掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

土地家屋調査士に向いている人の特徴は?適正などをご紹介!

更新日:2022-08-10

8士業にも含まれる土地家屋調査士は、近年の資格取得ブームの中でもかなり人気な部類に入ります。

ですが「取得しても自分に適正がなかったらどうしよう…」と不安になってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、実際に土地家屋調査士に向いている方の特徴をまとめてご紹介します!

また圧倒的コスパと合格率の通信講座の情報もあるため、気になった方はぜひそちらもご覧ください!


土地家屋調査士試験におすすめの通信講座

そもそも土地家屋調査士って?

土地家屋調査士 向いている人

既に知られてる方も多いと思いますが、まずは簡単に土地家屋調査士の情報をおさらいします。

もっと詳しく知りたい方は他の記事もご紹介しているため、ぜひそちらもご覧ください!

土地家屋調査士の基本情報

土地家屋調査士(とちかおくちょうさし)とは、不動産の表示に関する登記の専門家のことであり、他人の依頼を受けて、土地や建物の所在・形状・利用状況などを調査・測量して、図面の作成や不動産の表示に関する登記の申請手続などを行う。
Wikipedia

土地家屋調査士とは不動産にまつわる専門家であり、不動産の登記はもちろん様々な手続きを行うプロフェッショナルです。

弁護士が法廷で戦う人たちだとすれば、土地家屋調査士の戦場は日本全国の土地。

不動産に特化した資格ならではの独占業務も多く、安定した収入が得られるとして注目を集めている資格でもあります。

土地家屋調査士の具体的な仕事内容について

土地家屋調査士が行う仕事を大まかに分類すると、下記のようになります。

  • 土地・建物の調査と測量
  • 不動産の登記手続き
  • 筆界特定やADR(裁判外紛争解決手続き)

正直初見ですと聞きなじみのないことがほとんどで、つまり不動産にまつわる様々な業務を行っているのが土地家屋調査士です。

お仕事の内容について詳しく解説した記事もありますので、気になった方はぜひこちらをご覧ください!

土地家屋調査士に向いている人

土地家屋調査士 向いている人

ここからは、本日の本題である土地家屋調査士に向いている方の特徴をご紹介します。

自分と被っている、もしくは類似している要素を探してみてください!

向いている人①:試験勉強に耐えられる人

言うまでもありませんが、国家資格である土地家屋調査士試験の難易度は低くありません。

試験では筆記だけではなく手を動かす測量等の問題もあるため、独学で合格しようとすれば血の滲むような努力が必要になるでしょう。

これは土地家屋調査士資格に限った話ではありませんが、わからないことへの忍耐やその中に楽しみを見出す力を持っている方は土地家屋調査士に向いています。

向いている人②:人とのコミュニケーションを楽しめる方

仕事内容でもご紹介したように、土地家屋調査士のお仕事は外での作業が比較的多いです。

日本土地家屋調査士会連合会が公開しているこの動画では実地での測定や外回り、ミーティングなどが多くなっています。

人とのコミュニケーションの中で相手の要望を汲み取るのが必要な場面もあるため、「人と接することには慣れているし、役立ちたい!」という方にはまさに最適です。

向いている人③:仕事の質に拘れる人

土地家屋調査士は不動産という高額なものを取り扱うため、測量などでは数mm単位での細かいチェックが必要になります。

また最近ではドローンなどを用いた測量も開発されており、そういった新しい技術にも知見を深めておく姿勢が非常に重要です。

同じく業務内容である図面作成なども寸分違わぬ出来栄えが求められる作業ですので、常に高いクオリティが求められる環境に身を置きたい方にはぴったりといえるでしょう。

向いている人④:責任感のある人

土地家屋調査士は不動産関連の法律のプロフェッショナルのため、顧客の依頼を誠実にこなす人柄が求められます。

また市町村との交渉の場も多いため、常に知識をキャッチアップし続ける向上心も必要となるでしょう。

ここまで様々な要件についてお話してきましたが、結局は「責任感を持って仕事に取り組める」方はまさしく調査士に合致した人柄を持っています。

土地家屋調査士に向いていない人

土地家屋調査士 向いている人

一方で土地家屋調査士に向いていない人はどのような方なのでしょうか。

こちらでは、土地家屋調査士として働くのが難しい方の条件について取り上げます。

試験勉強や数学が苦手な人

結論から行ってしまえば、よほどコミュニケーションに問題があったり体力がないような方でなければ、誰でも土地家屋調査士として活躍することは可能です。

ですが長期にわたる試験勉強や出題範囲である三角関数といった高校数学の復習が苦手な方<は、土地家屋調査士に向いていなといえるでしょう。/p>

まずは高校で使用していた数学Ⅱの教科書や参考書を見て、どれだけ記憶が残っているか確認してみるのがおすすめです。

自分1人で物事を進めるのが苦手な方

土地家屋調査士試験はここ数年で合格率が10%を超えたことはなく、平均すると8%ほどの受験者しか合格できないのが現状です。

そのため膨大な試験範囲に関する教材を1人で集めスケジュール管理を行うのは不可能に近く自分で知識のインプットから学習進捗まで管理できない方は向いていないと言えるでしょう。

最近ではその打開策として本気で試験合格を狙うために通信講座を受講することで、初学者でも短期間で合格力を身に着ける方が増えています!

試験勉強に不安のある方には通信講座

まともな参考書などが流通していない現状では、土地家屋調査士に合格するために通信講座を受講する方が増えています。

独学は確実に無理だと、私も判断しました。
だから、通信受けることにします!
書店のテキスト、土地家屋調査士ほとんど売られてないですもん
引用:Twitter

また数学的な知識も試験範囲となっているため、独学で復習し実践レベルまで持っていくのは至難の業です。

最近では受講生の最終合格率を公開している通信講座もあり、資格広場では土地家屋調査士に合格するための最短コースとしてアガルートの『土地家屋調査士試験講座』の受講をおすすめしています!

おすすめ通信講座:アガルート『土地家屋調査士試験講座』

土地家屋調査士 向いている人

アガルートは数ある通信講座の中でも難関資格に合格するための講座を多数展開しており、高い合格率や優れたコスパで知られています。

今回は、その魅力をかいつまんでご説明していきます!

圧倒的に高い合格率

土地家屋調査士 向いている人

まず挙げられる魅力として、アガルートの『土地家屋調査士試験講座』を受講した生徒の内なんと56.7%もの方が合格をつかみ取っています。

全国平均の10倍以上の合格率を出した理由には講師・講座がわかりやすいのはもちろん、初学者でも取り組みやすいカリキュラムになっていることが大きいでしょう。

はじめはかなり取っ付きにくい法律分野に関しても、アガルートはそういった苦手意識も感じさせないほどの指導力・実績が存在します。

不動産資格のプロによる指導

『土地家屋調査士試験講座』で教壇に立つのは、土地家屋調査士資格だけではなく測量士・測量士補まで合格している不動産資格のプロの中山祐介講師です。

独学の勉強法によって過去に全国一位で合格した実績を持っており、そのノウハウが落とし込まれた講義の出来はまさにトップレベルとなっています。

後述するように受講生からの評判もよく、平成26年度には行政書士試験にも合格している法律のプロファッショナルです。

受講生からの満足度もトップレベル

SNS等で検索すると、アガルートの資格講座を受講して合格を勝ち取った方が多く見られました。

こちらではその一例をご紹介します。

午後受かってないから今年もリベンジだけど必死で受けた午前試験まさかの突破してた。奇跡。
中山先生と中里先生のおかげです。モチベ下がってたけどこれは頑張らないと。今年はまだ考え中ですがアガルート受講生です。
Twitter

土地家屋調査士試験合格できました☀️辛いこともありましたが、アガルートを信じてよかったです!
今日は一息ついて、明日から口述対策がんばります!合格された皆様もおめでとうございます㊗️口述試験一緒に頑張りましょう!
Twitter

土地家屋調査士の筆記試験に合格しました!!(法務省の番号の載せ方分かりにくいですね)アガルートへ口述模試申込み済み
今週中に測量士試験の願書提出予定
Twitter

『土地家屋調査士試験講座』のより詳しい情報や評判等は、ぜひこちらの記事をご覧ください!

まとめ|土地家屋調査士に向いている人

今回は土地にまつわる専門的な業務を行う職業である、土地家屋調査士についてご紹介しました。

身に着けておくべき特徴などは存在する一方で、最大の障害はそもそも試験の低すぎる合格率であることはわかっていただけたでしょうか。

「絶対に一度で合格したい!」という強い思いを抱えた方は、ぜひアガルートの『土地家屋調査士試験講座』を受講してみるのがおすすめです。

少しでも気になった方はこちらから公式ホームページをご覧ください!

資格のプロによるレクチャー! アガルートの公式ページはこちらから!
キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*