掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

パーソナルスタイリストとはどんな仕事?資格試験の難易度は?

更新日:2021-08-23

パーソナルスタイリストとは、一体どのような職業かご存知でしょうか?
「街角ファッションチェック!」のようなテレビ番組の企画に出てくる人を、見たことがある人も多いと思います。

パーソナルスタイリストは、ファッションに関するアドバイスを行うプロとして、人々の要望や悩みを喜びに変える仕事です。

今回は、パーソナルスタイリストの仕事内容とは?資格は必要なのか、気になる難易度などを解説していきます!

パーソナルスタイリストとは?

カラフルなネクタイ

パーソナルスタイリストとは、一般の顧客個人に対して、ファッションをトータルでコーディネートする仕事です。

パーソナルスタイリストの仕事は、スタイリストの仕事に近いですが、顧客が異なります。

また顧客の対象が広いため、パーソナルスタイリストとしてスタイリングのサービスを提供するには専門的なスキルが必要になります。

パーソナルスタイリストとスタイリストとの違い

スタイリストは、芸能人やモデルのメディアへの出演に際して、彼らを顧客としてトータルコーディネートを行う仕事です。

一方、パーソナルスタイリストは、
「自分に合うファッションを教えてほしい」「こういう場面でどういう格好をすればいいか分からない」などのニーズや悩みを持つ一般の個人を顧客としてトータルコーディネートを行う仕事です。

パーソナルスタイリストの仕事とは?

パーソナルスタイリストの仕事は、顧客となる一般人の魅力を最大限に引き出して、ファッションをトータルコーディネートすることです。

ここでは、パーソナルスタイリストの仕事は実際どのようなものなのか、独立して活動は可能なのか、についてご紹介していきます。

パーソナルスタイリストの仕事内容

パーソナルスタイリストの仕事内容は、大きく3つの業態に分かれます。

パーソナルスタイリストとして企業に就職すれば、また業務が多岐に渡りますが、一般的な仕事内容は大きく3つに分けることができます。

パーソナルスタイリストの3つの業態は下記になります。

サロン型

顧客へのカウンセリングや一般向けのスタイリング講習会をするサロン型です。

サロン型では、トレンドの傾向やファッションの基礎知識、スタイリング論などのファッションを理解してもらうためのカリキュラムを立てて指導していきます。

販売型

セレクトショップのような代理店や自身のブランドの店舗を設けて販売する販売型です。

販売型は、店頭に立って接客販売を行うため、お店で扱う商品知識はもちろんのこと、ブログの更新をするなど宣伝活動を担う場合もあります。

ショッピング同行型

顧客の要望や悩みをヒヤリングして、一緒に買い物をしながら似合う洋服を提案するショッピング同行型です。

ショッピング同行型は、顧客とのアポイントを取ることから、お店の選定などショッピングに同行する以外の準備を入念に行います。

パーソナルスタイリストに関する資格

特別な資格がなくても、パーソナルスタイリストになることはできます。

しかし、パーソナルスタイリスト検定資格のほかにも、持っておくと顧客の信用を得るときや仕事に役に立つ資格があります。

ここでは、パーソナルスタイリストに関する資格をいくつかご紹介していきます。

色彩検定

色彩検定は、公益社団法人色彩検定協会(AFT)が実施している「公的資格」です。

色に関する理論や知識を証明する資格で、最近ではファッション業界の人や一般職種の社会人にも幅広く受け入れられている資格です。

色彩検定は認知度・信用度が高いため、販売、企画、事務といった職種の人達をはじめ一般社会人でも資格を持っている人は多くいます。色彩の知識はデザイナーと呼ばれる人たちだけではなく、様々な業種で必要とされるスキルです。

カラーコーディネーター検定

カラーコーディネーター検定は、商工会議所が実施してる「民間資格」です。

色の性質や特性などの知識を身に付けて、色の持つ効果を最大限に活かすことのできる実践的な資格です。

カラーコーディネーター検定は、東京商工会議所が実施する、仕事や生活に役立つ実践的な色彩の知識を学ぶことができる検定試験です。色の魅力を引き出す能力を持つカラーコーディーネーターは多岐にわたる分野での活躍が期待できる資格です。

パーソナルデザインアドバイザー

パーソナルデザインアドバイザーとは、パーソナルデザイン協会が実施する「民間資格」です。

お客様となる顧客に似合う色、お客様の骨格や顔タイプを分析して、第三者の立場からアドバイスする能力を証明する資格です。

パーソナルデザインアドバイザー(PDA)とは、当人に似合うファッションを第三者の立場から提案する仕事です。この記事ではパーソナルデザインアドバイザイナーになるための資格、仕事、収入などをまとめました。

パーソナルスタイリストは資格が必要って本当?

パーソナルスタイリストとして活動すること自体に、特に資格や学歴は必要ありません。

そのため、誰でもパーソナルスタイリストと名乗ることは可能です。

しかしながら、パーソナルスタイリスト・パーソナルスタイリスト検定には商標が存在するため、その呼称を避けて活動する人もいるようです。

ここでは、商標登録の制度とはどのようなものなのか?ついて若干触れつつ、パーソナルスタイリストに資格が必要か説明していきます。

パーソナルスタイリストの商標の範囲

商標とは、個人や企業が取り扱うサービスを、他の個人や企業のサービスと区別すること示す目印・マークのことを言います。

パーソナルスタイリストは、ロゴマークとしての商標登録であり、原則「パーソナルスタイリスト®」という表示があれば商標として用いたことになります。

例えば、下記のような使い方をすると登録商標を侵害していることになります。

・雑誌のタイトルに使用する
・洋服のブランドに使用する
・販売事業者の名称に使用する

しかし、「パーソナルスタイリスト」という名称は、そもそも商標登録できない「一般名称」にあたるため、誰でも名乗ったり使うことも可能です。

パーソナルスタイリストは資格が無くても名乗れる

パーソナルスタイリストとして、ファッションに関するコンサルティングを行うことに、商標上の制約を受けることはありません。

この商標の所有者であるパーソナルスタイリスト協会の「パーソナルスタイリスト検定」資格を取得していなくても、誰でも名乗って活動することができます。

とはいえ、「パーソナルスタイリスト検定」は、パーソナルスタイリストになりたい人にとっては、顧客獲得や活動していく上で十分な存在意義があると言えるでしょう。

パーソナルスタイリスト検定資格の難易度はどのくらい?

セレクトショップ

パーソナルスタイリストになるために必要な資格は存在しません。

しかし、パーソナルスタイリストとして十分な能力を示すことが出来る資格として、「パーソナルスタイリスト検定」が存在します。

ここでは、その代表的な資格試験であるパーソナルスタイリスト検定の仕組みや難易度について説明します。

パーソナルスタイリスト検定の仕組み

パーソナルスタイリスト検定は、パーソナルスタイリスト協会によるパーソナルスタイリスト認定試験です。

4級から1級の順にステップアップしていく形式で、1級取得者は定期的な資格更新講座を受けます。

4級と3級は、試験会場やインターネット受験が可能で、2級以上から実技試験があり、2級試験は1次・2次試験と分かれています。

試験については、選択式の全50問の問題を制限時間50分の構成となっていて、正答率70%以上で合格となります。

出題範囲は、ビジネスマナー・ファッション・スタイル・素材・色・ヒストリー・カルチャー・美容・心理となっています。

さらに3級に関しては、これに加えて500字の小論文が課され、「パーソナルスタイリスト®」のプロとして認定されるのは、2級合格者以上となっています。

パーソナルスタイリスト検定の難易度

難易度ですが、しっかり対策を積めば合格が可能と言えるでしょう。

ただし、出題範囲が多岐にわたるため、これまでにファッション業界にいた人も他の分野の勉強が必要なため、一筋縄ではいかないでしょう。

また4級は、正解率70%で合格する絶対評価となり、3級はこれに加えて小論文、2級はさらに実技試験が課されます。

試験は、選択式の問題の難易度の上昇はもちろん予想されますが、評価基準が増える分、必然的に難易度は上がるでしょう。

合格率ですが、3級が75%・2級が75%・1級が50%前後となっています。

パーソナルスタイリストになるための学校、独学方法とは?

パーソナルスタイリスト検定は、4級・3級レベルであれば独学で対策をすることが十分に可能でしょう。

さらに、パーソナルスタイリスト検定を受けるという選択肢以外にも、
パーソナルスタイリスト養成学校の修了認定という流れで資格取得する選択肢も存在します。

ここでは、パーソナルスタイリスト検定の養成学校と資格講座をいくつかご紹介していきます。

パーソナルスタイリストの学校

近年パーソナルスタイリストという職業が浸透してきているため、パーソナルスタイリストに関する養成学校や講座が増加傾向にあると言われています。

服飾コースのある高校や服飾系の専門学校でも、もちろん学べますが、ここでは短期間で集中して学べる養成学校についてご紹介していきます。

フォースタイルパーソナルスタイリストスクール

FPSSは、初心者からパーソナルスタイリストとして独立開業するまでの間、かなり手厚い指導が行われていることで有名です。

また、独自の服装心理学を取り入れていることも特徴の1つで、修了時にパーソナルスタイリストの資格も取得できます。

現場実践や顧客獲得などといった「稼ぐ力」身に付けたい人にオススメです。

パーソナルスタイリストジャパン

PSJは、カリキュラムがとても緻密に組まれており、パーソナルスタイリストとして必要な素養が体系的に身にけられると言えるでしょう。

プロに直結した内容で、顧客に対するスタイリングの本質を学ぶことができます。

夢を持って、ワンランク上のパーソナルスタイリストを目指す人にオススメです。

ICBインターナショナルパーソナルスタイリスト養成スクール

ICBでは、「パーソナルカラーアナリスト養成講座」と「骨格診断ファッションアナリスト養成講座」という2つのアプローチから、パーソナルスタイリストとして必要なスキルを学ぶことができます。

芸能人やモデルを対象とするスタイリストから、パーソナルスタイリストに転向する人が多いため、基本の必要となるスキルは、スタイリストと同様といえます。

そのため、他のパーソナルスタイリストと差別化を図りたい人が修行を積む選択肢としてオススメです。

パーソナルスタイリスト検定の独学方法

パーソナルスタイリスト検定は、ユーキャンの通信講座で学ぶことができます。

全4回ある講座の添削課題で合格すれば、パーソナルスタイリストベーシックの資格が得られます。

この資格があれば、本家の3級からの受験が可能になるため、実質的に4級と同等の資格であると言えるでしょう。

また3級に関しても、協会から対策用問題集が電子書籍で発売されており、3級受験者向けの講座も学ぶことができます。

パーソナルスタイリスト検定試験自体は、しっかりと対策すれば十分に合格可能のため、独学で取得する人も多いです。

パーソナルスタイリストの独立

パーソナルスタイリストは、特定の資格を必要とする仕事ではないため、名乗れば誰でも独立して活動することができます。

しかし、独立開業しても集客がうまくいかず、立ち行かないケースが多いようです。

そのため近年は、インターネットを通してSNSやブログで役に立つ情報を発信して集客し、顧客獲得やリピーターを獲得しているパーソナルスタイリストも多いです。

独立自体は簡単にできますが、成功するためには、パーソナルスタイリストとしての力量と実績はもちろんのこと、現実可能なビジネスモデルの確立が条件となるでしょう。

パーソナルスタイリストに求められるスキル

実際にパーソナルスタイリストは、顧客の顔の形や体形・肌・髪・瞳の色などを分析して、顧客の要望に沿ってヘアスタイルやメイク、ファッション全体の視点から最適な提案を行います。

一般の個人を顧客とするパーソナルスタイリストには、トータルコーディネートに必要なファッションやヘアスタイル、メイクに関する知識はもちろん必要です。

しかし、もっとも大事なスキルは、顧客の特徴やニーズを分析する力です。

そして、顧客に対して安心感と満足感を与えられれば、リピートする確率が上がるため、いかにリピートしてもらえるかが収入を大きく左右するでしょう。

パーソナルスタイリストに向いている人

実際、パーソナルスタイリストに向いている人とは、一体どのような人なのでしょうか?

パーソナルスタイリストになりたいと思う多くは「おしゃれがすき」な人です。

「人と関わること」や「人に教えること」が好きで、顧客と一緒におしゃれを楽しむことができる人は向いていると言えます。

また、流行に左右されやすい業界でもあるため、日々ファッションについて研究して、自分自身を磨き続ける勉強熱心な人も向いているでしょう。

パーソナルスタイリストとして、他の同業の人と差別化を図るためにも、自分のスタイルを見極め確立することが大切です。

パーソナルスタイリストに向いているタイプを下記にまとめました。

【パーソナルスタイリストに向いているタイプ】

・おしゃれがすきな人
・人と接することが好きな人
・人に教えることが好きな人
・アンテナを張って情報を集められる人
・勉強熱心で自分を磨き続けられる人


パーソナルスタイリストの仕事まとめ

いかがでしたでしょうか。

パーソナルスタイリストの仕事内容とは?資格は必要なのか、難易度はどのくらいなのか、などについて解説させていただきました。

パーソナルスタイリストの仕事は、ファッションを通じて人を笑顔にする仕事です。

衣食住の「衣」を担っているファッション業界ですが、これからも人々の関心から無くなることはないと考えられるため、
パーソナルスタイリストとしての地位を確立できれば、キャリアアップや収入アップも十分に可能と言えます。

自分自身の能力を示す資格を持つことは、顧客との信頼関係において、とても重要であると言えるでしょう。

「パーソナルスタイリスト検定」の資格取得に、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

おすすめ記事

コメントを残す

*

*