掲載依頼・お問い合わせ/リンク集          

家電アドバイザー試験とはどんなもの?独学での対策法と合格率も紹介

更新日:2023-03-03

家電製品のプロフェッショナルとして、営業や接客を行うのが家電アドバイザーという資格です。

家電量販店などで重宝される資格ですが、独学での取得は可能なのでしょうか?

そこでこちらの記事では、家電アドバイザーの資格や試験の内容やおすすめの勉強法や対策法、合格率、独学でも取得できるかどうかについてご紹介します。

これからも需要が高まると予想されている資格ですので、興味のある方はぜひご覧ください。

家電アドバイザーに関する資格・試験とは?

家電のイメージ

家電アドバイザーとは、主に家電量販店などで家電購入のアドバイスをする仕事のことを指します。

近年では家電の種類も非常に多くなり、お客さんがより良い家電を選ぶためには正しい家電への知識が必要不可欠です。

家電アドバイザーはそうした状況の中で、専門知識を元に家電の購入をサポートするのが主な仕事となります。

この家電アドバイザーとしてのスキルや知識を証明する代表的な資格に「家電製品アドバイザー」という資格があります。

家電製品アドバイザーの試験内容

受験料金(税込) 3科目受験:15,600円
2科目受験:9,400円
受験科目 ・AV情報家電の「商品知識と取扱い」
・生活家電の「商品知識と取り扱い」
・「CSと関連法規」
試験日 毎年3月と9月に実施

家電製品アドバイザーでは家電製品に関する基礎知識はもちろん、不具合の対応や廃棄の方法、商品選択の方法からエコや安全に関する知識まで幅広い知識が問われます。

また、家電業界は製品の入れ替えが早く、進化の早い業界なので最新家電に関する知識が必要になります。

家電製品アドバイザー資格の試験科目

試験科目の違い
AV情報家電 主にデジカメやパソコン、プリンターなどの情報家電を扱う分野です。他にはテレビや電話、インターネット関連の製品もAV情報家電に含まれます。
生活家電 エアコンや電子レンジ、洗濯機など家事や日常生活で使われる家電に関する試験です。

家電製品アドバイザーは「AV情報家電」と「生活家電」の2種類に分けられており、種類ごとに試験の出題科目が異なります。

どちらの試験もそれぞれの専門知識を問う「商品知識・取り扱い」と接客や法律などを問う「CS・法規」の2科目で200点中140点以上の取得で合格となります。

家電製品アドバイザーにはグレードがある!

「商品知識・取り扱い」と「CS・法規」2科目で両方とも180点以上得点すると、高度な専門知識を持つことを認める「ゴールドグレード」を取得できます。

加えて、AV情報家電と生活家電両方で180点以上得点し、双方の資格を取得すると、より高度な「プラチナグレード」を取得できます。

これらの資格を取得していると、電気屋などへの就職・転職活動では選考が優位に進み、既に勤めているという場合はキャリアアップにつながる可能性が高いです。

家電製品アドバイザー試験の合格率

合格のイメージ

家電製品アドバイザーは試験科目が3つあり、AV情報家電と生活家電の2つの試験に分けられます。

こちらでは、家電製品アドバイザー資格試験の合格率をご紹介します。

これから家電製品アドバイザーの資格取得を目指す方は、合格率を参考に受験するまでの期間のスケジュールを組んでみるのも良いでしょう。

2022年度の家電製品アドバイザーの合格率

家電製品アドバイザー資格 結果概要
AV情報家電 生活家電
一般受験 科目受験 一般受験 科目受験
受験者数 2,901人 1,153人 4,054人 3,518人 910人 4,428人
合格者数 816人 637人 1,453人 1,034人 525人 1,559人
合格率 28.1% 55.2% 35.8% 29.4% 57.7% 35.2%

出典:一般財団法人家電製品協会 公式サイト「2022年9月(第43回)試験結果」

合格率はAV情報家電、生活家電共に35%程度というデータが、一般財団法人家電製品協会より公表されています。

実施回によって合格率の変動が激しいのがこの試験の特徴で、回によっては20%前後の合格率になる場合もあるようです。

問題の形式や制限時間など、定型的な試験対策はできますが、時事的な内容を含む問題は対策が難しいため、合格率は決して高くありません。

家電製品は技術の進歩が激しいため、過去問などの勉学はもちろん最新の家電情報までチェックしておく必要があるでしょう。

家電製品アドバイザーは独学でも取得可能?

ハテナマーク

家電製品アドバイザーの試験は、主に通信講座を受講して対策しますが、独学でも合格を目指せます。

しかし、時事的な家電の情報収集も自ら行わなければならないため、油断せずに対策に取り組みましょう。

こちらでは、独学の勉強方法や学習教材の選び方についてご紹介します。

家電製品アドバイザー試験の独学での勉強法・対策法は?

家電製品アドバイザー試験を独学で合格するためにおすすめの勉強法は、とにかく過去問を何度も解くことです。

家電の最新情報に関する知識など初見問題も多少出題されますが、あくまで基礎科目を完璧にしてから詰め込むと良いでしょう。

家電アドバイザーのテキストの選び方

家電業界は技術の進歩が早く、家電製品アドバイザーで出題される問題も同じように最新の情報なので、古いテキストは選ばず最新の過去問が収録されたものを選びましょう。

例年の試験内容にあまり変更のない資格試験などは、多くの過去問を解くことで十分な対策となりますが、家電製品アドバイザー試験はそうはいきません。

最新の情報を取り上げている最もおすすめのテキストは、一般財団法人家電製品協会が出版している最新版の試験対策テキストです。

家電製品アドバイザー資格_試験対策テキスト
参考価格 2,530円
購入はこちら

家電製品アドバイザーは就職でも役立つ?将来性など解説

ヒントのイメージ

家電製品アドバイザーの資格は家電量販店や電気店での仕事と直結しているため、持っていると関連業界への就職や転職の際に役立つでしょう。

また、就職だけでなく実際に働き始めてからも家電アドバイザーの知識は役立ちます。

社員に家電製品アドバイザーの資格の取得を奨励している職場もあるため、就職だけでなくキャリアアップにも役立つ可能性があります。

家電製品アドバイザーの将来性は?

家電業界は、多種多様な製品が新しく開発されるため、どの製品を選んだらよいのかわからなくなってしまう顧客が多いです。

特に近年ではIT分野の発展が凄まじく、AI技術を搭載した家電が登場し始めています。

これからの家電業界には、ITやAIなどの最新技術に対応できる人材が求められているため、家電アドバイザーの将来性はあるといえるでしょう。

家電製品アドバイザーの年収は?

家電製品アドバイザーの資格保有者の平均年収の情報は公表されていません。

しかし、資格保有者の多くが家電量販店での勤務をしていると想定すると、400万円前後が平均年収になるでしょう。

家電製品アドバイザー資格はキャリアアップにつながるため、職場によっては平均年収よりも高い収入を得ている可能性もあります。

通信講座で取得できる家電アドバイザー資格もある

口コミのイメージ

家電製品アドバイザーとは異なる「家電アドバイザー」という資格があることをご存知でしょうか。

家電アドバイザーは、家電の基礎知識や接客などの専門知識を持つ証明となる資格です。

こちらでは、家電アドバイザーの資格概要や、効率的に家電アドバイザー資格取得を目指せる「通信講座ラーキャリ」についてご紹介します。

家電アドバイザーとは?どんな資格?

家電アドバイザーは、一般社団法人日本技能開発協会(JSADA)が運営・認定する資格で、家電に関するアドバイザーとして活躍できるようになります。

この資格を取得する事で、家電を通じて顧客に対して安心で快適な生活のアドバイスができるようになります。

家電アドバイザー資格は、接客技術に関する専門知識や技術を身に付けている証明となる新しい資格です。

JSADAが開催する資格試験に合格することで資格認定を受けることができ、そのための試験対策講座が通信講座ラーキャリによって開講しています。

家電アドバイザー資格取得ならラーキャリがおすすめ

ラーキャリ_家電アドバイザー資格取得講座
家電アドバイザー資格取得講座
講座名/料金(税込) 家電アドバイザー資格取得講座/49,500円
教材 ・テキスト
・問題集
・添削課題
・本試験
サポート体制 ・サポート期限無制限
・24時間365日質問受付
・LINE,メール質問対応
・添削指導
受講期間 無期限(最短3週間で修了できる)
カリキュラム ①:家電の基礎知識
②:家電を販売する際の接客
③:家電に対する法規
取得できる資格 家電アドバイザー

ラーキャリの家電アドバイザー資格取得講座は、JSADAより認定を受ける教育機関なので、資格試験を在宅で受験することができます。

ラーキャリの家電アドバイザー資格取得講座は、家電に関する基礎知識や接客対応などを学べるため、実務に役立つ実践的な能力が身に付くでしょう。

最短3週間で資格取得できるため、家電アドバイス初学者の方やすぐにでも資格が欲しい方は、ラーキャリの受講をおすすめします。

ラーキャリおすすめポイント
  1. 初学者向けの資格取得講座
  2. サービス対応がとにかく迅速
  3. 試験再受験が無料になるキャンペーン開催中

ラーキャリおすすめポイント①:初学者向けの資格取得講座

ラーキャリは、初学者向けの講座を多く開講している通信講座で、誰でもムリなく資格取得できるような工夫が施されています。

もし「家電製品アドバイザー」の受験も目指しているのであれば、こちらの講座を受講する事で基礎が固まり、効率的に試験勉強できるでしょう。

初学者の方でもムリなく資格取得できるので、気になる方はぜひ受講を検討してみてください。

ラーキャリおすすめポイント②:サービス対応が迅速

通信講座ラーキャリは、サービス対応のスピードに力を入れているため、資格取得まで最短3週間で到達できます。

例えば受講の申し込みから最短即日で教材を発送したり、添削課題の返送も最短1週間でこなしているなど、迅速な対応を心がけています。

申し込みから講座の修了までスピード感を持って取り組めるため、時間経過によるモチベーション低下もなく、資格取得まで走り抜けるでしょう。

ラーキャリおすすめポイント③:試験再受験が無料になるキャンペーン開催中

家電アドバイザー資格取得講座は、教材に本試験も含まれますが、得点率が基準に満ちていないと不合格になります。

ラーキャリは、試験で不合格になってしまった受講生に対して、再受験料を無料にするキャンペーンを開催しています。

ラーキャリは受講生が資格取得できるまでサポートを無料で継続してくれるため、もう一度テキストや問題集を見直し、不明点の質問もできます。

家電アドバイザーの合格率は公表されていないため、家電製品アドバイザーとの比較はできませんが、同じように家電に関する専門知識が問われるため、このようなキャンペーンは保険になるでしょう。

家電アドバイザー試験とはどんなもの?独学での対策法と合格率も紹介|まとめ

家電アドバイザー試験とはどんなもの?独学での対策法と合格率も紹介|まとめ
  • 家電製品アドバイザーは独学でも取得可能
  • 合格率は高いとは言えない
  • 初学者は通信講座で勉強すると効率が良い

こちらの記事では、家電製品アドバイザーの試験情報や独学での対策方法、合格率についてご紹介しました。

家電製品アドバイザーは独学でも目指せる資格ですが、時事問題が厄介なので、最新の教材を揃えることをおすすめします。

時事的な問題が出題されるため、見たことのないような問題が出題される可能性も高く、合格率は高いとはいえませんでした。

このように難易度が高めの試験なので、家電アドバイザーに関して初学者の方は、基礎を固められる通信講座で学習することをおすすめします。

キャリアアップにおすすめサービス

今なら完全無料!年収UPのチャンス!

おすすめ記事

コメントを残す

*