掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

行政書士に合格後は登録すべき?費用や期限、必要書類まとめ

更新日:2022-08-09

行政書士に合格したら、何をすればよいのでしょうか?

そもそも、行政書士に登録する必要はあるのか、気になりますよね。

この記事では、行政書士に登録する際にかかる費用や必要書類をはじめ、登録期限や研修の有無をまとめています。

また、登録しないとどうなるのかも併せて解説します。

行政書士に合格後の流れを知りたい方は、是非ともご覧ください。


行政書士試験におすすめの予備校・通信講座TOP3

1. アガルートアカデミー

アガルートアカデミー通信講座

0からの学習でも1年間で合格!「必要」だけを選んだテキスト

厳選されたカリキュラムで一年合格へ最短ルート!


>最大30%OFF!< 公式サイトはコチラ

2. スタディング

行政書士

受講料の安価さと、完全モバイルでの受講が特徴的な通信講座

スマホ一つで受講!圧倒的安価さが魅力!


3. フォーサイト

合格率38.0%!生配信でのLIVE受講が特徴的な通信講座

合格率41.3%の生配信で受講できる通信講座


行政書士に合格したら登録するべき?

行政書士に合格したら登録するべき?

行政書士の合格証書が来たら、一体どうすればよいのでしょうか?

行政書士に登録すると何ができるのか、登録は必須なのかを解説します。

登録すれば開業ができる

行政書士に登録すると、個人事業主または行政書士法人として独立ができます。

また、行政書士事務所に所属して行政書士として活動することも可能です。

しかし、例えば個人事業主として行政書士登録をしたにもかかわらず、所属する一般企業で行政書士の独占業務をおこなって会社の売り上げにすることはできません。

行政書士会の規則違反であり、登録抹消となるため気をつけましょう。

登録は必須ではない

行政書士に合格しても、登録は必須ではありません。

一般企業での就職を続けたかったり、独立する意志がなかったりするのであれば、無理して登録しなくてもよいです。

ただ、行政書士は取得が難しい資格なので、持っているだけで会社内や転職時に評価されることが多いです。

人事面談や転職時にアピールすれば、昇格や昇給の可能性が高まるでしょう。

行政書士に登録期限・研修なし

行政書士の合格通知が届いたからといって、すぐに登録する必要はありません。

行政書士資格取得は生涯有効で、申請や登録するための研修もないので、いつでも申請・登録が可能です。

そのため、「今の会社を辞めてから」「事務所の開業準備が整ってから」といったタイミングで申請しても問題ありません。

行政書士の登録に必要な費用は?

行政書士の登録に必要な費用は?

もし行政書士への登録を考えているのあれば、費用がかかるので注意しましょう。

行政書士に登録するためには、いくら用意すればいいのでしょうか。

登録料・入会金・年会費について解説します。

登録料と入会金で20~30万円

行政書士に登録するには、自分が所属する予定の行政書士会に登録料を支払います。

登録料は都道府県によって異なるうえに、一括で納める必要があり、20~30万円もかかります。

一例として東京都の行政書士会を挙げると、登録手数料25,000円と入会金200,000円で合計225,000円です。

かなりの大金ですので、用意ができてから行政書士に登録することをおすすめします。

年会費は約10万円

登録料と入会金を納めた後も、年会費がかかります。

所属する都道府県の行政書士会により金額には差がありますが、10万円ほど必要です。

もし年会費を長期にわたって滞納すると、廃業勧告が出される可能性が高いので注意しましょう。

行政書士の申請に必要な書類

行政書士の申請に必要な書類

行政書士登録に必要なお金が用意できたら、次は書類を用意しましょう。

行政書士登録の申請には、いくつもの書類を提出しなければなりません。

書類は都道府県ごとに異なり、各都道府県の行政書士会への入会届や行政書士政治連盟加入届など、数多くの書類が必要になります。

詳細は都道府県の行政書士会のホームページに載っていますので、しっかり調べることをおすすめします。

以下では代表的な必要書類を7つ記載していますので、用意する際の参考にしてください。

1.行政書士登録申請書

行政書士登録申請書は、文字通り行政書士への登録を申請する書類です。

氏名・本籍・住所・事務所所在地の記入や、生業とする資格のチェックなどを行いましょう。

登録内容に誤りがあった場合、有償での変更が必要になることがあるので、充分に注意して記入してください。

2.行政書士試験合格証の原本

行政書士試験合格証の原本も提出する必要があります。

照合を取るため、コピーではなく必ず原本を用意してください。

3.顔写真つきの履歴書

顔写真を貼った状態の履歴書も必要になります。

略字にせず、住民票や身分証明書通りの正しい名前や住所を記入します。

顔写真のサイズは縦3cm☓横2.5cmで、提出の3か月以内に撮影したものを貼ってください。

4.誓約書

誓約書は「反社会勢力と関係を持っていません」「行政書士法を順守します」といった基本的な内容です。

しっかり内容を読んだうえで、住所や氏名を記しましょう。

5.住民票の写し

提出書類の住所に間違いがないことを証明するために、住民票の写しも提出しましょう。

住民票の写しは、マイナンバーカードを持っていればコンビニでも交付してもらえます。

本籍地の記載があり、個人番号(マイナンバー)の記載のないものであって、3か月以内に交付されたものが必要です。

6.身分証明書

本籍地の市区町村長が発行する身分証明書を用意しましょう。

郵送でも取得することができますので、お住まいの市区町村に確認をしてみてください。

住民票の写しと同じく、発行後3か月以内のものを提出します。

7.戸籍抄本

もし旧姓の使用を希望したり、婚姻などの理由により行政書士試験合格時から氏名の変更があったりした場合は、戸籍抄本を提出します。

特に条件に当てはまらない場合は、必要ありません。

行政書士に登録する流れと注意点

行政書士に登録する流れと注意点

行政書士に登録するために必要な費用と書類が分かったところで、実際の登録の流れも把握しましょう。

また、申請前後での注意点もあるので、併せて解説します。

行政書士会に書類を提出する

上記の「行政書士の申請に必要な書類」の章で紹介したものを筆頭に、書類をすべて揃えて提出してください。

全部の書類を用意するだけでも1~2週間かかると予想されるため、余裕をもって準備するとよいでしょう。

1つでも提出を忘れたり、記載が抜けていたりするとスムーズに手続きが進まない恐れがあります。

書類に不備がないか不安な場合は、各都道府県の行政書士会に相談することをおすすめします。

登録まで約2か月かかる

必要書類を提出して申請をしても、即日に登録はされません。

書類は申請後、日本行政書士会連合会に送られて審査を受けます。

連合会では書類に抜け漏れがないかを隅々まで確認するため、1日に数人分しか書類審査ができないと言われています。

ですから、申請して登録が完了するには、長めに見積もって約2か月はかかると思っておきましょう。

登録拒否される可能性がある

日本行政書士会連合会が審査をする段階で、提出した書類を持って事務所の現地調査をする場合があります。

事務所を見たうえで、「書類の内容に誤りがないか」「職務を問題なく遂行できそうか」など、欠落事由がないかを審査されます。

書類に誤りや虚偽の記載があると、登録が遅れたり拒否されたりすることが充分に考えられるので、申請時に改めて内容をよく確認してくださいね。

事前登録説明会も活用しよう

都道府県によっては、行政書士試験合格者に向けて、登録や入会の事前説明会が行われることもあります。

行政書士会の概要や現状をはじめ、登録・入会手続きの方法や先輩行政書士の体験談などが共有されます。

もちろん、登録に期限はありませんので、合格から数年経っていても参加可能です。

定員が設けられる場合が多いため、事前にホームページで確認をして申し込みましょう。

行政書士に登録しないことも一手

行政書士に登録しないことも一手

登録は義務ではなく、期限も設定されていないため、行政書士に合格証書が届いても登録しないという方法も選べます。

「いざという時に行政書士として独立できる」という自信が持てますし、仕事や日常生活で法律の知識があって損することはないでしょう。

また、国家資格に合格していることは転職時に有利になるので、登録しなくても決して無駄にはなりません。

合格後に今後の方針をじっくり考えることも一手ですので、よく検討することをおすすめします。

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*