掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

映像クリエイターは独学でスキルを磨ける?コツやメリットとは?

更新日:2022-09-22

弁護士や司法書士とは違い、映像クリエイターになるための資格はありません

そんな映像クリエイターは年齢や学齢制限もなく誰でも就くことができる職業ですが、独学でスキルを習得することはできるのでしょうか?

映像クリエイターは参入障壁が低いためチャレンジしやすい業界ですが、活躍するためにはある一定以上のスキルを持つことが必須条件です。

この記事では、映像クリエイターとして稼ぐために必要なスキルメリット・デメリットについて解説します。


動画クリエイターを目指す方におすすめのスクール

映像クリエイターは独学でも十分?

映像クリエイターは独学でのスキル習得が可能です。

編集加工ができるソフト・PC・ネット環境があればすぐにでも学習をスタートできます。

しかし、誰もが簡単に映像クリエイターとして活躍できる市場ではありません。

近年の急激な動画市場の拡大を受けて映像クリエイターの需要は増大しており、それに伴い映像クリエイターに求められるスキルレベルの上昇や納期の期間短縮が進んでいます。

そのため、単純な加工や編集しかできない映像クリエイターには活躍の場がないのが現状となっているため、常にトレンドとなるスキルを習得し続ける必要があるでしょう。

独学で目指す際の方法やコツとは?

行政書士_独立_重要_ポイント

独学で映像クリエイターになることは可能ですが、無計画に勉強を進めても市場から求められるレベルに到達することは難しいです。

まずは学ぶべき技術を整理し、効率良く学習するための方法も知っておく必要があります。

目指したい映像クリエイターのイメージを固める

これは全ての学習方法に通じるポイントですが、どのような映像クリエイターになりたいのか自己分析することが非常に重要です。

映像クリエイターとして活躍している人の多くは自分自身の世界観を大事にしており、拘りがある映像を作ることでブランディングを確立しています。

まずは自分自身が作りたい映像や携わりたい仕事内容のイメージを固めることをおすすめします。

学習計画を立てる

受験勉強や資格勉強は、合格点に到達した時点である意味必要な学習は終了と言えます。

しかし、独学で映像クリエイターの勉強をする場合終わりはありません

市場のトレンドは日々変化しており、先進的な技術も1年あれば無料アプリで事足りるようになるのが現状だからです。

そのため基礎スキルの習得~実践レベルの技術取得の学習計画立案、さらにトレンドの情報を習得する時間を設ける必要があるでしょう。

週末にまとめて学習する方法や毎日少しずつ学習する方法など、独学を継続できる計画を立てることが重要です。

Youtubeなどの動画で学習する

映像クリエイターになるためのスキル取得は動画を利用した学習が効果的です。

インターネット上には、初級者向けの動画からプロが学ぶスキルの動画まで幅広く配信されています。

ただし動画学習の注意点として、有料サロンへの誘導が多いという点が挙げられます。

勿論有料サロンが悪いというわけではありませんが、学習内容は基礎レベルが高い人向けとなっており学習をはじめたばかりの人にとっては難しい傾向があります。

映像クリエイターのスキル習得に抜け道はなく、1つ1つ学習していくしかありません。

また高度なスキルは初歩的なスキルの組み合わせである場合も多いです。

まずは様々な無料チャンネルで得られる情報をまとめ、基礎スキルを体系的に学習できるようにしましょう

オンラインスクールを利用する

独学でのスキル習得は孤独との戦いでもあります。

独学を辞めてしまった人の中には、成長を感じることが出来なかったり映像クリエイターとして活躍できるのかが不安になり、挫折してしまう人も多いです。

継続的に独学を続ける方法として、オンラインスクールの利用は非常に有効です。

有料サロンよりオンラインスクールの方が初歩的な内容が多く、同じレベルの人が集まりやすいと言われています。

また現役の映像クリエイターが講師をしてくれるため、実践で使えるスキルを学べるという点は大きいです。

とにかく動画を作る

実践レベルのスキルを習得するためには、とにかく映像や動画を作ってみることがおすすめです。

その際、世に出ている映像を真似してみましょう。

市場に出ている映像は当然合格点を得た映像なので、同じ映像を作ることができればスキルが実践レベルになったということになります。

様々な映像を実践レベルで作成できるようになれば、オリジナルの加工編集にチャレンジしてスキルを磨いていきましょう。

映像クリエイターを目指す際に必要なスキルとは?

映像クリエイターのスキルを独学で進める場合は、必要なスキルを予め知っておく必要があります。

映像クリエイターは映像を制作することだけが仕事というわけではなく、実は様々なスキルが必要になります。

必要なスキルは大きく分けて以下の5つです。

  • 編集/加工スキル
  • 撮影スキル
  • 好奇心があり努力を継続できる性格
  • マネジメント能力
  • コミュニケーション能力

編集/加工スキル

映像クリエイターである以上必ず必要となるスキルがこの編集/加工スキルです。

基礎的なスキルは勿論のこと、最新のスキルも常日頃からチェックし習得する必要があります。

今やYoutube等を通じて様々なレベルの編集/加工スキルやPCについて学習することができるため、それらを有効活用しましょう。

また市場で流行っている編集/加工スキルを率先して磨くことで、一早く活躍できる映像クリエイターになることができます。

撮影スキル

「良い機材を購入すれば良い撮影ができる」というわけではありません。

映像クリエイターがイメージできる映像を作るためには、加工する前の素材映像についても拘る必要があります。

具体的にはオートフォーカスを自動で行う場合と手動で行う場合の違いや、照度をカメラの機能で設定する場合とライトで行う場合の違いなどです。

iPhoneだけでも素晴らしい映像を作ることは可能ですが、誰でも作ることができる映像は世に溢れやすく市場価値も高くはなりません。

少しのオリジナルエッセンスを入れることで映像の価値を上げることができるため、撮影スキルは非常に重要だといえるでしょう。

好奇心があり努力を継続できる性格

どのような職業にも得手不得手はありますが、様々なことに興味をもつことができる好奇心継続的に努力できる性格は映像クリエイター向きです。

スキルではないですが、映像クリエイターとして活躍していくためには大事な心掛けだと言えるでしょう。

仕事内容に変化がないまま安定している職業は沢山ありますが、映像クリエイターは常に学習し続けることで安定する職業だと言えます。

クライアントはトレンドを把握した上で映像作成を発注するのではなく「視聴回数を増やしたい」「販売に直接結び付けたい」というゴール設定だけで依頼をしてきます。

そのため、ゴールに繋がる映像を作るためにはターゲット層のトレンドに沿った映像制作をする必要があり、そのためにはトレンドを知り続ける努力と興味を持つ習慣が必要となるでしょう。

マネジメント能力

映像クリエイターは1人で作業をするよりも複数人で作業をした方が遥かに効率が良いです。

また、チームとして行動することでより大きな案件受注に繋がります。

成果物の納入が短納期で設定されることが多い中、各個人の作業状況や全体の進捗を管理できるスキルがあればより多くの案件を同時にこなすことができるようになるでしょう。

コミュニケーションスキル

コミュニケーションスキルはどの業界においても必要ですが、映像クリエイターにおいては制作技術と同じレベルで重要だと言えるでしょう。

映像クリエイターの商品は制作した映像です。

そのため、同じ商品を売る小売業とは違いクライアントの依頼内容に応じてベストな成果物に修正する必要があります。

クライアントの要望は途中で変わることもあり、その度に細かな打合せや依頼主が求めている内容を具現化しなければなりません。

映像クリエイターは会話の中からクライアントが納得する映像イメージを思い描き、具体的なサンプル映像を制作することを繰り返します。

そのため、コミュニケーションスキルを高めることはクライアントから高評価を得られる映像クリエイターになることに繋がります

映像クリエイターを独学で目指すメリット・デメリットとは?

行政書士_独立_メリットデメリット

映像クリエイターになるためのスキルを独学で習得するためには、どのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか?

独学で学習をスタートする前に、しっかりとメリット・デメリットを確認しておきましょう。

メリット

代表的なメリットは、費用が殆ど発生しないという点です。

Youtubeをはじめとする無料教材が多く公開されており、必要な情報の大半は費用をかけずに習得することができます。

映像クリエイター人口が年々増加しているのも、初期投資が少ないという魅力があるからです。

そのため、意欲さえあれば気軽に独学をスタートすることができます。

デメリット

発生する費用が少なく学習の自由度が高いというメリットに対し、学習計画の立案・機材やPCソフトの選定など全てを自分で行わないといけないというデメリットがあります。

自身が習得しているスキルが実践レベルであるかの確認は、独学だけでは非常に難しいとされています。

また映像クリエイターにはコミュニケーションスキルが必要という点を前述しましたが、独学では映像クリエイターのコミュニティに参加しにくいという現状もあります。

そのため、案件の受注方法や案件の具体的な進め方を相談できないという環境になってしまうのも大きなデメリットと言えるでしょう。

独学以外の勉強方法はどんなものがある?

ここまで独学について記載してきましたが、ここからは独学以外の勉強方法を解説します。

様々な勉強方法を知ることで効率良く学習することができ、活躍できる映像クリエイターに近づくことができます。

是非ご参考にしてください。

大学に行く

美術大学では、映像スキルだけでなくプロデューサーとしての立ち回りなどについても学べる学部があります。

映像クリエイターとしての活動が定まっていないのであれば、大学に進学色々な分野を勉強して探すという方法がおすすめです。

ただし大学進学の場合多額の学費を用意する必要があり、4年間で約400万円前後という費用が必要です。

そのため、初期投資を払ってでもしっかりと映像クリエイターの道を模索したい人向けの選択肢と言えます。

専門学校に行く

映像クリエイターに必要な機材とノウハウが全て揃っているのが専門学校です。

カリキュラムも細かく分かれており、なりたい映像クリエイターのイメージが固まっているのであれば大学よりも学費が安い専門学校がおすすめです。

またオンライン授業も充実しているため、通学せず在宅で学習できるという点も大きなメリットと言えるでしょう。

クライアントの接点を持つ方法といった具体的な案件の受注方法を教えてくれる学校も多く、スキル取得後にスムーズに就職したい人は専門学校を選択してみてはいかがでしょうか。

スクールを利用する

大学や専門学校と違い、趣味レベルからプロが学ぶカリキュラムまで幅広くコースが用意されているのがスクールです。

授業のコマ数や内容も充実しているため、自分に足りない部分を補完する目的で利用できるというメリットがあります。

独学は不安だけど大学や専門学校に通う余裕がないという人は、まずスクールを利用することをおすすめします。

映像クリエイターは独学で目指せる?まとめ

映像クリエイターは独学で十分学習することができます

世の中には多くの無料のコンテンツが配信されており、動画学習だけでもある一定レベルのスキル習得が可能です。

ただし、活躍できる映像クリエイターになるためには独学では不十分となる可能性もあります。

加工/編集スキルは実践レベルまで習得できたとしても、案件受注の方法や依頼主の要望をヒアリングするコミュニケーションスキルを独学で身に付けることは難しいからです。

そのため独学でスキルを磨くためには必要なスキルを確認し、メリット・デメリットをしっかりと把握する必要があります。

映像クリエイターになるための学習を独学で全て完結するためには、自身にあった学習方法をしっかりと調査し、入念な準備を行いましょう。

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*