資格広場資格広場

         掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

証券アナリストの勉強時間は?勉強法や独学の期間についての詳細も

masman

by ari_na

更新日:2019-10-24

”証券アナリスト”になるには金融に関する高度な知識が求められるので、基本的には高学歴である方がなりやすいと言われています。証券アナリストの資格を取得するには、独学だとどのくらいの期間がかかるのでしょうか?勉強時間や勉強法も見ていきましょう!

       

”証券アナリスト”とは、一つの国家や企業の財務や業績の分析を行ったり、将来性の調査をすることなどが主な仕事です。一般的に証券アナリストを目指す際は高学歴の方が良いとされており、金融に関する高度な知識が求められる職種となっています。

証券アナリストになるには、勉強時間はどのくらい必要なのでしょうか?独学に必要な期間や勉強法についてもご紹介します!

証券アナリストはどんな職業?

証券アナリスト

アナリストという職業は”証券アナリスト”や”金融アナリスト”と呼ばれることが多く、耳にしたことがある人も多いと思われます。

今回は証券アナリストという呼び方で統一しますが、この職業は一つの国家や企業などが投資を行う際、どうしたら効果的にできるか、金融・経済の動向を調査分析したり、投資のアドバイスを行うことなどが主な仕事です。

いわゆる証券の専門家や分析家ですが、この証券アナリストを目指すには、どうすれば良いのでしょうか?

資格を取得しなくてはならない

証券アナリストを目指すには、まず資格を取得しなくてはなりません。

絶対に取得しなくてはダメということではありませんが、資格があった方がスキルも証明できるうえ、証券アナリストとして必要な知識もたくさん得られるので良いと思われます。
日本国内でも金融関係ではトップレベルの資格であり、業界関係者を中心に受験者も多くいます。

勉強法は独学でも通信講座でもスクールでもOKですが、民間資格であっても難易度の高い試験に挑むことになるので気を抜かずに挑んでいきましょう。

証券アナリストの勉強時間はどのくらい必要?

証券アナリストの資格を取得するためには、膨大な勉強時間が必要だとされています。

2〜3年という期間を使ったとしても、その勉強時間はおよそ2000時間ほどはかかると話す人もいます。
人によってももちろん違いますが、そのくらい十分な時間を費やさなくてはならない試験だということですね。

勉強時間も有意義に使っていきたいものです。

時間もお金もかかる資格

証券アナリストは勉強時間も長くかかる資格ですが、それと同じように費用も高い資格です。

まず、受験費用として総額およそ13万円近くは必要になってきます。(増税の都合上、金額も変わる可能性があるので協会のホームページなどを必ず確認してください!)

証券アナリストには1時試験と2時試験がありますが、いきなり試験を受けることはできません。
証券アナリスト協会に登録したあと、1次試験通信講座を受講しなくてはならず、この費用におよそ55,000円以上かかります。

それから1次試験の受験料におよそ12,000円以上、次に2次試験の通信講座におよそ52,000円以上2時試験におよそ8,000円以上となっています。

ちなみに、独学する場合のテキスト代や一般の予備校や通信講座の費用は別に発生していきます。
安い金額ではありませんが、資格取得者の中には「今後の活躍のことを考えると、この額は余裕で回収できる」とコメントしている人もいます。

受験するためにまずはお金を貯めなくてはならない人もいるかもしれませんが、将来のためだと考えてコツコツ貯金をしていきたいですね。

証券アナリストになりたいなら通信講座を利用してみよう!

勉強

証券アナリストについて学ぼうと思っても、具体的にはどうすれば良いのか悩んでしまうこともあるかと思います。

そこでおすすめなのが、『BrushUP学び』というサイトです。
このサイトは様々な資格について説明しているほか、通信講座やスクールなどを幅広く紹介しています。

掲載されている学校には、スタッフが定期的に足を運んで訪問しているので、学校運営がどうなっているのかも知ることができます。
では、証券アナリストはどうやって学習するのが良いのでしょうか?

証券アナリスト試験の難易度や試験日・合格発表はいつ?独学で受...
本記事では、証券アナリストの資格に関する情報を総合的にまとめています。証券アナリストの資格の取得方法や難易度、試験概要、合格発表日についてご紹介します。証券アナリストの資格取得後の年収や給料などについても触れていますので、是非ご覧ください。
証券アナリストとは?仕事内容やなるために必要な資格をご紹介
今回は証券アナリストに関して、証券アナリストの個人、一般企業などを対象とした主な仕事についてまとめました。また、証券アナリストになる際に必要なスキルや資格も紹介します。

おすすめの講座が掲載されている

例えば『BrushUP学び』のサイトで証券アナリストについて見てみると、通信講座や通学講座でおすすめの学校が掲載されています。
通学講座は都市部に集中している傾向にありますが、通信講座であれば自宅で学習できるので、自分の好きなタイミングで勉強ができますね。

証券アナリストでは、「資格の学校 TAC」という学校が通学・通信講座の受講を行なっており、それぞれおよそ6ヶ月の勉強時間を設けています。
独学ではなく、講師などから直接学ぶという勉強法が良いという方にはぜひおすすめです。

また、『BrushUP学び』にはたくさんの資格について掲載されているので、証券アナリスト以外の資格に興味がある方も一度利用してみてはいかがでしょうか。

おすすめの勉強法は?

膨大な勉強時間を費やすのであれば、より良い勉強法を知っておきたいですよね。

続いては証券アナリストの資格取得を独学で行うにあたり、おすすめの勉強法についてご紹介します!

学習計画を具体的に立てる

わずか3ヶ月という短い期間の勉強で1時試験の合格を後押ししている人は、「具体的な学習計画」を立てることが大切だとアドバイスしています。

そのためにも、「証券分析」と「財務分析」の勉強は満遍なく行なって対策し、「資格の学校 TAC」が発行している総まとめテキスト過去問題集をしっかりと学習した方が良いとしています。
勉強時間が少ないからと焦ることなく、過去問題は徹底的に取り組んでおきたいですね。

頻出問題を重点的に攻略する

さらに、「3年分の過去問題をやりこむこと」「解法と考え方を身につけること」で合格ラインが見えてきます。

独学の場合、とくに頻出問題を重点的に攻略することで本番でも緊張せずに試験に取りかかれる事でしょう。

勉強時間がたくさんある方もそうでない方も、徹底的に学習することで試験の本番で目覚ましい力を発揮できますように!

証券アナリストの勉強時間についてのまとめ

”証券アナリスト”は金融関係の資格の中でもトップクラスだとされており、業界関係者を中心に多くの合格者がいます。
試験を受けるための費用が比較的高いことがネックに感じるかもしれませんが、将来を見据えれば余裕で回収できると考えている合格者もいるようです。

勉強法としては、独学や通学・通信講座の利用という方法がありますが、しっかりと過去問題などに取り組めば、合格ラインは見えてきます。
勉強時間はおよそ2000時間は必要との意見もあるように、急がず焦らずに学習していくことが大事です。

また、『BrushUP学び』というサービスについても紹介させていただきましたが、証券アナリスト以外の資格にもチャレンジしてみたいと考えている方は、職業の詳細や、通信講座やスクールについても詳しく載っているので、一度活用してみてはいかがでしょうか。

おすすめ記事

コメントを残す

*

*