掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

行政書士の試験日程は?どこよりも早い令和4年の日程調査!

更新日:2022-08-09

試験日程の確認は資格試験の準備として重要なことの1つです。いつまでにどの程度の勉強をしなければならないのか、といった学習スケジュールは試験当日から逆算して作成するのがセオリーだからです。

特に行政書士のような難関資格になれば、試験日程を把握しておくことの重要性はより高くなります。本記事ではどこよりも早い最新令和4年度の行政書士資格試験の日程を含めて徹底調査しているので、ぜひ最後までご覧ください。


行政書士試験におすすめの予備校・通信講座TOP3

1. アガルートアカデミー

アガルートアカデミー通信講座

0からの学習でも1年間で合格!「必要」だけを選んだテキスト

厳選されたカリキュラムで一年合格へ最短ルート!


>最大30%OFF!< 公式サイトはコチラ

2. スタディング

行政書士

受講料の安価さと、完全モバイルでの受講が特徴的な通信講座

スマホ一つで受講!圧倒的安価さが魅力!


3. フォーサイト

合格率41.3%!生配信でのLIVE受講が特徴的な通信講座

合格率41.3%の生配信で受講できる通信講座


行政書士の試験日程

行政書士_試験日程_カレンダー

行政書士試験は毎年11月第2日曜日に開催されているため、例年通り開催されるなら令和4年度の試験日程は以下のように予想できます。

令和4年度の行政書士試験の日程(予想)

令和4年 11月13日(日) 13時00分~16時00分

以下では行政書士試験の概要や願書配布等の日程について詳しく解説しています。

自分に必要になる部分を漏らすことなく網羅することで試験当日に慌てることがなく済むはずです。落ち着いて試験当日を迎えるために改めて確認しておきましょう。

行政書士試験の概要

運営団体 一般財団法人 行政書士試験研究センター
試験日程 1年に1回、11月第2日曜日に開催(令和3年度は11月14日開催)
受験資格 特になし(年齢、学歴、国籍不問)
試験形式 筆記試験(マークシート、記述式)
受験料 7,000円
合格基準 ①「法令科目」で244点中122点(50%)以上
②「一般知識」で56点中24点(約43%)以上
③全体の合計点数が300点中180点(60%)以上
の全てを満たすこと
受験者数 41,681人(令和2年度受験者数)

令和3年度の行政書士試験の日程一覧

令和3年度(2021年)の行政書士試験の日程は7月6日に公示されました。すでに受験申し込みの締切は過ぎているので今から行政書士を目指す人は最速でも令和4年度(2022年)の試験を受験することになります。

令和3年度入試の受験の申し込みを完了している人のところには10月中旬~下旬ごろに受験票が発送になる予定になっています。受験票は合格発表で自分の結果を照会するためにも必要になります。試験まであと1ヶ月と少しなので最後の追い込みに努めましょう。

試験要項の公示 令和3年7月5日(月)
願書・試験案内配布 7月26日(月)~8月27日(金)
(願書・案内を郵送で請求する場合) 7月5日(月)~8月20日(金)
郵送受験申込 7月26日(月)~8月27日(金)消印有効
インターネット受験申込 7月26日(月)午前9時~8月24日(火)午後5時
受験票発送 10月中旬~下旬
試験日時 11月14日(日)13:00~16:00
合格発表 令和4年1月26日(水)午前9時
合格証発送 2月中旬頃

令和4年度の行政書士試験の日程調査

令和3年度までの複数回の傾向から令和4年度行政書士試験の主な日程の調査を行いました。あくまでも目安となるので「行政書士試験研究センター」の公式HPなどをこまめにチェックするようにしましょう。

試験日時に関しては毎年11月第2日曜日となっています。現状変更の予定はありませんので試験日時はほぼ確定と言って差し支えないでしょう。令和4年度は11月13日です。試験日から逆算して無理のない計画的な試験勉強を行うように心がけましょう。

試験要項の公示 令和4年7月4日(月)
願書・試験案内配布 7月25日(月)~8月26日(金)
(願書・案内を郵送で請求する場合) 7月4日(月)~8月19日(金)
郵送受験申込 7月25日(月)~8月26日(金)消印有効
インターネット受験申込 7月25日(月)午前9時~8月23日(火)午後5時
受験票発送 10月中旬~下旬
試験日時 11月13日(日)13:00~16:00
合格発表 令和5年1月25日(水)午前9時
合格証発送 2月中旬頃

行政書士試験の申込方法

受験_行政書士

こちらでは、行政書士試験の申し込み方法について解説していきます。

申し込み方法は、「郵送申し込み」もしくは「インターネット申し込み」の2つの方法になります。

以下ではそれぞれの申し込み方法について詳しくご紹介していますので、次回の行政書士試験を受験される方は是非参考にしてください。

郵送による申し込み方法

郵送で申し込みをする場合は、各都道府県に受験願書を配布している場所があるのでそちらで受験願書を受け取る必要があります。

受験願書の郵送は以下の手順で行います。

郵送による申し込みの手順

①受験願書に必要事項を記入する
②申込登録画面に必要事項を入力して送信
③顔写真を貼る
④郵便局の窓口から「簡易書留郵便」で郵送する

郵送の注意点は必ず郵便局の窓口から「簡易書留郵便」で郵送することです。決してポスト投函をしないように注意してください。

記入内容に不備があり受験の受付がされない場合は受験願書が返送されますので、記入内容をしっかり確認してから送るようにしましょう。

詳しい申し込み方法についてはこちらの「行政書士試験研究センター」の公式ホームページからご確認ください。
⇒行政書士試験研究センター「受験申込」

インターネットによる申し込み方法

インターネットでの申し込みは「行政書士試験研究センターの公式ホームページ」から行います。

インターネットによる申し込みの手順

①行政書士試験研究センターのHPにアクセス
②申込登録画面に必要事項を入力して送信
③顔写真を登録する
④受験料金を支払う
⑤「登録完了メール」を確認する

公式ホームページにアクセスすると「受験申込み」という欄があるのでそちらをクリックし、続いて「インターネットによる受験申込み」をクリックすると申込登録画面が表示されますので、そちらに必要な情報を入力して送信すると申し込み完了です。

受験料金はクレジットカードの支払いかコンビニ支払いを選択できます。

詳しい申し込み方法についてはこちらの「行政書士試験研究センター」の公式ホームページからご確認ください。
⇒行政書士試験研究センター「受験申込」

行政書士試験の受験の流れ

行政書士試験受験までの流れを確認しておきましょう。締め切りがあるものがほとんどなので忘れずに済ませましょう。

また大まかに日程が毎年決まっているものもあります。自分が受験を予定している年度のケースに当てはめてみると実際に試験を受ける準備をするイメージが湧いてくると思いますのでぜひやってみてください。

受験から合格証受け取りまでの流れ

①行政書士資格試験の要項の公示
②受験願書・試験案内の配布
③受験申し込み
④受験票の受け取り
⑤試験本番
⑥合格発表
⑦合否通知書の受け取り
⑧合格証の受け取り

①行政書士資格試験の要項の公示

当年の行政書士資格試験の日程などの概要が発表されます。他にも試験地・試験場の発表もあります。また試験の日程以外にも各種申込書類の締め切り日なども公開されるので必ず確認するようにしましょう。

近年ではコロナウイルス感染症の拡大に伴い試験会場の変更等が起きる可能性もあるようなので、こまめにチェックするといいでしょう。

②受験願書・試験案内の配布

受験申し込みを郵送で行う場合には受験願書・試験案内を手に入れる必要があります。例年各都道府県の行政書士会や役所、一部の大型書店で配布されます。また試験案内の内容は「行政書士試験研究センター」の公式HPでも確認することができます。

郵送での受験願書・試験案内の受け取りを希望する場合には受付の日程が違うので必ず確認しましょう。なおインターネットでの出願を希望する場合には入手は必要ありません。

③受験申し込み

郵送またはインターネットによって受験の申し込みをすることができます。それぞれ受付の日程が違うので希望する手段に応じて余裕を持って手続きするようにしましょう。

受験料の払込や受験者の顔写真など準備に思いの外手間取る場合も多いようなので、前もって準備しておいて早めに手続きすることをおすすめします。

④受験票の受け取り

受験票は圧着はがきで例年10月中旬~下旬ごろに発送されます。受験票には試験会場や受験番号などが記載されています。試験当日はもちろんのこと万が一に備えて合格発表を確認するときまで手元で大切保管しておきましょう。

⑤試験本番

試験は例年11月の第2日曜日に行われます。試験時間は13:00~16:00の3時間となっています。年に一回しか行われないため後悔のないように全力を尽くしましょう。受験票をはじめとして忘れ物がないように注意することが重要です。

⑥合格発表

合格発表は例年翌年1月の最終水曜日にされます。「行政書士試験研究センター」のホームページに受験番号が公示される他「行政書士試験研究センター」の事務所の掲示板にも張り出されます。受験番号を自分で確認する形になるので、受験票は保管しておいて正確にチェックできるようにしましょう。

⑦合否通知書の受け取り

合格通知書は合格発表が公示されたあとに「行政書士試験研究センター」から合否に関わらず受験者全員に発送されます。試験の細かい点数は合否通知書に記載がされています。

⑧合格証の受け取り

合格証は例年翌年2月中旬ごろに簡易書留郵便にて「行政書士試験研究センター」から発送されます。合格証を受け取ることができれば晴れて行政書士資格を取得できたということになります。

行政書士試験の試験会場

行政書士_試験会場

行政書士試験の試験会場は全国の都道府県に1か所以上設けられており、東京都などの受験者が多いエリアでは5か所以上設けられています。

以下では全国の試験会場をまとめておりますので、受験する地域の試験会場をこちらで確認しておきましょう。

行政書士試験|全国の試験会場一覧

令和3年度の試験会場の一覧になります。新型コロナウイルスの影響や試験場の申込の状況によっては他の会場に変更がある場合があるので受験票にて必ず確認するようにしましょう。

令和4年度以降も同じ試験会場で開催されるとは限りませんが自分が受ける会場のイメージをするためにも一度近い試験場を確認しておくと良いかもしれないですね。

北海道 北海学園大学 豊平キャンパス
ベルクラシック旭川
青森県 青森中央学院大学
岩手県 岩手大学 理工学部
宮城県 TKPガーデンシティ仙台
東北福祉大学 ステーションキャンパス
秋田県 ノースアジア大学
山形県 微笑みの宿 滝の湯
福島県 日本大学 理工学部
茨城県 流通経済大学 龍ケ崎キャンパス
群馬県 高崎経済大学
埼玉県 獨協大学
埼玉大学
千葉県 千葉大学 西千葉キャンパス
東京都 日本大学 法学部 神田三崎町キャンパス
TKP 新橋カンファレンスセンター
大妻女子大学 千代田キャンパス※1
東京都立産業貿易センター 浜松町館
TKP 市ヶ谷カンファレンスセンター※2
TOC有明
ホテルイースト21東京
TOC五反田メッセ
日本大学 文理学部
武蔵大学 江古田キャンパス
神奈川県 青山学院大学 相模原キャンパス
新潟県 朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
富山県 富山大学 五福キャンパス
石川県 金沢医療技術専門学校
福井県 フェニックス・プラザ
山梨県 アイメッセ山梨
長野県 JA長野県ビル
松本歯科大学
岐阜 ソフトピアジャパン(センタービル・大垣市情報工房)
じゅうろくプラザ
静岡県 静岡県立大学 草薙キャンパス
日本大学 国際関係学部(三島駅北口校舎)
愛知県 Aichi Sky Expo(愛知県国際展示場)
三重県 津市立三重短期大学
滋賀県 立命館 びわこ・くさつキャンパス
京都府 みやこめっせ
大阪府 大阪府立大学 中百舌鳥キャンパス
大阪経済大学 大隅キャンパス
兵庫県 神戸ポートピアホテル
シーサイドホテル舞子ビラ神戸
奈良県 奈良コンベンションセンター
和歌山県 県民交流プラザ・和歌山ビッグ愛
和歌山県勤労福祉会館 プラザホープ
鳥取県 鳥取県立生涯学習センター(県民ふれあい会館)
島根県 くにびきメッセ
岡山県 山陽学園中学校・高等学校※3
広島県 広島サンプラザ
山口県 山口県立大学 北キャンパス
徳島県 徳島大学 常三島地区
香川県 香川大学 林町キャンパス
愛媛県 アイテムえひめ
高知県 高知中学高等学校※3
福岡県 福岡工業大学
佐賀県 佐賀大学 本庄キャンパス
長崎県 長崎県勤労福祉会館
熊本県 熊本大学 黒髪南地区
大分県 大分大学 旦野原キャンパス
宮崎県 宮崎県立宮崎工業高等学校※3
鹿児島県 鹿児島建設センター
鹿児島県市町村自治会館
沖縄県 沖縄空手会館
那覇市金城中学校

※1:施設側の要請により女性申込者のみの受付になります。
※2:男性申込者のみの受付になります。
※3:土足厳禁です。上履き、下履き用袋を用意してください。

行政書士とは

行政書士_試験日程_とは

行政書士の試験日程に入る前にまずは行政書士とは何かを確認しておきましょう。

行政書士の基本情報や仕事内容について解説していきます。

行政書士の基本情報

資格区分 総務省が定める国家資格
分野 法律
有資格者※1 ・行政書士資格試験に合格した者
・弁護士、弁理士、公認会計士、税理士になる資格を有する者
・国または地方公務員として行政事務を担当した期間が通算して
20年以上(高等学校、大学等を卒業した者は17年以上)になる者
試験方式 筆記試験
監督 各都道府県知事
人数※2 ・行政書士会員:49480人
・行政書士法人会員:793人

※1:行政書士法より引用
※2:日本行政書士会HPより

行政書士の主な仕事

行政書士は「街の法律家」とも呼ばれ社会生活と密着した法律関連の業務を担当しています。

特に行政と関係する書類の作成や提出の代行、関係事項の相談などが主要な業務です。中でも「官公署に提出する書類の作成・代行」「権利義務に関する書類の作成・代行」「事実証明に関する書類の作成・代行」を担当することが多いです。

身近な例で言えば事業や自動車などの許可証、売買・賃貸借・雇用などの契約書、遺言書や会社の議事録の作成を行うことができます。行政書士がかなり生活に密着した業務を取り扱っていることが分かりますね。

行政書士の試験対策

行政書士_試験日程_悩む

行政書士試験では非常に広大な範囲から幅広い法律の知識が問われます。また法律以外にも時事問題や歴史問題など一般知識を問う問題が出題されることも特徴になっています。

試験範囲と出題形式を併せて確認しつつ試験日程から逆算していつから勉強をはじめるべきかまでまとめて解説します。

行政書士試験の出題範囲

行政書士試験の出題範囲は「法令科目」「一般知識」となっています。そのうち「法令科目」が300点満点中244点を占めます。行政書士業務の基本となる法律に関する問題が出題され、憲法や行政法、民法など幅広い法律の知識が問われます。特に民法と行政法の配点が大きくなっています。

「一般知識」は300点中56点となっています。政治経済や情報通信、文章理解など行政書士の専門知識とは直接関係がない分野で構成されます。全体に対しての配点自体は大きくありませんが、14問中6問以上正解できなければ不合格になってしまいます。また合格者の多くが8問以上正解していると言われており得点源にしたいところです。

行政書士試験の出題形式・合格基準

行政書士試験は複数の形式での出題がされます。

最も多く出題される方式が「5肢択一」になります。「一般知識」を含め全範囲が「5肢択一」で出題されます。問ごとに提示される5つの選択肢の中から、当てはまる(当てはまらない)ものをマークするというです。最も当てはまる(当てはまらない)ものを選ぶ「単純5択」以外にも当てはまる(当てはまらない)ものを複数選ぶ形式も存在します。配点はそれぞれ4点です。

「多肢選択」は憲法で1問、行政法で2問出題されます。各問20個の選択肢の中から問題文の空欄に当てはまるものを選びマークする形です。配点はそれぞれ8点で正解すればするだけ加点されます。

「記述問題」は行政法で1問、民法で2問出題されます。語句や制度などを40文字程度で説明する形の問題です。具体的な採点基準は明示されていませんが、1問20点と配点が大きくまた部分点も加算されることから実は得点源として期待ができる問題です。

合格基準は以下の通りです。

①「法令科目」で244点中122点(50%)以上
②「一般知識」で56点中24点(約43%)以上
③全体の合計点数が300点中180点(60%)以上

3つのうち1つでも満たせないと不合格になりますので少なくとも「法令科目」でも「一般知識」でも最低限の得点が確保できるように勉強しましょう。

行政書士試験に向けていつから勉強するべき?

一般的に行政書士試験に合格するために必要とされている勉強時間は以下の通りとされています。

  • 法律について勉強したことがある人:300~500時間程度
  • 初めて法律について勉強する人:500~1000時間程度
  • 行政書士試験は毎年11月第2日曜日に行われています。もし平日2時間×5日+休日5時間×2日=週20時間と仮定すると、1000時間の勉強時間を確保するためには50週=ほぼ1年かかる計算になります。

    800時間程度と仮定しても40週=10ヶ月ほどかかることになります。つまり法律関連の勉強経験が全くない人が合格するためには少なくとも試験が行われる年の1月ごろには勉強を始める必要があるということです。

    効率的な勉強のコツ

    行政書士_試験日程_必勝

    試験当日までに残された時間を確認したところで実際にどのように勉強するといいのか複数のケースを比較しながら解説していきます。

    自分に合った勉強法を選択することこそが合格への近道だと思いますのでしっかり精査して最も効率的な方法を選ぶようにしましょう。

    独学で合格するためには

    行政書士試験は「独学での合格は不可能」と言われることもあります。しかし実際には独学で合格したケースも数多くあります。ただ出題範囲が非常に幅広く難関試験であることは間違いありません。

    まずはテキストや参考書は必須です。予備校や通信講座を運営している会社から出版されている書籍は試験の出題傾向なども網羅しているため自分に合ったものを精査しつつ複数用意しましょう。

    また行政書士向けの六法全書も用意しましょう。判例や過去問が掲載されているものもありますが、法律自体を調べる用途においては判例や過去問の掲載がないもののほうが効率的なので六法全書も複数用意するとさらにいいです。

    近年ではYouTubeで配信される行政書士試験対策の動画を利用する人も増えているようですが、必ずしも信頼できる投稿者ではない可能性もあるので注意が必要です。利便性は高いですがせっかく割いた時間が無駄になってしまう可能性があります。

    予備校に通う

    独学以外では予備校に通って合格したという人も多いですね。最近では通学コースとオンラインコースがありますが基本的にはオンラインの方が金額は抑えられます。

    一方で通うメリットとしては、他の受験生とのつながりが挙げられます。独学や通信講座にはないメリットなので、受験勉強のモチベーションを保つための選択肢としても適しています。また行政書士として働く人の中には予備校で一緒に勉強していた人と仕事上のやり取りがあったという人もいたので卒業後にもいい影響がありそうです。

    ただ一般的に通信講座に比べて費用が高く、また通学に伴う時間的な制約があるため一長一短と言えます。

    通信講座を受ける

    他にも通信講座で合格したという人も多くいます。予備校に対して費用・時間などのコストが抑えられる一方で独学にはないしっかりとしたカリキュラムやテキストが提供され、講師からの指導も受けられます。近年は送られてきた教材をもとにオンラインで動画講義を受ける形が多くなっています。

    予備校に比べると利便性は高いですが質問に対する講師のレスポンスに時間がかかるなどサポート面は手薄な場合もあります。また基本的にはカリキュラムの消化は自己管理に依存するのでモチベーションを保つ難しさがあります。

    通信講座はアガルート!

    アガルートの「行政書士試験講座」の強みは、46.15%という一般合格率(10%前後)の4倍以上の合格率と1年での一発合格が目指せる点です。加えて令和3年度の出題カバー率は93.48%となっています。

    つまりアガルートのカリキュラムを完璧にこなすことができれば本試験でも93%の得点が期待できるということになります!アガルートの緻密なカリキュラムはかなり信頼できそうですね!

    アガルートの特徴は以下の3つを柱とした徹底的な合理化です。

  • 「最小限に絞った講座体型」
  • 「最良のテキスト」
  • 「使いやすい受講環境」
  • アガルートのネット上での評判については以下のようになっています。

    講師陣の質の高さや、インプットできる情報量の多さとわかりやすさ、利用者思いな点が高く評価されているようでした。他にもフェイスブックを活用した質疑応答システムについて肯定的な意見も多数ありました。

    さらに、ガルートでは非常に細かくカリキュラムが分けられています。つまり、講者のレベルや受験までの期間にあわせて様々なカリキュラムの中から選択して受講できるということです。初心者向けのコースでも1年合格を目指せるので、短合格を目指す方には非常におすすめです!

    また、現在アガルートでは期間限定セールを開催しています。今申し込みをすると、2022年2月24日16:00までアガルートの行政書士試験講座が30%OFFで受講できます!

    アガルートで選べるカリキュラム

    コース 総講義時間 基本料金※1 割引料金※1
    入門総合講義 約164~188時間 168,000円 117,600円
    入門総合講義ライトカリキュラム 約266時間 208,000円 145,000円
    入門総合講義フルカリキュラム 約340時間 238,000円 166,600円
    相賀講師マンツーマンコーチングサロン※2 10ヶ月間毎月1回30分 100,000円
    中上級総合講義 約273時間 248,000円 173,600円
    中上級総合講義ライトカリキュラム 約320時間 268,000円 173,600円
    中上級総合講義フルカリキュラム 約395時間 288,000円 201,600円
    豊村ゼミ【通学】※2 約40時間 50,000円
    豊村ゼミ【通信】※2 約40時間 30,000円
    上級ライトカリキュラム 約132時間 178,000円 124,600円
    上級フルカリキュラム 約206時間 208,000円 145,600円
    速習カリキュラム 約160時間 140,000円 98,000円
    直前対策3講座パック
    73,600円 66,000円

    ※1:記載の料金は全て税抜き価格です。
    ※2:相賀講師マンツーマンコーチングサロンは入門総合講義受講者、豊村ゼミは入門総合講義と中上級総合講義受講者が対象です。

    アガルートではセール以外にも常時割引対象になる場合があったり、富な合格特典で受講料が全額返金になったりします!アガルートの行政書士試験講座が気になったという方はぜひ下のボタンから公式サイトにアクセスしてみてください!

    期間限定30%オフセール実施中! アガルート公式サイトはこちら

    行政書士の試験日程|まとめ

    今回は行政書士試験の日程からいつごろ勉強を始めるべきか、そして勉強のコツに至るまで解説しました。実際の日付が認識できると試験に向けて自分のやるべきことがクリアになってより身が引き締まりますよね!

    試験当日が迫ってきても焦る必要はありません。試験までにしてきた勉強の積み重ねがあれば必ず自分の実力を発揮することができるはずです。今から来年に向けた試験勉強を開始するという人も試験の予想日を参考に逆算して余裕を持って勉強するようにしましょう。

    行政書士試験に向けた勉強をこれからはじめる!という人はまずその第一歩として資料請求してみてはいかがでしょうか?

    キャリアアップにおすすめサービス

    今なら完全無料!年収UPのチャンス!

    おすすめ記事

    コメントを残す

    *