掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

Webデザイナーに向いている人の特徴は?向いてない人も目指せる?

更新日:2022-08-31

WebデザイナーはWeb サイトのデザインを行うIT系の職業です。

Web業界は右肩上がりの成長を続けており、Webデザイナーの需要は高まり続けています。

Webデザイナーになりたいけど自分に向いているか、どのようなスキルが必要になるのか、分からなくて目指すことを躊躇している方もいるかと思います。

この記事ではWebデザイナーを目指す方に向けてWebデザイナーに向いている人・向いていない人の特徴や性格について解説することで、そのような疑問を解消します。

Webデザイナーに向いている人の特徴

他の職業と同じようにWebデザイナーにも向いている人・向いていない人それぞれの特徴があります。

向いている人の特徴を学ぶことで、Webデザイナーを目指すにあたっての参考にしてみてください。

デザインが好き

Webデザイナーは「デザイナー」と名の付く通り、デザインが好きな方に向いている職業です。

絵を描くのが好きだったり、何かを作ったりすることが好きな方はWebデザイナーとして活躍できる可能性が高まります。

Webデザイナーは華やかな仕事と思う方が多いかもしれませんが、地道な作業も多いのが現実です。

デザインが好きな方であれば難しい仕事があっても継続して続けられるというメリットがあります。

コミュニケーション能力が高い

Webデザイナーの仕事はクライアントの要望を汲み取り、Webサイトのデザインを考えていきます。

相手の意図を読み取る力であったり、要望を聞き出す力などコミュニケーション能力が重要となります。

また自分からデザインを提案するなど、自ら発信する力があるとより重宝されるWebデザイナーとなれます。

一方的に自分の考えを押し付けるのではなく、相手の意見や要望を聞きながら自分のデザインを提案していくことが大切です。

パソコンが得意

Webデザイナーの仕事はパソコンがないと成り立ちません。

Webサイトのコーディング、専用ソフトを使用したデザインの作成などパソコンやソフトの操作スキルが必要となります。

そのため、パソコンが得意な方はスキルの習得が早くなり、よりデザインの仕事に注力できるようになるでしょう。

勉強熱心である

デザインのトレンドは変化を続けています。

近年は社会全体で物事の変化のスピードが速くなっていますが、IT業界はその中でも群を抜いて変化の激しい業界です。

常に世の中の最新情報をキャッチして、自分のスキルを磨き続けていかないと仕事を継続して得ることが難しくなります。

地味な作業も苦にならない

Webデザイナーの仕事は地味な作業も多くあります。

デザインに関わる仕事がしたいと意気込んでWebデザイナーになっても、コーディング作業やクライアントへの見積もり作成、メール連絡など、デザインに直接関わらない業務も重要な業務です。

地味な細かい作業も苦にならず、モチベーション高く取り組める方はWebデザイナーに向いていると言えます。

どうすればもっと多くのユーザーにWebサイトへアクセスしてもらえるか?といった視点を持ってWebサイトのデザインを行っていきます。

クライアントの要望に合わせるだけでもWebサイトの制作はできますが、Webデザイナーとして活躍の場を広げていきたいならビジネスとしての考え方も持つことが重要です。

Webデザイナーに向いている人の性格

ここまでWebデザイナーに向いている人の特徴について解説してきました。

では性格面ではどのような方がWebデザイナーに向いているのでしょうか?

Webデザイナーに必要な能力に絡めて、どのような性格がWebデザイナーとしての適性があるのか解説していきます。

社交的

向いている人の特徴でも解説した通り、Webデザイナーはクライアントとのコミュニケーションが重要になります。

社交的な方の方が相手から要望を聞き出したり、自分のデザインを伝える力が高い傾向にあります。

またIT業界では最新の情報をキャッチすることが重要になるため、IT職の交流会などの場で人脈を広げる点で社交的な方は有利になると思います。

真面目

Webデザイナーのスキルは簡単に身に付くものではなく、コツコツと努力を継続する必要があります。

軽い気持ちで始めるとうまくいかず、挫折してしまう可能性が高いです。

Webデザイナーになって楽して稼ぎたいというマインドの方より、真面目に努力を継続できる方の方が向いていると言えます。

好奇心旺盛

変化の激しいIT業界において好奇心を持ち続けることは非常に重要です。

去年より今年、今年より来年と常に新しい知識を更新し続けていかないと、時代に置いていかれてしまう恐れがあります。

好奇心が旺盛で常に新しいことを学びたいといった方はトレンドをうまくキャッチし、最適なデザインをクライアントに提案することができると思います。

Webデザイナーに必要なスキル

Webデザイナーになるためには具体的にどのようなスキルが必要なのでしょうか? ここからはWebデザイナーに関するスキルを解説し、Webデザイナーを目指す方が何を勉強すれば良いのか紹介していきます。

Webに関するデザイン力

WebデザイナーにはWebサイトに関するデザイン力が必要になります。

ただオシャレなデザインをすれば良いというわけではなく、Webサイトを訪れた方にとって見やすいデザイン、商品などを購入したくなるデザインといった視点を持つことが必要です。

Webデザイナーとして活躍するには他のサイトのデザインを研究したり、トレンドを勉強したりすることで、デザイン力を常に高めていくことが重要になってきます。

コーディング力

WebサイトはHTML・CSSといったWeb言語で構築されています。

Webデザイナーはただデザインを作るだけではなく、実際にコーディングを行いWebサイトを作成することも業務の一つです。

そのため、HTML・CSSを理解し、コーディングする力が必要になります。

プログラミングなどのWeb言語に慣れていない方は戸惑うかもしれませんが、今はネット上で無料で学ぶことができます。

本格的に学びたい方はスクールや通信講座を受講することも有力な選択肢の一つです。

デザイン制作ソフトの操作スキル

デザイン制作には「Photoshop」や「Illustrator」といった専用ソフトを使用することが多いです。

基本的な操作方法の習得はもちろんのこと、様々な機能を使いこなしてデザインを形にしていく力が求められます。

デザイン業界では非常に有名なソフトなので、書籍が豊富にあり勉強する環境を整えやすいです。

また通信講座なども開催されているため、独学が苦手な方におすすめです。

ただし「Photoshop」や「Illustrator」は使用に費用がかかるので注意しましょう。

当てはまらない人でもWebデザイナーになれる?

Webデザイナーに向いている人の特徴や必要なスキルについて解説してきましたが、この記事を読んで「自分はWebデザイナーに向いていない」と思った方もいるかもしれません。

向いている人の特徴に当てはまらなくてもWebデザイナーになれるのでしょうか? 結論から言うとWebデザイナーに向いている人の特徴に当てはまらなくても、Webデザイナーになれます。

その理由は下記の2つです。

① 自分に不足しているところは改善すれば良い
② そもそも当てはまってなくても成功しているWebライターは存在する

自分に不足しているところは改善すれば良い

①ですが、現時点の自分に足りないところは改善すれば良いだけです。

パソコンが苦手ならこれから勉強して得意になれば良いですし、コミュニケーションに自信がないなら場数を踏んで練習しましょう。

また美的センスについて悩んでいる方もいるかもしれませんが、Webデザイナーというのは画家のような芸術家ではなく、クライアントの要望に沿って制作するビジネスのデザイナーです。

美的センスがあるに越したことはないですが、それよりもビジネス的な視点を持つことの方が重要になります。

当てはまってなくても成功しているWebライターは存在する

そもそもWebライターに向いている特徴を全て持っていて、なおかつスキルも十分といった方はレアです。

真面目で努力家だけど、社交性に欠けるといった方もいるかもしれません。

もちろんある程度改善していくことは必要ですが社交的でない分、紳士で真面目な印象を相手に与え有利に働くこともあります。

欠点は必ずしも欠点ではないということです。

以上の理由からWebデザイナーに向いている特徴に当てはまらない方でも諦める必要は全くないです。

大切なのはWebデザイナーになりたいかどうかなので、その気持ちを忘れずに努力していくことが大切です。

Webデザイナーに向いている人まとめ

この記事ではWebデザイナーに向いている人の特徴・必要なスキル・向いてなくてもWebデザイナーになれるのかについて解説してきました。

内容をまとめると下記の通りとなります。

  • Webデザイナーに向いている人の特徴は「デザインが好き」「コミュニケーション能力が高い」「パソコンが得意」「勉強熱心」などがある。
  • Webデザイナーに向いている性格には「社交的」「真面目」「好奇心旺盛」などがある。
  • Webデザイナーに必要なスキルには「デザイン力」「コーディング力」「デザインソフトの操作スキル」などがある。
  • Webデザイナーに向いている人の特徴や性格に当てはまらなくてもWebデザイナーになることは可能である。

Webデザイナーはこれから需要がますます高まると予想される魅力的な仕事です。

専門スキルを持つことは変化の激しい現代において今後より重要になってくると予想されます。

Webデザイナーとして活躍する方々の中には会社員として働いている方だけではなく、フリーランスとして在宅で仕事をしたり、副業として働いている方もいます。

このようにスキルがあれば働き方の選択肢も広がり、キャリアの自由度が高まります。

是非、この記事を参考にしてWebデザイナーを目指してみてください。

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*