宅建試験問題的中率78%!AIによって作られた資格スクエアの『未来問』とは!?

masman

by ank

更新日:2020-01-17

未来問とは

『未来問』はAI学習によって作られた問題的中率78%の問題集です。合格率15%と狭き門の宅建に合格するためにも『未来問』を使いこなして効率よく試験対策を進めましょう。

       

未来問は宅建試験の問題78%を的中させたことで反響を読んでいる次世代の問題です。宅建試験の合格ボーダーが7割程度のことも踏まえると未来問はぜひ、やっておきたい問題の一つ。

例年、宅建試験の合格率が15%前後ですので、簡単な試験ではありません。そんな中、約70%の的中率を誇る未来問の存在は多くの宅建受験者に希望となるでしょう。そんな今話題沸騰中の未来問の利用タイミングや口コミ/評判を紹介いたします。

資格スクエアの未来問とは

未来問とは

未来問は資格スクエアが提供している宅建試験の予想問題です。しかし、一般的な予想問題とは一味もふた味も異なります。多くの人に注目しているのは未来問の作り方。AIに過去問の出題傾向を学習させ、AIによって作られたのが未来問です。まさに次世代の予想問題と言えるのではないでしょうか。

未来問

そもそも宅建の資格試験は宅建士として働く上で、必須の資格となるため例年受験者数は20万人ほど。しかし、宅建試験の難易度は過去の合格率(15%)から考慮しても簡単とは言えません。合格のボーダーラインも例年70%を超えているため、宅建士を目指す方にとって一番最初の壁となるでしょう。

受験者の中には2回以上の受験を経験をしている方も多くいらっしゃいます。また、宅建は受験資格が特に必要ないので不動産業界だけでなく、キャリアアップ目的で取得する人も多いようです。

宅建に合格するには70%以上の結果を出さなければいけない為、出題される問題の50問のうち35問題は正解しなければ合格することはできません。そんな中未来問は出題予測的中率78%を成し遂げました。つまり合格判定基準を上回る制度なので実質的には、未来問に出題される問題を対策すれば合格できるということになる驚きの問題集なのです。

未来問の使い所

いくら未来問が問題的中率が高い問題集とはいえ、未来問の対策だけをして安心するのは避けた方が良いです。未来問を完璧にしただけで合格できてしまうのなら試験の意味がなくなってしまいますよね。ではいったい未来問はどんな時に使うのが良いのでしょうか?

自分のレベルを知る

宅建のような試験において「今自分が今どれだけ対策ができているのか」ということを知るのはとても大切ですよね。未来問は試験に出やすい過去の問題をAIがカテゴリ別に認識してまとめたものです。ですので出題頻度の高いかつ各カテゴリで最低限必要な知識が出題されています。

その為、実際に問題を解いてみることにより試験に必要な最低限の知識が身についているか確認することができるのです。実際ネット上でもそのように未来問を活用している人も多く見受けられました。

直前の対策に使う

また、未来問は試験直前の最終的な確認や対策の仕上げとして使うこともできます。未来問のような実際の試験と同じ出題方法の問題集を解くことによって、本番の試験の雰囲気を予習することができます。いざ試験本番になると緊張して覚えていたことが全て飛んで頭が真っ白に…なんてことを避けるためにも未来問で本番の雰囲気に慣れておくことは大切なのではないでしょうか。

未来問の口コミ/評判

未来問を使って対策しているユーザーは直前対策として賢く利用している方が多く見受けられます。未来問だけに頼らずに本番同様の条件で現状の実力を把握するのは直前期に非常に重要なこと。 未来問を利用された方は満足のいく対策ができているようです。

過去問をやり込んでいる方だと答えを覚えてしまって実力が測れないという方もいます。そのような受験者にとって試験直前に未来問を使って正しく実力を測れるのは嬉しいポイントですよね。

未来問を使って対策することによって、今自分がどこの分野が得意で逆にどこを補っていく必要があるのかということが可視化されるため、やはり漠然と過去問を解いていくよりも確実な対策ができていると感じ未来門の結果を参考に今後どこを勉強していくのかを決める人は多く見受けられました。未来門は宅建の試験対策をする上で指標として使うのがやはり一番効果的なのかもしれません。

また時間を把握する上でも未来問は一役買います。実際の試験と同じ形式の問題を解くことによって自分が今1問に月どれくらいの時間をかけているのかを未来問を使って把握することによって、本番でも余裕を持って問題を解くことができます。

口コミから見てもわかるように有効活用されている未来問ですが、何度もいうようにこれだけやっておけば受かるだろうという甘い考えだと、本番で失点を重ねてしまう可能性がございます。未来問を利用されている方を模倣に賢く使うようにしましょう。

未来問を使うメリットは?

未来問を使って試験対策をするメリットとしては以下のような点が挙げられます。

・的中率70%だから無駄な対策に時間を割かなくても済む

・無料で配布されているためお金がかからない

・過去問の対策+未来問の対策で確実に試験合格に近くことができる

過去問に取り組んでいてもどこから手をつけていいかわからなかったりどこに力を入れて対策したらいいかわからないという人も多いのではないでしょうか?

せっかく一生懸命覚えたのにいざ試験では全然問題が出なくて、対策がおざなりになってしまった他の問題ばかり出てきてしまったら「時間をもっと効率的に使えばよかった」、と後悔しますよね。未来問は過去問から頻出の問題をAIが集めて作った問題集なのでその制度も高いため、無駄なく試験対策をすることができます。また、未来問は1回目のものは無料で公開されているので一切お金がかからないといことも魅力です。試さない手はないのではないでしょうか?

ですので、宅建試験を目指している方はぜひ、未来問を利用して試験に臨みましょう!

未来問

まとめ

いかがだったでしょうか?

今回は資格スクエアの提供する『未来問』について紹介しました。

合格率が極めて低く、宅地建物取引士の最初の鬼門となる「宅建試験」ですが、未来門を有効活用することによって効率よく勉強をすることができます。

しかし、忘れてはならないのが未来問に頼っているだけでは合格することはできないということです。「自分の実力を知る」ことや「試験直前の仕上げ」など、あくまでも宅建対策の指標として使うと合格に大きく近づくことができるかもしれませんね。

過去問にマンネリ化してしまった方や入試本番同様の状態で問題を解きたい方にオススメの未来問をぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

*

*