掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

MBAは意味がない?国内MBAを取得するメリットや必要性を調査

更新日:2022-08-06

MBAとは経営学修士のことで、海外では数十年前から様々な分野において評価されてきました。

そして近年、日本国内でこのMBAの評価が上昇しているという意見がある一方国内MBAに意味は無いと考えている方もいらっしゃいます。

MBAの取得を考えている方はMBAに本当に意味があるのか、取得した場合どんなメリットがあるのか知っておきたいですよね。

そこでこの記事では、MBAの取得を考えている方向けに国内MBAを取得するメリット必要性、また実際に国内MBAには意味が無いのかを解説していきます。

是非最後までご覧ください。

なぜMBAは注目されているのか

まず最初にMBAが注目されている背景をご紹介していきます。

日本国内では最近注目され始めたようですが、何がきっかけだったのでしょうか?

グローバルビジネスが主流になりつつある

ここ十数年では中小企業でも海外と取引をすることが当たり前となり、人・物・金の全てにおいてより高い経営スキルが求められています。

そこで注目され始めたのがMBAです

さらにビジネスのあり方の変化が激しくなってきている近年では、MBAのように専門的に経営を学んでいる方の価値が上昇しています。

雇用形態の変化

会社員の評価方法が年功序列から成果主義に変わりつつある事が要因となり「長く勤めている人」ではなく「実力のある人」が生き残る社会になりつつあります。

これまで会社員の雇用形態は終身雇用が一般的でしたが、その終身雇用が終わりを迎え始めていると言われているのです。

限られた範囲で力を持つ国家資格などよりも一般企業で広く能力を発揮できるMBAの需要が高まり、MBAの資格は自身の実力を示す良い指標になり始めています。

個人を尊重する価値観の変化

こちらも終身雇用の終わりに関連する話ですが、最近では副業を認める企業が増え日本政府も副業を進める姿勢を見せ始めています。

これは企業が1つの組織としてとにかくまとまろうとする動きから、企業内の個人個人を自由にさせる動きに変わってきているということです。

経営学では人や金の動きを学ぶわけですから当然こういった状況の変化にもいち早く対応ができるため、時代を先取りしやすくなります。

そのため、個人で活動するにしても企業に属していてもMBAを取得することには大きな意味があると考えられ始めているのです。

国内MBAに意味が無いと言われる理由

MBAがここまで注目されているにも関わらず「国内MBAに意味が無い」と言われてしまうのはなぜなのか、理由を解説していきます。

海外MBAと国内MBAで学ぶ内容はそこまで変わらないと言われていますが、国内MBAの評価が低いのはなぜなのでしょうか?

国内MBAの評価が低い

MBAは国内MBA・海外MBAの2種類に分類できますが、国内MBAの評価は海外MBAと比較して非常に低くなっています

これにはいくつかの理由がありますが、最も大きな理由は日本におけるビジネススクールの制度にあります。

日本のビジネススクールは最低30単位の取得が必要とされていますが、これは法科大学院(司法試験の受験資格を取得するための大学院)などと比較すると非常に少なくなっています。

また大学院では修士論文を書くことが卒業要件となっていますが、ビジネススクールの経営科の場合卒業論文を書かなくても卒業できることがあります。

国内MBAを修了した人は国内企業に就職することがほとんどですが、上記のような背景から国内MBAの評価は低く日本企業にあまり認められていないため、就職時に大して有利にならないと言われています。

MBA取得に費やした時間・費用に見合うメリットが保証されていないから

MBAの取得には2年以上の時間と多額の費用が必要になり、さらにビジネススクールに通うのは社会人ばかりですので非常に多忙な2年間になるでしょう。

しかしMBAは学位であり士業のような独占業務を持つ資格ではありません

そのためMBA修了後確実に収入が増えるという保証はなく、増えるとしてもすぐにはその効果が出ない可能性があります。

さらに日本国内ではMBAがあまり浸透していないという背景もあるため、MBA取得に費やした労力や時間に見合うメリットは保証されていないと言えるでしょう。

日本ではまだ終身雇用が終わらない

2020年にトヨタ自動車の豊田章男社長が「終身雇用の限界」について話したことが話題になりました。

終身雇用の限界は以前から言われていたことでありMBAが注目される背景にも繋がっているわけですが、日本の終身雇用制度が終わりを迎えるにはまだ時間がかかりそうです。

MBAの価値自体も欧米諸国と比較すると低く、国内MBAの取得の意味があまり無いという意見に繋がることになります。

国内MBA取得のメリットは?

先ほど国内MBAの評価は低いと記述しましたが、一方で国内MBA取得にはメリットも存在しています。

ここでは国内MBA取得のメリットやビジネススクールに通うことで得られるメリットについて解説していきます。

将来的に価値のある人脈が手に入る

ビジネススクールには、既に超有名企業に勤めている方や起業を考えている方など様々な人たちが集まってきます。

さらに経営学を学ぶ中でその方面に精通した教授・講師と面識を持つことも出来るため、将来何かあった時に相談することも出来るかもしれません

また在学中に大手企業からヘッドハンティングを受けたり、MBAの卒業生が在籍している企業からリクルートのオファーが来ることもあるようです。

就職・転職後に経営幹部へのキャリアが見込める

MBAを取得しているということは、経営についての知識が十分にあるという証明になります。

国内企業でMBAを重要視する企業は多くありませんが、MBAを重要視している企業であれば就職・転職後に経験を積みそのまま経営幹部に昇進できる可能性は十分あります。

また年収についても大幅な上昇が見込めます。

国際認証を受けている名古屋商科大学ビジネススクールで3年以内の卒業生の年収調査を行ったところ、全体の80%が最低100万円は年収がアップしたと回答したそうです。

中でも上位25%の方たちは300万円以上年収が上がっています。

国内MBA取得による年収アップの保証はありませんが、実際は年収アップに成功している人がほとんどのようです。

経営課題に対処する力が身につく

国内・海外を問わずMBAでは経営学理論やリーダー理論、市場把握のフレームワークなどを学ぶことが出来ますが、それら机上の知識ばかりを勉強するのではありません。

MBAでは、ケーススタディと呼ばれる実際に起こった企業の課題事例を参考に自分たちで解決のために議論するという勉強法も充実しています。

ケーススタディを通して、学んだ知識や既に知っている課題に当てはまらない問題が発生したとしてもその場で考える力が身に付くため、最も良い解決策を導くことが出来るようになります

MBA取得の必要性があるのはどんな人?

MBA取得は2年間の勉強時間や学費がかかるため、誰に対しても推奨されるわけではありません。

ここからは、どんな人にMBA取得の必要性があるのかを解説していきます。

コンサル系・金融機関・外資系への就職/転職を考えている人

コンサル系企業・金融機関・外資系企業は国内MBAでもしっかり評価してくれることが多くなっています。

中でもコンサル系企業は他の中小企業に経営的アドバイスをすることを仕事としているため、MBAで学んだ知識や経験がそのまま生かせる職業と言えるでしょう。

また最近では国内の大手企業が海外進出していることも珍しくないため、そういった企業でも国内MBAの評価が上がっているようです。

起業を考えている人

起業には普通の会社員では得られない年収や達成感を得られる可能性がありますが、金銭的にもキャリア的にも大きなリスクが伴います。

そこでいきなり起業するのではなくまずMBAで勉強しつつ、同じような考えを持つ人たちとの人脈を形成できるという意味でビジネススクールに通ったり、国内MBAの取得も意味を持つと考えられます。

またそういった中で起業の前に実際の現場で経営を見たいと考えるようになった場合、MBAを生かしてコンサル系企業などに就職することも可能です。

MBA取得者として市場価値をさらに高めるためには?

国内MBAは人によってメリットや価値がありますが、市場価値を高めるためにはそれだけでは足りない場合もあるようです。

最後に国内MBA取得者をさらに価値ある人材にする能力をご紹介していきます。

国内MBA以外に必要な力①:英語力

国内MBAでは全て日本語で授業やディスカッションが行われるため、国内MBAを取得しているからと言って英語力があることを保証することにはなりません。

しかしMBA取得者が視野に入れている就職・転職先では英語が必要になることが非常に多くなっています。

そのため英語力をTOEICなどで証明できるようにしておくと、市場価値がさらに高まると考えられます。

国内MBA以外に必要な力②:IT技術力

MBA取得者が外資系企業への就職を考えた場合、英語力以外にもIT技術力が必要になるかもしれません

特にGoogleやAppleといった世界的有名企業の日本支社に就職を考えている場合、経営者や営業であってもITの知識が無いと困ることが多いでしょう。

MBAには意味が無い?まとめ

今回この記事ではMBAの取得を考えている方向けに、国内MBAを取得するメリットやその必要性、実際に国内MBAには意味が無いのかを解説をしてきました。

国内MBAが注目され始めた背景には、終身雇用の終わりが叫ばれていることやグローバルビジネスが当たり前になっていることが挙げられています。

しかし国内MBAには意味が無いなどといった意見もあり、その理由としては日本でMBAの価値が浸透していないことや国内MBAの評価が低いことなどが挙げられました。

また国内MBAを取得するメリットは、仕事に活かせる人脈の形成や経営課題に対処する力が身につくことです。

国内MBAは全ての人に推奨されるわけではありませんが、英語力やIT技術力を合わせて学ぶことでこれからの時代を先取りする人材になると言われており、取得する意味は十分にあると考えられます。

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*