掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

業務独占資格で、給料や年収が高い職業のランキングをしてみた!!

更新日:2021-05-08

どのような職業も、自分のやり方やスキル次第では高収入を得ることができます。しかし、闇雲にやっては時間も労力も無意味に消費してしまうので、できるだけ計画を立てて取り組んでいくと良いですね。
そこで、お給料や年収アップを考えている方は、まずは”業務独占資格”にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

業務独占資格の中でも、とくにお給料や年収が高いものをランキング形式でご紹介します!!

お給料や年収をアップしたい方へ

稼ぐ

仕事をするうえで、職場の人間関係が良かったり、精神的に安心して働ける環境にあることはとても大切です。それと同じように、お給料や年収の額が良いと、仕事への意欲も増していきます。

どのくらいの金額を高収入だと感じるかは人それぞれですが、お給料や年収は多いに越したことはありませんよね。

ですが、ただ闇雲に動くだけでは、時間も労力も無意味に消費してしまいます。そのため、できるだけ計画を立てて取り組んでいくと良いでしょう。
そこでおすすめなのが、”業務独占資格”にチャレンジすることです。

業務独占資格は強い味方!

”業務独占資格”とは、資格を取得している人のみが従事することを許されている業務のことです。
言い換えると、その資格を持っていなければ従事できない業務ということになります。

つまり専門性の高い業務に就けるということでもあるので、業務独占資格を取得していると就職や転職に活かせるなどの様々なメリットがあります。
さらに独立をする際も大いに役立つので、自分のやり方次第ではお給料や年収のアップにもつながるのです。

それでは、業務独占資格で、給料や年収が高い職業をランキング形式でご紹介します!!

業務独占資格年収ランキング 1位【弁護士】

業務独占資格の中で、最もお給料や年収が高いと言われている職業が”弁護士”です。
元々、弁護士は資格取得までの道のりがたいへん困難であることで知られていますが、経験を積み重ねて実績を上げていくにつれ、収入アップが見込めます。

現在は法律関係のバラエティー番組やニュースの情報番組などに出演する弁護士もいるので、活躍の場は幅広いと言えます。

弁護士とは、高度な法律に関しての知識を持つ専門家として、基本的人権を保護し、社会正義の実現を使命としている人のことを指します。弁護士になるには司法試験に合格し、国家資格である弁護士資格を取得しなければなりません。司法試験は超難関ともいわれている国家資格であり、受験資格を手に入れることも難しく、数々の難関を潜り抜ける必要があるので、弁護士への道は狭き門となっています。弁護士は、日常生活や社会生活で起こる様々なトラブルを解決に導くために、依頼人をサポートしてしており、一般的に弁護士が扱う事件とい...
「仕事がない」「稼げない」と言われている弁護士という職業ですが、実際に弁護士の現状がどうなっているのか詳しく解説していきます。また、弁護士の需要や将来性についてもまとめてみましたので、弁護士業界に興味のある方は必見です。

平均的なお給料や年収は?

弁護士の平均的な年収はおよそ1000万円台で、平均的なお給料はおよそ80万円台だと言われています。

首都圏で活躍している弁護士の場合は平均年収が1200〜1500万円ほどとも言われており、地域によって多少の差があることが分かります。

ちなみに、弁護士として独立開業し、次々と仕事をこなしている人の中には年収が1億円クラスと驚きの額を稼いでいる人もいますが、これは極めて稀です。
弁護士は収入がかなり多いイメージを持たれがちですが、サラリーマンの平均的な給与とほぼ同じ額を稼いでいる人もいます。

業務独占資格年収ランキング 2位【公認会計士】

続いて、業務独占資格の中でお給料や年収が高いと言われている職業の2位にランクインしたのが”公認会計士”です。

公認会計士も弁護士に次いで資格の取得が困難だとされている業務独占資格ですが、初めは監査法人などに就職し、企業の財務諸表に不正がないかどうかチェックするという仕事をします。
経験と実績を積んでから独立の道を選ぶ人もいます。

公認会計士は企業の監査業務、会計業務、コンサルティング業務、税務業務を行うお仕事です。監査業務は会社とは独立した第三者である公認会計士が必要となるため、公認会計士は重宝されます。公認会計士はいわば会計と監査の専門家で、超難関な三大国家資格として知られています。
アメリカの会計士の資格で、試験は英語、試験地もアメリカになります。日本でも手続きをすれば受験可能です。日本の会計士よりは年間の受験回数が多く、内容も基本的なものが多いそうですが英語の能力が問われるので難易度は高いといわれます。資格取得後は転職やキャリアアップにとても有利となり、新卒に関しては就職に大きく有利といえます。受験者数の多くは社会人で、働きながらの勉強となり取得困難な資格にはなりますが、外資系企業へ就職した場合の給与は大きく見込めると思われます。

平均的なお給料や年収は?

公認会計士の平均的な年収はおよそ900万円台で、平均的なお給料はおよそ50万円台だと言われています。

監査や税務に携わるのが公認会計士ですが、他にも企業のコンサルティングや税務の仕事もでき、独立も可能です。
ただし、資格を取得したばかりの頃は経験も信用もない状態からのスタートとなるので、一度就職してから開業するのが良いですね。

独立後、仕事が軌道に乗れば年収が上がる可能性も高いです。

業務独占資格年収ランキング 3位【税理士】

税理士

業務独占資格の中でお給料や年収が高いと言われている職業の3位にランクインしたのが”税理士”です。

税理士は納税申告や税務関係の書類を提出することが仕事であり、需要も高いですが、試験では5科目に合格しなくてはならないので資格取得までが厳しい道となります。

税理士は国税局が管轄する国家資格です。税の専門家として企業や個人における申告納税の推進を行い、納税代理や企業コンサル等も行います。難関資格として有名で、公認会計士や司法試験に比類するほどの難易度を誇ります。そんな税理士になるための勉強方法や平均の勉強時間、効率の良い勉強法、年収などを徹底調査しました。
税理士は、税や会計に関する専門家です。税理士資格を取得することで、あらゆるビジネスシーンに活用することができます。そこで今回は、税理士試験を独立合格するには「必要となる勉強時間」や「どのようなテキストを選べばいいのか」など解説していきます。

平均的なお給料や年収は?

税理士の平均的な年収はおよそ700万円台で、平均的なお給料はおよそ50万円台だと言われています。

キャリアを積んで人脈を増やしてから独立開業をする人が多いですが、かなり上手くいっている人だとおよそ3000万円台の年収につながっているという人もいます。

業務独占資格年収ランキング 4位【司法書士】

4位にランクインした”司法書士”は、裁判所や検察局、法務局に提出する権利関係の書類を作成することが専門の仕事です。

司法書士の試験は司法試験に次いで難関だと言われており、業務独占資格ですが資格保有者が少ないので稼いでいる人が多いと言われています。

司法書士とは司法書士法に基づく国家資格であり、専門的な法律の知識に基づき主に登記手続きの代理業務を行っています。他にも裁判所に提出する公的な書類作成や、成年後見に関する手続きを行っており、ある意味相談者ありきのサービス業です。司法書士試験に関しては文系の難関資格とされ、合格率が非常に低いです。
法律業務の代行を行う司法書士は、合格率3%前後と厳しく、合格者が少ないことで知られています。司法書士試験に合格後、独立開業も出来ますが、ほとんどの合格者は司法書士事務所か法律系の事務所に就職、もしくは企業の法務部に勤めます。そこで司法書士受験生に聞いた『合格したら就職したい事務所』をランキング形式でご紹介します。

平均的なお給料や年収は?

司法書士の平均的な年収はおよそ600万円台で、平均的なお給料はおよそ40万円台だと言われています。

法務局に提出する不動産や会社の権利の記録である「登記」を作成するのは司法書士にしかできず、相続などが絡むと司法書士に依頼しなくてはならないので、一般市民からの需要が高い傾向にあります。
それゆえに、独立開業している司法書士の場合は年収がおよそ1000〜1200万円台という人もいます。

業務独占資格年収ランキング 5位【不動産鑑定士】

5位にランクインした”不動産鑑定士”は、不動産業界で最高級のライセンスとされています。
取引される不動産などの価値を判定し、適正な評価をすることが仕事であり、社会的評価の高い仕事となっています。

活躍の場は不動産業界だけに止まらず、金融機関や商社、官庁なども含まれます。

不動産関係の資格の中での最難関資格がこの不動産鑑定士となります。文系三大国家資格のひとつであり合格率も低い資格でもあります。個人の資産だけでなく企業の資産の地価評価や証券化した不動産の評価などな不動産鑑定士しか行えない仕事となっております。
今回は国家資格である不動産鑑定士について、試験の難易度や年収、また不動産鑑定士としての将来性について紹介します。実際に不動産鑑定士を目指している方、興味のある方は必見です。

平均的なお給料や年収は?

不動産鑑定士の平均的な年収はおよそ600万円台で、平均的なお給料はおよそ50万円台だと言われています。

不動産鑑定士に関しては、試験の難易度が高い割には年収が少ないと感じる方も多いようです。
しかし、不動産鑑定士は独立した場合、国や県などの公的機関の仕事を受注できるようになれば、たとえ不況になったとしてもそのあおりを受けにくいというメリットがあるのです。

不動産鑑定士として独立し、安定した仕事を得られている場合は年収がおよそ1000万円台という人もいます。

今回のランキングはあくまでも一例であり、時代の流れや仕事の需要によって年収や月収の金額は変動する可能性があります。
業務独占資格の中でも、とりわけ難易度の高い資格が高収入を得られるので、簡単な道ではありませんが資格取得に向けて勉強してみてはいかがでしょうか。

業務独占資格の給料や年収についてのまとめ

業務独占資格である職業の給料や年収について、ランキング形式で発表させていただきました。

誰もが知っている”弁護士”が映えある1位に輝きましたが、2位以下の職業も試験自体が難関というものが多いため、やはり多くの人が簡単に合格できない資格は高収入につながりやすいということが分かりました。

しかし、いずれの職業も独立したばかりの頃はうまくいかないことももちろんあります。
顧客を増やしたり、人脈を広げるには相当な努力と苦労を有するので、「独立する」ということそのものに勇気がいることもあるでしょう。

独立や難関の試験に挑戦してみたいと考えている方の参考になれば幸いです!

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*