掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

建築施工管理技士の資格は就職や転職に有利?活躍できる場はどこ?

更新日:2022-11-19

街で目にするような大型商業施設やホテル、マンションなど建物を建てる仕事で活躍したいと考えている方も多いのではないでしょうか?建築施工管理技士を取得すると建築現場で指揮の取れる仕事に携わることができます。建築の仕事で活躍したいのであれば、必ず取得するべき資格のひとつです。建築施工管理技士はどんな資格なのか、資格を取得するとどのように活躍できるのかなど紹介します。

建築施工管理技士は就職有利な資格

建築施工管理技士の資格は就職や転職に有利?活躍できる場はどこ?

1級建築施工管理技士の資格は施工管理の仕事を目指す人にとって人気のある国家資格です。

建築施工管理技士の資格を取得することで、規模の大きな建築工事の計画や工程、品質や安全を管理することができるようになります。

建築施工管理技士の資格を取得することで、施工管理のスペシャリストとして認められキャリアアップや転職する時に有利になります。

調整力を求められる建築施工管理とは

建築の仕事は多くの職人と関わるため、コミュニケーション能力が求められます。

建築現場の品質と工程を管理する建築施工管理の仕事では建築現場では設計図や施工図を元に作業が進められます。

作業に当たる職人からの質問や図面に確認が生じた場合には設計士または建築士とコンタクトを取る必要に迫られます。

その他にも水道やガスといった専門業者との取り合いも求められるため人とのコミュニケーション能力を求められる場合が多くあります。

建築施工管理技士を持っておくことで転職が有利になる

建築施工管理の仕事は人材が不足しており、未経験でも率先して採用する企業が増えてきました。

1級建築施工管理士を取得することは、その中でも条件の良い職場へ就職が可能になり、転職の時にもキャリアアップに繋がります。

建築施工管理技士があると大規模な現場で活躍できる

施工管理の仕事は資格がなくても転職にチャレンジできます。

大きなプロジェクトを扱う企業ほど、職人も含め現場の品質を管理することを求めるため、建築施工管理はより高度な知識と経験が必要になります。

施工管理技士の資格を取得すると、大きなプロジェクトで活躍できるフィールドが広がります。

建築施工管理技士の資格から目指せる転職や就職

依頼者と距離の近い工務店やリフォーム店

即戦力を求められる工務店やリフォーム店などは、一人ひとりの裁量が高くやりがいを感じる仕事です。

建築施工管理技士の資格を取得することで、案件をまるごと任されることも少なくありません。

現場で判断を求められるような責任のある仕事や幅も増え、お客さまの横にたって現場を作り上げるやりがいを感じる職場で働けます。

大きなプロジェクトを扱うハウスメーカー

大きなプロジェクトを扱うハウスメーカーでは、一つの案件で係る職人さんの数も多く現場を指揮できるやりがいのある仕事です。

大きなプロジェクトほど完工するまでの期間も長く、大きな建物が完成すると達成感を感じます。

建築施工管理技士は建築施工に特化した資格

建築施工管理技士の資格から目指せる転職や就職

建築施工管理技士は1級施工管理技士と2級施工管理技士の2種類に分けられます。

その中でも2級建築施工管理技士は「建築」「躯体」「仕上げ」の3種類に分けられています。

1級建築施工管理技士は大型の商業施設やマンションなど規模の制限なく工事を請け負うことができます。

2級建築施工管理技士は戸建てなどの請負金額が4000万円以下までの建設工事を請け負うことができます。

まずは2級建築施工管理技士の取得を目指す

建築施工管理技士の資格は実務経験と幅広い建築工事の知識が必要とされます。

2級建築施工管理技士から順に資格取得をめざすのがおすすめです。

施工管理技士と建築士は内容が違う

施工管理技士の資格は建築の施工を管理するための資格です。

逆に建築士は建築物の設計も含んで建築の工事をおこなえる仕事になります。

一級建築士の資格があると1級建築施工管理技士の学科免除を受けることができます。

建築施工管理技士の受験チャンスは年に1回

建築施工管理技士の資格は国家資格で毎年11月に試験が行われ、インターネットを使って願書を取り寄せできます。

建築施工管理技士の試験は学科と実地がある

建築施工管理技士の試験はマークシート形式の問題です。

2級建築施工管理技士の場合には資格試験が建築、躯体、仕上げの3種類に分けられており、どの学科と実地試験にするか選択します。

2級建築施工管理技士は選択により扱える工事が変わる

2級建築施工管理技士の資格は建築と躯体、仕上げの種別に分かれます。

取得した2級建築施工管理技士の合格証明書には選択した種別が記載されます。

建築では主に大工や内装の一式工事を請け負うことができます。

工務店やリフォーム店など一式で仕事を請け負う場合が多いので、種別は建築がおすすめです。

躯体では建物の構造に関わることが多いので鉄筋や型枠など躯体に関わる仕事におすすめです。

仕上げは躯体以外の内外装の仕上げを主におこない、内装工事や外構工事などの場合におすすめです。

1級建築施工管理技士は出題される範囲が広く難易度は高い

1級建築施工管理技士の資格は2級建築施工管理技士の資格にくらべ倍近く難易度が高く、出題される範囲も広いため経験したことの無い建築工事も覚える必要がでてきます。

まとめ

建築施工管理技士は国家資格なので就職や転職に有利です。

1級建築施工管理技士を取得すると携わる仕事の範囲が広くなるので転職時のキャリアアップにも有効です。

建築施工管理技士の試験は幅広い知識と実務経験が求められるので、経験したことのない建築工事については過去問題をしっかり勉強する必要があります。

1級施工管理技士を取得後は建築士の資格取得を目指される方も少なくはありません。

資格を取得することで大規模なプロジェクトに関わるチャンスも増えるのでチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*