受講されたことのある方
事務所従事者割引 一般価格から15%割引 土地家屋調査士事務所や測量士事務所などに勤めている方

こちらのコースも初心者コースと同様に割引制度が用意されていて、事務所に従事されている方も割引制度が受けられるようになっています。

受講料返還制度

LEC土地家屋調査士講座の学習者向けコースを申し込み、最終合格された方には受講料返還制度が用意されています。

学習経験者向けコースを受講した場合、以下の条件を全て満たせば通学・通信共に受講料が全額返還されます。

①対象期間内に学主者向けコースに申し込み、土地家屋調査士試験に最終合格
②合格体験記の執筆に協力いただける方
③所定の期間内に所定の方法で返還申請手続きを終える

このような受講料返還制度があれば学習のモチベショーンも維持しやすいですし魅力的です。

LECの土地家屋調査士講座のメリットとデメリット

LEC_土地家屋調査士講座_メリット・デメリット

LECの土地家屋調査士講座は20代から50代と幅広い年齢層の人に利用されています。多くの方が利用しているのにはメリットが多くあるからです。

ただメリットがある一方で当然デメリットもあります。

下記ではLECの土地家屋調査士講座におけるメリットとデメリットを紹介していくのでどの予備校を選ぼうか迷っている方は、是非予備校選びの参考にしてみてください。

LECの土地家屋調査士講座のメリット

ここではLECの土地家屋調査士講座のメリットをご紹介します。

LECの土地家屋調査士講座のメリットは以下の通りです。

  1. 効率よく学習が行える
  2. 質問制度で理解を深められる
  3. 学習スケジュールが立てられている

①効率よく学習が行える

LECの講師は予想問題の的中率の高さや解答速報の正確さなどで高評価を受けている実力のある講師から指導を受けることができます。

講義を受講していく中で講師が重要な箇所をA・B・Cとランクを分けて説明してくれるため、重要ポイントを理解しながら学習を進めることが可能です。

どの講師も土地家屋調査士試験の出題傾向を分析した上で、学習範囲を的確に絞り込んだ効率的な指導をしてくれるため、講師の当たり外れもなく、安心して受講することができます。

②質問制度で理解を深められる

LECでは分からないところがあれば質問ができる「教えてチューター」や「教えてメイト」という魅力的な質問制度があります。

「教えてチューター」ではLECフォロースタッフに学習において分からないことを質問することができます。

「教えてメイト」では受講生同士で質問、相談の共有や互いの質問への返答などができる質問制度です。

このように、疑問を解決できる環境や受験生の質問に回答することができるので、知識の定着ができ学習の質を高めることができます。

③スケジュール作成の手間が省ける

学習をしていこうと考えていても何から始めたらいいか分からない方も多いでしょう。特に、通信講座を受講されている方は学習が遅くれていないか不安になることもありますよね。

LECでは学習スケジュールが事前が立てられているので、何から学習したらよいか分からない方でもLECのスケジュールに合わせて学習を進めることができます。

1つの講義ごとに日付が決められているため、プライベートや仕事・学業との予定も立てやすくなっているので受講しやすく、続けることができるというメリットがあります。

スケジュールを考え作成する手間が省けますし、学習スケジュールを立てることが苦手な方でも安心して学習を進めることができます

LECの土地家屋調査士講座のデメリット

メリットを知るのも大切ですが、デメリットを知っておくことも重要です。

メリットだけを知っておいていざ実際に受講してみると自分に合わない講座で学習の効率が悪くなる恐れがあるからです。

そのようなことがないようにここでデメリットについて確認しておきましょう。

  1. 講義時間が長い
  2. テキストが白黒

講義時間が長い

LECの土地家屋調査士の「通信講座」は講義時間が長いため、スキマ時間を使った学習が行いにくいという点です。

LECの土地家屋調査士講座の講義時間は、1回の講義で2時間30分あります。
通信講座の多くは15分~30分程度でチャプターが構成されていることを考えるとかなり長い講義時間ですよね。

少しの空き時間で学習すると中途半端なところで学習が中断することになってしまうため、通勤時間や昼休みなどの少しの空き時間を使って学習を進めたいと考えている方は注意が必要です。

しかし、講義の動画はダウンロード可能なので、通勤途中などで長時間視聴したとしても通信量は気にならないという点は嬉しいポイントです。

テキストが白黒

LECで使用するテキストは白黒のテキストになっており好みが分かれるテキストとなっています。

色の入っていない白黒のテキストだとフルカラーのテキストと比べて、使いにくいと感じる方や土地家屋調査士について初めて学習する方にとって難しそうに感じることがあります。

しかし、受講者がテキストに色付けをして完成させていく前提で作られており復習をする際に重要な部分が分かりやすくなっているため、必ずしも使いにくいわけではありません。

3月31日まで最大30%オフ! LECの土地家屋調査士講座はこちら

LECの土地家屋調査士講座の口コミや評判

LEC_土地家屋調査士講座_評判

講座を選ぶ際に、口コミや評判を参考にして予備校を選ぼうとする方が多いと思います。

ホームページの情報だけでは自分に合っているのかイメージしにくいので、口コミや評判は確認することは非常に重要です。

そこでこちらではLECの土地家屋調査士講座の口コミや評判をご紹介します。

口コミの中には、初心者でもわかりやすく学習できる講座内容や、学習カリキュラムの構成を絶賛する声が多く挙がっていました。さらに講師の方の評価も高い口コミも多く、受講された方は満足してLECの土地家屋調査士講座を受講していることがわかります。

LECの土地家屋調査士講座は講義の質や学習カリキュラムの構成に定評のある講座になっているようです。

他の資格予備校との比較

LEC_土地家屋調査士講座_他社比較

予備校を選ぶ際は比較をしてどのような違いがみられるかを確認しておくことも非常に重要です。

さらに比較した上で自分に合っている予備校はどこなのかを考える必要性があります。

比較をすることが大変だと感じる方もいると思うので、こちらではLECと他予備校の違いをご紹介していきます。

料金

こちらではLECと代表的な資格予備校・通信講座の土地家屋調査士講座の料金を比較していきます。

下記にそれぞれの類似している講座の料金をまとめてみました。

料金比較
資格予備校・通信講座名 口座名 料金(税込)
アガルート 入門総合カリキュラム 217,800円
LEC 土地家屋合格コース 319,000円
東京法経学院 土地家屋調査士新・最短合格講座(総合コース) 342,100円
日建学院 本科Webコース 451,000円

最も料金が安い予備校はアガルートです。LECの土地家屋調査士講座の受講費用はやや安いといえる価格になっています。

受講費用を安く抑えたいという方はアガルートでの受講がおすすめです。

サポート

こちらではLECと代表的な資格予備校・通信講座の土地家屋調査士講座のサポート内容を簡単に比較していきます。

サポート内容比較
資格予備校・通信講座名 サポート内容
LEC ・質問制度
・添削指導(有料)、口述試験対策
東京法経学院 ・質問制度
アガルート ・質問制度
・添削指導、口述試験対策
日建学院 ・質問制度なし
・添削指導なし

サポートが手厚いのはLECとアガルートで、質問制度や添削指導などの合格までのサポートが充実しています。

LECやアガルートでは口述試験の対策や、より良い答案を書くためのアドバイスを受けることができ、効果的に得点力を高めることが可能です。

LECは他社の予備校と比較してもサポートが充実しており、手厚いサポートを受けることができます。

合格実績

LECの合格率が全国平均合格率と比べて5倍近い50.0%です。他の予備校の合格実績はどのようになっているかこちらで確認してみましょう。

LECと他社予備校の合格実績は以下の通りです。

合格実績比較
資格予備校・通信講座名 合格率
LEC 50.0%
東京法経学院 65.3%
アガルート 56.7%
日建学院 10.6%

合格実績は上記の通り東京法経学院が最も高くなっています。しかし、東京法経学院は1〜2年ほどの学習期間を設けているため、最短で合格を目指すなら、アガルートやLECを受講すると良いでしょう。

学習期間を長めに設定して合格を目指す方は東京法経学院の受講がおすすめですが、最短合格を目指すのならアガルートやLECの受講がおすすめです。

3月31日まで最大30%オフ! LECの土地家屋調査士講座はこちら

LECの土地家屋調査士講座の評判まとめ

まとめ

・インプット・アウトプットを繰り返す学習方法
・ニーズに沿った講座を選ぶことができる
・20万円前半~40万円台の価格設定
・講座内容や学習カリキュラムの評判が高い
・LECはサポートが手厚い

LECは学習レベルに合わせた講座を選ぶことができ、割引制度もあるためお得に受講することが可能です。

また、初心者の方でもわかりやすく学習できる効率を重視した講座内容のため短期合格も狙うことが可能ですし、学習経験がある方も自分の弱点の要素を対策できる講義が受講できます。

LECの土地家屋調査士講座は非常に丁寧にな説明が各箇所で行われておりサポートが手厚いです。非常に信頼を置ける講座であるといえるでしょう。

どの予備校にしようかなかなか決められずに迷っている方で、少しでもLECの土地家屋調査士講座が気になった方は、是非LECの資料請求をしてみて下さい!

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*