掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

宅建の難易度や合格率を調査!試験の詳細やメリット、勉強方法も解説

更新日:2022-05-12

宅建の取得を考えているけど、どのくらい、どのように勉強すればわからない。

難易度や合格率が知りたい。そんな方もいらっしゃるのではないかと思います。

勉強方法について結論から申し上げますと、アガルートアカデミーの宅建講座が一番安く勉強でき合格に近づく方法です!

今回の記事では、気になる宅建の難易度や合格率、そして勉強方法、アガルートアカデミーについてご紹介していきます!

宅建とは

資格のイメージ

難易度について解説する前にそもそも宅建とは何なのか簡単にご説明させて頂きます。

宅建とは宅地建物取引士の略称です。

宅地建物取引士(宅建士)とはいわば不動産取引のエキスパートということを示す資格になっています。

宅建士の主な業務内容としては、不動産売買や賃貸物件の斡旋をする際に、土地や建物に関する情報が記載された重要事項の説明、その重要事項説明書への記名、押印、契約書への記名、押印をすることができます。

宅建取得のメリットは?

宅建がとても人気の資格である理由はメリットにあります。

そのメリットを3つほどご紹介していきます。

不動産会社からの圧倒的な需要

一つ目にご紹介するメリットは、宅建の圧倒的な需要についてです。

不動産業界では従業員の5人に1人以上の割合で宅建士を置くことが法律で定められています。

大規模の不動産業者もそうですが、中小規模の不動産業者では人材の入れ替わりが激しいため、常に宅建士を必要としていることが多いので、宅建士の資格を所持していると不動産業界への就職や転職に非常に強いです。

平均年収の高さと、資格手当支給

続いては宅建士のお金にまつわるメリットです。

宅建士は、知識だけでなく経験やキャリアが重視される仕事でもあるので、基本的に年収が高く、人気の理由の一つです。

平均的な不動産会社の年収は約400万円ですが、宅建士の資格を取得している方の平均年収は約500万円になります!

また年収アップだけでなく、宅建士を取得していると、資格の手当が出る企業も多く、手当の額は約1~3万円程支給されます。

主要企業が取得を推奨

日本の大手企業が宅建の取得を推奨していることも大きなメリットの一つです。

多くの企業が宅建を推奨している理由としては、土地や建物が企業の活動の基盤と考えられているからです。

宅建士の資格は不動産業界だけでなく、保険会社、商社、銀行など、様々な業界に必要とされています。

アガルートアカデミーで宅建講座に申し込む

宅建の難易度はどのくらい?

勉強が難しいイメージ

続いては宅建の資格を取得するにあたって、気になる試験の難易度を解説していきます。

宅建の資格試験は難しいという方も、簡単だという方もいますが個人の感想であったり、年度によって試験内容も変わっていますので、一概には言えませんが、以下でデータからおおよその傾向がわかりますので、ぜひご覧ください。

宅建の合格基準点

まず、宅建の試験の合格基準点についてですが、宅建の試験に明確な点数の設定はありません。

何点以上は合格といった設定がされていないということです。

過去のデータから見てみますと、おおよその合格基準点が満点50点に対して30点~37点と点数に振れ幅があります。

しかし、合格率は15~17%と大きな揺らぎが見られないので、これから考えられるのが、合格率を基準として合格の基準点が決められているのではないかと推測できます。

つまり、合格率が15~17%になるように合格の基準点が決められている可能性があるということです。

宅建の合格率

こちらでは、先ほどご紹介した合格率が実際はどのように推移しているか、表にまとめました。

実施年度受験者数(人)合格者数(人)合格率
令和元年220,79737,48117.0%
平成30年213,99333,36015.6%
平成29年209,35432,66415.6%
平成28年198,46330,58915.4%
平成27年194,92630,02815.4%
平成26年192,02933,67017.5%
平成25年186,30428,47015.3%
平成24年191,16932,00016.7%
平成23年188,57230,39116.1%
平成22年186,54228,31116.7%

宅建の試験概要

宅建の試験の詳細について以下の表にまとめましたのでご覧ください。

試験名宅建試験
試験日毎年1回、10月の第3日曜日
試験会場現在お住まいの都道府県の会場
受験料7,000円
合格発表12月の第1水曜日又は11月の最終水曜日
過去10年の平均合格率15.98%
過去10年の平均合格基準点34点(小数点以下切り捨て)

宅建の勉強方法をご紹介

スマートフォンをみる女性

そんな宅建の試験ですがどのように勉強しているのでしょうか。

市販の教材とノートにまとめる

こちらは多くの人が実践したことのある勉強法ですよね。

市販の教材を買って読み進めながら、重要な部分、覚えるために綺麗にノートにまとめ、書くことでインプットする方法です。

こちらは皆さん実践したことがあるので、とっつきやすいですが、市販の教材選びが難しかったり、自分で重要と解釈した部分が違ったりする可能性はあります。

過去問を解く

こちらは上述したノートにまとめる勉強法を実施した後に手を付ける事が多いですが、過去の試験問題を実際に解いてみて、試験に通用する知識があるかどうかを試す勉強法です。

過去問の結果次第で間違えた部分を復習したりすることで、更に理解を深めることができます。

資格予備校に通う

こちらは上述した2つの勉強法と比べ、理解を深めやすく、合格率が高いのが特徴です。

しかし、資格予備校によっては高額の受講料などがかかってしまうため、予備校を選ぶ際も注意が必要です。

アガルートアカデミーとは?

おすすめの資格予備校はアガルートアカデミーです!

アガルートアカデミーは、オンライン講義の配信と独自のテキストで資格について学ぶことができる資格予備校です。

一般的な資格予備校と違い、テキストと講義が合格に必要なもののみ厳選して講座体系が整えられています。

学びやすさ、見やすさが重視されたテキストと、いつでもどこでもネット環境があれば受講可能な講義によって、時間と場所を選ばず講義を受講することができます。

アガルートアカデミーでは今かなりお得なキャンペーンを開催しています。

2020年度の宅建の試験に合格した場合、アガルートアカデミーへの支払金額が全額キャッシュバックされます!

実質無料で講座を受講できるチャンスでもありますので、この機会に是非お申し込みください!

アガルートアカデミー公式サイトはこちら!

宅建の難易度と勉強法についてまとめ

いかがでしたでしょうか。

今回の記事では宅建の難易度や合格率、試験概要と勉強方法についてまとめて解説いたしました。

宅建の合格率は約15~17%で難しいと感じる方もいらっしゃるかと思います。

しかし、効率的な勉強をすることによって断然合格に近づくことが可能です。

独学では心配という方はアガルートアカデミーで宅建の講座を受講することをおすすめします!

今だけ全額返金のキャンペーンも実施中ですので、すでに勉強を進めている方でも、まだ勉強をしていない方も是非この機会に申し込みをしてみてはいかがでしょうか。

最後までご覧いただきありがとうございました!

【公式】アガルートアカデミー全額返金キャンペーン

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*