掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

宅建試験に3ヶ月で合格するのは無理?独学で目指す勉強時間やスケジュールは?

更新日:2023-01-23

「宅建試験に3ヶ月で合格するのは無理」という意見は多く見られますが、実際に3ヶ月の勉強期間で合格することは可能です。

しかし、試験まで残された時間が少ない以上、少しでも多くの勉強時間を確保するため工夫をし、効果的な勉強スケジュールを考えることは欠かせません。

こちらの記事では、3ヶ月の勉強期間で宅建試験合格が無理ではない理由や独学のおすすめスケジュール、短期間で合格するためのコツなどご紹介します。

「3ヶ月の勉強では宅建試験の合格は無理かも」という不安を持っている方に役立つ内容となっているので、ぜひ最後までご覧ください。

宅建試験は3ヶ月で合格可能?

●×

宅建試験に3ヶ月の勉強期間で合格することは可能ですが、隙間時間を有効活用し、勉強の質を上げる意識が欠かせません。

こちらでは、3ヶ月で合格するための方法や必要な勉強時間などを解説していきます。

独学でも宅建試験に3ヶ月で合格することは可能!だが難しい

宅建試験は、独学だとしても3ヶ月の学習期間で合格することは可能です。

しかし、独学の場合下記のようなデメリットがあるため、無理ではありませんが「かなり難しい」のが現実です。

宅建士試験に独学で臨むデメリット
  • 不明点や疑問点があっても質問できない
  • 非効率な勉強になりがち
  • 費用を抑えられるのでモチベーションの維持が難しい

特に、最も大きなデメリットとなるのが「不明点や疑問点があっても質問できない」ことです。

不明点や疑問点があると、該当箇所が気になって集中できなくなったり、苦手意識が払拭できないまま本試験を迎えてしまう恐れもあります。

そのため、よほど自信がある方で無い限りは、独学で勉強するのはおすすめできません。

勉強時間の合計は最低280~300時間

3ヶ月の勉強期間で宅建試験に合格するためには、最低でも280~300時間程度の勉強時間を確保することをおすすめします。

単純計算で「1日3時間程度」の勉強をこなす必要がありますが、平日は忙しい社会人の方の場合は「休日にまとまった勉強時間を確保する」というスタイルでも問題ありません。

また、少しでも勉強時間を確保するために、平日休日に関係なく隙間時間を有効活用することが大切です。

スキマ時間おすすめ
  • 移動時間
  • 家事の合間
  • 昼休みの休憩時間
  • 寝る前の15分

3ヶ月で合格を目指すなら予備校や通信講座の利用がおすすめ

独学で宅建士試験に合格する事自体は可能ですが、3ヶ月という短期間で宅建試験の合格を目指すなら、予備校や通信講座の利用がおすすめです。

先述したように、独学での勉強には様々なデメリットが伴います。

少しでも合格できる可能性を高めるためにも、予備校や通信講座を活用して効率よく勉強を進めると良いでしょう。

予備校や通信講座を利用すると、指導経験豊富な講師から分かりやすく学ぶことができ、市販の教材よりも効率よく学べるテキストや問題集を用いて勉強できます。

また、質問対応サービスが付帯している講座を受講すれば、疑問や不明点を放置することなく勉強できるため、モチベーションが下がることもないでしょう。

宅建士試験に3ヶ月で合格するためのスケジュール

スケジュール帳

続いて、独学で宅建士試験に3ヶ月の勉強期間で合格するためのスケジュールを解説していきます。

限られた勉強時間を有効活用するためにも、効果的に勉強できるスケジュールを意識することが大切です。

平日に2時間・休日に5時間以上の勉強をこなす

忙しい社会人の方が毎日3時間の勉強時間を確保するのは容易ではありません。

  • 突発的な残業
  • 家事や育児もこなす必要がある
  • 職場での付き合いも大事にしたい
  • 疲れていて勉強どころではない
  • 上記のような理由から、平日に勉強時間を確保できない社会人の方は多いかと思います。

    そこで、合格できる学力を習得するためにも、目安として「平日に2時間・休日に5時間以上」の勉強をこなすことをおすすめします。

    3ヶ月の勉強期間で平日に多くの勉強時間を確保できない以上、休日に集中して勉強することは必須です。

    勉強するための生活習慣を作り、高いパフォーマンスを維持できれば3ヶ月でも宅建試験に合格することは大変ですが、実現は十分可能です。

    インプット2:アウトプット8

    3ヶ月で合格を目指す場合、勉強時間は「インプット2:アウトプット8」のイメージで分けて考えることをおすすめします。

    具体的には、最初の2週間でインプットを行い、その後はひたすらアウトプットをこなすスケジュールです。

    2週間で全ての内容をインプットするのはほとんど無理なので、「学ぶ全体像を掴む」程度のインプットで問題ありません。

    実際に問題を解くアウトプットの段階で、インプットした内容を理解すれば大丈夫なので、インプットに時間をかけすぎないように気を付けてみてください。

    なお、アウトプットは「ただ問題を解く」だけでなく、解説を読んでテキストの該当箇所を読むことも大切です。

    直前に模試を受ける

    多くの予備校や通信講座では、本試験の直前期に模試を行っています。

    模試を受けることで、自身の学力の現在地を把握でき、苦手分野や重点的に対策するべき箇所を知ることができます。

    また、本試験同様のタイムスケジュールで、本試験レベルの問題を解ける機会なので、有効活用すると良いでしょう。

    勉強期間が短いと、模試が残念な結果に終わってしまう可能性が高いですが、大切なのは「現在地を知ること」です。

    自身に必要な勉強を把握して本番までに対策を施せば、合格できる可能性は高まるでしょう。

    宅建士試験に3ヶ月で合格するためのコツ6選

    チェックポイント

    次に、宅建士試験に3ヶ月で合格するためのコツを6つご紹介します。

    短い勉強期間で合格できる学力を習得するためには、効率を意識することと勉強の質を高く保つことが重要です。

    宅建試験合格のコツ
    1. 得点源の科目を作る
    2. 過去問を繰り返し解く
    3. 頻出頻度が低い問題は追わない
    4. モチベーション維持
    5. 隙間時間を有効活用する
    6. 1日のスケジュールを立てる

    得点源の科目を作る

    宅建試験の科目
    • 権利関係
    • 宅建業法
    • 法令上の制限
    • 税・その他

    得点源の科目があれば、本試験でも自信を持って問題に取り組めるため、得点が伸びやすくなるだけでなく本番での緊張を緩和できるメリットが期待できます。

    中でも、「宅建業法」と「法令上の制限」はテキストの内容を暗記しているだけで正解できる問題が多い特性があり、得点源にしやすいためおすすめです。

    特に「宅建業法」は、全部で20題出題(試験全体の40%)される上に問題の難易度も低いため、得点源にしたい科目です。

    他にも、民法を専門的に勉強した経験がある方であれば「権利関係」を得点源にできる可能性が高いでしょう。

    過去問を繰り返し解く

    過去問を繰り返し解くことで、本試験でも冷静に対応できる学力や対応力を培うことができます。

    過去問は「本試験レベル」の問題集なので、過去問の内容を9割近く理解できていれば、本試験でも十分に対応できるでしょう。

    「同じ問題を解いても意味が無い」という声もありますが、問題を繰り返し解くことは重要です。

    問題慣れすることで、「短時間で正確に解く」スキルが習得できるため、効果的な本試験対策となります。

    試験本番では制限時間にも気を付けなければならないため、「短時間で正確に解く」ことは合格のために必要なスキルです。

    頻出頻度が低い問題は追わない

    例年の宅建士試験では、2~3問程度は初めて見る論点や異様に難易度が高い問題が出題されています。

    頻出頻度が低い問題の対策を行うのは時間がもったいない上に非効率なため、無理に追う必要はありません。

    多くのテキストや問題集には「頻出度」が数字や英語で表記されているので、これを参考に最低ランクの論点の問題は対策しなくても問題ありません。

    試験で問われやすい論点を重点的に対策した方が得点につながりやすいため、問題の重要度を意識してみてください。

    モチベーション維持

    モチベーションは、勉強の質に直結します。

    そのため、本試験まで高いモチベーションを保って勉強することは非常に重要です。

    短期間で宅建士試験に合格できるレベルの学力を習得するのは難しいため、学習期間が短いと途中で諦めてしまう方も少なくありません。

    思ったように学習ペースが進まないと、受験そのものをあきらめてしまう可能性もあります。

    つらい時期を乗り越えて質の高い勉強を持続させ、3ヵ月という短い期間で合格を目指すならモチベーションを保つことも意識してみてください。

    隙間時間を有効活用する

    3ヶ月という短い期間で宅建試験に合格するためには、隙間時間を有効活用することが欠かせません。

    最近では、スマホで簡単にインプットとアウトプットができるサイトやアプリが登場しているため、外出先でも効果的な勉強ができる環境が整っているといえます。

    「一つの隙間時間」は短くても、コツコツと積み上げれば十分な勉強時間の確保に繋がります。

    「寸暇を惜しんで勉強する」ことで大きな成果になることから、隙間時間を有効活用する意識を常に持つことをおすすめします。

    1日のスケジュールを立てる

    朝起きてから3時間は脳がフレッシュな状態で「勉強に集中しやすい」「パフォーマンスが高まりやすい」といわれています。

    また、朝は時間が限られている場合が多いため、限られた時間の中で終わらせようとする「焦り」も良いプレッシャーとなるでしょう。

    朝、仕事や学校の前に少し早起きをして、過去問などを解く時間にすると良い効果を得られるはずです。

    また、夜寝る前は暗記が適しているとされているので、宅建試験の中でも暗記科目とされる「宅建業法」がおすすめです。

    このように、1日のスケジュールを上手く組み立てることで合格に近づけるはずなので、ぜひ試してみてください。

    宅建士試験に3ヶ月で合格する方法|まとめ

    宅建士試験に3ヶ月で合格するのは無理ではなく、十分に可能です。

    アウトプットを中心にこなして、隙間時間を有効活用しつつ寸暇を惜しんで勉強することで、短期間で着実に知識を習得できるでしょう。

    また、勉強時間を少しでも多く確保することに加えて、モチベーションの維持や勉強の質を高めることにも意識を向けてみてください。

    宅建試験に3ヶ月で合格するのは容易ではありませんが、全ては勉強の工夫次第です。
    模試などを受けて実力を測りつつ、明確な目標を定めながら勉強すると、モチベーションを保ちやすいのでおすすめです。

    キャリアアップにおすすめサービス

    今なら完全無料!年収UPのチャンス!

    おすすめ記事

    コメントを残す

    *