資格広場資格広場

         掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

税理士試験は一発合格可能?初心者でもOKの勉強方法まとめ

masman

by oka

更新日:2019-10-25

難関と言われる国家試験のひとつ「税理士試験」に一発合格は可能なのでしょうか?働きながら、初心者でもできる勉強方法や独学のコツ、試験の内容を徹底的にご紹介します!

       

難関として有名な税理士の資格ですが、一発合格する方法はあるのでしょうか?また、初心者が効率的に勉強する方法にはどのようなものがあるのでしょうか。

今回は税理士の仕事内容や一発合格できるのかどうか、また、勉強方法について解説します。

税理士は税理士法に定められた国家資格です。資格を有するためには税理士試験に合格する等の条件を満たす必要があります。

税理士ってどんな仕事?

税理士の仕事内容

税理士とは、顧客に代わって確定申告税務調査の立会い不服申立てなどの税務代理をしたり、税務署に提出するための書類を作成したりする職業・資格を指します。

また、税に関する各種相談や財務書類の作成などもおこないます。

そのほか会計に関する専門家として、中小の株式会社の役員として活躍する場合もあります。

税に関する専門家として社会貢献できる仕事だと言えるでしょう。

また、独立して顧客が付くようになれば高収入も望めますので、「数字に強い」「将来的に独立して稼ぎたい」と思われている方に向いている職業でもあります。

税理士になるにはどうしたら良い?

税理士になるには、一定の条件を満たす必要があります。

まずは「税理士試験に合格した、もしくは免除された者であること」。

これには条件があり、租税または会計に関係する事務の経験が2年以上必要です。

もしくは「弁護士、弁護士となる資格を有する者」「公認会計士であることを認められた者」であることが求められます。

これらの条件からも分かるように、税理士と名乗るためにはかなり高いハードルを乗り越えなければなりません。

現に、税理士の資格試験に合格するには5科目全てで6割以上正解しなければなりませんが、全ての科目における合格率は約10%〜20パーセントと低いものになっています。

国家資格の中でも超難関と言って差し支えないでしょう。

税理士は一発でも合格できるの?

税理士試験に一発合格出来るか出来ないか?と問われれば「できます」。

実際に税理士試験に一発合格した方もいらっしゃいますが、それは新聞や税務会計の専門誌等に載るほど稀なことです。

また、一発合格した方の中には「数年学習してから受験した」など十分な準備期間を経てチャレンジした方もいらっしゃるようです。

税理士の資格試験の特質上、5科目を少しずつ、複数年かけて合格する人が多いです。

一発合格する確率はかなり低いとはいえ「一発合格するんだ」という強い気持ちで学習に励めば、より早い税理士資格の取得につながるでしょう。

税理士試験の内容

税理士試験は11科目の中から5科目を選択して受験します。内容を詳しく見てみましょう。

会計(必須)科目

簿記論…企業経済活動の記録・計算などを問われる科目です(計算問題のみ)。
財務諸表論…主に株主に報告する「財務諸表」の作成方法や理論についての科目です。

選択必須科目

所得税法…個人に課せられる国税について。
法人税法…法人に課せられる国税について。

選択科目

相続税法…相続や贈与などの際、財産取得者に課される国税について。
消費税法…商品売買、サービスの提供の際にかかる税について。
国税徴収法…国税を徴収するための手続きや方法について。
固定資産税…土地や宅地、事業用の償却資産に対して課税される地方税について。
住民税…都道府県や市区町村が住民に課す税について。
酒税法…アルコール1%以上の飲料である「酒類」に対して課税される国税について。
事業税…法人または個人の事業活動に対して課税される税について。

以上のような内容の科目となっています。

必須科目の「簿記論」と「財務諸表論」、そして必須選択科目の「所得税法」と「法人税法」は、同様の内容が多いために並行して勉強する人が多いようです。

また税理士試験を受験するには、「会計に関する事務に2年以上従事した者」「法律学又は経済学を1科目以上履修した者」など一定の条件が必要となるので前もって調べておきましょう。

どの科目を選べばいいの?

では、どの科目を選ぶのが一発合格に近づけるのでしょうか。

まず言えるのは「自分が一番興味を持てる科目」であること、そして「将来どのような税理士になりたいのかを想定して受験する」ことです。

「生活に身近な消費税や住民税について学びたい」と思うならそれを選べば良いですし、「将来はこの税について強い税理士になりたい」というイメージがあるのならば、それを受験する段階から深く学べば良いでしょう。

もしくは、税理士としての求人は「法人税の申告業務」に関わるものが多いため、法人税法の合格を優先させるのも手です。

ご自身の興味や将来の目的によって科目を選ぶことをオススメします。

一発合格したい!と言う人にオススメの勉強法

税理士になるために

ここまで述べてきたように「税理士試験に一発合格したい」という方は、前もってそれなりの準備をしておくべきです。

専門学校でみっちり学ぶのも良いですし、経済学系の大学に進学するのも良いでしょう。

「税理士についてよく知らない、初心者だから何から手をつけたらいいか分からない」、「働きながら資格取得を目指したい」。

もしくは「できるだけコストを抑えつつ効率よく勉強したい」という方は通信教育(通信講座)で学習するのもひとつの手です。

通信講座の探し方

税理士試験に関する通信教育(通信講座)は数多くあります。

そこから、信頼性の高いものや予算に合いそうなもの、手厚いサポートがあるものなどを対象に選ぶと良いでしょう。

例えば「資格・講座の検索サイト ブラッシュアップ学び」のように、一括で複数の通信講座から資料を請求できるWebサイトやサービスもあります。

うまく活用して効率よく、自分の生活スタイルに合った通信講座を探しましょう。

税理士試験についてのまとめ

税理士試験に一発合格できるのか、初心者でも可能な勉強方法についてまとめました。

税理士は相談者の財産に深く関わる仕事であり、責任が重大な職業でもあります。

そして、税を通して世の中の仕組みや流れを正確に知ることもできるのです。

税理士試験に合格するのは困難ですが、一生涯役立つ知識を身につけられます。

ご自身に合う勉強法を選び、一発合格を目指しましょう。

おすすめ記事

コメントを残す

*

*