コーヒーコーディネーターとは?資格取得のメリットと通信講座の料金・難易度・口コミ

アバター

by 資格広場編集部

更新日:2019-10-10

コーヒーコーディネーターは珈琲好きの方や、バリスタやカフェオーナーを目指す方におすすめの資格です。珈琲豆の知識や焙煎、抽出といった美味しい珈琲の淹れ方に加え、カフェ開業に必要な経営知識も学べます。コーヒーコーディネータに試験はなく、通信講座の受講で資格が授与され、珈琲好きなら取って損のないオススメ資格です。

       

コーヒーコーディネーター特定の通信講座を自宅学習で受講することで取得できる、公益社団法人 日本通信振興協会が主催するコーヒーに関する民間資格です。

珈琲豆の知識や焙煎・抽出などのおいしいコーヒーの淹れ方のノウハウを学べるのはもちろん、エスプレッソやラテアートなどのワンランク上の技術も磨けます。さらに、カフェ開業の経営ノウハウも学べ、趣味でコーヒーが好きな方はもちろん、カフェ経営を夢見る方にもピッタリな資格です。

現在、資格取得する方法はハッピーチャレンジゼミが開講している通信講座の受講のみです。初心者でも0の状態からバリスタやラテアーティストなどのコーヒー上級者になれることから近年人気が急騰しています。

指定の養成講座をCheck!!

コーヒーコーディネーターになるには「ハッピーチャレンジゼミ」が開講している通信制の養成講座の受講が必須です。

分かりやすいDVDと雑誌感覚で読めるカラーテキストでの自宅学習に加え、専門家への質問制度や課題添削などの手厚いフォロー付き。しかも、有名な農園で栽培された銘柄の高品質コーヒー豆やドリッパー、電動コーヒーミルも無料で付いてきます。

教材費、認定証発行費など全ての費用がこみこみで税込64,000円(4,420円×15回)!受講目安期間も半年と短く、憧れのバリスタやカフェ経営者への大きな一歩に!!

まずは無料の講座案内資料をGET

コーヒーコーディネーターとは?

コーヒーコーディネーター

コーヒーコーディネーターとは約13種の珈琲豆の味や風味、焙煎方法、歴史などの知識に加え、ブレンド方法やエスプレッソ、ラテアートなどの実技を体得し、本格的な美味しいコーヒーを淹れるための資格です。また、カフェ開業に必要な資金面、立地、法的な手続き、メニュー決めなども学び、カフェ経営のノウハウも得れます。

コーヒーコーディネーターの資格を活かして、カフェ開業で成功し人気店オーナーになる方もいれば、バリスタやラテアーティストとして世界で活躍する方もいます。

もちろん、コーヒー好きの方が趣味として資格を取得するケースも多く、自分好みの珈琲をブレンドすれば、ほっとひと息、ワンランク上の休息をすることもできます。

コーヒーコーディネーターで必要な知識・受講資格

コーヒーの基礎知識や淹れ方、歴史や国別のコーヒーの特徴などの知識に加え、コーヒーに合うカフェフードとして、サンドイッチやホットケーキ、マフィンなどのスイーツの知識も身に付けられます。

必要な知識は全て養成講座で学べ、事前の予備知識がない方でも0から気軽に学べます。

もちろん、受講資格の制限等は無く、年齢や学歴も問わず、どなたでも受講できます。そのため、主婦や学生、セミリタイアされた方、脱サラしてカフェ経営を考えている方、バリスタ希望の方に非常におすすめです。

実際、カフェや喫茶店、ビーンズショップ経営に役立つ開業・経営についても学べ、これまで多くの方が開業されています。

コーヒーコーディネーターの勉強法

コーヒーコーディネーター講座ではテキスト4冊、DVD3巻、コーヒー実習用セットなどが送られ、このテキストとDVDで自分のペースで自宅で学習を進めていきます。受講目安期間は約6か月と短めで、学校や仕事をしながらでもスキマ時間に無理なく進められます。

DVDとテキスト共にとても分かりやすいですが、もし分からないことがあった時は、専門の講師に何度でも質問できるので安心です。さらに、受講生同士が情報交換や交流ができる専用ページがあり、一緒に資格取得を目指す仲間や同じ趣味の方と知り合える絶好の場となっています。

コーヒーコーディネーターの通信講座

現在コーヒーコーディネーターの資格を取得できるのはこちらの通信講座のみです。ガイドブックにある学習計画モデルを参考にし、自分の都合に合わせて自宅学習を進めることで、バリスタ並みの本格的な美味しいコーヒーも淹れられるようになります。

テキストやDVDも様々な経験豊かな講師によって作成されているため分かりやすく、また実演の様子も何度も見えるため、テキストなどの文面やイラストだけでは理解しにくい所も視覚的に確実に理解できます

また、アフターフォローも手厚く万全です。もし分からないことや気になることがあれば、専門の講師陣に質問できます。専門の講師陣はバリスタや焙煎士などのコーヒーのスペシャリストに加え、パティシエや料理家、経営コンサルタントなど多岐に渡る分野の専門家がいらっしゃり、どんな質問に対しても完璧に分かりやすく回答してくれます。

さらに、受講生同士がオンラインで集まる専用の掲示板(ホームルーム制度)では、同じ志を持つ方や似た趣味の方と出会え、資格取得のモチベーションの維持に繋がります。

指定の養成講座をCheck!!

コーヒーコーディネーターになるには「ハッピーチャレンジゼミ」が開講している通信制の養成講座の受講が必須です。

分かりやすいDVDと雑誌感覚で読めるカラーテキストでの自宅学習に加え、専門家への質問制度や課題添削などの手厚いフォロー付き。しかも、有名な農園で栽培された銘柄の高品質コーヒー豆やドリッパー、電動コーヒーミルも無料で付いてきます。

教材費、認定証発行費など全ての費用がこみこみで税込64,000円(4,420円×15回)!受講目安期間も半年と短く、憧れのバリスタやカフェ経営者への大きな一歩に!!

まずは無料の講座案内資料をGET

コーヒーコーディネーターの講座料金・難易度

コーヒーコーディネーター

コーヒーの歴史や種類、焙煎・抽出方法からカフェフード、開業・経営まで学べるコーヒーコーディネーターの養成講座について、資格取得の難易度や詳細を解説します。

養成講座で学ぶことで、どんな知識や技術を得られるのか、費用や教材についても詳しくご紹介していくので参考にして下さい。

コーヒーコーディネーターの受講・試験料

コーヒーコーディネーターの受講料は税込64,000円です。また、分割払いだと4,420円×15回です。

受講料には、テキスト・DVD等すべての教材費、添削講評や質問回答などの指導費、認定証書発行費、事務諸経費などすべてが含まれ、追加料金は基本的に一切不要です。

講座では実習経験を積む必要があるため、実習セットとしてドリッパーやコーヒーサーバー、電動のコーヒーミル、ペーパーフィルター、コーヒー豆も付いてきます。さらに、今なら特典として電動式のミルクフロッサー(泡だて器)も付いてきます。

コーヒーコーディネーター養成講座の試験

コーヒーコーディネーターは通信講座を受講することで資格が取得できます。また、検定や試験などのテストは無いため、教材や課題をこなすことで資格取得となります。

テストで資格はありませんが、標準学習期間内に学科4回、実習4回の計8回の課題提出があります。この課題をこなすことが資格認定の条件となっているため、しっかりと提出しましょう。

コーヒーコーディネーター受講科目の内容

テキスト1 第1章:コーヒーの基礎知識
第2章:コーヒーの淹れ方
第3章:スペシャリティコーヒーとは
第4章:各生産国の香味の特徴
テキスト2 第1章:エスプレッソの基礎知識
第2章:エスプレッソ抽出
第3章:カプチーノ
第4章:エスプレッソメニュー
第5章:様々な国のコーヒーショップ
テキスト3 第1章:カフェスイーツ
第2章:サンドイッチ
第3章:コーヒーカップ
第4章:コーヒーと健康
テキスト4 第1章:焙煎
第2章:ブレンド
第3章:カッピング/テイスティング
第4章:コーヒーショップの経営

コーヒーコーディネーター養成講座は、テキストとDVDを使用して学習を進めます。また、学科4回、実習4回の計8回の課題提出が適宜実施されます。

全ての課題をクリアすると、養成講座を主催している日本創芸学院からコーヒーコーディネーター資格が授与され、認定証書が発行されます。

コーヒーコーディネーター資格の難易度

コーヒーコーディネーターには修了試験などのテストが存在せず、難易度は低いです。計画通りにしっかりと勉強すれば、確実に資格が取れるでしょう。

課題も養成講座で学んだことの「おさらい」のようなもので、難易度は高くないです。自宅で課題をこなすため、緊張することもなく、気楽に取り組めます。

コーヒーコーディネーター資格の合格率

コーヒーコーディネーターの合格率はほぼ100%です。コーヒーコーディネーターの標準学習期間は6ヵ月で、その後も3ヵ月までは受講期間の無料で延長できます。そのため、9ヵ月の間に課題をしっかりこなせば資格を取得できます。

コーヒーコーディネーター試験の合格発表

すべての課題をクリアすることで、コーヒーのスペシャリストとしてふさわしい知識と技能を身につけたことを証明するコーヒーコーディネーター資格が取得でき、すぐに合格が発表されます。

コーヒーコーディネーターの合格特典

資格取得後は認定証書が郵送で送られてきます。また、天然木を使用した木製の英文認定証楯や名前入りのブロンズ製資格認定看板も、取得することが可能で、カフェ開業時には泊がつき、大きな助力となります。

さらに、特に優秀な成績を修めた方には文部科学大臣賞や公益社団法人 日本通信教育振興協会会長賞、一般社団法人 全国産業人能力開発団体連合会優秀者賞が授与されるため、資格取得のモチベーションにしてみてはいかがでしょうか。

指定の養成講座をCheck!!

コーヒーコーディネーターになるには「ハッピーチャレンジゼミ」が開講している通信制の養成講座の受講が必須です。

分かりやすいDVDと雑誌感覚で読めるカラーテキストでの自宅学習に加え、専門家への質問制度や課題添削などの手厚いフォロー付き。しかも、有名な農園で栽培された銘柄の高品質コーヒー豆やドリッパー、電動コーヒーミルも無料で付いてきます。

教材費、認定証発行費など全ての費用がこみこみで税込64,000円(4,420円×15回)!受講目安期間も半年と短く、憧れのバリスタやカフェ経営者への大きな一歩に!!

まずは無料の講座案内資料をGET

コーヒーコーディネーターの就職先・年収

コーヒーコーディネーター

コーヒーコーディネーターの資格を活かせる就職先や業界、コーヒーコーディネータの年収についてご紹介しつつ、コーヒーコーディネーターのの現状や将来性についてもお話させていただきます。

コーヒーコーディネーターの職業例

カフェや喫茶店の経営、レストランやカフェスタッフ、コーヒー教室の開講、バリスタなど、多岐に渡る職業があり、一般就職することも独立開業することも可能な資格となっています。

また、コーヒーコーディネータはコーヒーに関する資格の入門編として学ぶ方が多いため、コーヒーマイスターなどの上位の資格に挑戦し、コーヒーのスペシャリストとしての道に進む方も多いです。

コーヒーコーディネーターに向いている人

コーヒーが大好きな人にはもちろんおすすめです。また、コーヒーコーディネーターの養成講座はすべて自宅で完結できる難易度が低めの資格なので、忙しい社会人や主婦の方でも気軽に受講できます。

美味しいコーヒーを淹れたい、コーヒーについて気軽に学びたいなど、趣味の延長線として考えている方にも、バリスタを目指したい、カフェ営業に興味がある方など仕事として考えている方にも、どちらにも向いている資格となっています。

コーヒーコーディネーターと同じ分野の他の資格

カフェプランナーコーヒーアドバイザー、JBAバリスタライセンス、コーヒーマイスター、コーヒーインストラクター、コーヒー鑑定士、コーヒープロフェッショナル、コーヒー&紅茶カフェマスターなどとコーヒーに関する資格は多いです。

コーヒーを淹れることに特化した資格から、コーヒー豆の焙煎や販売に必要な資格まで多種多様な資格があり、難易度も様々です。コーヒーコーディネーターは初学者から中級者までに一番おすすめできるスタンダードなコーヒー系の資格となっていますので、まずはコーヒーコーディネーターの資格を取得した後、気になる分野や自分が目指す将来の姿から、レベルアップした上位の資格を取得していきましょう。

コーヒーコーディネーターの年収・給料相場

カフェチェーンの店長の平均年収は、500万円前後です。独立して個人経営している場合は、経営している店舗によって年収のバラつきが大きいですが、人気店だと年収1,000万円を超えるほどの高給となります。

コーヒーコーディネーターの資格で得た知識が業務に活かされる場面は非常に多く、カフェ経営において大きな助力となり、間接的に給料のアップに貢献するでしょう。

コーヒーコーディネーターの現状

コーヒーコーディネーターはコーヒー系の資格としてスタンダードで初学者でも学びやすいです。また、カフェ経営や開業についても学べるため、独立して自分のお店を持つことも可能となってきます。

コーヒーコーディネーターはコーヒーに関する基本的な知識と、焙煎などの技術の証明となるため、コーヒー関連の就職の際に有利に働き、大きなアピールポイントとなるでしょう。

コーヒーコーディネータの資格を所有しているプロやスペシャリストは多く、この資格を足掛かりに有名人気店を開業することも可能です。

コーヒーコーディネーターの将来性

カフェの店舗数はとても多く、また求人数も多いです。コーヒーコーディネーターの資格を持っていれば、ラテアートなどの技術も学べるため、就職の際に有利に働き、アピールできるでしょう。

独立する場合、ライバルがとても多い業界となりますが、経営が軌道に乗り、人気店になれば1000万円越えの年収も夢じゃないほどで、将来性のある資格です。

コーヒーコーディネーターの独立について

カフェを開業する際、コーヒーコーディネーターの講座で学んだことを大いに活かせられます。

ただ、お店を開業する場合には食品衛生責任者の資格が必要になるため、コーヒーコーディネーターの資格と同時に並行して資格取得を目指すのをおすすめします。

コーヒーコーディネーター資格 まとめ

いかがでしたでしょうか?

ちょっと一息入れたい時や、集中したい時によく飲みたくなるコーヒーの事をより深く知って、美味しくコーヒーを淹れたり、バリスタのように振舞ったり、ラテアートを楽しめるようになるのがコーヒーコーディネーターの資格の醍醐味です。

養成講座も誰でも受講でき、資格取得の難易度は低いので気軽に資格取得を目指せます。

喫茶店のオーナーもバリスタも年齢や学歴等に左右されない職業ですから、現在主婦の方やセミリタイアした方、学生等にも知識としてだけでなく、技術まで身に付けられる資格を取得しておくことで、将来の仕事の幅も広がるでしょう。

現在コーヒーコーディネーターの資格を取得できる養成講座は一つしかないので、まずは気軽に無料の資料請求で詳細を確認し、気に入ったら申し込んでみましょう。

指定の養成講座をCheck!!

コーヒーコーディネーターになるには「ハッピーチャレンジゼミ」が開講している通信制の養成講座の受講が必須です。

分かりやすいDVDと雑誌感覚で読めるカラーテキストでの自宅学習に加え、専門家への質問制度や課題添削などの手厚いフォロー付き。しかも、有名な農園で栽培された銘柄の高品質コーヒー豆やドリッパー、電動コーヒーミルも無料で付いてきます。

教材費、認定証発行費など全ての費用がこみこみで税込64,000円(4,420円×15回)!受講目安期間も半年と短く、憧れのバリスタやカフェ経営者への大きな一歩に!!

まずは無料の講座案内資料をGET

コメントを残す

*

*