掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

土地家屋調査士の仕事がないって本当?やめとけと言われる理由を調査

更新日:2022-07-27

近年の資格取得ブームの中でも注目を浴びているのが、不動産系資格でも最高レベルの難易度を誇る土地家屋調査士です。

「独立開業がしやすい」「収入アップが狙える」といった声も聞こえる一方で、「土地家屋調査士はやめとけ」といった意見も目にします。

今回はその声の真偽を探るべく、土地家屋調査士として働いていくことの実態を調査してきました。

これから取得に向けて動き出そうか迷っている…という方はぜひご覧ください!

土地家屋調査士を目指すならアガルートアカデミー

アガルートアカデミー通信講座

土地家屋調査士試験は合格率が低く、独学での試験対策はまさに「やめとけ」です。

通信講座であるアガルートアカデミーは

・全国平均を大きく上回る合格率
・手厚いサポートでひとりきりにならない
・合格特典で全額返金

というようにサポートが非常に充実しており、土地家屋調査士試験の一発合格も狙えます。

気になる方はアガルートアカデミーの公式HPをチェックしてみてください!

土地家屋調査士が「やめとけ」と言われる所以

土地家屋調査士 やめとけ

土地家屋調査士に対するネガティブな意見を調査すると、いくつかの要因が浮かび上がってきました。

他の士業と比較してどのようなポイントが敬遠されているのでしょうか。

理由①:屋外での作業が多すぎる

同じ8士業の弁護士などはオフィスで仕事をしている様子を簡単にイメージできますが、土地家屋調査士はどうでしょうか。

1日のスケジュールの内でも外回りや計測を行っている時間も長く、「体力がないとすぐに疲れる」「肌が弱いからすぐに痛くなる」といった声は少なくありません。

また免許を持っているだけではなく日常で運転するレベルの腕前が求められるのも、都心部にお住まいの方にとってはハードルかもしれません。

理由②:普通に土日出勤がある

土地家屋調査士は家と家の土地の境界を確かめるのも大切な業務ですが、主に土日に行われることが多いことから休日出勤が常態化しています。

仮に業務がなかったとしても関連業者から電話がかかってくる事も多く、完全にプライベートを確保したい方には辛い環境と言えるでしょう。

依頼主が平日仕事をしているため仕方ないのですが、これには誰もが不満を感じるはずです。

理由③:繁忙期がとんでもなく忙しい

一般的な会社員の「繁忙期」と土地家屋調査士の「繁忙期」には、実はかなりの違いがあるのです。

土地家屋調査士の大型案件は数百万円と規模が大きく、時期によってはそれが何個も同時並行で進めなければなりません。

もちろん所属する事務所にもよりますが、時期によっては早朝から深夜にわたる勤務があると覚悟する方が多いようです。

理由④:人間関係のトラブルが多い

業務で隣地を訪れることも多いがの土地家屋調査士ですが、その隣の家の方とトラブルが起きるというのは少なくないようです。

人によっては非協力的だったり少しでも得をしようとごねる方もいるらしく、そういった場面で精神的に疲れてしまう方もいます。

土地家屋調査士で「隣地は運次第」と言われるのは、人間関係が絡んでくるからのようです。

「調査士はやめとけ」論への反論

土地家屋調査士 やめとけ

上記のようなデメリットのある土地家屋調査士ですが、現役調査士や資格予備校講師のブログでは反論が展開されています。

こちらではそれを再編し、誰でも分かりやすいように解説します。

反論①:今やブラックが当たり前の業種ではない

近年では働き方改革も進み、ブラックと言われつつある調査士の業態にも変化が訪れつつあります。

就職や転職時にうまくホワイトな事務所を見つけることができれば、代休や育休を始めとした休暇の体制がしっかりと整っていることも多いそうです。

昔のようなきつい労働環境も変わりつつあることから、一概に「やめとけ」とするのは間違いと言えるのではないでしょうか。

反論②:体力・実力は後から付いてくる

土地家屋調査士は独立を目指す方が多いですが、ほとんどの方はまずどこかの事務所に所属して研修の期間に入ることになります。

その期間は誰でも0からのスタートで、一定期間の研鑽を積めば誰でも一線で活躍できる調査士に成長できるはずです。

弁護士や司法書士なども最初は法律事務所に所属するのが大多数のため、調査士に関しても新人教育が手厚い事務所に所属することが重要となっています。

土地家屋調査士のデメリットは薄まりつつある

確かに他の士業と比較すると外での活動が多い土地家屋調査士ですが、昔でありえたような黒めの勤務形態は終わりつつあります。

また形の残る仕事をすることでやりがいを感じられることも多く、調査士という仕事を好きになっている方がかなり多い印象を受けました。

続いては、土地家屋調査士に対するもう1つの意見を深掘りしていきます。

土地家屋調査士の仕事がないって本当?

土地家屋調査士 やめとけ

また「土地家屋調査士はやめとけ」に並んで見られる意見として、「土地家屋調査士の仕事がない」という声もあります。

なかなかショッキングな内容ですが、果たしてこの言葉は本当なのでしょうか。

「土地家屋調査士の仕事がない」の意味

「調査士の仕事がない」と主張される最大の理由は、景気の悪化によって不動産関連の取引が減少し活躍の場が減っているという状況です。

バブル期には頻繁に建物が取引され新しいビルが次々と立てられましたが、近年ではその動きも沈静化しています。

特に人口の大きな比率を占める高齢者の方は不動産の取引を行うことはあまりないため、「これから仕事が減っていくのではないか」と懸念している方が多く見られました。

最近では調査士に新たな活躍の場も

上記のような主張は確かに正しいですが、一方で「調査士には新たに活躍できる場面も増えるのではないか」という声も多く聞こえます。

というのも今後団塊の世代が2022年から75歳と後期高齢者のフェーズに入るため、相続による土地の売買や分筆が増えることが予想されているのです。

また最近では市民の法リテラシーが高まったことで土地間での境界を定める依頼も増えていることから、土地家屋調査士の仕事がなくなるのは現実的な話ではないと言えるでしょう。

将来性があるのに受験生が減っている理由

土地家屋調査士 やめとけ

まだまだ将来性や仕事のある土地家屋調査士ですが、最近では受験生数が大きく減少しているようです。

試験についてさらなる情報を深掘りして、その理由を分析してみましょう。

そもそも資格の認知度が低い

「士業」と聞いて思い浮かべられるのは、世間的にも認知度の高い弁護士や司法書士、行政書士や税理士などです。

そもそも土地家屋調査士は認知度が低く「調査士になる」という選択肢の存在を知らずに働いている方も多く存在するため、受験生が増えにくいとされています。

また近年ではブルーワーカーを敬遠する方が多く、なり手が少ないというのも大きな理由かもしれません。

ただ逆に言えば今後同業他社での競合が少ないということにもなりますので、やる気がある方にとってはこれ以上ない年収アップのチャンスとも言えます!

難易度が高いのも理由の1つ

また令和2年度の10.36%という最終合格率に見られるような、高すぎる難易度も受験生離れの一因です。

この数字は近年で見ても最高レベルで、例年の平均合格率はわずか8%~9%となっています。

最近の資格ブームではまず合格率の高いものが人気になる傾向が強く、他資格と比較して合格難易度の高い土地家屋調査士には受験生が集まっていないといえるでしょう。

とはいえ合格できれば専門性のある業務・独立で年収アップが狙える土地家屋調査士という選択肢を諦めるのは早計です。

確実に合格を目指すなら通信講座

実際の試験では択一問題だけだはなく書式という製図の問題も出題されるため、独学での対策はほぼ難しいと言えます。

最適な参考書があまりない上に記述問題では高校数学の範囲の知識も必要となるため、効率よく対策を進めないと合格は難しいでしょう。

最近では受験勉強中の方や合格者の中で、お手頃な価格で初学者でも合格を目指せる通信講座を受講している方が増えているようです。

土地家屋調査士は他の士業に比べて、「独学で合格する人」はとても少ないです。参考書や学習テキストがあまり充実しておらず、一人で必要な情報量に触れることがなかなか難しいからです。
なので初めて勉強される場合は、学習塾や通信講座に通うなどして効率よく学習を進めることが最短かもしれません!
引用:Twitter

資格広場では数ある通信講座の中でもメリットの多い講座をご紹介しているため、気になった方はぜひ最後までご覧ください!

土地家屋調査士合格を目指すならアガルートで

アガルート 土地家屋調査士

ライバルも減り合格率が上がってくる中で、独学で製図といった対策を行うのは非常に困難です。

予備校や通信講座を利用することで試験対策を行うことがおすすめですが、資格広場一押しの通信講座であるアガルートの『土地家屋調査士試験講座』をご紹介します!

アガルートアカデミーは主に難関国家試験の対策講座を開講している通信講座ですが、合格率の高さと豊富なサポート、そして豪華な合格特典が特徴です。

アガルートで土地家屋調査士試験の最短合格を目指しましょう!

敏腕講師による合格率50%越えの講義

『土地家屋調査士試験講座』では土地家屋調査士試験を全国1位で合格した経歴を持つ中山祐介講師から、最短で合格を勝ち取るための知識を学べます。

講師自らが手がけたテキストと講義の完成度はトップレベルで、令和3年試験において、初受験で合格した受講生は28.46%、全国平均の2.72倍となっています。

さらに複数回受験者の合格率も36.76%で全国平均の3.51倍。どんな方でも合格が目指せるアガルートは非常に魅力的です。

講師による手厚いサポートで学習を継続できる

アガルートの土地家屋調査士試験講座では定期カウンセリングを受けられ、月に1回30分程度、講師と直接話して学習の進捗状況や疑問点を解消できます。

毎月の学習計画を立ててもらえるので効率的な学習ができ、オーダーメイドの講義もその場で受けることができます。

さらに普段の質問は無料で何度でも行え、よくある質問や悩み、最新の法改正は月1回の動画配信でフォローします。

通信講座ながら直接のサポートが受けられるのはアガルートの強みであり、高い合格率の所以でもあります。

測量士補試験とのダブル合格も狙える

土地家屋調査士試験は特定の資格を持っていることで午前の部を免除することができ、受験生の多くは午前の部を免除しています。

対象資格のうちの一つが測量士補試験であり、土地家屋調査士試験の後全部よりも簡単と言われるため、測量士補を取得してから土地家屋調査士試験に望むといいでしょう。

アガルートではこの2つの試験対策が一つになったカリキュラムを展開しているため、一切の無駄なく測量士補の資格取得後、同年中に土地家屋調査士試験に挑めます。

土地家屋調査士を目指すなら、測量士補の資格取得も同時に目指しましょう。

超充実した合格特典制度

アガルートの最大の特徴として、「講座を受講して合格すれば最大で全額返ってくる」という点が挙げられます。

・合格通知書データの提出
・合格体験記の提出
・合格者インタビューへのご出演

試験合格後に上記の条件を満たすだけで、受講料が全額返金されるというのはまさに破格の条件です。

「インタビューに出演するのはちょっと……」という方は、合格通知と体験記を提出すればダブル合格なら5万円、土地家屋調査士試験合格なら3万円をお祝い金としてもらえます。

講座料金が実質タダになるキャンペーンは破格ですので、金額が高いと思っている方も合格を目指して頑張りましょう。

本日、アガルートアカデミーから土地家屋調査士合格特典の「受講料全額返金&合格お祝い金」が振り込まれました。
受講料を分割払いすると当然手数料が発生しますが、アガルートさんったらその分をお祝い金としてプラスして返してくれるんですよ!なんたる優しさ…😭
本当にありがとうございました!
引用:Twitter

このお金で別の資格講座を取るもよし、お買い物に使うのもよしと夢が広がりますね!

土地家屋調査士はやめとけ|まとめ

今回はインターネット上などで見られる、社会調査士への意見についてその真偽を調査しました。

もちろん土地家屋調査士は大変な仕事ですが、その強すぎる偏見は間違っているというのが結論です。

現在では様々な待遇が改善されている職場も多く、しっかりした知識と経験を積めば誰でも活躍できる職種と言えます。

この記事を読んで受験する気持ちが固まった方は、ぜひアガルートの講座を受講して最短で合格を狙ってみてください!

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*