掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

土地家屋調査士のマーケティング方法は?正しい戦略をご紹介!

更新日:2022-08-30

将来性のある資格としてここ数年で知名度が再上昇している土地家屋調査士ですが、そもそもこの資格は独立を前提としています。

そのため、成功できるかどうかの鍵はマーケティングとなっており、時代に合わせた最適な戦略を組み立てる必要があるのです。

今回は現代の土地家屋調査士のために、食えるマーケティングをまとめてご紹介します。

これから土地家屋調査士の合格を狙う方に有益な情報もありますので、ぜひ最後までご覧ください!

土地家屋調査士目指すなら 平均合格率3倍のアガルートの通信講座

土地家屋調査士のマーケティングの現状について

土地家屋調査士 マーケティング

土地家屋調査士が今まさに向き合っている状況を整理してみましょう。

まずは、社会と土地家屋調査士との関わりに目を向けてみます。

土地家屋調査士は人口減少に立ち向かう必要がある

世間では、土地家屋調査士の仕事はこれから減少の一途をたどるとされています。

これは昨今の少子高齢化が影響しており、確実に予測されている未来です。

他の士業でも似たようなことが指摘されていますが、早めの内に施策を行うことで周りと差をつけることが出来ます。

また同様に、土地家屋調査士としてマーケティングをする上で大事な点が2つ存在するのです。

資格取得=稼げるではない

まず始めに、土地家屋調査士に合格=稼げるわけではないという事実を理解する必要があります。

協会への登録をしても仕事を斡旋してもらえるわけではないですし、独立時にはゼロからのスタートになります。

ここで必要になるのがマーケティングの能力であり、顧客がサービスを受けたいと思わせる魅力が必要なのです。

資格以上のプラス要素を加えるのがマーケティングの基本的な思考方法になってきます。

マーケティングで重要なのは安心感と信頼感

ひとえにマーケティングといっても、実際に重要になるのは安心感信頼感です。

数ある土地家屋調査士から選ばれるには、清潔感といった見た目の部分からこれまでの案件数と言った定量的な部分の実績も問われるでしょう、

数字や実績を積み上げることでクライアントから「この人に依頼したい!」と思わせることが出来れば、土地家屋調査士として成功できているといっても過言ではありません。

そこに至るためには、一体どのようなマーケティングを行う必要があるのでしょうか。

これからの土地家屋調査士マーケティング

土地家屋調査士 マーケティング

これからを生きる土地家屋調査士には、どのようなマーケティング展開が求められるのでしょうか。

昨今で実際に取り入れらているマーケティング方法を調査しました。

土地家屋調査士はWebでマーケティングすべき

まず始めに、ここ数年で土地家屋調査士のマーケティングの戦場はインターネットに移っています。

これまでの対面型の営業だけでなく多角的な戦略が求められており、ホームページ開設SNSでの発信は日に日に効果を強めているようです。

また土地家屋調査士のポータルサイトも存在するため、そちらに登録して自治体との距離感を縮めるのも得策となっています。

手間を惜しまずに施策を行えば反響は返ってきますので、まずは根気強くやってみるのがスタートラインです。

独自サービスで差別化マーケティングを

またマーケティング戦略として、自分という土地家屋調査士をアピールできる理由も重要です。

例えばドローンによる計量サービス正確性をアピールするのもいいでしょう。

最近ではGoogleMapなどの口コミで顧客対応を可視化することで安心感を得られるため、心のこもった返信なども評価の材料となります。

どうすれば価値を提供できるかということを考えて、ご自身に合ったマーケティング方法を考えてみてください!

ダブルライセンスを狙うのもおすすめ

独自性を手に入れるという観点から、土地家屋調査士に何かの資格を加えるダブルライセンスを目指してみてはいかがでしょうか。

これまで以上の業務の幅を狙うことができ知識の専門性も担保されるため、顧客からの注目度は上がるはずです。

案件が獲得しやすくなるということは年収アップも狙えるということであり、キャリアアップの大きなチャンスとなっています。

おすすめのダブルライセンス資格もご紹介しますので、自己マーケティングとしてぜひご覧ください!

比較的お手頃資格なら行政書士

まずご紹介するのは、土地家屋調査士と行政書士のペアです。

幅広い書類作成の資格である行政書士に不動産要素をプラスできるため、目指される方が増えています。

詳しい情報はこちらの記事に掲載していますので、ぜひご覧ください!

信頼感が上がる司法書士

またおすすめなのが、難関資格として知られている司法書士との掛け合わせです。

両資格とも登記という共通の業務を抱えており、ダブルライセンスでさらなる専門性を磨くことできます。

こちらの記事では両資格の比較なども行っておりますので、ぜひご覧ください!

土地家屋調査士合格ならアガルート

アガルート 土地家屋調査士

ここからは、これから土地家屋調査士合格を狙う方に間違いなくおすすめしたい通信講座をご紹介させていただきます。

非常に魅力的な内容となっていますので、ぜひご覧ください!

土地家屋調査士の学習は独学では厳しい

そもそも土地家屋調査士の勉強は独学では不可能でないもののかなり厳しいという事実をご存知でしょうか。

詳しい理由はこちらで解説していますが、法律的な知識への理解書式問題(記述式)への対策が難しい点が挙げられます。

最近では通信講座を活用して試験の対策を行う方が多く、時間や場所を選ばずに効率的な学習を積み上げる方が増えているのです。

そんな中でもアガルートの土地家屋調査士講座は初学者にも馴染みやすいように法律用語も噛み砕かれており、テキストも講師によって直接編集されているのが特徴となっています。

驚愕の合格率56.7%

質の高い指導を提供しているアガルートは、それを裏打ちするように合格率が素晴らしいものになっています。

アガルートの通信講座を受講した方の内、他の講座とは比べ物にならない56.7%の方が合格を勝ち取っているのです。

これは全国平均の5.47倍の数値であり、そもそも合格率を公表している講座自体が少ない中でこれは圧倒的な結果と言えるでしょう。

無制限の質問対応など学習サポートも盤石のため、手厚い対応をお求めの方にもおすすめです。

測量士補とのダブル合格を狙うこともできる

これはご存じの方も多いかもしれませんが、事前に測量士補の試験に合格すれば土地家屋調査士の午前の筆記試験の免除を受けることができます。

破格の制度のため利用する方は非常に多く、効率的な合格を目指すなら使ったほうがおすすめです。

アガルートの通信講座では、測量士補とのダブル合格を目指せるコースも設定されており、他社と比較してもお手頃な価格で受講できます。

受講者満足度も高いアガルートの通信講座、ぜひ公式サイトよりお確かめください!

業界トップクラスの合格率 アガルートの通信講座をチェックする

まとめ|土地家屋調査士のマーケティングについて

今回は、土地家屋調査士として食べていくために必要なマーケティングについてご紹介しました。

これから仕事が減っていくと言われる中で生き残るためには、積み上げと独自性がものを言います。

記事でご紹介した内容を実践して、これからの時代に適応できる土地家屋調査士を目指してみてはいかがでしょうか。

またこれから土地家屋調査士を目指す方は、ぜひアガルートの土地家屋調査士講座を受験して効率よく合格を勝ち取りましょう!

受講満足度も〇 アガルートの通信講座はこちらから
キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*