掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

土地家屋調査士は転職はできる?年齢や未経験者が転職する方法も詳しく紹介!

更新日:2022-12-20

土地家屋調査士は不動産関係の登記などを専門知識を活かして申請の手続きを行える国家資格です。

土地家屋調査士の資格を持っていれば土地家屋調査士の事務所に転職することが出来るのでしょうか?

また、転職する場合どのように転職すれば良いのか気になっている方もいらっしゃるかもしれません。

今回の記事では土地家屋調査士の転職が可能なのかや、スムーズに転職する方法などについて詳しくご紹介していきます。

転職に年齢は関係ある?

最初に土地家屋調査士の転職において年齢は関係あるのかについて紹介していきます。

また、何歳までに資格の修得をするべきなのかや土地家屋調査士の平均年齢についても見ていきます。

結論から言えば土地家屋調査士に年齢はあまり関係なく、若い時に取得しても後から取得してもどちらもメリットがあります。

土地家屋調査士の平均年齢は?

土地家屋調査士の平均年齢は56歳となっています。

一般的な定年退職に近い年齢となっていますが、土地家屋調査士は事業形態が個人事業主となっているので資格を保持している限り、定年退職などはありません。

そのため、幅広い年齢層の土地家屋調査士が存在しており、下は20代から上は80代の調査士が現役で活躍しています。

土地家屋調査士の平均年齢は56歳となっていますが、実際は幅広い年齢の層の調査士がいるようです。

40代・50代で転職を目指す場合

40代での転職を目指す場合は、自身の調査士としての経験がある程度豊富であれば事務所から歓迎されます。

経験が豊富であることを買われ、即戦力として迎えられるでしょう。

50代での転職を目指す場合は、さらに多数の業務経験が求められますが転職することが困難になるだけで不可能ではありません。

40,50代でも経験を豊富に積んでいれば転職は可能となっているので、若いうちから経験を豊富に積むようにしましょう。

何歳までに資格を取得するべき?

土地家屋調査士には資格習得において年齢制限はなくどのタイミングでも資格を修得することができます。

土地家屋調査士の転職においては年齢はあまり関係なく、年齢よりも経験の方を重視する傾向があります。

もちろん、早く修得するに超したことはありませんが土地家屋調査士の資格保有者は年齢層が高めなので、自分の年齢を理由に諦めるのはおすすめしません。

体力面や転職することなども考えると30代の内に資格を取っておくと良いですね。

30代から資格を修得したとしても業界の中では若手なので、企業からの需要は高くなっています。

スムーズに転職する方法は?

土地家屋調査士は経験があれば年齢は関係なく転職できること説明しましたが、具体的な転職方法やルートは何を利用すれば良いのでしょうか?

ここでは、土地家屋調査士への転職の具体的な方法やルートについて詳しく紹介していきます。

転職エージェントを活用する

転職先を探す方法の1つとして、土地家屋調査士を専門としている転職エージェントを利用してみるのがおすすめです。

仲介料はかかってしまいますが、自分の経歴やスキルにあった転職先を変わって提案してくれるので内定率も大幅に上がります。

転職エージェントの多くで書類作成の援助や、面接対策も行えるので魅力は多くなっています。

転職サイトを利用する

2つ目の手段として、転職サイトを利用する方法が存在します。

最近は様々な転職サイトがあり土地家屋調査士の専門の転職エージェントではなくでも、求人情報がある場合が多々見られます。

転職サイトは登録しないと見れない求人情報があるので、しっかりとサイトに登録してから土地家屋調査士の求人情報がないか見てみましょう。

土地家屋調査士の求人情報がある可能性が高いので、とりあえず転職サイトに登録して求人情報を確認して自分に合う条件であれば応募してみると良いかもしません。

未経験者が転職する方法は?

資格修得したばかりの未経験者が土地家屋調査士への転職する方法はあるのでしょうか?

次は、土地家屋調査士の資格を取得したが業務経験がない方や、経験が浅い未経験者のための転職方法を紹介します。

未経験でも募集している事務所を見つける

土地家屋調査士の求人の中には未経験者も募集している事務所も一定数存在しています。

そのため、土地家屋調査士の資格を修得して間もない方でも募集している事務所を探していきましょう。

そこでしっかりと経験を積んで土地家屋調査士としての自分の価値を上げるようにしましょう。

頻繁に求人している事務所を探す

次に頻繁に求人情報を掲載している事務所に目を付けることをおすすめします。

頻繁に求人を行っているということは、常に人で不足ということなので未経験者の方でも採用されるケースが多々あります。

しかし、就職後が忙しくなることが予想されるため体力的にも苦しいものとなってきますが、多くの経験を積むことができ、今後のキャリアにもメリットとなってくるでしょう。

土地家屋調査士資格を本気で取りたい方はアガルート

これまで、土地家屋調査士の転職に関する情報について詳しく紹介してきました。

まずは資格の修得を最優先事項として行わなければなりませんが、土地家屋調査士は比較的難易度の高い国家資格となっているので十分な対策が必要となってきます。

独学で行えば費用はあまりかかりませんが、合格するためにはかなりの努力が必要になります。

独学が不安な方は通信講座を利用してみるのも1つの手段となっています。

アガルート通信講座は土地家屋調査士資格において高い成績を誇っているので、詳しく紹介していきます。

信頼できる合格率

アガルート通信講座は令和3年度の土地家屋調査士の試験において高い合格実績を誇っているのが大きな魅力となっています。

土地家屋調査士の試験の全国の平均合格率は10.47%となっていますが、アガルートでは全国平均の2.72倍の36.76%の合格率という驚異的な合格を誇っています。

また、一発合格が難しい土地家屋調査士試験ですが令和3年度のアガルート受講生の28.46%は初回の受験で合格しています。

難易度の高い土地家屋調査士の試験でこれだけの結果を出しているアガルートは信頼できる通信講座となっていますね。

アガルートの合理的なカリキュラム

アガルートでは合理的なカリキュラムが行われており、自分の学習レベルに合わせた講座を選択することができます。

初めて土地家屋調査士の学習を始める方、一度受験して落ちてしまい合格のレベルにもっていきたい上級者向けなど自分のレベルに合ったカリキュラムを利用して見て下さい。

また、単科講座もあり自分の苦手分野を克服したい方向けにおすすめとなっています。

プロ講師とのマンツーマン指導も

通信講座には珍しくプロ講師とのマンツーマンの指導が受けられることもアガルートの通信講座の大きなメリットとなっています。

マンツーマン指導を行ってくれるプロ講師は土地家屋調査士試験を知り尽くした講師で、個人にあった学習方法や学習スケジュールを提案してくれるため、効率よく学習を進めることができます。

プロ講師から指導を受けて確実に合格に近づきたい方はアガルート通信を利用してみるのがおすすめとなっています。

全国平均の約3倍の合格率! 土地家屋調査士・測量士補試験

土地家屋調査士は転職出来る?|まとめ

いかがだったしょうか?今回は土地家屋調査士の転職についてまとめました。

土地家屋調査士は年齢に関係なく転職することができ、転職方法も多数存在します。

しかし、土地家屋調査士試験の難易度は優しくありません。

アガルートアカデミーでは多くの受講生が一回での合格を決めており、高い合格実績を誇っているのが特徴です。

独学での資格対策が不安な方はアガルートのような通信講座を利用してみるのがおすすめです!。

プロ講師とのマンツーマン指導も! 土地家屋調査士・測量士補試験
キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*